2015年12月31日

川口「スーパースターフェスタ2015 第30回スーパースター王座決定戦」場外発売・最終日のようす


2015年の大晦日。川口オートで毎年繰り広げられる大決戦・
「スーパースターフェスタ SGスーパースター王座決定戦」は今回で30回目を数えます。
開催地・川口オートレース場では2万人を超える来場者で賑わったそうです。


今回の来場者数は、このイベントを見届けるために
全国から集まったといっても過言ではないかもしれません。
永きにわたりオートレースをけん引してきたレジェンドライダー、
川口四天王と呼ばれた阿部光雄選手&福田 茂選手の引退セレモニーが執り行われたからです。
阿部選手は競走車に乗っての登場、けがによる長期欠場を経て引退を決意した福田選手は
サンルーフカーに乗っての登場となりました。


引退セレモニーが始まると、なんと!ギャラリーから「浜松から来たよ!!」という女性の声が。
全国から二人の勇姿を見に川口オートへ足を運んでいることをうかがわせます。
阿部選手:「オートレースファンの皆さまの応援があって、自分にとってオートレース人生は
最高のものとなりました。これからもオートレース・若い選手たちの走りを応援してください!」
福田選手:「これからは陶芸の道で生きていきます。皆さんもどうかお元気で。さようなら!」

オートレースと言えば誰もが知っている、二つのライダー伝説がここに幕を閉じました。
阿部光雄選手&福田 茂選手、今までありがとうございました&お疲れ様でした!!


オートレースのライダースピリッツは、若手、そして女性へと引き継がれていきます。
本日第10Rは「スーパースターシリーズ戦」の8周回「優勝戦」。
実況からも”女傑”と言わしめた川口32期の女性ライダーが快挙を成し遂げました!


10線3枠の位置から0.02というドンピシャのスタートを決めて先行した益 春菜選手が
初の8周回優勝戦を制覇!上がりタイムも.384をマークし、元・モトクロスライダーの
度胸と実力をいかんなく発揮しました。

男性も顔負けの強さを誇る益選手ですが、表彰台に上がりインタビューを受けると、なんと
益選手はコメントの途中で言葉が止まり、瞳からポロポロと涙が流れ落ちました。
「モトクロス時代に私を育ててくれたチームの監督が、先日、事故で亡くなってしまって・・
今日は監督のために精いっぱい走ろうと思ってレースにのぞみ、この優勝をささげます。」
愛車・モトロマンの名前も、モトクロス時代のチームの名前から付けているそうです。
これからも全国のモーターサイクル・スポーツからオートレースへの転身を目指す人たちへの
指標となる活躍を続けることでしょう。益 春菜選手、優勝おめでとうございました☆


そして最終11R・「スーパースター王座決定戦」。浜松から木村武之選手と佐藤貴也選手が出場、
浜松オートの場外発売でも多くの来場者が行方を見守りました。


第10Rの元・モトクロスライダー、益 春菜選手に続き、第11Rは
元・ロードレーサーが、同じく3枠・深紅の炎の勝負服を身にまとって渾身の走りを見せつけました。
試走タイム驚愕の3.27、スタートタイミングは益選手と同じ0.02を叩きだし、
トップスタートから10周回を走りぬいた青山周平選手が、上がりタイム3.335をマークしての
悲願のSGタイトル初制覇を成し遂げました!!

さらに、準優勝は4枠・永井大介選手、3着は1枠・中村雅人選手と、
船橋ライダーズが上位を席巻。
2015年のスーパースター王座決定戦は”船橋完全勝利”となったのです!!

  
この日がやってくるまでは、と、寡黙を続けていた青山選手は、この時ばかりはと
本来のおちゃめな姿を披露♪テレビ中継カメラのフレームを両手に持って、
レンズをのぞきこむように悲願達成の笑顔を振りまきました☆

青山選手の喜びの姿を見て、私は2013年の浜松GI「秋のスピード王決定戦」・優勝にて
シャンパンのシャワーを誰よりも遠くまで吹きかけてくれた時を思い出しました。


なんとしてもSGを手に入れたい、その想いを果たしたかったのは、
自身がオートレーサーであるがゆえと、もう一つ、船橋31期がSGタイトルを獲得できたことを
伝えたい人がいるからでした。
SG優勝の記念撮影時、青山選手が持っていたのは、故・坂井宏朱選手の写真。
益選手と同じく、青山選手も、戦友であった坂井選手へ誰よりも早くSG獲得を
報告したかったのでした。このシーンには、坂井選手の師匠である
準優勝の永井大介選手も、青山選手へ優勝おめでとうと賛美を送っていたかもしれません。

青山周平選手、30回目の”SGスーパースター王座”に決定、おめでとうございました☆


そして、オートレースの2015年・未年開催は全てのレースが終了となりました。
今年も多大なるご愛顧をいただきまして、本当にありがとうございました。

2016年申年の浜松オートは1/2より、「第7回 浜松酒造「出世城」杯」が開幕します。
新年もオートレースをどうぞよろしくお願い申し上げます☆


 おしまい

posted by ブンブンボーイ at 23:38| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

川口「スーパースターフェスタ2015 SGスーパースター王座決定戦」場外発売・4日目のようす


勝つも負けるも決断ひとつ、川口オートの大みそか大決戦・
「スーパースターフェスタ2015SG 第30回スーパースター王座決定戦」は
いよいよシリーズ4日目。第7〜10Rに「SSシリーズ準決勝戦」をひかえ、
第11Rには「SS順位決定戦」が繰り広げられます。
こちら浜松オートで実施しております「川口SG場外発売」のお客様の入りも上々です☆


最初の注目は「SSシリーズ準決勝戦」、大みそかの「SSシリーズ優勝戦」進出
(上位1・2着)をかけて白熱のバトルが展開されました。


第7R「SSシリーズ準決勝戦(10mOP)」に7枠から出場した
われらが浜松ライダー・伊藤信夫選手が1着を獲得。浜松所属のなかで唯一、
12/31の「SSシリーズ優勝戦」へとコマを進めました。


写真:オートレースファンより、「川口オートの様子です」と写メールを送って下さいました♪

本日の第11R「SS順位決定戦」は8周回・0mOP・枠番選択にて実施。
昨日まで3日間の「トライアル戦」成績により、下位9〜16位の8選手が出場しました。
こちらの選手は本日をもって2015年のラストレースとなります。


1回目の発走は空を切り、6枠・岩崎亮一選手のフライングに。2回目は正常するも大荒れ、
1周目の第2コーナーにて5枠・佐藤裕二選手が自落を喫し、佐藤選手は起き上がって避難。
レースは続行され、針の目を通す正確無比のコース取りを駆使した2枠・高橋 貢選手が
今年ラストの1着を手に入れました。浜松より出場の金子大輔選手は6着の成績をおさめ、
2015年を締めくくりました。一年間、大変お疲れ様でした!

  
川口の全11Rが終了したのち、夕方練習に参加していた伊藤信夫選手&木村武之選手。
29期がデビューするまでの間、信夫選手と木村選手が2大巨塔・
浜松のWライダーと言われておりました。


明日の最終11Rは「SS王座決定戦」を実施、浜松からは
木村武之選手と佐藤貴也選手がみごと出場を果たしました。

応援をよろしくお願いします!

posted by ブンブンボーイ at 18:06| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川口「スーパースターフェスタ2015 SG第30回スーパースター王座決定戦」場外発売・4日目


本日12月30日(水)は「スーパースターフェスタ2015 SG第30回スーパースター王座決定戦」の
場外発売・4日目。(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:15)
浜松の今朝は晴れ。気象情報によればお正月もこのまま晴れるそうです。
開催地である川口の天候は「晴れ」、走路状況「良走路」。気温1℃、湿度69%、
走路温度1℃、降水確率は1日0%と発表されております。


川口SG場外発売の実施期間中、浜松オートでは開門先着で「ラッキーカード」を配布します。
・12/27&30 各日各門開門先着400名様、当選40名様
・12/28&29 各日各門開門先着300名様、当選30名様
・12/31  各門開門先着600名様、当選60名様
各日当選者へ「SGオリジナルQUOカード」を贈呈します☆
※当選番号は当日の第8R・3連単 確定配当金下2けたの数字です。


場内では移動販売が常駐。
・明石焼き風たこ焼き「タニグチ商店」、焼き鳥「鳥好」、たい焼き「焼きたて屋」
どうぞお立ち寄りください。


本日は全11R制となっております。本日の第7〜10Rに「SSシリーズ準決勝戦」を実施、
浜松より伊藤信夫選手、遠藤 誠選手、松山茂靖選手が出場を果たしております。
第11Rに8周回・0mOP・枠番抽選の「スーパースター順位決定戦」が繰り広げられます。
応援をよろしくお願いします!

☆12/30(水) 川口第11R「SS順位決定戦(枠番選択)」


posted by ブンブンボーイ at 09:44| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

川口「スーパースターフェスタ2015 SGスーパースター王座決定戦」場外発売・4日目のようす

  
川口オートで繰り広げている「スーパースターフェスタ2015」もいよいよ大詰め。
本日が選考の最終日となり、明日4日目の「SS順位決定戦」および
「準決勝戦」行きの選手が決まります。

初日にまさかの8着となってしまった浜松ライダー・金子大輔選手は背水の陣、
本日3日目にて全国のオートレースファンを震撼させる試走タイム「3.24」を叩きだして
レースにのぞみましたが・・


船橋が生んだスーパーライダー・永井大介選手の前に1着を奪われ、2番手フィニッシュ。
残念ながら大晦日の最終決戦・「スーパースター王座決定戦」に勝ち進むことはできませんでした。


明日12/30の最終11R「スーパースター順位決定戦」は
8周回・0mOP・枠番選択にて競われます。
応援をよろしくお願いします!

posted by ブンブンボーイ at 23:27| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

川口「SGスーパースターフェスタ2015」場外発売・2日目のようす


川口オートにて熱戦を繰り広げている「SGスーパースターフェスタ2015」。本日は開催2日目、
浜松オートでは川口SG場外発売を実施中です。
本日第1〜10Rの「SSシリーズ予選」のうち、浜松所属出場選手の中で
伊藤信夫選手(24期)のみが1着通過を果たしました。


信夫選手はもともとは今節のあっせん選手ではありませんでしたが、
今節は大勢の選手が都合により休場となり、追加選手として抜擢されました。
1着インタビューのMCは垰口美穂子さん。垰口さんは以前、浜松オートのCS放送や
ロッカーレポートを担当しており、信夫選手へマイクを向けることも多々ありました。
少々懐かしく感じた方もいらっしゃったかもしれません。


本日は超・スペシャルゲストとして、川口SGレースの「優勝戦」にて
演奏される発走ファンファーレ、”サンクチュアリ 〜幻想の彼方に〜”を手掛けた
世界的アーティスト・GACKT(ガクト)氏が川口オートに来場!
「SSトライアル戦」の出場選手セレモニーへ参加し、ベスト16選手へ激励の言葉をかけました。

さらに第11・12Rの各試走時、GACKT氏が自らデザインしたオリジナル・マシンを駆っての
試走先導を担当。全国のGACKTファンがその勇姿を拝見するため川口オートへ集まったそうです!


まるで外骨格のようなカウルの裂け目から覗き見える、グロテスク&幾何学模様のマシンパーツ群。
オールモノトーンでカラーリングされたこちらのオリジナル・マシンは、
どことなしにエイリアンでおなじみのH・R・ギーガーを彷彿とさせます。


本日の「SSトライアル戦(枠番抽選)」で輝きをみせた浜松ライダーは、
第11Rに1枠を手に入れた木村武之選手。5枠・青山周平選手と一騎打ちの末に
先頭を手に入れてチェッカーへと飛び込みました。


第1〜10Rの「シリーズ予選」、そして第11・12Rの「SSトライアル戦」ともに、
勝ち上がりの取捨選択が厳しくなってまいります。

明日の3日目は選考の最終日。
明日までの成績により、シリーズ戦は4日目「準決勝戦」への出場選手32名が決定、
SSトライアル戦は5日目「SS王座決定戦」行き8名と、
4日目「順位(9〜16位)決定戦」行き8名が決定されます。
熱戦にご期待ください!

posted by ブンブンボーイ at 17:50| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする