2016年06月25日

川口「市営 第4回1節」場外発売・初日


6/25()は川口「市営 第4回1節」の場外発売・初日。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:35)
浜松の今朝は雨。気象情報によりますと午後は雨が止むようです。
開催地・川口の天候は「雨」・走路状況「湿走路」。気温24℃、湿度96%、
降水確率は午前50%・午後30%となっております。
川口も午後は雨が止みそうです。

今節場内では明石焼き風たこ焼き・「タニグチ商店」、焼き鳥「鳥好」が常駐。
どうぞお立ち寄りください。


本日は全12Rが「予選」となっております。
熱戦にご期待ください!

posted by ブンブンボーイ at 09:11| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

次回開催イベント情報

  
浜松オートの次節開催は「曳馬野賞 第40回 静岡新聞社杯」。
7/7~10の4日間レースとなります。

初日が7/7(木)の七夕ということで、7が集まる【ラッキー7企画】としまして
7R1着当てクイズ』を実施。
各門開門先着300名様へ7R1着当てクイズの”投票カード”を配布します。
当日5Rの発売終了までに7Rの1着を予想してカードへ枠番をご記入いただき、
場内1Fインフォメーションに設置します投票箱へご投函下さい。

7Rの終了後となる8R発売中、イベントプラザにて「正解発表&抽選会」を行ないます。
当選7名様へ”バックナンバーQUOカード7枚セット”をプレゼントします☆
まずは開門先着の投票カードをご入手ください!


   
開催3日目となる7/9、オートレースファンの間でウワサとなっている、あの
川口オートが誇るアイドルライダー・森 且行選手が監修しましたオリジナルラーメン、
ムラサメ ラーメン」が手に入る”未確定車券 抽選会”を
6~7R発売中・1Fインフォメーション前の特設会場にて実施します。

こちらの抽選会はいつもよりお得、500円以上の未確定車券(未確定投票受付明細)が
参加条件となります。浜松オートで手に入るチャンスは決して多くはありません、
この機会をお見逃しなく!

  
そのほか7/910の2日連続、3Rに「走路内観戦」を実施。
選手管理地区を横断しますので、あこがれの選手に会えるかもしれませんよ♪
さらに7/10は浜松オートレースヴィーナス「ASAHI」ちゃんの来場日となっており、
走路内観戦にも参加予定です!(雨天時中止)

詳しくは浜松オートオフィシャルサイトにて!


posted by ブンブンボーイ at 18:16| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

浜松オート番外編  ~木村武之選手、すずめの子を助けるの巻~


浜松オートの選手ロッカーには、いたるところに”鳥の巣”があります。
浜松オート周辺に森や林など自然が多いこと、そして本場開催のない日は
ロッカーが静けさに満ちており、かつ、庇(ひさし)が多く、鳥が身を守りやすいこと
などが挙げられます。ところが”隠れ家にちょうど良い”と、同じ種類の鳥が思うようで、
今度は同種の鳥同士が”なわばり争い”を繰り広げているようです・・。

選手たちが競走車の整備に励んでいるところ、庇の裏から
ひらひら・ポテン、と、すずめの子が落ちてまいりました。
「あぁ、あんなところに巣が見えるぞ」と、選手たちは指を差して
枯葉や枝の敷き詰めてある巣の場所を確認しました。

  
すずめの子はまだ巣立つ前のようで、空への飛び方もおぼつかないようです。
自力で巣まで飛び帰る能力はなく、きっと親鳥でしょう、庇の上から
どうしよう、どうしようと鳴くばかり。
選手たちは最初、みかん箱の中にすずめの子を入れてかくまいましたが、
このままでは日没を迎えてしまい、夜にはお腹をすかせた猫がやってくるかもしれません・・。
こうしている間に、浜松の空から冷たい雨が降ってまいりました。


「どうしてもほっとけない・・親鳥もないてるから・・」と、木村武之選手は、山脇孝志選手へ
庇の裏まで届く長いハシゴを両手に持ってもらうようお願いしました。
青嶋裕治選手も一部始終を心配そうに見つめます。


雨に濡れるロッカー前の出入口。ハシゴが横に滑らないように、と、両手そして
片足の3点で固定した山脇選手。そのハシゴの上を木村選手は1段ずつ登っていきました。

手にはすずめの子を、そして、すずめの子が傷つかないよう、軍手をはめた手で包んであげて。

しばらくしたのち、木村選手はふぅと息をついてハシゴから降りてまいりました。

「無事に巣へ帰してあげられましたよ。すずめの両親も興奮しているでしょうから、
 少しそっとしておいてあげましょう。」

あぁよかった、と選手たちも一安心の様子でした・・♪



気が付けば選手たちも、整備の手を休めて今日は宿舎へと帰る時間です。
すずめの救出劇を見届けた今田真輔選手。「木村さん、いいトコありますね」と
最後は大成功のピースサインで宿舎へと向かっていきました。

選手たちに良いことがありますように♪


 おしまい

posted by ブンブンボーイ at 19:16| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

飯塚「発刊50周年記念 九スポ杯 エキサイティングマッチ」場外発売・初日


6/21(火)は飯塚「発刊50周年記念 九スポ杯 エキサイティングマッチ」の場外発売・初日。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:35)
浜松の今朝は雨。1日雨が降り続きそうです。
開催地・飯塚の天候は「雨」・走路状況「湿走路」。気温23℃、湿度99%、
降水確率は午前50%・午後10%となっております。
午後になれば浜松よりも早く雨が止みそうです。

今節場内では牛串・「夏目商店」が常駐。
どうぞお立ち寄りください。


まずはお知らせ。本日飯塚初日・第10Rに1枠ゼロハンから出場予定でした
仲野秀哉選手(飯塚・21期)が身体不調のために欠車となりました。
つきましては本日飯塚初日・第10Rは「7車立て」となり、
1枠にまつわる購入車券は全て返還となります。どうぞご了承ください。


本日は全12Rが「予選」となっております。
熱戦にご期待ください!

posted by ブンブンボーイ at 10:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

第9回 スポーツニッポン新聞社杯 4日目のようす


「第9回 スポーツニッポン新聞社杯」、最終第12R「優勝戦」は浜松の29期・金子大輔選手が
最重ハンからの”全車抜き”を達成、栄えある優勝を成し遂げました!

  
金子選手の凱旋を出迎えたのは、同29期の山浦博幸選手、岩科鮮太選手、佐藤貴也選手と、
ロッカーグループである上村敏明選手、木村直幸選手。
今節よりレースヴィーナスの抽選会にて、優勝選手「チャンピオンレーサー写真」のレプリカを
次節イベントにてプレゼントしております。慕う選手が大勢いる記念写真のほうが
お客さまも喜ばれるかと思い、「ご一緒に記念写真をお願いします!」と何度もお願いしましたが・・
「恥ずかしいからいいよぉ(苦笑)」と、どんどん後ずさってしまいまして・・結局金子選手の
単独ガッツポーズとなりました。。これがJKAの広報さんや報道陣の皆さん、まっすぅさんからの
お願いだったら、皆さん笑顔で集まって下さるのに・・・私のポジションはこんなものであります。。
力不足で申し訳ありません。。


勝利のウィニング・ラン。浜松がほこる浜松のトップライダー・金子選手の人気は高く、
ウィニングランを最後まで見届け手を振るお客さまの多さからもうかがい知ることができます。


選手表彰式にて、優勝カップを受け取った金子選手のコメントです。
「今節は前検日からエンジン状態が思ったようにならなくて、開催序盤はレースでもよい乗り味に
なってくれませんでした。でもレースを重ねていくうちに(リングが原因だろうな・・)と読み、
優勝戦に向けてはリング交換と電気位置を少々。扱ってみて朝にエンジンを掛けてみたところ
これまでより良い感触だったので、” これでレースに出て勝てないようなら、乗り手に原因だ ”と
思いながら優勝戦にのぞみました。
前節(ジャパンネット銀行杯)で下回りを扱いロッドを変えていて、組み上げた最初は重たさがあり
一時の良かった状態よりはまだ、もの足りなさがあるので、もう一歩かな?と思っていましたが、
今日に関しては再び上昇していった走路温度のわりにはスベリをあまり感じなかったので・・
まぁ及第点、いや、それ以上ですね。上できの部類です。欲を言えばもう少し止まりすぎず、
流れ込みがあれば、もっと早く攻め込んでいけたと思いますが、言い換えれば
”セッティングが合えばまだ上積みが狙えそう” ということです。
前検日の時のエンジンよりも改善できているので・・結果として優勝にもつながり、良かったです。
(最後に金子大輔選手ファンに一言)とりあえず・・勝ち続けないといけませんね。
がんばって、今後も勝ち続けられるように、努力を続けていきます。ありがとうございました。」

初日は少々難しそうな表情を見せていた金子選手から、
ようやく安堵にも似た笑みがこぼれました。「第9回 スポーツニッポン新聞社杯」、
優勝おめでとうございました☆


浜松オートの次節開催は七夕である7/7(木)開幕、
「曳馬野賞 第40回 静岡新聞社杯」です。熱戦にご期待ください!



そして最終第12R「優勝戦」の試走。
ファンファーレは16:30予定です。熱戦にご期待ください!


第11R「特別選抜戦」、1着4枠・中村友和選手(浜松・32期)、
2着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松・32期)、3着1枠・岸 萌水選手(浜松・32期)の確定は4-8-1。


次節浜松オート開催は7/7の七夕より開幕する「曳馬野賞 第40回 静岡新聞社杯」。
早くもビッグイベントの実施が決定しましたので、本日の作業は
浜松オートのTOPページ更新を優先させました。

  
それがこちら、先日の浜松オートレースヴィーナス「 ASAHI 」ちゃんが来場した際に
宣伝用の撮影を行ないました、川口オートレーサー・森 且行選手が監修したオリジナルラーメン、
その名も「ムラサメ ラーメン」!現在森選手が乗っている競走車名の「ムラサメ」を踏襲して
ラーメンに名づけました。巷でウワサの「ムラサメ ラーメン」が当たる”未確定車券 抽選会”を、
次節開催3日目となる7/9()の第6〜7R発売中をかけて1Fインフォ前の会場にて実施します。
ムラサメ ラーメンは50袋用意されるそうなので、ひょっとしたらゲットのチャンスは高いかも・・!?
ぜひご参加ください☆


浜松オートのトップページをご覧になった方ならお気づきかもしれませんが、
ASAHI ちゃんのブログへジャンプするリンクバナーもあわせて製作しました♪
今節は偶然、豪華ゲストと一緒に写真を撮ることのできたASAHI ちゃん。ブログにて
さっそく紹介されていますのでどうぞご覧ください☆

  
オートレースファンの間で”山陽オートTシャツブーム”が到来!?
今節は場内メインスタンドやグリーンスタンドにて「山陽オートTシャツ」を着ているお客さまを
多く見受けました。中には親子で着用してレース観戦している姿も。何だか良いですね♪
「今日は浜松オートへ行くぞ!」と親子でお揃いの応援Tシャツを着る様子を思い浮かびます。
そしてこの山陽オートTシャツ、なんとロッカー内で選手の方々もホーム&アウェイ関係なく
着用しております。頑丈かつサラっとしていて、とても着やすそうです♪


こちらは先日の「3R走路内観戦」のワンシーンです。前回に引き続き、今回も
ご来場くださいましたファンの方々へのサービスとしまして、浜松の女性ライダー・岸 萌水選手が
お客さまとの記念撮影に応じて下さいました♪さらに!岸選手は「仲良しの同期です!」と、
川口所属の益 春菜選手もお招きくださったのです☆ これにはお客さまも大喜び!この日、
走路内観戦に当選されたお客さまの中には、「今日は浜松オートを見に”京都”から来ました!
オートレースを知ったきっかけは、スカパー!でチャンネルを移している時に偶然、オートレースの
中継が目に入りまして、それからオートレースに関心を持ち、今日は浜松オートへ行ってみようと
初めて来場してみました。大阪にオートレースのサテライト場ができましたが、やっぱり
生での観戦がしてみたくて・・・だから今日は走路内観戦を当てることができて、本当に
良かったです!ブンブンブログも見ています!」と、女性の方からお声をかけていただきました!

本当にありがたいことです。さらに、スカパー!のような多チャンネルの中から一瞬でも
オートレースが目に飛び込んできたことによって、それが観戦へのきっかけになるという
サブリミナルな奇跡・・オートレースのPRとして何らかのヒントを得た気がします。
オートレースとは直接脈絡のなさそうな市内イベント等にPRブースを出すことによって、
そこから浜松オートを知るきっかけが生まれる可能性もあるわけです。勉強になりました☆
はるばる京都からお越しのお客さま、ご来場ありがとうございました!
またのご来場をお待ちしております♪


第5R「ランチアタック選抜戦」、約半年ぶりの1着を獲得。1着4枠・益 春菜選手(川口・32期)、
2着8枠・木村武之選手(浜松・26期)、3着6枠・前田 淳選手(山陽・27期)の確定は4-8-6。


浜松オートCS放送でも紹介されました、「GI ゴールデンレース・フォトコンテスト」。
作品の良さが伝わってくるのでしょう、お客さまの中にはご自身の写メで作品を撮影していく方も。
ひょっとしたら今後もフォトコンテストが開催された場合の参考とするのかもしれません。
次回があるのかはまだ全然未計画ですが、今回協賛してくださった「カメラのキタムラ」市内某店の
店長さん曰く、「次もありましたらよろしくお願いします」とのことでした(笑)
参加&応募されました皆さま&「カメラのキタムラ」様、ありがとうございました☆


写真:タイヤ選びの談義をする仲口武志選手と松堂忠利選手。ロッカーはお向かい同士です。

  
こちらは先日、選手ロッカーの入り口にある”ひさし”の裏側。山脇孝志選手がはしごを掛け、
木村武之選手が軍手で何かを包み込むようにしてはしごを登っておりますが・・
その何かとは、すずめのヒナでした。
木村選手:「なわばり争いですかね・・前からあったすずめの巣に、別の大人のすずめがやってきて
ヒナをいじめていたみたいで、巣から落ちちゃったんですよ。まだ巣立つ前らしく、飛び方も
おぼつかなくて、親鳥が心配していたので巣に返してあげよう、と。クルマも通りますからね。」
ヒナを戻してあげたあとも選手の間同士で、ロッカーの行き来時に
いじめてくるすずめがやって来ないかひさしの裏側をチェックしておりました。
木村選手の優しさにちょっと感動してしまいました♪


その一方で、「カメラなんか構えちゃって、僕を撮りたいんでしょう!こんなポーズでいい?」と
背中で語る”バックWピース”をみごと炸裂させた今田真輔選手(笑)
私はすずめの救出劇を撮影しようとしただけなのですが・・こちらも一興かと♪

  
早朝の選手ロッカー。写真左は整備をどうしようかと今節優出の田中 進選手が
前田 淳選手や五所 淳選手と相談。飯塚&山陽の西日本チームです。
そして写真右は金子選手の様子をうかがう上村敏明選手。金子選手も優勝戦進出、
各ロッカーにて優勝戦を懸けたグループ談義が行なわれておりました。


朝一番で競走路を徐行していた鈴木圭一郎選手。「ラッピングをします」とのことで、
外周を徐行することでその振動をエンジンに伝え、締めたネジやパッキンなどを
きゅっと詰めさせる作業を早朝から行なっておりました。

posted by ブンブンボーイ at 18:26| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする