2016年05月08日

選手会浜松支部、浜松まつり凧揚げ場〜中田島砂丘にて「ウェルカメクリーン作戦」に参加


「浜松まつり」が終了した直近の日曜日といえば、もはやおなじみとなっている
「ウェルカメクリーン作戦」。浜松まつりや連休をかけて会場&浜辺へ出向き、その際
風に飛ばされたりして落ちてしまったゴミを有志で集まった人たちが拾い集め、
ウミガメの産卵しやすい環境へ元通りにさせるのがねらいです。

今回は13名の選手が参加。なかでも、伊勢崎オートより栗原俊介選手(31期・写右下)が
仲間の浜松選手に誘われて、一緒に参加してくださいました


凧揚げ会場にて清掃の開始を待つボランティアチーム。ものすごい人の数です。
まずはここで事前にエントリーをした団体の参加人数を係員に伝え、ビニル袋をもらいます。
カン、ビン、金属類は不燃ごみに分けますが、ペットボトルはリサイクルできないほどに
キズがついていたり変形している場合があるので、ここでは可燃ごみに分類します。


清掃ボランティアのスタート。浜松オートの選手会チームは毎年、
凧揚げ会場〜中田島砂丘を清掃範囲としております。


流木類や植物は自然の産物なのでそのままにしておきますが、
木材加工物はクギが刺さっている場合があるので収集します。大きなごみよりも、むしろ
小さなごみのほうがマメに拾っていく必要があります。ウミガメや鳥がエサと間違えて
飲み込んでしまう可能性があるからです。


これまでの「ウェルカメクリーン作戦」の参加選手は全員が浜松所属でしたが、今回は
「浜松まつり開催(5/3〜6)」と「GIゴールデンレース(5/11〜15)」・前検日との間が
3日しかなく、連続出場の選手の中には地元へ帰らず浜松で過ごしていた方もいらしたそうです。
事前に参加登録をしていた藤波直也選手&渡邉 篤選手は栗原選手と同期のため、
この日浜松にいるなら一緒にどう?と、お誘いをしたのかもしれませんね。

  
拾ったごみは一旦イベント本部に集められて、そこから細かく分別をしていきます。
スタッフの分別作業に負担がかからないように、浜松オートチームでは先に全員分を一つにまとめ
鈴木宏和選手と中村友和選手が分別をしてからスタッフにごみを提出しました。

選手の方々は「浜松まつり」の開催時にレースがあったため、おまつりには一切参加していません。
おまつりに参加していないメンバーが、おまつり後の荒縄や竹ひごを拾い集めている姿に
頭の下がる思いでした。今年も大変おつかれさまでした♪

posted by ブンブンボーイ at 15:41| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする