2007年11月28日

 浜松開催・『第3回 レッドリボンカップ』 前検日のようす


本日11月28日(水)は非開催日。明日よりはじまる浜松オート本場開催・
『第3回 レッドリボカップ』の前検日となります。
浜松の今朝は季節外れの台風の影響により曇り&雨。ですが
風はそれほど感じられず、極端な寒さは感じられません。

場内各所では明日への開催に向けて準備が本格化。
走路内ではキャラバンカーが走路内の点検確認をしていました。ボンネット部には
「ストップエイズキャンペーン」のシンボルであるレッドリボンのマークが。

    
本場&場外の開催中は大勢のお客様で賑わう浜松オート、非開催は
大掛かりな施設内の補修・清掃、点検で大忙しです。オートレースは
場外発売が多くなったことで非開催日がほとんどなくなり、
浜松オートレース場ではお客様の安全を考えて
月に数日の非開催日の時だけ、重機や足場が必要な大工事を行います。
今日一日をかけて、正門ゲート奥では数回に分けて進めていた
天井のリフォームを再開。そのほか場内における故障箇所の視察、
グリーンスタンドではクレーン車を導入しての窓拭き清掃が実施されました。

  
(左から)松山茂靖選手(26期)、斎藤正悟選(24期)、鈴木健吾選手(28期)。
正悟選手のロッカーでは健吾選手がマシン作りを手伝っていました。
松山選手:「前回『GI船橋オート祭』では、結局エンジンからのドドドが取れなくて
 ダメでしたね…でも原因が分かったので、今直しているところなんです。
 今節は雨でもかまいませんよ、タイヤの当たり付けにもいいですし。」
正悟選手:「前回『伊勢崎GIIグランプリ』では、あんましエンジンの動きが
 良くなかったので、クランクを換えようかと。このまま雨だったらタイヤを作ります。
 まずは開催初日に試走がどのくらい出るか、だね。」

  
(左から)長谷晴久選手(23期)、田中竜二選手(13期)。
長谷選手:「前回の船橋GIでは・・う〜ん、なんか…レベルが違いましたね。。みんな
 試走タイムが27とか28とか、、今の状態じゃ、何かやらなきゃだめだね。
 今開催、雨ならザーッと降ってくれたほうがいいです。」
田中選手は濡れ走路のなか、感触を試しに何度も走路へ駆けていました。
田中選手:「しばらく(レースを)やっていなかったので練習に出ないとね。11月の
 最初に、以前落車した際、左足に埋めたプレート2枚を抜く手術をしたんですよ。
 ベッドに腰を伸ばしたまま仰向けの状態が続いたから、身体がこわばっちゃって。
 そんなこともあて、身体をほぐすために今日は何度か走行練習をしています。」

   
(左から)マシンを見つめる浅野浩幸選手(25期)、田中泰彦選手(山陽・19期)
浅野選手:「とりあえず晴れで乗ってみたいんですけどね。今節天候が悪そうでしょう?
 前回ももうちょっと、何かこう、(エンジンが)あんまし動いていないので。」
泰彦選手:「前回、山陽遠征でエンジンをいじってあまり良くなかったので、、。
 雨をしばらく乗っていないので、どうなるかな。」

  
(左から)山本佳幸選手(10期)、西久保英幸選手(山陽・15期)
山本選手:「エンジンはいくらかよくなってきています。とりあえず最初はバネ調整を。
 前節『イーバンク銀行杯』にて、ファンサービスのロッカー見学に同席していた
 金子しおりさんを写真撮影したけど、けっこう大人っぽく見えて驚きました。
 ポスターとかを見る限りでは「子供っぽいかな?」と思っていたので。」
西久保選手:「今年は厄年だったためか、ちょっと調子が悪いですね。雨も最近
 イケてないですし。昔、フジに乗っていた頃、浜松のぶち走路で優勝したことも
 あるんですよ杉山義孝選手(15期・引退)がまだここにいた頃だけど、
 覚えてるかな。前回の川口遠征も、試走が良くても着には繋がらなかったですし…
 最終日だけ1着を取れましたけど。」

  
森下剛一選手(14期)、斉藤 努選手(22期)。

  
井口敬文選手(19期)、金居徳次選手(山陽・8期)。

  
藤田明彦選手(山陽・17期)、松堂忠利選手(29期)。

  
伊藤博康選手(1期)、西川頼臣選手(26期)。

  
(左から)岡本信一選手(山陽・22期)、笠木美孝選手(22期)。
岡本選手:「エンジンはかんばしくないですねぇ。10月の川口遠征(10/16〜19)から
 前回地元山陽の開催(11/19〜22)まで1ヶ月も走っていないので、
 間が開いてしまって。とりあえず一回晴れに乗ってセッティングの確認がしたいです。」
笠木選手:「前回、伊勢崎のGIIに行ってきたんですけど、まぁ5日間の乗り味としては
 普通ですかね。スタートも自分の中で気持ちよくきれてないので、調整をして
 明日にのぞみたいです。クラッチ板の交換をしています。」

  
(左から)高橋義徳選手(船橋・28期)、飯塚将光選手(船橋・9期)。
高橋選手:「前回の地元GIでは、決勝こそ乗れなかったですがエンジン自体は
 良いほうだったと思います。今節は初日から天候が気になりますが、
 セッティングさえ合わせられればエンジンは上向きそうです。」
飯塚選手:「つい昨日まで地元船橋のGI・5日間をこなして、今日はもう浜松入り。
 日程がキツいですね…朝起きられなかったです。最近は遠征続きであちこちを回り、
 船橋オート祭は2ヶ月ぶりの地元出場となったので、全然(地元の乗り味を)
 つかめなかったですよ。最終日になって、ようやく「こんな感じかな」と手応えを
 覚えました。急に寒くなったりして身体も大変だけどね、みんな条件は一緒だから。
 明日は雨かな、雨はキライじゃないから、むしろしっかり降ってくれたほがいいです。」

  
(左から)浅田真吾選手(27期)、
前節『イーバンク銀行杯』の覇者・伊藤信夫選手(24期)。
浅田選手:「オフィシャルサイト見ましたよ、野球部の紹介をありがとうございました♪
 前回の船橋GIでは、エンジンがちょっとずつ良くはなってきたかなと思ってます。
 試走がよくなっているので。開催終盤にドドドが出たので結果はよくなかったですが、
 今節、対策をしっかりすればいい方向にむくんじゃないかな。」
信夫選手:「前節は日に日にエンジンを仕上げて優勝できたので、節も同じように
 日に日に良くしていきたいですね。オフの日は有意義に過ごせました。」


前回ブンブンブログにて紹介しました、「広報はままつ」中区版にメッセージが
掲載されている、選手会の代表・中村晋典選手(24期)にお話をうかがいました。
晋典選手:「明日から「レッドリボンカップ」、浜松だけでなく、オートレースを見ている
 方々は全国に大勢いらっしゃいますので、こういった機会に今一度エイズや
 HIVについて考えてみようと思ってくだされば、選手会として嬉しく思います。
 オートレースの収益金は社会福祉に立てられていますが、レースそのもの以外でも
 スポーツマンシップとして社会貢献ができればといつも思っていますよ。
 今節はNPO法人・魅惑的倶楽部さんの協力もあって、場内イベントが
 いろいろ用意されていますので、ぜひレース場へ遊びに来てください。
 優勝選手のシャンパンファイトもありますからね、ぜひやってみたいです!(笑)」
中村晋典選手、ありがとうございました♪

明日から開幕の『第3回レッドリボンカップ』、どうぞお楽しみに!
posted by ブンブンボーイ at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする