2015年12月31日

川口「スーパースターフェスタ2015 第30回スーパースター王座決定戦」場外発売・最終日のようす


2015年の大晦日。川口オートで毎年繰り広げられる大決戦・
「スーパースターフェスタ SGスーパースター王座決定戦」は今回で30回目を数えます。
開催地・川口オートレース場では2万人を超える来場者で賑わったそうです。


今回の来場者数は、このイベントを見届けるために
全国から集まったといっても過言ではないかもしれません。
永きにわたりオートレースをけん引してきたレジェンドライダー、
川口四天王と呼ばれた阿部光雄選手&福田 茂選手の引退セレモニーが執り行われたからです。
阿部選手は競走車に乗っての登場、けがによる長期欠場を経て引退を決意した福田選手は
サンルーフカーに乗っての登場となりました。


引退セレモニーが始まると、なんと!ギャラリーから「浜松から来たよ!!」という女性の声が。
全国から二人の勇姿を見に川口オートへ足を運んでいることをうかがわせます。
阿部選手:「オートレースファンの皆さまの応援があって、自分にとってオートレース人生は
最高のものとなりました。これからもオートレース・若い選手たちの走りを応援してください!」
福田選手:「これからは陶芸の道で生きていきます。皆さんもどうかお元気で。さようなら!」

オートレースと言えば誰もが知っている、二つのライダー伝説がここに幕を閉じました。
阿部光雄選手&福田 茂選手、今までありがとうございました&お疲れ様でした!!


オートレースのライダースピリッツは、若手、そして女性へと引き継がれていきます。
本日第10Rは「スーパースターシリーズ戦」の8周回「優勝戦」。
実況からも”女傑”と言わしめた川口32期の女性ライダーが快挙を成し遂げました!


10線3枠の位置から0.02というドンピシャのスタートを決めて先行した益 春菜選手が
初の8周回優勝戦を制覇!上がりタイムも.384をマークし、元・モトクロスライダーの
度胸と実力をいかんなく発揮しました。

男性も顔負けの強さを誇る益選手ですが、表彰台に上がりインタビューを受けると、なんと
益選手はコメントの途中で言葉が止まり、瞳からポロポロと涙が流れ落ちました。
「モトクロス時代に私を育ててくれたチームの監督が、先日、事故で亡くなってしまって・・
今日は監督のために精いっぱい走ろうと思ってレースにのぞみ、この優勝をささげます。」
愛車・モトロマンの名前も、モトクロス時代のチームの名前から付けているそうです。
これからも全国のモーターサイクル・スポーツからオートレースへの転身を目指す人たちへの
指標となる活躍を続けることでしょう。益 春菜選手、優勝おめでとうございました☆


そして最終11R・「スーパースター王座決定戦」。浜松から木村武之選手と佐藤貴也選手が出場、
浜松オートの場外発売でも多くの来場者が行方を見守りました。


第10Rの元・モトクロスライダー、益 春菜選手に続き、第11Rは
元・ロードレーサーが、同じく3枠・深紅の炎の勝負服を身にまとって渾身の走りを見せつけました。
試走タイム驚愕の3.27、スタートタイミングは益選手と同じ0.02を叩きだし、
トップスタートから10周回を走りぬいた青山周平選手が、上がりタイム3.335をマークしての
悲願のSGタイトル初制覇を成し遂げました!!

さらに、準優勝は4枠・永井大介選手、3着は1枠・中村雅人選手と、
船橋ライダーズが上位を席巻。
2015年のスーパースター王座決定戦は”船橋完全勝利”となったのです!!

  
この日がやってくるまでは、と、寡黙を続けていた青山選手は、この時ばかりはと
本来のおちゃめな姿を披露♪テレビ中継カメラのフレームを両手に持って、
レンズをのぞきこむように悲願達成の笑顔を振りまきました☆

青山選手の喜びの姿を見て、私は2013年の浜松GI「秋のスピード王決定戦」・優勝にて
シャンパンのシャワーを誰よりも遠くまで吹きかけてくれた時を思い出しました。


なんとしてもSGを手に入れたい、その想いを果たしたかったのは、
自身がオートレーサーであるがゆえと、もう一つ、船橋31期がSGタイトルを獲得できたことを
伝えたい人がいるからでした。
SG優勝の記念撮影時、青山選手が持っていたのは、故・坂井宏朱選手の写真。
益選手と同じく、青山選手も、戦友であった坂井選手へ誰よりも早くSG獲得を
報告したかったのでした。このシーンには、坂井選手の師匠である
準優勝の永井大介選手も、青山選手へ優勝おめでとうと賛美を送っていたかもしれません。

青山周平選手、30回目の”SGスーパースター王座”に決定、おめでとうございました☆


そして、オートレースの2015年・未年開催は全てのレースが終了となりました。
今年も多大なるご愛顧をいただきまして、本当にありがとうございました。

2016年申年の浜松オートは1/2より、「第7回 浜松酒造「出世城」杯」が開幕します。
新年もオートレースをどうぞよろしくお願い申し上げます☆


 おしまい

posted by ブンブンボーイ at 23:38| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする