2016年02月21日

選手会浜松支部選手4名が「第12回 浜松シティマラソン」に参加しました


写真手前左から、赤堀 翼選手、野田光宏選手、遠藤 誠選手、柴田紘志選手。
写真奥左から、中村晋典支部長、西川頼臣副支部長。

2/21()、晴天ながら強い西風が吹きすさぶ浜松市営球場隣の”四ツ池グラウンド”にて
開催された「第12回 浜松シティマラソン」に、今回われらが浜松オート所属選手代表4名
(野田光宏選手、遠藤 誠選手、柴田紘志選手、赤堀 翼選手)が参加しました。

  
2/24(水)にひかえる「K-mix杯 GIIウィナーズカップ」の告知もかねて、
浜松オートの”勝負服(6&8枠)”&オレンジ色の”選手会浜松支部・専用Tシャツ”を
着用して競技にのぞみました。


他県からも参加者がやってくる巨大マラソンイベントのために
トラックにはものすごい数のランナーでひしめいておりました。
まるで縁日屋台のスーパーボールすくいのようです。

  
バックストレッチ側がスタートラインで、例えるならば遠藤選手&赤堀選手はハンデ60m、
野田選手&柴田選手は最重ハンデ110m付近にポジションを取りました 。
トラックを1周してから、第1コーナー奥に公道へ通じるゲートがあり、競走は本番となります。


  
一度公道を出てから再びトラックへ戻ってくるコースのため4選手を見失ってしまいそうでしたが、
ゴール線の直前、アウトから”ごぼう抜き”を仕掛ける選手のスパートを確認!
”無事是名馬”、全員無事に完走を果たしました。


写真:マラソンを走った者だけが味わえる、達成感と清涼感。一生懸命、力を振り絞って
ゴールを目指して駆け抜ける姿がとても輝いて映り、見ている者さえ
「自分も参加してみようかな」という不思議な気持ちにさせてくれます。
選手会浜松支部Tシャツの合言葉・「挑戦」をまたひとつ乗り越えた瞬間でした。

レース後のコメントです。
野田選手:「良い汗をかきました!」
遠藤選手:「来年はもっとタイムを縮めたいです!」
(晋典選手&西川選手:「もう来年もやる気になっちゃったの!?(笑)」)
柴田選手:「ゆくゆくは実業団入りを目指します!(笑)」
赤堀選手:「僕は今回で十分シティマラソンを堪能させていただきました(笑)」

はたして来年もエントリーは実現するでしょうか・・!?
選手の皆さん&参加されたランナーの皆さん、
大変おつかれさまでした☆

posted by ブンブンボーイ at 18:16| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする