2020年06月04日

第6回 チャリロト杯 前検日のようす



写真は先日「指定整備日」の検車場のようす。タイヤの海となっていました。



明日6/5(金)から始まる浜松オート無観客4日間開催、「第6回チャリロト杯」では

新型コロナウィルス感染症対策のため浜松vs伊勢崎の2場交流、そして

現在のお住まいが静岡に近い選手、ということで岩永清文選手がただ一人

山陽オート所属からあっせんされています。





本日「前検日」は早朝から梱包用の大型トラックがやってきて…





ご覧の通り、先日の「GTゴールデンレース」に出場&以降喫緊で出場予定のない

選手の競走車やタイヤが全て各レース場へと運ばれていきました。



  

写真左から、開催の準備をする中村友和選手、落合 巧選手。

中村友和選手は今節、尾藤憲吾選手が私病による休場のため

追加あっせんとなりました。





荒川哲也選手(伊勢崎)のマシン。カバーにはFUJISAKI(ふじさき)の名前が。





今節の注目選手といえば、ご存知われらが御大・鈴木章夫選手。

明日からの「第6回 チャリロト杯」の4日間のうちに1つでも

1着勝利をあげれば、これまで記録していました浜松レジェンドライダーの

ひとり・谷口武彦元選手の”最年長1着記録(73歳280日)”を更新する

快挙達成となります。全オートレースを総括しています財団法人・JKAからも

「章夫選手の出場レースを4日間追って下さい」とご依頼を受けましたので

記録更新の際にはレース写真をJKAへお送りします。

どうぞJKA・オートレース総合サイトのプレスリリースをお待ち下さい♪





石川岳彦選手(伊勢崎)のマシン。カバーに「宇都宮レース場」の文字。





シリンダーライナーを掃除する花田一輝選手。

前節「GTゴールデンレース」では「準決勝戦」進出を果たしました。



  

リアタイヤを交換する、(左から)上村敏明選手、野上史豪選手。

野上選手から「ブンブンさんのマスクは黄色なんですね」と声をかけてくだいました。

マスクそのものは市販の不織布マスクですが、繰り返し洗って使える

木綿のマスクカバーをかぶせて使用しています♪





「GTゴールデンレース」を制覇しました鈴木圭一郎選手も引き続き

「第6回チャリロト杯」に出場。出場4開催・連続優勝となるでしょうか。

新人・佐藤大地選手は師匠・浅野浩幸選手が不在での参戦となります。





湯浅 浩選手(伊勢崎)のロッカー。湯浅選手も「GTゴールデンレース」からの

連続出場、最終日に湿走路で1着を獲得しています。




posted by ブンブンボーイ at 11:41 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

オートレース選手会浜松支部、浜松市へ不織布マスク1000枚を寄贈しました



2020年6月3日、一般社団法人・全日本オートレース選手会(会長:齋藤 努選手)の
社会貢献活動の一環として、全日本オートレース選手会 浜松支部を代表し
西川頼臣支部長が浜松市役所・本庁の「健康福祉部長室」を訪問。
「市内障害サービス事業所における新型コロナウィルス感染症対策のために
お役立てください」と、不織布マスク1000枚を山下昭一健康福祉部長へ寄贈しました。


写真:寄付贈呈式は11:00に執り行われ、静岡新聞&中日新聞の記者さんが
 贈呈式を取材。後日紙面にて掲載される予定です。

寄贈しましたマスクは浜松市内障害サービス事業所へと送られ役立てられます。

西川支部長:「世の中、新型コロナウィルスの影響で非常に大変な状況のなか、
無観客開催など、いろいろな対策を練りながら、浜松オートを開催してくださいまして
本当にありがとうございます。微力ながら何らかのお役に立ちたいと思いまして、
選手会でマスクの寄付という形で皆さんに使って頂けたらと考え、
今回ご用意させていただきました。どうぞよろしくお願いします。」

山下健康福祉部長:「このたびはお忙しいなか、マスクのご寄付をありがとうございます。
マスクは新型コロナウィルスの感染症対策、予防において必需品でございますので、
こうしてご支援頂けるのは大変ありがたいです。浜松市内障害サービス事業所のほうへ
お分けさせていただき、活用させていただきます。改めましてありがとうございます。」

  
写真:名刺交換やマスコミのインタビューに応じる西川支部長。

今回の寄付贈呈式を執り行なうにあたり、なんと、セッティングしてくださいました
浜松市担当職員さんのなかに、かつてトノサマ(殿様)と呼ばれ長年親しまれました
伊藤博康元選手、そして伝説の浜松ライダー・伊藤力示元選手とご親戚に当たる方が
いらっしゃいました。浜松オートとの意外な接点がありましたことに驚きと嬉しさの
あふれた西川選手は、わずかな時間ではありましたが、伊藤博康元選手の
現役時代の昔話に花を咲かせていました♪


「選手会浜松支部長に就任し、初めての大役で緊張しましたよ(笑)」と西川支部長。
先日「GTゴールデンレース」が鈴木圭一郎選手の優勝で幕を閉じたばかりですが
本日は早くも次節無観客開催・「第6回 チャリロト杯」の開催2日前ということで
任意でロッカー内の清掃や車両の点検などを行える”指定整備日”となっており
西川支部長は「このままロッカーへ行って整備日に参加している選手たちへ
声を掛けに行きます」と、休む間もなく浜松オートへ向かいました。

西川頼臣選手会浜松支部長、ありがとうございました♪
皆さまも引き続き、全日本オートレース選手会浜松支部選手への
応援をよろしくお願いします!


posted by ブンブンボーイ at 13:08 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

外向前売発売所にて期限延長的中車券の払戻しを再開しました


新型コロナウィルスの影響によりしばらくの間、場内全ての施設が
ご利用不可となっていました浜松オートレース場ですが、緊急事態宣言の解除や
全国的な規制緩和にともない、本場も6月1日(月)より上写真の「外向前売発売所」にて
これまで払戻有効期限を延長していました的中車券の払戻しを再開するはこびとなりました。

  
外向前売発売所のご利用にあたりましては、入室の前に、警備員による
両手の消毒や体温チェックを実施していますのでご協力をよろしくお願いします。
また、マスクの着用が必要ですので、ご利用の際にはマスクをご用意ください。
高熱や風邪に似た症状のある方は入室不可となります。


室内は換気のために扉を開放し、ファンを回しています。
そしてご利用は1名様ずつ、という入室制限があります。

有効期限が延長された的中車券の払戻しのみを行っているため、
投票用紙や出走表などは一切置いてありません。
室内にて場外&本場のレースを観戦&投票することはできませんのでご了承ください。


お客様のご利用後には払戻機の清掃を実施。
各種ボタンや払戻し口などを重点的にクリーニングしていきます。

なお、前期開催日程カードや横サイズの前期日程カレンダーにつきましては
ご要望がありましたらご用意いたします、とのことでした。


先日に続いて本日も小雨となりましたが、朝10:00の開始より、
平均で1〜2人の順番の列を作るお客様のご利用となっていました。

払戻しの時間は10:00〜15:00となっています。
※6/22(月)と6/23(火)は施設点検日のためご利用いただけません。
払戻しの対象となる的中車券は、令和元年12/31〜令和2年2/26に発売された車券です。


システムの都合により、一部期間の的中券は自動機での払戻ができませんので
外向前売発売所内の「特設窓口」までお持ちください。

払戻しの休止期間中に時効を迎えてしまった的中車券につきましては、払戻しの有効期限を
『すべてのオートレース場及び専用場外場において払戻業務を再開してから60日』
に変更します。払戻しの有効期限日が決定しましたら改めてお知らせします。

皆さまのご理解とご協力のほどを、よろしくお願いします。


posted by ブンブンボーイ at 17:11 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする