2017年03月30日

川口「市営13-2」場外発売・最終日のようす


平成28年度を締めくくるラストレースはやはりオートレースのメッカ・川口オートにて実施。
「川口市営13-2」、最終12R「優勝戦」では浜松オートから3選手が出場、
1枠ゼロハン・岡谷美由紀選手、2枠10線・山浦博幸選手、3枠20線・渡邉 篤選手です。

巷では2日目の「準々決勝戦」、3日目の「準決勝戦」と1着連勝をあげていた
女子ライダー・岡谷美由紀選手に注目が集まり、こちら浜松オートの場外発売でも
多くのお客さまがたが純白の勝負服の発進を見守っておりました。


デビュー2級車時代、スタートとスピードに難ありと言われていた岡谷選手は今や
女子選手の中でも屈指のハイスピードライダーとなり、オートレーサーとなる前身である
スピードスケーター時代のバランスの良さや動体視力をいかんなく発揮。
道中に若干ガブってしまう場面もありましたが着順を落とすことなく、6周回の逃げ切りに成功!
浜松オートファンの皆様が待ちに待っていた”初優勝”を川口オートにて成し遂げました☆

  
あがりタイムは400をきる3.390。文句なしのスピードです。2着に山浦博幸選手が入り、
最高の形で締めくくれる”浜松ワンツーフィニッシュ”となりました!


取材陣と一緒に岡谷選手のもとへ集まり、拍手をして誰よりも祝福していたのは
同じ”齋藤 努選手グループ”の淺田真吾選手。さらに岡谷選手の真向かいのロッカーである
青島正樹選手、同じ浜松所属女子選手の岸 萌水選手、同じ浜松所属の岩科 州選手と
岡谷選手の初優勝を”浜松ライダーズ”で讃えておりました。


岡谷美由紀選手、初優勝おめでとうございました☆

さっそくお客さまから「初優勝の報告会をやってよ!」とお声をいただきましたが、
岡谷選手の次回の浜松出場予定が5/17開幕の
「GI開場61周年ゴールデンレース」となっておりますので、仮に実施となりましても
しばらくのおあずけとなりそうです。情報が入り次第お伝えしてまいります♪

posted by ブンブンボーイ at 18:15| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする