2024年04月17日

第17回スポーツニッポン新聞社杯 3日目のようす





「第17回スポーツニッポン新聞社杯」、シリーズ3日目が終了。

4つの「準決勝戦」が繰り広げられました結果、明日4/18(木)の

最終12R「優勝戦」はご覧の8選手にて競われます。

木村武之選手は完全優勝へ王手をかけました。

熱戦にご期待ください!





第12R「準決勝戦」、上位1・2着選手が優出となります。

1着8番・木村武之選手(浜松)、2着6番・岩田行雄選手(伊勢崎)





第11R「準決勝戦」、上位1・2着選手が優出となります。

1着1番・石田啓貴選手(山陽)、2着2番・赤堀 翼選手(浜松)





第10Rから再び「準決勝戦」。上位1・2着選手が優出となります。

1着8番・吉原恭佑選手(伊勢崎)、2着4番・柴田健治選手(浜松)





第9R、伊勢崎女子・新井日和選手が8番40線から出場し、掲示板に載る

2着の成績をおさめました。1着は7番・吉松憲治選手(山陽)です。





第8R、4番20線から出場の浜松ベテランライダー・鈴木章夫選手(77歳)が

軽ハン勢をさばいて先頭を手に入れ1着ゴール!

久々となる全国公営競技中・最年長1着勝利記録を更新させました!





レースを終えて休む間もなくタイヤを作り始めていました鈴木章夫選手。

「スタートから最初のコーナーにかけて自分のペースに持ち込めそうな

好展開を作れたのが勝因だと思います。雨上りでかなり暑くなりましたが

選んだタイヤがそれほど滑らなかったのも良かったですね。」

記録更新おめでとうございました☆





第6R、浜松新人・森下 輝選手が7番20線から出場し、同ハン&軽ハン勢を

全てまくりきりTOPチェッカー!2級車500ccの20線3車大外から

みごと1着勝利を手に入れました!おめでとうございました☆





第5R「ランチアタック準決勝戦」、上位1・2着選手が優出となります。

1着4番・鈴木健吾選手(浜松)、2着5番・落合 巧選手(浜松)





今年度の浜松オート「アーリーレース」は次節から7月開催まで

5節をかけて行なわれます。アーリーレース協賛の「AutoRace.JP」サイトでは

最高10万ポイントが当たる”投票王争奪ランキングバトル”を実施します。

エントリー方法など詳細は「AutoRace.JP」サイトにて。





第4R、浜松女子・北市 唯選手が1番ゼロハンから出場し7着の成績となりました。

1着は3番・角貝拓海選手(浜松)です。





第2R、浜松女子・桝崎星名選手が3番10線から出場し、混戦の中ねばり腰を発揮し

掲示板に載る2着の成績をおさめました!1着は6番・西川頼臣選手(浜松)です。

なお、一度目の発走は1番・橋本陽介選手(浜松)のフライングにより

再発走となっています。





第1R、浜松女子・交川陽子選手が4番20線から出場し8着の成績となりました。

1着は6番・齋藤 努選手(浜松)です。





検車場の前に停められました競走車の群。たちまち晴れてきたことで

これまでの湿気を帯びた環境から一変、夏のような高気温となりそうです。





虎視眈々と優出を狙う和田健吾選手。本日は第10R「準決勝戦」に出場します。





日照とともに路面はみるみる回復していきました。

ロッカー裏の屋外試走場では今の外気環境でエンジンの回転はいかほどか、を

試す選手が多くおりました。写真は先日1着を獲得し「準決勝戦」進出を

果たしました石田啓貴選手(山陽)です。

石田選手には先日の1着写真を現像してプレゼントしました♪





昨晩から明け方まで怖ろしいほどの雷と暴風雨に見舞われました、浜松オートは

「第17回スポーツニッポン新聞社杯」のシリーズ3日目。

早朝7:30過ぎの走路内はご覧の通り、うすい雲の切れ間から

青空が見え始めていますが、路面は所々に水たまりが残るような名残があります。

競走スタッフがトラックを出動させて路面に折れた枝木が落ちていないか、

ごみや袋などが風で入り込んでいないかの点検が行なわれていました。





正門前ロータリーもご覧の通り、猛烈な暴風雨によって桜の額までもが

路面に打ち付けられてしまい、これまでの淡いピンクのじゅうたんから

レッドカーペットに様変わりしていました。



  

スタッフが走路内を入念にチェックする一方、雨上りの本日も

栗原勝測選手(伊勢崎)が欠かさずトレーニングを行なっていました。





朝の走行練習は湿走路〜ぶち走路で行なわれることになりそうです。

これまで競走車がひしめき合っていた検車場でしたが、本日は

田斎英世選手(山陽)のマシン1台だけが停まっていました。



  

よ〜く考えよう、タイヤは大事だよ、ということで今朝はとにかく晴れ&雨タイヤ、

そして熱走路にまで回復した場合のタイヤ選びと、とにかくタイヤと向き合う選手が

とても多かったです。左から、鈴木啓示選手、押田和也選手(伊勢崎)。



  

左から、竹中一成選手(山陽)、運動から戻りました栗原勝測選手(伊勢崎)。





タイヤを探す吉林直都選手。タイヤづくしのタイヤ館です。





そしてもう一つ大切なのは仲間選手同士の浜松走路・攻略談義です。

伊勢崎女子・新井日和選手は伊藤正真選手(伊勢崎)と情報交換をしていました。





今節「第17回スポーツニッポン新聞社杯」は飯塚ビッグナイター・

「SG第43回オールスター・オートレース」の前哨戦でもあり、ここである程度

エンジンが高い位置になければ、SGではなかなか勝ち上がるのは難しいと

言えるだけに、早朝から大がかりな下回り整備に踏みきる選手もおりました。

作業を手伝う仲間の中に、今節から久々に練習参加としてロッカーへ復帰している

仲口武志選手の姿も。仲口選手は今節、同門の後輩・交川陽子選手や

友好グループである青山周平選手(伊勢崎)グループの後輩・

新井日和選手(伊勢崎)のエンジンを見てあげ、こうしたほうがいいよと

アドバイスをしていました。





SGでも一般開催でも、友情と絆が勝利のカギ?浜松女子・桝崎星名選手の

ロッカーでは同期の横田翔紀選手や米里崇徳選手が整備を手伝っていました。


posted by ブンブンボーイ at 17:26 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第17回スポーツニッポン新聞社杯 3日目・準決勝戦


4/17(水)は浜松オート「第17回 スポーツニッポン新聞社杯」の3日目・準決勝戦。
(開門予定時刻10:00、浜松1R試走開始10:35)
浜松の天候は「はれ」、走路状況「湿走路」。気温20℃、湿度66%、
走路温度17.7℃、降水確率は午前40%・午後0%と発表。
昨晩から明け方にかけて降りました猛烈な雷雨は過ぎ去り、今朝は青空が
戻ってまいりましたが路面はまだ水たまりが残るほどに濡れています。
気象情報によれば日中はこのまま晴れるそうなので走路状況は回復するでしょう。



今節はたい焼き「高木商店」、すっぽんエキス入り浜松餃子「あまえん坊」が常駐。
どうぞご賞味ください!






本日は第5&10〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!

posted by ブンブンボーイ at 08:49 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月16日

第17回スポーツニッポン新聞社杯 2日目のようす



写真:14時あたりに一時、パラパラと通り雨が降りましたが

走路状況が極端に変わることなくレースが進行。程よい涼しさとなりました。



「第17回スポーツニッポン新聞社杯」、シリーズ2日目が終了。

本日までの成績をもとに、明日は第5&10〜12Rをかけて

「準決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!







第12R、1着8番・木村武之選手(浜松)、2着5番・筒井健太選手(浜松)、

3着3番・矢内昌木選手(伊勢崎)の確定は8-5-3。





第11R、1着3番・赤堀 翼選手(浜松)、2着5番・石貝武之選手(浜松)、

3着6番・遠藤 誠選手(浜松)の確定は3-5-6。





第10R、1着8番・内山高秀選手(伊勢崎)、2着3番・柴田紘志選手(浜松)、

3着5番・押田和也選手(伊勢崎)の確定は8-3-5。





第9R、1着8番・吉原恭佑選手(伊勢崎)、2着4番・齋藤正悟選手(浜松)、

3着5番・鈴木辰己選手(浜松)の確定は8-4-5。





先日4/15(月)より「遠鉄グリーンカップ GT開場68周年記念 ゴールデンレース」の


選手応援幕の掲出受付を開始しています。

掲出を希望される方は電話による事前受付を必ず行ってください。





【電話受付先】 浜松オートレース場 053-471-0311 (受付時間 10:00〜16:00)


【受付締切日】 2024年5月4日(土・祝)必着





電話による事前受付がない場合、場内の掲出ができなくなる場合があります。


注意事項など詳細は浜松オートオフィシャルサイトにて。

https://www.hamamatsu-auto.jp/16958/






第8R、1着7番・松山茂靖選手(浜松)、2着8番・伊藤正真選手(伊勢崎)、

3着6番・鈴木静二選手(浜松)の確定は7-8-6。





第7R、1着1番・石田啓貴選手(山陽)、2着5番・鈴木健吾選手(浜松)、

3着7番・岩田行雄選手(伊勢崎)の確定は1-5-7。





第6R、1着6番・柴田健治選手(浜松)、2着1番・馬場雄二選手(浜松)、

3着7番・石川哲也選手(伊勢崎)の確定は6-1-7。





第5R「ランチアタック準々決勝戦」、1着6番・田中 賢選手(伊勢崎)、

2着7番・藤波直也選手(浜松)、3着5番・吉林直都選手(浜松)の確定は6-7-5。





「なんだ?この紙きれ」と、開門を待っていたお客様・先着200名様へお配りましたのは

今節のお楽しみ企画、「優勝選手当てクイズ」の応募用紙です。





本日まで、各インフォメーション(1F、グリーン2F、メインスタンド2F)に

応募箱を設置していますので、今節の優勝選手を予想し必要事項を記入して

応募箱へご投函ください。正解者のなかから抽選で景品をプレゼント☆

先日よりも本日の応募のほうが、第5〜12Rの「準々決勝戦」進出選手に

優勝予想がしぼられますので正解率が高まるかもしれません。

ふるってご応募ください♪





第4R、浜松女子・桝崎星名選手が4番20線から出場し8着の成績となりました。

1着は7番・安東久隆選手(山陽)です。





第3R、浜松女子・交川陽子選手が7番20線から出場し8着の成績となりました。

1着は8番・浅野浩幸選手(浜松)です。





第2R、浜松新人女子・北市 唯選手が1番ゼロハンから出場し、

みごと6周回の逃げきりに成功!1着勝利を獲得しました!





北市選手には1着勝利写真をプレゼントしました♪

「1着写真うれしいです!朝練習の写真も現像していただきありがとうございました!

今、走行フォームを研究しているところなので、また撮影をお願いします!」





今日の北市選手の朝練習の走行撮影は、同門の兄貴分である

山浦博幸選手のリクエストにお応えした形となりました。

またいつでも、どのアングルでの撮影が必要かお申し付けください♪

1着勝利おめでとうございました☆





第1R、山陽女子・三宅真央選手(山陽)が3番ゼロハンから出場し

みごと同ハンをさばいての逃げきりに成功!1着勝利を獲得しました☆

三宅選手にはこちらの1着勝利写真をプレゼントしました、おめでとうございました♪





山浦選手からのご依頼を受けまして朝練習中の北市選手を撮影。

正面や真横、背中などいろんなアングルを、とのことでしたので

撮影しました写真をすぐさま現像して北市選手へお届けします。





浜松オート「第17回スポーツニッポン新聞社杯」・シリーズ2日目の朝は

ご覧の通り少し雲が上空を覆っています。ですが青空も所々に見えており、

先日よりは気温が上がらないそうです。風は4月らしい涼しさがあります。



  

本日も早朝から柴田紘志選手と栗原勝測選手が

走路内でトレーニングを行なっていました。





30m離れた内線〜外線をかけて栗原選手へ「おはようございます!」と

大きな声で挨拶をする柴田紘志選手。まるで川の向こうのようです。





清掃車が走路に舞い散りました桜の花びらを吸い上げる一方、

中庭では早くもサツキツツジの群生が咲いていました。





今朝の検車場は空が多少曇ったからでしょうか、2台しか競走車が

停めてありませんでした。上村敏明選手と田斎英世選手(山陽)のマシンです。



  

写真左:ロッカーに向かう鈴木清市選手(伊勢崎)。

写真右:屋外のタイヤ加工場にてタイヤの表面を削る三宅真央選手(山陽)。





削りたてのリアタイヤに交換する竹中一成選手(山陽)。





ロッカーに到着しました鈴木章夫選手。お向かいでは既に

吉林直都選手が整備を初めていました。



  

写真左:タイヤの溝を彫る祐定 響選手(山陽)、石田啓貴選手(山陽)。

写真右:先日の単独落車による修理が完了しました横田翔紀選手(伊勢崎)。

「身体は大丈夫です」とのことです。





キャブレターを解体する石貝武之選手。





整備に必要な工具を探す山浦博幸選手。すると、

「ブンブンさん!良かったら、北市さん(北市 唯選手)の朝の走行練習を

撮影してもらえませんか?今日は2Rの出場なので、その前に

走行フォームを確認させたいんで…お願いします!」

とリクエストを受けました♪承知しました、朝練習が始まりましたら

さっそく走路へと向かいますので、しばらくお待ちください♪


posted by ブンブンボーイ at 17:27 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする