2015年11月15日

山陽「GII 若獅子杯」場外発売・5日目のようす


山陽オートにて5日間繰り広げられました、新走路完成後のグレードレース、
「山陽小野田市誕生10周年記念オートレース 日刊スポーツ GII第26回 若獅子杯争奪戦
〜新走路オープン記念〜」。シリーズ中は雨や湿走路もはさみましたが、
最終第12R「優勝戦」は晴れの良走路にて競われました。

オートレースの将来を担うヤングライオン8車による優勝戦は新走路のグリップ力も相まって
若い力が走路に踊る、ベーゴマの火花散らすようなマッチレースに。


試走タイム27をマークした7枠・田村治郎選手(伊勢崎・30期)はスタートタイミング
0.01という即行を決めると、序盤に攻めあぐむシーンはあるもののレース中盤、一気に
3車を抜きさって掲示板圏内に食い込みさらに追撃、最終コーナーにて2枠・同30期の
広瀬勝光選手(川口)から逆転のイン差しを決めてチェッカー。
待望の”グレードレース初優勝”を飾りました☆ おめでとうございました♪


posted by ブンブンボーイ at 16:41| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする