2017年06月16日

遠藤 誠選手がスポーツニッポン新聞社へ媒体訪問を行ないました


きたる6/22(木)〜25()の四日間、浜松オートにて
「第10回 スポーツニッポン新聞社杯」が繰り広げられます。
レース開幕に先立ち、われらが浜松のイケメンライダー・遠藤 誠選手会浜松副支部長が
スーツを身にまとい、スポーツニッポン新聞社へ媒体訪問を行ないました。
※媒体…テレビやラジオ、新聞など、情報を世間に伝達させるメディアのこと。

今節「第10回 スポニチ杯」は伊勢崎ナイター場外の"リレー発売"も実施、
夜8:30頃までオートレースを楽しめるとあって、に特別イベントを用意しております♪


開催3日目・「準決勝戦」実施日となる6/24の夜(伊勢崎ナイター第8R発売中)に
浜松優出8選手紹介」をイベントプラザにて執り行います。
さらに「新人33期候補生2名の紹介イベント」を6/25の浜松第5R発売中、
イベントプラザにて執り行います。

選手が登場する場内イベントは、そう簡単に何度も実施できるものではありません。
当然ながら選手にはレースと整備(親方や先輩の整備の手伝い)作業をひかえていること、
そして、イベントの実施には遠藤 誠選手や西川頼臣選手、赤堀 翼選手など、
浜松支部選手役員が縁の下でがんばってくださることで実現できるからです。

その日のマシン&選手本人のコンディションによって、イベント参加の是非が分かれるなか、
役員の方々が浜松選手や他場選手一人一人のロッカーをまわり、
「こういったイベントを場内で行いたいので、ご参加をよろしくお願いします」と
頭を下げてお願いにまわってくださいます。そしてようやく実施の運びとなっても、
ステージが閑散としていたり、無関心な雰囲気だったりすると、
「イベントを実施する意味があったのか、ロッカーで集中していた方が良かったのでは」
という結果となり、役員の方々はご参加くださった選手へ、「貴重なお時間をすみません…」と
再び頭を下げることになります。。

お客さまの声援を受けて、また頑張ろう!&次もこのイベントをやってみましょう!と
選手の方々の士気力を高めるためにも、ぜひとも多くの方々の
ご来場&選手へのご声援をよろしくお願いいたします!



川口ナイター「GII 川口記念」3日目は途中で通り雨の降る不安定な走路状況となり、
すぐさま回復。最終12Rは再び良走路にて競われ、川口の女性ライダー、2枠・益春菜選手が
8枠・鈴木圭一郎選手の猛追を振り切って1着を獲得しました!
益選手、1着おめでとうございました☆


本日までの成績をもとに、明日6/17は第9〜12Rに「準決勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!


posted by ブンブンボーイ at 21:02| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする