2007年10月27日

 ”浜松オートにかける” 奥川裕司選手&浅野浩幸選手

けがによる長い休場を経て、ふたたびこの浜松オートへと帰ってきた
奥川裕司選手(19期)と浅野浩幸選手(25期)。
「今節からが本当の復帰戦です」と奥川選手は語ります。


全国オートレース選手会・浜松支部長をつとめる奥川選手(写真左)は、長い治療期間の間も浜松オートのことを気にしなかった日はありません。今節も前検日に浜松入りするや、早くも大事な会議に出席。初日のレース出場後は浜松オートHP内・「舞台裏」のコーナーにも紹介している通り、空き時間を見つけてはこれまでにたまっていた廃棄マシンパーツの分別に徹し、レンチやドライバーなどの工具を使って細部にまでアルミや鉄などの仕分けを行っていました。
奥川選手:「前節から一応復帰参戦にまでこぎつけたけど、足に鉄板は入ったままだし、痛みがまだ残っていたし。『かろうじて6周を走ってゴールはできても、”勝つ”までには回復しきれていない』と感じ、節は早退を選びました。ただ走れる、というだけじゃ納得できないんですよ。なぜなら、“出場する”ということは、“自分の1着を信じて、自分に懸けてくれる人がいる”ということなのですから。それに浜松オートHP内の「選手インタビュー」にも載せているけど、オートレースは”8人が競うもの”だから…。今節からが本当の復帰戦だと僕は思っています。完全に痛みが抜けたわけじゃないし、しなければいけない仕事もたくさんあるけど、「イヤなら辞めな」ってことだし。20代と40代とじゃ骨も筋肉も違うだろうけど、23年間走ってるから。これだけは自分に認めてあげたいです。」


浅野浩幸選手。前回山陽での「GII若獅子杯」において準決勝戦にまでこぎつけ、最終日は第11R・「若獅子特別選抜戦」に出場と健走しました。今節初日も第8Rに出場し、雨状況のなかで1着の好成績をおさめています。
浅野選手:「こうしてけがからの復帰をしてレースにのぞみ、改めて“記念レースにあっせんされることが、いかに大変で難しいことか”と思えました。だからひとりでも多く浜松オートから準決勝進出に乗ってやろうと思って頑張りました。浜松からは3名準決に乗れたのですが、その中のひとりになれたことは嬉しかったですね。しかも同期や仲間、ファンから「よくがんばったね!」って言ってもらえて…言葉がありません。今日も雨の中で1着をとれるなんて奇跡です。まだまだ乗り手にハンデがあるから、しばらくは整備で機力をあげることに重きを置きたいです。元に戻るのは、大変なんです。」
奥川選手、浅野選手、コメントをありがとうございました。
皆さまも熱い応援をよろしくお願いします。


第12Rが終了したあと、雲の合間から顔を出した雨上がりの夕日。すると東の空には
大きくて鮮やかな虹が。よく見ると、虹が二つかかっているのです(!)
選手もスタッフも、そしてお客さまも、みんなが2つの虹をいつまでも見守っていました。

浜松オートにかける、2つの虹。嵐を越えて、さわやかな晴天が戻ってきそうです☆

posted by ブンブンボーイ at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 初日・第12R、『報知ファイト』を制したのは番田隆弘選手(山陽)!


本日より開幕した浜松オート4日間開催・「第42回 報知新聞社杯」。
初日は台風20号の影響により朝から嵐にも似た悪天候となるなか、ようやく雨脚が途絶えて繰り広げられた第12Rの選抜予選・「報知ファイト」は、”雨に強い”と呼び名の高い西日本勢から山陽の1枠・番田隆弘選手(24期)が初戦の白星を飾りました。


1周目。10線勢から2枠・佐々木敏夫選手(船橋・14期)と1枠・番田隆弘選手が飛び出し、アウトコースからゼロハン勢に飛びかかる。


2周目には番田選手が佐々木選手をインからさばき、先頭を奪取。


レース中盤の第3コーナー。佐々木選手、8枠・廣瀬豪彦選手(船橋・19期)、4枠・掛川和人選手(川口・22期)と3車が固まっているところへ5枠・佐藤貴也選手がインから飛び込み、一気に2番手まで浮上。


最終第3・4コーナー。逆転をかけた佐藤選手のイン差しを抑えきり、番田選手が1着を守り抜きました。


1着をとった番田隆弘選手。「最近エンジンがあまりよくなかったのですが、前検日にクランクを交換して1着を取れたので、よい方向に向かったと感じています。」
2着の佐藤貴也選手は「エンジンは悪くなく、道中においてもミスはなかったのですが、タイヤがちょっと合っていませんでした」とコメントしていました。
posted by ブンブンボーイ at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 「第42回 報知新聞社杯」 初日のようす


今節「第42回 報知新聞社杯」のスタート。初日は開門時にファンサービスとして、
今節の冠である報知新聞社発行の「スポーツ報知」が
先着200名様に配布されました。


場内では開催期間中、NPO法人・魅惑的倶楽部による
「STOP AIDSキャンペーン」ブースが出展しています。
ぜひお立ち寄りください。

  
左から1R1着・篠原忠次選手(山陽・6期)、1R2着・尾藤憲吾選手(浜松・11期)
篠原選手:「雨的には悪くないエンジンです。ただインコースが利かないのがつらいね。僕自身イン攻めを得意としているから。」
尾藤選手:「雨は得意なほうなので、今日は枠組みを見て60線のハンデでも1着をとれそうな気がしてレースにのぞんだんだけど。スタートをうまくきるのが課題です。あと、この腰まわりがうまくあってない感じがするんだよね…。」

  
2R2着・澁澤憲司選手(浜松・29期)。
「前検日にいろいろやってみたんだけど、よくないですね…。いつもの雨よりはいいほうだと思います。「秋スピ」で自分の名前の横断幕が貼ってあって、嬉しかったです。あるとないとでは違いますから…改めて初心に戻るような気持ちで、整備とかやっていこうと感じました」

  
左から3R2着・青嶋裕治選手(浜松・24期)、3R3着・内越忠徳選手(船橋・14期)。
内越選手:「エンジンは悪くはないと思うけど、まだ乗りづらさはあります。晴れたら晴れたで、またセッティングを変えなきゃいけないし。タイヤは問題ないです。」
青嶋選手:「エンジンの具合がいいかどうかは、雨じゃ分からないですね。晴れで乗ってみないと。」

  
左から4R1着・笹本英二選手(浜松・18期)、4R1着・白川秀行選手(山陽・17期)。
笹本選手:「9月真ん中を過ぎて走路温度が下がってきてからエンジンの調子が悪くなっています。整備については検討中。やっぱり晴れるといいね。」
白川選手:「前検日にクランク交換をしたら全然良い感じです。セットがまだよくないので、合わせていけばさらに上積みが狙えると思います。」

  
左から5R1着・岩科 州選手(浜松・27期)、5R2着・下平佳輝選手(浜松・23期)
岩科選手:「雨の中でも内にまわれるエンジンだったのでインコースを攻めていけたのがよかったです。展開に恵まれました。」
下平選手:「朝練習も普通に乗れていたので、まあまあじゃないですかね。しばらく連がらみが遠のいていたから…普通に嬉しいです。」


6R1着・伊藤博康選手(浜松・1期)
博康選手:「前検日の整備でエンジンの乗りやすさはあるのですが、ちょっと軽い感じがします。力がなくなったかな、でも欲かいちゃいかんで。最近は連に絡めて着も悪くないし、いいんじゃない?(笑)」

  
左から7R1着・福井次郎選手(浜松・8期)、7R2着・戸塚 茂選手(浜松・25期)
福井選手:「んー、まぁ今日は1着取れたからいいけど、前節の「秋スピ」からハンデが10重くなっているんだよ。だから明日以降、晴れなら8・8・8。“全国採点”なんてカンベンしてもらいたいよ。」
戸塚選手:「雨的には乗れているけど、晴れるとヤバイです(苦笑)最近の1着は雨によるものだから。明日以降晴れると不安だなァ」


第9R、1着4枠・金居徳次選手(山陽・8期)、2着5枠・山本佳幸選手(浜松・10期)
金居選手:「雨的にエンジンは最高です。…最高とまではいかないかな?けど1着を取れたから、最高ということにしましょう(笑)これで悪いですって言ったら怒られるよね」

 
  
左から10R1着・下垣内 至選手(川口・11期)、10R2着・野田光宏選手(浜松・24期)。
下垣内選手:「雨じゃねぇ、、勝ててもエンジンが良かったのかどうか分からないですね。浜松走路との相性は悪くないですよ。」
野田選手:「つかれました・・。雨はニガ手ではないですよ。でも得意でもありません(笑)前検日に消音マフラーのテスト走行に参加しましたが、自分的に乗り味はそう変化はなかったですよ。」

  
左から11R1着・柴田紘志選手(浜松・28期)、11R2着・田中竜二選手(浜松・13期)。
柴田選手:「今日はスタートがきれたので、展開がよかったです。勝因はそこですね。久々の雨の一着だったからチョー嬉しいです!この「ブンブンブログ」、オフの日はほぼ毎日見ているのでがんばってください♪」
田中選手:「マシンはほとんど手を加えていないんだけどね。レースとレースの間があいちゃっているから、逃げるペースが分からなくて。整備は明日、朝に乗ってから考えます。」

posted by ブンブンボーイ at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 「第42回 報知新聞社杯」 初日


本日10月27日()は本場開催・「第42回 報知新聞社杯」の大会初日。
(開門予定10:00、第1R試走開始10:34)
浜松の今朝は雨。台風20号の影響により一日中雨がふるとみられます。

本日は開門より先着200名様に「スポーツ報知」新聞がプレゼントされます。
予想のお供にぜひご活用下さい♪
第12Rに選抜予選・「報知ファイト」が繰り広げられます。
1番田隆弘10 2佐々木敏夫10 3長谷晴久20 4掛川和人20
5佐藤貴也30 6中野重己0 7稲原良太郎0 8広瀬豪彦0
熱戦にご期待ください!


正門ゲート奥の通路がちょこっとリニューアル。
天窓がついて通路内が明るくなりました♪


朝練習の風景。
姿が地にうつるほどの濡れ走路となってしまいましたが
朝練習には多くのライダーたちが参加していました。

posted by ブンブンボーイ at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする