2017年03月22日

山陽「特別GI 共同通信社杯プレミアムカップ」場外発売・最終日のようす


山陽オートにて繰り広げられました「特別GI 共同通信社杯プレミアムカップ」。
最終12R・8周回「優勝戦」はS級選手が8車勝ち上がり、0mOP・枠番選択にて競われました。


8車中7車が試走30を切る超・スピードレースと化した山陽特別GI。
「雨以外は節を通じてエンジン最高」と語る4枠・佐藤貴也選手(浜松・29期)は終盤まで
2番手をキープし続け、のこり2周時に先頭を走る2枠・浦田信輔選手(飯塚・23期)へ
イン差し敢行。TOPを塗り替えると、そのまま車間をキープして1着ゴール!
2013年の”S級・A級別々のダブルトーナメント制”にてA級優勝以来、今回はS級による
2度目の特別GIタイトル獲得となりました!

  
山陽オートのある街、山陽小野田市は窯業・ガラス細工の街。
世界にひとつだけの小野田ガラス・記念トロフィーを受け取った貴也選手は、
「特別GIがA級・S級のダブルトーナメント制だった時にA級から出場して優勝し、今度は
S級で優勝することができ、ふたつの優勝を手に入れられる権利があるのは自分だけだったので
達成できてうれしかったです。今回の特別GI優勝で、年末のSGスーパースター王座・
トライアル戦へ出場できそうですが、せっかくならば走路の相性が良いこの山陽オートで
SS王座決定戦を開催してほしいですね!(会場拍手)」

  
司会者さんの「TV越しに浜松から応援してくださったファンの方々も喜んでいることでしょう」という
インタビューに対し、「現在けがで休場中の金子君など同期も見てくれていたかなと思います。
先頭をかけてイン差しが決まったときは、「やったー!」と思いました!(笑)これからも相性の良い
山陽オートへ出場した際はぜひ応援してください!」
と、貴也選手のマイポーズである”Bet on me!”のGoodポーズを決めてみせました☆

われらが浜松選手が記念レースにて優勝を達成したならば、恒例の
本場開催特別イベントを考えなければなりませんね(笑)
佐藤貴也選手、特別GIプレミアムカップ優勝、おめでとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 17:23| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする