2017年01月12日

山陽場外・最終日&浜松前検日のようす



浜松の中では今季で一番と思われる寒さが到来、これからもっと冷え込むかもしれません。

場内では山陽の場外発売・最終日を実施。そして選手管理地区・走路内ではお昼を迎えて

さっそく今年の浜松競走路”走り初め”と言える走行練習が行われておりました。

メインスタンドやグリーンスタンドから選手の走行練習を見つめるお客さまの姿が。

2017年の初レース・「花の舞 新酒杯」が明日より開幕、胸が躍ります。





・・と、走行練習が開始されたのもつかの間、選手ロッカー内に

「浜松所属選手は全員、検車場へお集まりください」というアナウンスが入りました。

毎年恒例、新春開催の前検日には浜松選手をはじめ浜松オートの運営に携わる関係者が

全員集合して年頭の挨拶を行ないます。

さらにお知らせ事項としまして、開催2日目となる1/14()の第12R発売中・走路内にて

お客さまへ向けての”選手会新年あいさつ”&”競走車パレード”、そして”お餅投げ”を

実施しますので、当日は第12Rに出場する選手以外の方はなるべくご参加ください、

といった業務連絡が告げられました。

この告知から、開催2日目の第12R「準決勝戦」に出場する8選手は、選手会あいさつや

パレードには参加できないことが分かります。残念。



  

集会が終わると、何やらテレビ局らしき方々が谷口武彦選手の取材を行なっておりました。

近々、谷口選手の特集が組まれると思われます。

選手ロッカー内を巡回しながら「今年もよろしくお願いします」と選手の一人一人へ

新年の挨拶をしていくと、須賀 学選手より「今年1杯目のコーヒー、今ちょうど入ったトコだよ」と

須賀選手が淹れて下さったホットコーヒーをご馳走してくださいました♪ちなみに、ひと昔前の

走行練習時に競走車へ貼り付けていた「練習(番号)札」が今ではコーヒーコースターです(笑)



  

左から、矢内昌木選手、大月 渉選手。どちらも伊勢崎所属です。



  

左から、中村浩章選手(伊勢崎)、田中竜二選手。



  

写真左:ロッカーの扉を開けてあげるCS放送・安原幸子さん。選手は競走車を引いたまま室外へ

出ることも多く、ハンドルを両手で握っていると扉を開けられないので、天井からぶら下がっている

ワイヤーを引っ張ると自動で扉が開く仕組みになっております。

写真右:寒空のもとでエンジンの回転を確かめる廣瀬豪彦選手。





検車場の選手集会時からロッカー内をご一緒させて頂いてます、公営競技ライターの

沢 朋之さん。昨年暮れの川口「SSフェスタ2016」では王座決定戦に進出を決めた

鈴木圭一郎選手&金子大輔選手の現地写真を「浜松から応援して下さるファンの方へどうぞ」と

送って下さいました。今年も沢さんは浜松オートの選手情報発信に一役買ってくださいます♪



  

今節浜松にあっせんの中尾貴志選手(飯塚)。中尾選手と言えば、現在CS放送のCMに流れている

飯塚「GIIオーバルチャンピオンカップ」の開催告知にて超・シリアスな姿で写っております。

お話をお伺いしてみました。

中尾選手:「写りが何だか怖い、って、よく言われます(笑)ここ最近、飯塚の開催告知ポスターにて

選手のシリアスな写真が採用されていますけど、掲載選手が決まってからスタジオに呼ばれて

撮影をしているのではなくて、実は飯塚選手全員がスタジオに呼ばれて撮影されてます。

宣伝材料のための撮影、と聞かされているので、あとはどの順番で告知に使われていくのかは・・

飯塚宣伝スタッフさんの裁量になるんじゃないでしょうかね♪」

中尾選手、ありがとうございました☆



  

写真左:山浦博幸選手のハンドル角度調整を手伝う上村敏明選手。聞こえてくる会話からするに、

金子大輔選手のけがは大丈夫かなぁと心配している感じでした。

写真右:新年一発目のレース、頑張るぞ〜と、肩を回しながら検車場へ向かう藤波直也選手。



  

フロントまわりから整備を進めていた伊藤信夫選手でしたが、作業に集中していてか、少々

話しかけることができない雰囲気でした。近況では昨年末の川口「SSフェスタ2016」にて

シリーズ優勝、そして新年最初のグレードレース・伊勢崎「GIシルクカップ」にて優勝戦に進出、

3着の好成績を残しております。本来の強さが蘇ってきているのも、”キャディー役”である(?)

この方のおかげかも知れません。船橋から浜松へ移籍の同24期・高田克重選手(写真右)です。

高田選手:「新年あけましておめでとうございます(笑)昨年の1年間で、僕らのグループの雰囲気は

すごく良くなってますよ。自分がその役に立てられたのなら嬉しいですけど、去年はグループの

メンバーが次々と優勝していって、一緒に記念写真をたくさん撮りましたが、自分はいつも”端っこ”

なので・・(苦笑)今年の目標は、とにかく優勝戦に出場。そして、写真の真ん中で写ること!(笑)

難しい夢ではあるけどね。でも今年はうまく行けば、新人選手のデビューも夏ごろにあるでしょうし、

順番からすると、信夫くんが新人を弟子に取ることになるだろうから・・そうなればさらに、グループは

賑やかになるんじゃないかな。今から楽しみだね☆」

高田選手が集合写真のセンターを務める日を楽しみにしています♪



  

鈴木圭一郎選手や木村武之選手も作業に集中している様子でした。ノングレードの3日間開催では

ありますが、新年最初の地元開催ということで、縁起良く好発進をきりたい、という意気込みが

伝わってまいります。

木村選手:「今のエンジンはこれといって悪い感じではないのですが・・気になっている箇所も、

あるにはあります。そこを今節で上昇させることができれば、もっと安定すると思います。

浜松はこれまでにない寒さに見舞われていますが、今のエンジンは冷えれば冷えるほど

良いというわけでもないので、気候については、こうなってほしいという望みはありません。

スタート力ですか?まぁ、普通ですね。気になっているところはそこで、クラッチ関連を新型のに

乗せ替えたので、今節どうなるか?と。新型のタイミングのほうに身体が合わせられるよう

慣らしていきたいですね。昨年末からのエンジンの安定性が今年も持続してくれれば良いですね。」

木村選手、コメントありがとうございました♪





本日の山陽・第12R「優勝戦」は山陽勢vs飯塚勢の”西日本対決”。

浜松ロッカーでは出場選手全員が近場のモニターを見つめておりました。





レースは終盤をかけてヒートアップ。勝負をかけた攻防一体の走りに、ロッカー内からも

「おぉ!」という掛け声が上がっておりました。軍配は山陽の29期・丹村飛竜選手に。

松尾啓史選手&荒尾 聡選手の両車を攻略しての地元防衛・”完全優勝”を成し遂げました!

丹村選手、おめでとうございました☆







明日1/13(金)より浜松オートの新春初開催・「花の舞 新酒杯」がスタート。

特別イベントを多数用意、その中のひとつとしまして”毎日日替わり・選手優勝報告会&握手会”を

イベントプラザにて毎日実施します。

初日の1/13は伊藤信夫選手の川口「SSフェスタ2016」・シリーズ戦優勝報告を

第3R発売中に実施します♪参加者先着50名様に当時のレース&表彰式をまとめました

”ウィナーズカード”を信夫選手から皆さまへと贈呈します。どうぞお見逃しなく!



さらに1/14()は木村武之選手の山陽「GIスピード王」優勝報告を、1/15()は

鈴木圭一郎選手の川口SG「SS王座決定戦」優勝報告を実施予定。ただし、当日の

出場レースによって実施時間が変更となる場合があるので、実施時間は未定となっております。

決定次第随時オフィシャルサイトやブンブンブログにてお伝えしてまいります♪





前節に引き続き「選手会カレンダー2017発売&サイン会」も

3日間連続で第9R発売中・イベントプラザにて実施します♪

初日の1/13は下平佳輝選手&淺田真吾選手が登場。どうぞお楽しみに!

※すでに購入されました「選手会カレンダー2017」をお持込くだされば、新たに購入されなくても

 そちらへサインを記入いたします。どうぞご持参ください♪


posted by ブンブンボーイ at 17:44| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山陽「第14回寝太郎山猿杯〜山口の酒を全国に!永山酒造〜」場外発売・3日目&浜松前検日


1/12(木)は山陽「第14回 寝太郎山猿杯 〜山口の酒を全国に!永山酒造〜」の
場外発売3日目・最終日&浜松「花の舞新酒杯」の前検日。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:15)
開催地・山陽の天候はくもり・ぶち走路。気温6℃、湿度51%、風速5m、
降水確率午前10%・午後10%と発表。
浜松の空は雪雲らしき灰色い雲が空を流れております。


場内では移動販売が常駐。
牛串「夏目商店」、明石焼き風たこ焼き「タニグチ商店」など
どうぞお立ち寄りください。



本日は第12Rに「優勝戦」がくりひろげられます。
熱戦にご期待ください!

☆1/12(木) 第12R「優勝戦」


posted by ブンブンボーイ at 09:14| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする