2013年12月11日

選手会浜松支部、浜松市役所へ訪問し伊藤篤志副市長へ「ふるさと納税」を納めました


写真:「6年連続の「ふるさと納税」納付に感謝します。今回も市政に活かしてまいります。」と、
全日本オートレース選手会・浜松支部(代表:齋藤 努支部長、中村晋典副支部長)より
「ふるさと納税」の目録を受け取る、伊藤篤志浜松副市長。

2013年12月11日(水)。全日本オートレース選手会・浜松支部を代表して
齋藤 努支部長と中村晋典副支部長が浜松市役所(中区役所)を訪れ、伊藤篤志浜松副市長へ
浜松支部選手61名によって集められた「ふるさと納税」・120万円を納付しました。

  
浜松市中区の浜松市役所。浜松市が大型合併して市内が各区に割り当てられてからは
「中区役所」も兼ねるようになりました。
「ふるさと納税」納付は5階の秘書課・会議室にて行われました。


しばしの歓談を楽しむ、伊藤篤志副市長と齋藤選手&中村選手。
伊藤副市長:「選手の皆さまには、オートレースにおける収益事業のみならず、こうして毎年
「ふるさと納税」も納めてくださり、さらには市内福祉施設への訪問&寄付と、社会福祉活動も
活発に行われていて、敬意を表しますとともに、深くお礼申し上げます。
先月には浜松オート所属の木村武之選手が最高峰の「SG日本選手権」にて優勝を成し遂げ、
浜松オートにとって良い1年だったことと思います。
日々の環境に合わせたタイヤ選びやエンジン作りなど、競走車の調整はきっと大変なことでしょう。
お二方にとっては今年を振り返ってどんな1年でしたか?
あと、個人的に思いましたのは、選手一人一人が競走車に名前を付けておられますよね。
齋藤支部長でしたら”ディスコキッド”とか、中村副支部長なら”エアレイリー”とか。競走車の名前は
どのようにして付けられるのでしょうか。あれだけのスピードある激しいレースを繰り広げていくにあたり
くれぐれもけが等にはお気をつけて、これからもオートレースを楽しみにされるファンの皆さまへ
興奮と感動を届けて下さいますよう、願っております。
私たちも、オートレース収益やふるさと納税を市政に活かしまして、市内の公共施設そして
オートレース場を、より過ごしやすい施設へ改善していけるよう努力してまいります。」


努選手&晋典選手:「今年は木村武之選手の「SG日本選手権」制覇をはじめ、鈴木健吾選手の
GIナイター制覇、金子大輔選手のGII制覇と、遠征先での浜松選手の活躍が多かったです。
逆に、地元で行われた記念レースでは全て他場選手に優勝されてしまいました(苦笑) 前回の
「ふるさと納税」では私(努選手)がケガをしてしまって出席できず、副支部長に納付をお願いしました。

最近ではレースの開催終了直後に”出待ち”をするお客様が多くなり、ひと昔前はそういったことは
なかったと思いますが、ファンの皆さまがいないとオートレースはどうしようもありませんし、
”浜松オートレース場”、そしてレース場を残しておいて下さる”浜松市”あっての私たちですので…。
ケガと隣り合わせのレースではありますが、ケガをしてしまうことを恐れていたら、お客様へ
白熱したレースは届けられないので、養成所の頃から教官に教えられている、『命の次に大事な
お金を、自分たちのレースに込めて投じてくださっている』ことを忘れずに、良いレースをお届け
するべく今後も努力してまいります。

競走車名につきましては、個々の思い入れと言いますか…相棒にニックネームをつけるような感覚で
呼び名を決めています。僕(努選手)の場合は、学生時代に吹奏楽に所属していたので、吹奏楽の
名曲である「ディスコキッド」をエンジン名にしました。一番、人気がある曲であることにあやかって、
自分も”一番人気になりたい”という願いを込めています。僕(晋典選手)は、浜名湖でさかんに
行われている”ウェイクボード”という水上スポーツが好きで、その技名のひとつである
「エアレイリー」をエンジン名にしました。
(伊藤副市長:「楽器の街浜松、そして浜名湖で流行っているスポーツと、どちらも”浜松にちなんだ
名前”を付けて下さっていることに、嬉しく思います(笑)」)

今年は私(努選手)に女性の弟子がつきまして、自分のレースと、弟子への教育で時間が過ぎて
いきました。来年はともに優勝戦まで勝ち上がれるよう目指したいです。僕はケガによって身体の
中に埋め込まれているボルトやワイヤーが抜けないことには、完治とは言いきれませんが…。
9か月に及ぶオートレース選手養成所を卒業した新人選手のうち、4名が浜松オートに配属され、
2人が女性です。養成所で走り方や整備のノウハウを叩き込まれてきたとはいえ、養成所を
出たばかりでは、プロの仕事である実践のレースには通用しないと思います。そして、プロとなった
からにはレースのみならず、社会常識も必要となりますから。
浜松オートへ配属された女性レーサー2名には、もう少し速く走れるようになってもらって、
”浜松オートに女性レーサーあり”と、広く世間へアピールしていきたいです。

オートレースについて詳しく知っていただいてることに感謝します(一同笑) 競走車は選手それぞれの
相棒であり分身で、ハンドルや腰回りの位置もその人の体格や調子で、角度や位置に微妙な違いが
あります。人々にオートレースへの関心を持っていただき、ご観戦頂いたことで、浜松市または
市民に還元をしていけるよう、私たちは頑張ってまいりますので、今後も浜松オートレースを
見守っていただけたらと思います。」

  
写真左:各社新聞記者も足を運んでくださり、本日の「ふるさと納税」納付の
 取材を行なってくださいました。明日の朝刊をご確認ください♪
写真右:「いつもマジメな写真ばかりだから、今日はピースでもしますか?」と齋藤 努支部長&
 中村晋典副支部長。「ふるさと納税」、確かに納めましたよという安心のピースサインです(笑)

伊藤篤志副市長がオートレースに関する知識や関心を持って下さっていたこともあり、
歓談の際には笑い声も起き、秘書課会議室は終始和やかな雰囲気に包まれました。
努支部長は最後に伊藤副市長へ「機会がありましたらまた浜松オートへ遊びにいらしてください」と
お誘いの言葉を贈り、納税と歓談は終了となりました。
伊藤副市長:「ありがとうございます、ぜひ近い機会に浜松オートへ足を運ばせていただきます♪」

伊藤篤志浜松副市長、そして齋藤 努選手会浜松支部長&中村晋典選手会浜松副支部長。
本日はありがとうございました☆


 おしまい






☆おまけ

秘書課を退室しようとした際、齋藤 努支部長&中村晋典副支部長の目に留まったのが
こちらの「第10回浜松シティマラソン」の広告。
「そうだ、浜松選手に「浜松シティマラソン」へ出場してもらうのもイイかもしれませんね!
 浜松オートのPRを含めて、勝負服みたいな衣装を着てもらって、スタートから500mくらい
 先頭を猛ダッシュしてもらうとか(笑)それは冗談として、例えば山田祐輔選手は個人的に
 昨年シティマラソンに参加してましたし、若手選手にチームを組んでエントリーするとかは
 面白そうですよね。今回はもうエントリーは終了したのですよね?じゃぁ来年は…(笑)」

ということで浜松オート若手選手の皆さん、来年は「浜松シティマラソン」参加の話が
持ち上がるかもしれませんよ(笑)

posted by ブンブンボーイ at 17:18 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川口「市営第10回1節」 場外発売・2日目


本日12月11日(水)は川口「市営第10回1節」の場外発売・2日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:25)

浜松の今朝は晴れ。先日はひどい風に見舞われましたが本日はあまり気にならないです。
開催地・川口の今朝は「くもり」、走路状況「良走路」、気温10℃、湿度50%、走路温度10℃、
風速1m、降水確率は午前0%・午後10%と発表されております。

場内ではたい焼き&野菜焼きの移動販売、「芝(しば)」が常駐。
どうぞお立ち寄りください♪


本日第11〜12Rに「選抜予選」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!

posted by ブンブンボーイ at 09:21 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする