2016年09月25日

浜松市・笠井新田「春日神社」にてお祭りが行われました


9/25(日)、浜松市東区は笠井新田町にて「春日神社」のお祭りが開催。
わたくしブンブンボーイはお誘いを受けましてお祭りに参加させていただきました。


浜松オートとどんなつながりが?と思うかもしれませんが、実は浜松オートの特別イベント時に
いつも”歴代競走車”を搬入・展示してくださる「遠州動楽會」の本拠地が笠井新田にあるのです。

かつて春日神社のお祭り時に、神社の手前で歴代競走車の展示イベントを行ったこともありました。


春日神社のお祭りでは、各参加組のお囃子の演奏や激練りの他に、「余興」の披露があります。
「遠州動楽會」が所属している「か組」さんでは毎年、余興の出し物として
有志サークル&子供たちの”阿波踊り”を実施。この日のために練習を重ねてきた子供たちは
両手にボンボンを付けて華麗に踊ってみせました。


笠井新田のお祭りでは浜松まつりと同様、”おまつりラッパ”&太鼓による演奏のもとで
「激練り」が行なわれますが、「か組」さんの最大の見せ場のひとつがこちら、
”複合マーケット”での餅投げです。

まず、日没頃に「か組」の御殿屋台とラッパ隊が町内にある複合マーケットの入り口へとやってきます。

入口に到着すると、御殿屋台の裏側にすぐさま”足場”が組み立てられ、紅白の”丸餅”が
たっぷり詰まったダンボール箱を御殿屋台の屋根の上へと運びます。
準備が整ったらいよいよ本番。ラッパ隊によるファンファーレが入口に鳴り響くと、一斉に
御殿屋台の四方八方から丸餅がばら撒かれます。

お餅投げはラッパ隊による”激練り”の演奏が終了するまで行われ、マーケットに来店したお客様は
お餅を拾い上げた分だけそのまま持ち帰ることができるという、東海地区では上棟式や神社仏閣の
祭典時などで盛んに行われている、いかにも縁起の良さそうな伝統行事となっております(笑)

ラッパのBGMが鳴っている間にお餅を拾えるだけ拾い集める、という流れが、いつしかの
ファミコンゲームの”ボーナスステージ”(忍者ハットリ君の「ちくわ撒き」とか?)を
彷彿とさせます♪
ちなみに私は「遠州動楽會」さんの紹介により「か組」さんでおまつりラッパ演奏の修業を
させて頂くことができ、おかげさまで1オクターブ上のハイトーンを出すことができるようになりました。


写真:「か組」の”阿波踊り”サークルの皆さんです。撮影のご協力、ありがとうございました♪


「か組」さん&「遠州動楽會」の皆さん、大変お世話になりました&
お誘いありがとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 12:45| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする