2007年11月29日

 「第3回レッドリボンカップ」 初日のようす


朝練習の風景より。天気報にて「今日は一日天気がよくならない」と報じられてか、
濡れ走路でのレースに気持ちを決めた大勢の選手たちがレインコートをまとって
朝練習にのぞんでいました。

    
(左から)福田義久選手(山陽・18期)、吉田幸司選手(川口・21期)、
ついおとといまで船橋オートにて「GI船橋オート祭」の優勝戦という大一番を
戦い抜いてきた金子大輔選手(29期)。
福田選手:「前回は地元山陽で、まぁそこそこの成績をおさめることがきました。
 最初日がちょっと悪かったですが。今節ははじめから雨だからね…(苦笑)」
吉田選手:「近況としては、まぁ普通で。前回地元川口のレースに関しては、試走が
 もう少しほしいなと感じました。雨はあんまり好きじゃないので乗りたくないです。。」
金子選手:「先日の船橋GI、もう最終日にはエンジンがいっぱいいっぱいで。でも決して
 (エンジンは)悪い状態ではないですよ。ただ、出来上がったエンジンが“独走型”
 だったので、単独で走るには良かったのですが、“競り”のエンジンには
 ならなかった。さばきのパワーが出せなくて・・セッティングに苦労しました。
 またすぐ年末に川口SGスーパースターを控えているので、SGも見越して
 今はやれるだけやってみます。」



第1R、1着6枠・名本邦俊選手(浜松・13期)、2着1枠・和田健吾選手(浜松・28期)、
3着5枠・笹本英二選手(浜松・18期)の確定は6-1-5。
名本選手:「うまく乗れました。(走路が)ちぃっと乾いていたからね、ぶちになりかけで。内線と外線とのちょうど中間が乾いていたので。エンジンは並です。」

  
第2R、1着3枠・高橋義徳選手(船橋・28期)、2着6枠・岡信之選手(浜松・25期)、
3着1枠・沖村謙二選手(浜松・15期)の確定は3-6-1。写真は片岡選手。
片岡選手:「シリンダーとピストンを換えて・・でもどうですかねぇ、やっぱり晴れで乗ってみないとね。でも手前がよくなりましたし、ノビがもう少しほしいです。」

  
第3R、1着1枠・猿谷敦史選手(浜松・25期)、2着2枠・小松久二一選手(浜松・10期)、
3着7枠・畠山 健選手(川口・4期)の確定は1-2-7。写真は猿谷選手。
猿谷選手:「自分が走ったときは、もう晴れタイヤでもよかったくらの乾き具合でした。乗り味も良かったです。エンジンで足りないところは・・まだ分からないですね。」


第4Rは波乱が発生。1着2枠・上村敏明選手(浜松・7期)、
2着4枠・吉田 弘選手(浜松・17期)、3着3枠・米本謙二選手(船橋・15期)の確定は
2-4-3。道中1〜2コーナーにおいてゼロハンからレースを引っ張る8枠・中根敏治選手(浜松・4期)へとまくりかかろうとした1枠・長谷晴久選手(浜松・23期)でしたが、中根選手がスリップを起こし落車。長谷選手も他落を喫してしまいました。中根選手は自力で起き上がり軽症でしたが、長谷選手は担架で医務室へ。様態は情報が入り次第お伝えしま。
上村選手:「ケースとか新品に換えているので、まだ手探りの状態です。本当に良いのかどうかは、まだ分からないなぁ。ランクもBに下がっちゃったし、(以前の落車で)足の中に鉄板が入っているままだからね。」


第5R、1着3枠・田方秀和選手(山陽・22期)、2着5枠・西久保英幸選手(山陽・15期)、
3着6枠・伊藤博康選手(浜松・1期)の確定は3-5-6。


第6R、1着5枠・島田健一選手(浜松20期)、
2着1枠・斎藤正悟選手(浜松・24期)、
3着6枠・森下剛一選手(浜松・14期)の確定は5-1-6。
写真は島田選手。
島田選手:「朝の雨状況で朝練習に出てみて、エンジンが
あんまりよくないな〜って思っていたんです。それで
「まぁいいや!」と、なかば投げやりでレースにのぞんだら1着を取ってしまいました。
ちょうどレース時の気候にエンジンが合ったのかもしれないね。」


第7Rは3着戦が写真判定に。1着7枠・石井克己選手(浜松・13期)、
2着3枠・金居徳次選手(山陽・8期)、3着4枠・今田真輔選手(浜松・29期)の
確定は7-3-4。
石井選手:「うまく行けたねぇ、初日から1着を取れるなんて思っていなかったからね。走路状況もこんなだし、とかくインを走ろうとだけ思っていました。そうしたら割かしグリップも利いてくれて。明日もこんな感じで行きたいけど、メンバーがどうなるかだね(笑)」


第8Rは2着戦がデッドヒート。1着7枠・田斎英世選手(山陽・13期)、
2着5枠・青嶋裕治選手(浜松・24期)、3着2枠・柴田紘志選手(浜松・28期)の
確定は7-5-2。


第9Rも2着戦は手に汗握るマッチレース。1着1枠・西川頼臣選手(浜松・26期)、
2着2枠・高橋義弘選手(川口・29期)、3着3枠・加茂正孝選手(浜松・10期)の
確定は1-2-3。
西川選手:「スタートタイミング、早く行き過ぎてビビりましたよ(笑)エンジン、いいっスよ。
 エンジンがいいとスタートもいい。うん。明日もこのままでいきます。」

ここで何と!浜松オートレースヴィーナス・金子しおりさんから
CS放送へ「浜松オートへの応援FAX」が送られてまいりました☆
『今日は家から浜松オートのCS放送を見ています!今日は寒いですけど、
 みなさん頑張ってくださいね!私は2日にレース場へ行きます♪』
うぅ、FAXで声援を送って下さるなんて、しかも空いている時間に
オートレースを観戦して下さっているなんて感激です。ありがとうございます☆

たった今入りました情報によりますと、長谷選手は病院のレントゲン検査を受けた果、
異常はなく明日もレースに出られますとのことです!
ただし落因となった中根選手は一日罰休となるそうです。正式な発表は
浜松オートオフィシャルサイトの掲載をお待ちください。


第10Rスピードにのった好レース。1着1枠・松山茂靖選手(浜松・26期)、
2着3枠・浅野浩幸選手(浜松・25期)、3着2枠・梅内幹雄選手(船橋・19期)の
着順は1-3-2。


第11R、他車を引き離して独走態勢。
1着2枠・金子大輔選手(浜松・29期)、2着4枠・荒川哲也選手(船・23期)、
3着1枠・中村晋典選手(浜松・24期)の確定は2-4-1。
金子選手:「う〜ん、、1着は取れたけど、情けないですよ、、。というのも、ちょっと慎重に走りすぎました。前方との車間を意識しすぎて、(これ以上突っ込んだら“かまをほっちゃう”かな)っていう思いがあって…それだけに上がりタイムが出なかった。もっとアグレッシブにいかないとダメですね。
年末の川口SGではシリンダー、ピストンを新品全部そろえて持っていきます!」

posted by ブンブンボーイ at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開催回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 「第3回 レッドリボンカップ」初日


11月29日(木)は浜松オート4日間開催・『第3回 レッドリボンカップ』の
開催初日。(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:29)
浜松の今朝はくもり。昨夜より降り続けた雨の影響で濡れ走路となっております。

本日第12Rに選抜予選・「レッドリボンファイト」が繰り広げられます。
第12R「レッドリボンファイト」(発走予定16:06)
1笠木美孝30、2西村龍太郎30、3伊藤信夫30
4岩科 州20、5飯塚将光20、
6奥川裕司10、7吉田幸司10、
8鈴木健吾0
熱戦にご期待下さい!

  
正面ゲート奥にはクリスマスにちなんだクリスマスツリーが飾られ、
天井の色も茶褐色から白に一新しました。柱も一部新鮮な白に塗り替えています。

posted by ブンブンボーイ at 09:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

 浜松開催・『第3回 レッドリボンカップ』 前検日のようす


本日11月28日(水)は非開催日。明日よりはじまる浜松オート本場開催・
『第3回 レッドリボカップ』の前検日となります。
浜松の今朝は季節外れの台風の影響により曇り&雨。ですが
風はそれほど感じられず、極端な寒さは感じられません。

場内各所では明日への開催に向けて準備が本格化。
走路内ではキャラバンカーが走路内の点検確認をしていました。ボンネット部には
「ストップエイズキャンペーン」のシンボルであるレッドリボンのマークが。

    
本場&場外の開催中は大勢のお客様で賑わう浜松オート、非開催は
大掛かりな施設内の補修・清掃、点検で大忙しです。オートレースは
場外発売が多くなったことで非開催日がほとんどなくなり、
浜松オートレース場ではお客様の安全を考えて
月に数日の非開催日の時だけ、重機や足場が必要な大工事を行います。
今日一日をかけて、正門ゲート奥では数回に分けて進めていた
天井のリフォームを再開。そのほか場内における故障箇所の視察、
グリーンスタンドではクレーン車を導入しての窓拭き清掃が実施されました。

  
(左から)松山茂靖選手(26期)、斎藤正悟選(24期)、鈴木健吾選手(28期)。
正悟選手のロッカーでは健吾選手がマシン作りを手伝っていました。
松山選手:「前回『GI船橋オート祭』では、結局エンジンからのドドドが取れなくて
 ダメでしたね…でも原因が分かったので、今直しているところなんです。
 今節は雨でもかまいませんよ、タイヤの当たり付けにもいいですし。」
正悟選手:「前回『伊勢崎GIIグランプリ』では、あんましエンジンの動きが
 良くなかったので、クランクを換えようかと。このまま雨だったらタイヤを作ります。
 まずは開催初日に試走がどのくらい出るか、だね。」

  
(左から)長谷晴久選手(23期)、田中竜二選手(13期)。
長谷選手:「前回の船橋GIでは・・う〜ん、なんか…レベルが違いましたね。。みんな
 試走タイムが27とか28とか、、今の状態じゃ、何かやらなきゃだめだね。
 今開催、雨ならザーッと降ってくれたほうがいいです。」
田中選手は濡れ走路のなか、感触を試しに何度も走路へ駆けていました。
田中選手:「しばらく(レースを)やっていなかったので練習に出ないとね。11月の
 最初に、以前落車した際、左足に埋めたプレート2枚を抜く手術をしたんですよ。
 ベッドに腰を伸ばしたまま仰向けの状態が続いたから、身体がこわばっちゃって。
 そんなこともあて、身体をほぐすために今日は何度か走行練習をしています。」

   
(左から)マシンを見つめる浅野浩幸選手(25期)、田中泰彦選手(山陽・19期)
浅野選手:「とりあえず晴れで乗ってみたいんですけどね。今節天候が悪そうでしょう?
 前回ももうちょっと、何かこう、(エンジンが)あんまし動いていないので。」
泰彦選手:「前回、山陽遠征でエンジンをいじってあまり良くなかったので、、。
 雨をしばらく乗っていないので、どうなるかな。」

  
(左から)山本佳幸選手(10期)、西久保英幸選手(山陽・15期)
山本選手:「エンジンはいくらかよくなってきています。とりあえず最初はバネ調整を。
 前節『イーバンク銀行杯』にて、ファンサービスのロッカー見学に同席していた
 金子しおりさんを写真撮影したけど、けっこう大人っぽく見えて驚きました。
 ポスターとかを見る限りでは「子供っぽいかな?」と思っていたので。」
西久保選手:「今年は厄年だったためか、ちょっと調子が悪いですね。雨も最近
 イケてないですし。昔、フジに乗っていた頃、浜松のぶち走路で優勝したことも
 あるんですよ杉山義孝選手(15期・引退)がまだここにいた頃だけど、
 覚えてるかな。前回の川口遠征も、試走が良くても着には繋がらなかったですし…
 最終日だけ1着を取れましたけど。」

  
森下剛一選手(14期)、斉藤 努選手(22期)。

  
井口敬文選手(19期)、金居徳次選手(山陽・8期)。

  
藤田明彦選手(山陽・17期)、松堂忠利選手(29期)。

  
伊藤博康選手(1期)、西川頼臣選手(26期)。

  
(左から)岡本信一選手(山陽・22期)、笠木美孝選手(22期)。
岡本選手:「エンジンはかんばしくないですねぇ。10月の川口遠征(10/16〜19)から
 前回地元山陽の開催(11/19〜22)まで1ヶ月も走っていないので、
 間が開いてしまって。とりあえず一回晴れに乗ってセッティングの確認がしたいです。」
笠木選手:「前回、伊勢崎のGIIに行ってきたんですけど、まぁ5日間の乗り味としては
 普通ですかね。スタートも自分の中で気持ちよくきれてないので、調整をして
 明日にのぞみたいです。クラッチ板の交換をしています。」

  
(左から)高橋義徳選手(船橋・28期)、飯塚将光選手(船橋・9期)。
高橋選手:「前回の地元GIでは、決勝こそ乗れなかったですがエンジン自体は
 良いほうだったと思います。今節は初日から天候が気になりますが、
 セッティングさえ合わせられればエンジンは上向きそうです。」
飯塚選手:「つい昨日まで地元船橋のGI・5日間をこなして、今日はもう浜松入り。
 日程がキツいですね…朝起きられなかったです。最近は遠征続きであちこちを回り、
 船橋オート祭は2ヶ月ぶりの地元出場となったので、全然(地元の乗り味を)
 つかめなかったですよ。最終日になって、ようやく「こんな感じかな」と手応えを
 覚えました。急に寒くなったりして身体も大変だけどね、みんな条件は一緒だから。
 明日は雨かな、雨はキライじゃないから、むしろしっかり降ってくれたほがいいです。」

  
(左から)浅田真吾選手(27期)、
前節『イーバンク銀行杯』の覇者・伊藤信夫選手(24期)。
浅田選手:「オフィシャルサイト見ましたよ、野球部の紹介をありがとうございました♪
 前回の船橋GIでは、エンジンがちょっとずつ良くはなってきたかなと思ってます。
 試走がよくなっているので。開催終盤にドドドが出たので結果はよくなかったですが、
 今節、対策をしっかりすればいい方向にむくんじゃないかな。」
信夫選手:「前節は日に日にエンジンを仕上げて優勝できたので、節も同じように
 日に日に良くしていきたいですね。オフの日は有意義に過ごせました。」


前回ブンブンブログにて紹介しました、「広報はままつ」中区版にメッセージが
掲載されている、選手会の代表・中村晋典選手(24期)にお話をうかがいました。
晋典選手:「明日から「レッドリボンカップ」、浜松だけでなく、オートレースを見ている
 方々は全国に大勢いらっしゃいますので、こういった機会に今一度エイズや
 HIVについて考えてみようと思ってくだされば、選手会として嬉しく思います。
 オートレースの収益金は社会福祉に立てられていますが、レースそのもの以外でも
 スポーツマンシップとして社会貢献ができればといつも思っていますよ。
 今節はNPO法人・魅惑的倶楽部さんの協力もあって、場内イベントが
 いろいろ用意されていますので、ぜひレース場へ遊びに来てください。
 優勝選手のシャンパンファイトもありますからね、ぜひやってみたいです!(笑)」
中村晋典選手、ありがとうございました♪

明日から開幕の『第3回レッドリボンカップ』、どうぞお楽しみに!
posted by ブンブンボーイ at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

 浜松ライダー・金子大輔選手、船橋「GI 船橋オート祭」・優勝戦進出!


本日11月26日(月)、浜松は久々に一日中まとまった雲が空一面をおおうなか、
ここ浜松オートでは「GI 船橋オート祭(船橋)」の場外発売・4日目が繰り広げられ、
第9〜12Rでは明日への優勝戦進出をかけた「準決勝戦」が展開。

大勢の浜松オートレースファンが固唾を呑んで見つめる準決勝戦の行方。
そして浜松ライダーからただひとり、金子大輔選手(29期)が最終第12Rにて
2着通過を果たし、優勝戦進出を果たしました!

明日11/27(火)の8周回優勝戦、レジェンドレースに期待しましょう!
posted by ブンブンボーイ at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 広報はままつ中区版 11月20日号に中村晋典選手のインタビューが掲載されています


写真上:11/17(土)、「選手会08年カレンダー発売開始記念イベント」にて
ご購入いただいたお客様へカレンダーをお渡しする中村晋典選手(24期)。

浜松市内・中区に住んでいる方々へ配布される広報・
「広報はままつ・中区版」の11月20日号は“こころのワクチン”と題し、
12月1日にひかえる『世界エイズデー』にむけての特集が組まれております。

エイズの正しい知識と理解・支援を表す
“レッドリボンプロジェクト”に協力しているオートレース。
選手会を代表し、浜松ライダー・中村晋典選手の
ストップエイズキャンペーン及び次回浜松オート本場開催・
第3回 レッドリボンカップ」(11/29〜12/2開催)に向けたインタビューが
同「広報はままつ」に掲載されておりますので
広報を手にされた方はどうぞご一読下さい。


ちなみに同号別頁では10/13・14の2日間に浜松オートで開催された
ソーラーバイクレースin浜松2007」の紹介も掲載されています。
こちらもご覧いただけたらと思います。

posted by ブンブンボーイ at 02:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする