2007年11月04日

 飯塚「第39回 日本選手権オートレース」 場外発売・5日目のようす


飯塚オートで繰り広げられている秋の天王山・「SG第39回 日本選手権オートレース」、
早いもので本日が5日目の最終日となります。日曜日ということもあり、
開門時から場内は多くのお客様で賑わっております。


開門時、先着2000名様に配布されたラッキーカード。抽選で200名の方へ
「SG第39回日本選手権オートレース」・オリジナルQUOカードがプレゼントされます。
(引換期間:第8R〜12R終了まで、インフォメーションにて)
見事当選された方、おめでとうございました♪
さらにゲート前では「浜名湖競艇」のPRキャンペーンも展開されました。


ご覧下さい、この観戦者の数を!「新春特別レース」を思わせるような大賑わいを
見せる浜松オート・場外発売。 


人のこころに熱いハートがある限り、
“公営競技最速”を誇るハイスピード・ライダーバトル、
オートレースは人を呼ぶのです。


5日目最終第12R、これぞ究極のオートレース・「10周回0mオープン優勝戦」。
浜松からただ一人出場を果たした松山茂靖選手(26期)は
6枠のポジションから決戦にのぞみ、4着の成績を残しました。

今節は飯塚オートの丁寧な解説を聞き、改めてオートレースの奥深さを知りました。
“強いマシンを作る”とひとこと言っても、「どこを強くさせたいのか」という
イメージ、さらには「自分の得意な攻め方を伸ばしたいのか」、
「自分の弱点を補いたいのか」といった駆け引きが選手には課せられます。
スタートダッシュを強くさせたいのか、直線スピードを速くさせたいのか、
コーナリングをすばやく突破したいのか…。
逃げのびたいのか、追いつきたいのか。そしてそれは
6周・8周・10周の8人組み手に耐えられるのか。
パーツをひとつ変えただけでも、予期しない場所の性能までもが上がったり、
逆にそれまで順調だった場所のパワーが下がったりと、
「こうすればよい」という王道がありません。

慎重・堅実に勝ちを手に入れた選手、一か八かに賭けて敗れた選手、
そのひとりひとりにオートレースへの熱い想いがあり、
人間味あふれるドラマがあったのだと思います。
出場選手の皆さんひとりひとりに拍手を贈りたいです。
そしてご来場いただきましたオートレースファンの皆さま、
本当にありがとうございました。


浜松オートレース、明日は一日非開催日のお休みです。
明後日から再び、飯塚オート・普通3日間開催の場外発売が行われます。
どうぞお楽しみに♪
posted by ブンブンボーイ at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 飯塚「SG第39回 日本選手権オートレース」 場外発売・5日目 最終日


本日11月4日(日)は飯塚「SG第39回 日本選手権オートレース」の場外発売・5日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:20〜)

浜松の今朝は晴れ。日当たり良好、気持ちよく1日が過ごせそうです。

本日開門より、先着2000名様にラッキーカードを配布。
200名様に「SG日本選手権」・オリジナルQUOカードがプレゼントされます。

本日第12Rにオートレース最長の10周・「優勝戦」が繰り広げられ、浜松より
松山茂靖選手(26期)が6枠からの出場となります。
そのほか第11Rの8周回・「特別選抜戦」では伊藤信夫選手(24期)が3枠から、
第10R「選抜戦」では笠木美孝選手(22期)が6枠から、
遠藤 誠選手(25期)が7枠から出場となります。
熱戦にご期待下さい!


ここでひとつ残念なおしらせが。
今節開催期間中、お客様からご好評を頂いていた
大阪名物“いか焼き”の「みなせん」は、諸事情によりお休みとなってしまいました。
いか焼きを心待ちにしていた皆様、大変申し訳ありませんでした。
食事は場内各種食堂&売店をご利用下さい。

歴史の目撃者となる『第39回 日本選手権オートレース』、
本日も浜松オート・場外発売でエキサイティングな一日をお過ごし下さい!
posted by ブンブンボーイ at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする