2016年09月17日

浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭実施 〜中編〜


写真:模擬レース「美女vs野獣」出場選手セレモニーのようす。

ここでは9/4開催「浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭」の後編としまして
ステージイベントやレースイベントを中心に紹介してまいります。


「ファン感謝祭」メインイベントのひとつ、模擬レース「美女vs野獣」の出場選手セレモニーにて。
「野獣といっても、野獣と呼べるのは5枠くらいじゃないですかね?」といった出場選手の
コメントに合せるがごとく、「こんにちは〜、野獣で〜す」とコメントする今田選手(笑)
今田選手:「美女を食っていきますのでよろしくお願いしま〜す!」
ちなみに今回の模擬レース「美女vs野獣」は、1枠ゼロハンの岡谷美由紀選手が
先頭を手に入れて逃げ切れるか、はたまた男性選手が岡谷選手をさばいて
1着を手に入れられるか、が見どころとなっておりました。


模擬レースは同時に”1着当てクイズ”も行われるため、セレモニーの直後に
クイズの応募が開始されました。やはり1枠の岡谷選手と5枠の今田選手が人気だったようです♪


オートレースモバイル担当の「まっすぅ」さんより写真のご提供、いまやファン感謝祭の
定番イベントとなっている「オートレースサファリ」のようすです。


浜松走路の内線路側帯にて、お客様やCS放送用カメラを乗せた競走車搬送用のトラックを
徐行させ、その外側を選手たちが開催中に日々行っている走行練習を実施。
競走車のハイスピード感や車間の詰め具合が間近に体感できます。

  
この時、わたしは「グッズ販売」のコーナーにてお客さまへレア写真の説明を行なっていました。
まっすぅさん、ご協力ありがとうございました☆


今回は新たなイベントとしまして、浜松周辺のご当地キャラが大集合。
おっかけのファンもいらっしゃるようで、キャラが場内に登場すると終始ご家族のお客さまが
集まっておりました。


チャンピオンレーサー前ではご当地キャラのPRブースが設置。地元でしか購入できないような
オリジナルグッズを販売しておりました。

  
ご家族客のお楽しみビッグイベントその2、「オオクワガタ」の抽選プレゼント♪
”黒いダイヤ”と例えられるオオクワガタは通常2000円〜大きく育てれば
数万円にもなるほどの価値があります。開門と同時に先着配布された抽選券には
4つの色が塗られており、ASAHIちゃんが抽選箱から引き抜く色が一致していたら大当たり!
となります。果たしてASAHIちゃんが引き抜いたボールの色は・・・・・青!!
すると抽選会場であるイベントプラザのまわりに集まっていたご当選のお子様たちから
「やったーーーー!!」「きゃーーーー♪」と大興奮のきいろい歓声が(笑)
見事ゲットできました皆さん、大クワガタは冬を乗り越えて数年生きることができますので
大事に育ててくださいね。そして絶対に外へ逃がすことのないように。
浜松で生きている昆虫の生態系を狂わせてしまうから・・・と、
浜松オートの”クワガタ先生”こと中野 肇選手から教わりました。


そして模擬レース。ご覧ください、通常開催さながらの観戦者数、しかも走路内では
内線ギリギリまでお客様がやってきております!実際のレースではまずありえない光景です。


レースはおおかたの予想通り、美女vs野獣の一騎打ちに。一番人気だった美女・
岡谷美由紀選手をインからさばいた野獣・今田選手が大差をつけてゴールイン!
3着戦は接戦となり、8枠・スーパーハンデ30mの中村友和選手が制しました。


上位3着以内の選手はウィニングラン〜インタビューを大時計前にて実施。すると3選手から
「良かったら小さいお子様は一緒に写真撮影しましょう!」と親御さまへ提案。


エンジンはまだ熱を帯びているので、サドルの上にお子様を立たせての記念撮影が
選手たちの粋な計らいで時間の限り実施されました。


そしてイベント終盤。エンディングを残す全てのイベントが終了したため、時間の限り
浜松所属選手によるトークショーが島田さんのMCにより行われました。


参加選手のまとめ役だった遠藤 誠選手と赤堀 翼選手は、この一日ですっかり肌が小麦色に。
たえず走路・場内・管理地区を往復していたために、一気に日焼けをしておりました。


都合により今回のレポートは”中編”としてここまでに。
後編では餅投げ〜「ゴー!ゴー!キャンペーン」のイベントを紹介します♪

posted by ブンブンボーイ at 17:48| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする