2017年05月30日

飯塚場外&川口ナイター場外 リレー併売・4日目 最終日のようす



浜松オート場内にて飯塚場外と川口ナイター場外の”リレー併売”・ともに最終日が

実施されているなか、こちら選手管理地区内の遠征選手専用ロッカー、通称「B棟」では

いよいよ7月より33期オートレーサーとしてデビュー予定のお二方、

落合 巧候補生と金田悠伽候補生による走行&整備訓練が行われました。

オートレースを統括している財団法人・JKAの指導員が一連の作業に立ち会い、

先輩選手たちが浜松走路&ロッカーにおける走行&整備の流れをレクチャーしていきます。



  

左から、落合 巧候補生、金田悠伽候補生です。



浜松オートではもう2名、花田一輝候補生と、交川陽子候補生が配属予定ですが

オートレース選手養成所(筑波)での訓練中のけがにより、少々デビューが遅れるそうです。

教官:「でも長期休養ではありません、残り2名は早ければ(彼らのデビュー予定である7月から)

1か月後くらいにデビューでしょうか。」





候補生たちの派閥の入門先は既に決まっているようで、

金田候補生は師匠が齋藤正悟選手となる派閥に、

落合候補生は師匠が下平佳輝選手となる派閥へと入門します。



齋藤正悟選手の派閥といえば大先輩が尾藤憲吾選手となります。尾藤選手も本日の訓練に

立ち合いで参加しておりました。金田候補生がまるで孫娘のように見えるのかもしれません、

終始笑顔でハンドル回りのねじまげ角度の説明をしておりました。

尾藤選手:「教える目的とはいえ、”2級車にまたがる”なんて相当昔のことだけどね(笑)」





はじめての実践走路。本日は「タイヤの当たりつけ走行」と、黒潮(レース走行ライン)に乗る

「実際の走行練習」の2種目が行われました。

落合候補生の入門する下平選手の派閥には、他に和田健吾選手などがおります。

赤堀 翼選手:「下平さんの派閥に入るということは、おそらくロッカーは引退された奥川さん

(奥川裕司元選手)の場所になると思われます。事前にロッカーの掃除をしておかないと(笑)」





きっと各レース場によって、タイヤの当たりつけ作業や走行練習時に、通るコースや

注意しないといけない箇所(クセ?)が点在するのでしょう。アクシデントのないようにと、

柴田紘志選手、柴田健治選手、赤堀 翼選手が候補生の走りを終始見守りました。

「きっと養成所では”訓練が終わったら即座に車両をロッカーへ停めて集合”みたいな

 教え方をしているでしょうけど、浜松の走路にはフィニッシュゲート(退場門)付近の

”競走路と管理地区とのつなぎ目”に「おうとつ」があるので、急いで戻ろうとすると

車両が大きくバウンドして危険だから、走路内で十分にスピードを下げてから戻っておいで。

僕らは別に帰ってくるのが遅い!なんて言わないから、あせらずにね(笑)」





落合候補生:「養成所の走路は周囲に観覧席などがないので、もっと拓けているような感じがします。

浜松走路は周囲が建物で囲まれているので、これまでの練習とはちょっと違和感がありました。」





金田候補生:「練習を一通りこなすことに一生懸命で、スタンドにお客さまが集まっていたことさえ

気づきませんでした(笑)確かに養成所の走路とは感覚がまったく違いますね、初めて乗る走路、

ということもあり、繰り返し走っていると、向いている方角も分からなくなりそうです。」





走路での訓練が終わってB棟に戻れば、まず最初に行うのが「ガソリンの補充」です。

当たりつけや走行練習をすればたちまちガソリンタンクは空っぽになってしまいます。



候補生たちのコメントしてくださった”走路の違和感”について、

教官がその理由を教えてくださいました。

「筑波の養成所の走路は、まだ改修したばかりの”新走路”なので、タイヤの食いつきが

すごいんですよ。そして当然ながらお客さまが見に来るわけでないので、観覧席がありません。

候補生たちは初めてのレース場の走路、ということで、各スタンドに囲まれていることで

”圧迫感”を感じたかもしれませんね。養成所には教官が上から走路を見下ろすための

やぐらみたいな役割の建物がひとつだけありますが、候補生はそこには進入できませんので、

平面からでしか走行コースやフォルムを見ることができないです。」



そういった意味もあって、自分がどのコースを走っていたか、どんな格好で走っていたか、は

どうしても仲間の目が必要となります。その体験を知っている選手たちは、任意で集まり、

候補生たちへ「こうだったよ」とアドバイスしていくのです。





写真:走行練習の可能時刻は15時まで。すぐさま着替えてエンジンを冷やし、

走行の乗り味と先輩の見学した感想をもとに、整備の訓練が引き続き夕方まで行われます。





候補生たちの走行訓練は5/31(水)&6/1(木)まで行なう予定とのことです。

(6/1は午前中のみ実施予定)



明日からの浜松オートは伊勢崎ナイター「GI 第24回ムーンライトチャンピオンカップ」の

単独場外が行なわれ、第1R試走開始が13:55となるため、開門が13:50となります。



走行練習を場内スタンドから見学できるのは、実質明日5/31のみとなります。

ぜひ伊勢崎GIナイターの場外とあわせてご来場&ご覧ください☆







本日の候補生訓練が終了したのちに飯塚オートでは最終12R「優勝戦」が繰り広げられ、

4枠20線・久門 徹選手が地元防衛優勝を成し遂げました!おめでとうございました☆





日中は汗ばむ陽気でしたが、日が沈むや気温が急に下がり、かつ湿度が高めに感じて

少々上着を羽織りたくなる気候へ変化。でも蒸し暑いよりは過ごしやすいと言えます。





飯塚デーレースに続けて川口ナイター「川口管財カップ」・最終12R「優勝戦」は、

消音マフラーをつけてもスピードレースが可能と実証!?

8枠・永井大介選手が断トツの試走28&上がり.378をマークし他7車抜きを達成!

浜松GIゴールデンレースから復活を告げる連続優勝を達成しました!





入場門へと凱旋した永井選手を待っていたのは、同じ元・船橋の池田政和選手。ともに

移籍先を川口に決めて、ここが第2の故郷となりました。



浜松オートの前節「GIゴールデンレース」にて17年ぶりとなる浜松GIタイトルを獲得し、

復活ののろしを上げた永井大介選手は、川口オートのナイターレースでも従来の強さを

取り戻せていた感じでした。今後の活躍にも期待です!



永井大介選手、優勝おめでとうございました☆





明日の浜松オートは伊勢崎ナイター「GI 第24回ムーンライトチャンピオンカップ」の

単独場外発売を実施。ここでお知らせがあります。





伊勢崎GIナイターの第1R試走開始が13:55となるため、

開門予定時刻が13:50となります。

開門先着で”QUOカード”の当たる「ラッキーカード」の配布がありますので、

どうぞお間違えなく!




posted by ブンブンボーイ at 21:32| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

飯塚場外&川口ナイター場外 リレー併売・3日目のようす


今年度最初の浜松オート・ナイター場外は、飯塚デーレース〜川口ナイターの1日をかけた
リレー併売。本日が3日目、どちらも第9〜12Rに「準決勝戦」が繰り広げられます。

現在NHKの大河ドラマ、「おんな城主・井伊直虎」のブームに沸く浜松市。
その話題が浜松オートにも流れてきているのでしょうか、本日の浜松オート場内は
観光ツアー客のような団体さんが入場、各所散策しているようすを見受けました。


ひとあし早く「準決勝戦」が繰り広げられた飯塚オート、残念ながら浜松所属選手の
優出とはなりませんでした・・。
明日5/30(火)の最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーにて競われます。
熱戦にご期待ください!


posted by ブンブンボーイ at 18:14| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯塚「フタバ設計杯オーバルファイト」&川口ナイター「川口管財カップ」 リレー併売・3日目


本日5/29(月)は飯塚「フタバ設計杯オーバルファイト」場外発売と
川口ナイター「川口管財カップ」ナイター場外の”リレー併売”。どちらも3日目です。
飯塚の天候は「はれ」、走路状況「良走路」。気温25℃、湿度33%、
走路温度40℃、風速1m、降水確率は1日0%と発表。
川口の走路状況はまだ伝えられておりません。

浜松の天候は快晴。気象情報によれば明日の5/30(火)が暑さのピークとなるそうです。
熱中症対策として場内の無料給茶器をご利用ください。


場内では移動販売が常駐。どうぞお立ち寄りください。
野菜焼き「芝」、浜松餃子「あまえん坊」、明石焼き風たこ焼き「タニグチ商店」



本日は飯塚&川口ナイターともに
第9Rから「準決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!

posted by ブンブンボーイ at 10:03| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

飯塚「フタバ設計杯オーバルファイト」&川口ナイター「川口管財カップ」 リレー併売のようす


本日5/28()は飯塚「フタバ設計杯オーバルファイト」場外発売と
川口ナイター「川口管財カップ」ナイター場外の”リレー併売”。どちらも2日目です。
第5Rから「準々決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!

浜松の天候は快晴。日差しは強いですが風も強く、朝晩の冷え込みは相変わらず厳しいです。
寒暖の差が激しいため、体調の管理には十分お気を付けください。


場内の予想屋さんも、お店によっては飯塚から川口ナイターの一部まで
連続でレース展望&予想を行なってくださるそうです♪ありがたや。
先日「GI ゴールデンレース」にて女性のオート初心者を対象とした
オートレース解説ブース・”ビギナーガールズ”が設置されましたが、女性にとって
利用したくても利用しにくい場内サービスのひとつが予想屋さんではないかと思われます。
なぜなら、予想屋さんの利用は”オート上級者”というイメージがあるから・・。
女性やファミリーでも気軽に利用できる予想コーナーが今後必要となるかもしれませんね。


posted by ブンブンボーイ at 15:16| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

選手会浜松支部、競走車の「使用済タイヤ」を市内各野球部へ寄贈


雨のふる5月25日(木)。
選手会浜松支部の副支部長を務めております西川頼臣選手(26期・写真右)のお知り合いに
市内の各学校や少年野球など野球サークルに携わっている方が多くおり、このたび
「使用済みの廃棄タイヤを”野球の練習用”として幅広く再活用したい」というお願いを受けて
西川選手は快く承諾♪

浜松工業高校や浜松商業高校、浜名高校、浜松北ボーイズなど、各所の野球部へと
オートレース用使用済みタイヤが配布されました。


オートレースの戦況に深く関わるパーツの一つがタイヤです。
誰もが1着を目指しているわけですから、”1着を取れる”耐久性がなくなった地点で
タイヤは廃棄となります。その耐久性は新品を購入してから、もののレース4・5回分と言われます。


ひと開催を終えるたびに、見た目はまだまだ使えそうなオートレース用タイヤが
廃棄場所へ山積みとなります。野球部員さんにとっては、タイヤを引っ張ってランニングしたり、
バットの素振りに使ったりと、いろいろ用途がありそうです。
今後も廃棄タイヤの需要が高まるかもしれませんね♪
野球の練習、がんばってください!

 おしまい


posted by ブンブンボーイ at 17:40| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする