2016年02月24日

K-mix杯 GIIウィナーズカップ 初日


2/24(水)は「K-mix杯 GIIウィナーズカップ」初日。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:20)
浜松の今朝は「晴れ」、走路状況は「良走路」。
なぜか浜松開催となると厳しい寒さが戻ってまいります。
早朝6:30の情報では気温6℃・湿度60%。
走路温度は5℃、降水確率は1日0%でした。
寒いですが天気は良好。好レースが期待できそうです。

   
・今節開催期間中毎日日替わり、開門よりグリーンスタンドご利用先着200名様へ
スポーツ新聞」をプレゼント♪

・本日開門時、各門にて先着300名様へ「ヤクルト」をプレゼントします。
 乳酸菌はおなかの味方、受け取って下さい♪

  
・本日より早朝7:30から車券購入が利用できる「早朝前売発売所」にて
はまりっち」の入金&投票端末が稼働。キャッシュレスにて車券購入が可能になりました。
カードで買えば購入サービスポイントが貯まってまいります。どうぞご利用ください!

・開催期間中毎日、4R発売中・イベントプラザにて公営競技ライター・沢 朋之さんによる
展望解説会、「俺の話を聞け! 注目選手最新整備情報」を実施します!
どうぞお聴きください!


今節開催中毎日、第5R発売中(12:00頃)と第8R発売中(13:30頃)の2回、
イベントプラザにて「K-mixプレゼンツ 神谷宥希枝の独立宣言ライブ」を実施します。
出演者は、
2/24:うたら、2/25:天野しずく、2/26:浦山修司、2/27:キモトシゲル、2/28:田中としお
となっております。どうぞ熱い想いが込められた歌の数々をお聴き下さい!


2/24〜26の3日間、第9R発売開始〜第11R締切まで、インフォメーション前にて
「浜松オート お楽しみ大抽選会」を実施します。当日3000円以上の未確定車券か
はまりっちレシートを会場にてご提示ください。豪華景品の当たるスロットゲームに挑戦できます!
※景品がなくなり次第終了です。


・場内では移動販売が常駐。どうぞご賞味ください♪
 牛串「夏目商店」、焼き鳥「鳥好」、明石焼き風たこ焼き「タニグチ商店」
各種駄菓子「おとなの駄菓子屋さん」など


本日は奇数レースが「マスターズバトル予選」、偶数レースが「ライジングバトル予選」となります。
熱戦にご期待ください!

posted by ブンブンボーイ at 08:36| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

伊勢崎場外発売&浜松「GIIウィナーズカップ」前検日のようす


伊勢崎オートの場外発売・最終日を実施している浜松オートは明日2/24(水)より
平成27年度ラストの地元グレードレース、「K-mix杯 GIIウィナーズカップ」が開催。
走行練習の開始時刻を迎える前に、走路内ではギリギリまで送られてまいりました
”選手横断幕”の掲示が行われました。




明日の浜松GIIは、25期以前のマスターズバトルと26期以降のライジングバトルが
優勝戦進出まで交互に勝ち上がりを進める企画レースとなっております。

ベテラン選手半分と若手選手半分が出場するレース、かつ、GII終了直後に
川口GIグランプリレース開催を控えているだけに、掲示希望は気持ち少な目、そして
ライジングバトル出場選手を応援する横断幕が多く集まりました。




ここでお知らせです。浜松オートがお客様の選手横断幕を川口GIへ転送する手続きはしませんので、
今節GIIが終了次第、一旦送り元へと着払いでお返しします。
今節GIIに掲示を依頼された皆さまは、同じ横断幕につきまして川口GIへの掲示は
難しいかもしれません。どうぞご了承ください。

  
浜松オートのグレードレース前検日といえば恒例の”抽選会事前登録”。
4日目の準決勝戦や5日目の選抜戦、特別選抜戦など、レースが終盤を迎えると
勢力の均衡した8車が出そろい、結果として0mOPレースになることが多々あります。
もしも0mOPレースが組まれた場合、こちらの事前登録名簿の黒く隠された部分を開いて
書いてある数字の若い順から1枠、2枠・・と並べるルールとなっております。
左写真は抽選名簿に名前を記入する、早川清太郎選手と青島正樹選手です。


マイカラーがともにグリーンである、佐藤貴也選手と藤波直也選手のツナギ。久々の地元開催出場、
走行練習開始時刻までツナギを天日干ししておりました。ヘルメットもアスファルトで
傷つけまいと、丸くてフワフワしたお座布団の上にヘルメットをさかさに乗せておりました。
お鈴みたいで何だかかわいいです(笑)

  
本日一番最初にお会いできましたのは須賀 学選手と浅野浩幸選手。浅野選手は
先日の浜松開催よりガソリンタンク&フェンダーを予備車から外して付け変えております。
須賀選手:「このガソリンタンク、だいぶ使ってなかったでしょう。汚れとかどうやって取ったの?」
浅野選手:「ガソリンも入れてなかったので、予備車から外してガラガラです。」
どうやらガラガラとは、そのままバイクパーツ洗浄用の洗濯機に入れて回したようです。
須賀選手は自作のコーヒーを淹れてくださり解説してくださいました。
「しばらく使っていないガソリンタンクは、その内部がサビつくことが多いので
この通り一度洗浄をしたほうが良いですね。微粉がガソリンと混ざって目詰まりを起こしたり
キャブレターを痛めてしまう場合があるので。さすがにガソリンタンクの内部までは
塗装やメッキなどコーティングはしませんからね(笑)」
なるほど、須賀選手&浅野選手、ありがとうございました♪


車両を外気に当てて、気候に馴染ませていた新井恵匠選手。新井選手はそのままロッカーへ入り
「今節よろしくお願いします」と各選手へあいさつ回りを行なっておりました。


昨年12月の山陽GIにて自落を喫し、けがにより長期休場となっていた渡邉 篤選手が
前回浜松開催の練習参加を経て今節よりついに復帰戦となります。
「身体はもう大丈夫です。明日からがんばります」とコメントしてくださいました。
応援をよろしくお願いします!


こちらは前節「第43回サンケイスポーツ杯」にて完全優勝を成し遂げた、
今田真輔選手のロッカーです。野田光宏選手をはじめ佐藤貴也選手や辰巳裕樹選手が集まり、
今田選手は前節の完全優勝&当日の夜にJR浜松駅前でGIIの告知ティッシュ配りを
行なったこと、野田選手は先日の日曜日に「第12回浜松シティマラソン」に参加したことを
お互い報告しあっていました。
今田選手:「自分はもうガマンできずに泣いちゃいましたからね。それで、一緒になって涙を流して
くれたアニキ(石田智之選手)と、その日の夜に駅前でティッシュ配ってましたから(一同笑)」

  
こちらは女性ライダーがよく利用する区域のロッカー。左から益 春菜選手、佐藤摩弥選手と
隣同士でロッカーを借りて整備を進めておりました。

  
25期以前の選手で編成されるマスターズバトルに出場する上村敏明選手。
24期や23期、19期など敏腕ライダーが出そろい熾烈が予想されるベテラン枠、
上村選手は誰よりも早く走行練習を開始しておりました。

  
川口の鉄人ライダー・篠崎 実選手(9期)も負けじと整備を開始。ガソリンを使って
各パーツの洗浄を行ってからエンジンを組み立て、乗り味を確かめておりました。


走行練習が活発になると、伊勢崎場外を観戦していたお客様がたが
メインスタンドに集まってまいりました。

  
26期以降のライジングバトルに出場する、浜松新人32期生の
鈴木宏和選手&中村友和選手。キレのあるコーナリングを武器に勝ち上がりを狙います。


手前に遠藤 誠選手、奥に柴田健治選手。遠藤選手は先日2/21()に
第12回 浜松シティマラソン」へ出場し、選手出場中1番で完走を成し遂げました。
ブンブンブログや浜松オートのフェイスブックもご覧になったようで、
「ブンブンさん、かっこよく記事を載せていただきありがとうございました!」と
お礼の言葉をかけてくださいました☆


師弟コンビ、藤波直也選手と青嶋裕治選手です。藤波選手はライジングバトルに、
青嶋選手はマスターズバトルに出場します。
今節の優勝戦はライジングバトルから勝ち上がった若手4選手と、
マスターズバトルから勝ち上がったベテラン4選手が計8車で競い合います。
優勝戦、果たして勝ち上がった末に相まみえる師弟関係はあるでしょうか、注目です。

  
左から、久門 徹選手、中村雅人選手。浜松へのあっせん率はかなり高いです。特に
浜松走路との相性がバツグンの雅人選手、今節も予想の大きな軸となりそうです。

   
強力な遠征勢を相手に迎え撃つは浜松トップライダーズ。金子大輔選手は念入りに
スタートタイミング&ダッシュを確認、伊藤信夫選手と木村武之選手はお互いに
マシン整備の意見を交わしておりました。


本日の走行練習終了時刻を迎えてすぐに、伊勢崎にて第12R「優勝戦」が繰り広げられました。
戦況を見守る選手のなかに、スポーツ報知の淡路記者や森 且行選手の姿も。


最近はあまりお目に掛かれない?10mOPでのレースとなった伊勢崎「優勝戦」。
スタート一番、若干傾斜のつく”ハンデの利”を生かして飛び出した2枠・丹村飛竜選手が
そのまま全周回を先頭で走りぬいてフィニッシュ。浜松と同じ”からっ風”の吹き荒れる
如月の伊勢崎4日間を制しました。丹村飛竜選手、優勝おめでとうございました☆


本日の伊勢崎開催&浜松場外発売が全て終了し、デスクへ戻ると、
突然ビッグなニュースが飛び込んでまいりました。

「今節GIIの追加あっせんとなった益 春菜選手(川口)の”直筆サイングッズ”を
開催4&5日目にプレゼントするイベントが追加で決まりました!」

オートレースが誇る女性トップライダー、益 春菜選手の”サイン入り大型ポスター(B1サイズ)”を
2/27()に開門先着10名様へ場内インフォメーション前にて贈呈します。
当日2000円分の未確定車券を会場にてご提示ください。(はまりっちレシートも可)

さらに2/28()は、浜松オートでしか入手ができない!?
益選手と浜松オート競走路が写っているオリジナル・ポートレート写真(A4サイズ)の
直筆サイン入りを開門先着20名様へ場内インフォメーション前にて贈呈します。
当日3000円分の未確定車券を会場にてご提示ください。(はまりっちレシートも可)

そこでわたくしブンブンボーイはふと思ったのですが・・早朝前売発売所(7:30開始)にて
あらかじめ車券を購入しておけば、開門してから車券を購入しに行かなくとも
インフォメーション前の会場へ足を運ぶだけで良いのでは・・?と(笑)


そこでこちら!明日2/24(水)より、早朝前売発売所でも”はまりっち”カードが
使えるようになるんです!今までは現金でしか取扱いのできなかった早朝前売でしたが
はまりっちが使用できることになったことで、さらに購入ポイントを貯める機会が増えて
サービス引き換え率がアップ。未確定車券の提示が必要な開門先着プレゼントイベントも
早朝前売り発売所の利用でゲット率が格段にアップします☆


”スピード一番”はオートレースの合言葉、ぜひご活用ください!
K-mix杯 GIIウィナーズカップ」、明日2/24(水)より開幕です。
熱戦にご期待ください!

posted by ブンブンボーイ at 19:16| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊勢崎「群馬中央バス杯」場外発売・4日目&浜松GII 前検日


本日2/23(火)は伊勢崎「群馬中央バス杯」の場外発売・最終日&
浜松「K-mix杯 GIIウィナーズカップ」の前検日。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:32)
浜松の今朝は晴れ。気象情報によりますと明日から始まる「K-mix杯 GIIウィナーズカップ」は
5日間全て好天に恵まれ良走路で競えそうです。

開催地・伊勢崎の天候は「曇り」・走路状況「良走路」。気温3℃、湿度62%、
風速1m、走路温度7℃、降水確率は1日20%と発表されております。


本日第12Rに10mOPの「優勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!

☆2/23(火) 伊勢崎・第12R「優勝戦(10mOP)」


posted by ブンブンボーイ at 10:49| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

GIIウィナーズカップ 選手横断幕が掲示されました


2/21()、「第12回 浜松シティマラソン」が開催されたその日の午後に
浜松オートPRチーム・「遠州動楽會」の皆さんが浜松オートに来場。

K-mix杯 GIIウィナーズカップ」の開催イベントのひとつである
”歴代競走車”を場内の自警本部前に運搬してくださいました。


遠州動楽會さんが開発した、競走車を斜めに固定できる装置を組み立てれば
ご覧の通り、自然な姿で車体にバンクを利かせることができます。

歴代競走車はGIIウィナーズカップの開催期間中まで展示します。
開催当日、遠州動楽會のメンバーがブースにいらした場合、競走車に
またがらせてもらえるかもしれませんよ(笑)
どうぞお立ち寄りください。

posted by ブンブンボーイ at 11:30| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

選手会浜松支部選手4名が「第12回 浜松シティマラソン」に参加しました


写真手前左から、赤堀 翼選手、野田光宏選手、遠藤 誠選手、柴田紘志選手。
写真奥左から、中村晋典支部長、西川頼臣副支部長。

2/21()、晴天ながら強い西風が吹きすさぶ浜松市営球場隣の”四ツ池グラウンド”にて
開催された「第12回 浜松シティマラソン」に、今回われらが浜松オート所属選手代表4名
(野田光宏選手、遠藤 誠選手、柴田紘志選手、赤堀 翼選手)が参加しました。

  
2/24(水)にひかえる「K-mix杯 GIIウィナーズカップ」の告知もかねて、
浜松オートの”勝負服(6&8枠)”&オレンジ色の”選手会浜松支部・専用Tシャツ”を
着用して競技にのぞみました。


他県からも参加者がやってくる巨大マラソンイベントのために
トラックにはものすごい数のランナーでひしめいておりました。
まるで縁日屋台のスーパーボールすくいのようです。

  
バックストレッチ側がスタートラインで、例えるならば遠藤選手&赤堀選手はハンデ60m、
野田選手&柴田選手は最重ハンデ110m付近にポジションを取りました 。
トラックを1周してから、第1コーナー奥に公道へ通じるゲートがあり、競走は本番となります。


  
一度公道を出てから再びトラックへ戻ってくるコースのため4選手を見失ってしまいそうでしたが、
ゴール線の直前、アウトから”ごぼう抜き”を仕掛ける選手のスパートを確認!
”無事是名馬”、全員無事に完走を果たしました。


写真:マラソンを走った者だけが味わえる、達成感と清涼感。一生懸命、力を振り絞って
ゴールを目指して駆け抜ける姿がとても輝いて映り、見ている者さえ
「自分も参加してみようかな」という不思議な気持ちにさせてくれます。
選手会浜松支部Tシャツの合言葉・「挑戦」をまたひとつ乗り越えた瞬間でした。

レース後のコメントです。
野田選手:「良い汗をかきました!」
遠藤選手:「来年はもっとタイムを縮めたいです!」
(晋典選手&西川選手:「もう来年もやる気になっちゃったの!?(笑)」)
柴田選手:「ゆくゆくは実業団入りを目指します!(笑)」
赤堀選手:「僕は今回で十分シティマラソンを堪能させていただきました(笑)」

はたして来年もエントリーは実現するでしょうか・・!?
選手の皆さん&参加されたランナーの皆さん、
大変おつかれさまでした☆

posted by ブンブンボーイ at 18:16| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする