2007年11月05日

 秋を物語る浜松オート


あの連日に及んでいた夏の酷暑&残暑を忘れさせてくれるかのように、涼しさから肌寒さへと
季節の変化を見せている浜松の11月。浜松オートレース場のいたるところにある桜の木も
葉っぱがいよいよ紅葉へと色付きはじめております。
浜松市では秋葉山や竜頭山、山住神社のある「スーパー林道」が
紅葉の見ごろとなっているそうです。

  
いよいよ厚手のウェアが必要となってくる時期。 浜松オートでは
今月19日から22日までの4日間、山陽オートで開催される
「日本トーターチャンピオンカップ 山陽リーグ」の場外発売が実施されますが、初日となる
11月19日(月)は開門より先着1000名様にラッキーカードが配布され、抽選で
100名様へ「日本トーターチャンピオンカップ・オリジナルパーカー」がプレゼントされます。
胸部にオリジナルエンブレム、背部にロゴデザインが施されているこのオリジナルパーカー。
生地もフードも厚めで頑丈にできており、これからの季節にぴったりの一品となっております。
詳しくは浜松オートHP内・レースガイドをご覧下さい♪


夕方から雨の降り出した本日の浜松。冷たい夜の中でもがんばって
「月下美人」が花を咲かせてくれました。この花は咲いている期間が“たった一晩限り”という
はかない花で、咲く頃合いを見逃すと次の日の朝にはしぼんでしまいます。
人目を忍び「お月様だけが見ていてくれればいい」と、空を見上げて
一晩限りの美しい姿を露(あらわ)にする月下美人。今夜はあいにくの雨となり
お月様との対面はなりませんでしたが、しっかりと開花を見届けてあげることができました♪

posted by ブンブンボーイ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする