2017年08月02日

第6回トゥー・ワンプロモーション杯 3日目



本日の選手容態情報です。

診察の後に打撲箇所が腫れ出したり捻挫の痛みが強くなっているようで、

尾藤憲吾選手、青嶋裕治選手、秋田貴弘選手が身体不良の早退に。

なお、3選手とも骨折箇所は見られませんでした。



岡本信一選手、高橋義弘選手は左足に骨折箇所が見つかり、身体不良の早退となりました。

岩科鮮太選手は打撲程度ですが明日は落車原因車による罰則休です。



明日の補充は廣瀬豪彦選手、石貝武之選手、中村友和選手、柴田健治選手、

小林悠樹選手、齋藤正悟選手に決定しています。







浜松開催「第6回トゥー・ワンプロモーション杯」、4つの「準決勝戦」が終了し、

明日8/3(木)の最終第12R「優勝戦」出場選手はご覧のメンバーに決定しました。



なお、第5R「ランチアタック準決勝戦」は落車事故発生のため不成立となり、

第5Rからは出場メンバー中、明日身体不良による休場選手(岡本信一選手、

秋田貴弘選手、高橋義弘選手)を除いたランク上位の選手として

西原智昭選手(ランクS17)と仲口武志選手(ランクA63)が選出されました。



熱戦にご期待ください!







第12R「準決勝戦」、1着8枠・木村武之選手(浜松)、2着4枠・須賀 学選手(浜松)





第11R「準決勝戦」、1着8枠・伊藤信夫選手(浜松)、2着2枠・岡谷美由紀選手(浜松)





第10Rより「準決勝戦」。上位1・2着の選手が優勝戦進出となります。

1着6枠・渡邉 篤選手(浜松)、2着2枠・長谷晴久選手(浜松)



  

今節は浜松オート場内の清掃・案内・警備等を担当しているイベントプロデュース企業、

「トゥー・ワンプロモーション」の協賛開催です。トゥーワンスタッフさんが場内を練り歩きながら

プラカードを持って告知をしていたのは、先日に引き続き本日第8〜10R各発売中に1Fインフォ前で

実施をする未確定車券イベント、「サイコロゲーム」です。当日1000円以上の未確定車券を

会場へご提示すれば参加可能、2つのサイコロを振っていただき、ゾロ目が出たら現金1000円、

さらに「2」の目と「1」の目が出たら”トゥー・ワン賞”として現金2100円をその場でプレゼント!

今節開催のためにトゥー・ワンプロモーションさんが独自でイベントを用意して下さいました。

ご参加くださいましたお客さまともども、ありがとうございました!







本日第2Rに発生しましたスタート直後の落車トラブルにつきまして、異常発走による再発走では?

という問い合わせを頂いております。オートレースを総括している公益財団法人JKAの発行する

「オートレース実施規則」によりますと、大時計のランプが点灯してから針が頂点に達し、

各車発走した際、”先頭を走る車両が発走合図機(大時計)の前を通過するまでの間”において

スタートに起因する故障または落車が発生した場合、異常発走として再発走を行なうそうです。





写真:ハンデ0mと大時計の位置。距離的に20数mくらいでしょうか。



よく、先頭車がゴール線を通過するまでの間に?と間違えて憶えてしまう場合がありますが、

正しくは先頭車が「大時計の前を通過するまでの間」とのことで、

今回の第2Rはレース続行となりました。どうぞご了承ください。





第5R「ランチアタック準決勝戦」、道中第2コーナーにて1枠・岡本信一選手と7枠・岩科鮮太選手が

接触し落車、さらに後方追走の6枠・高橋義弘選手と4枠・秋田貴弘選手が避けきれず落車してしまう

アクシデントが発生。競走車が走路に残ってしまい、安全公正な競技は続けられないとして

競走中止の赤旗が振られ、3日目の第5Rは不成立となりました。

浜松3日目・第5Rにまつわる購入車券は全返還となります。

ご了承ください。



選手の容態につきましては現在医師の診察を受けていますが、4選手とも意識はあり

他選手や医師と言葉を交わしています。岡本選手、高橋選手、岩科選手は総合病院での

検査を受けるそうです。情報が入り次第お伝えします。





第4Rに落合 巧選手が1枠ゼロハンから走りぬき、待望の1着を獲得!しかし…





勝利の余韻にひたる間もなく師匠・下平佳輝選手から

「早く着替えて!落車修理を手伝うぞ!」の声。心配そうに下平選手が見つめるその先には、

原型を留めないほど解体された青嶋裕治選手の競走車が。青嶋選手と同24期の

石田智之選手が率先して競走車の修理を行っていました。



※レース後、落合選手の試走タイムは3.49、上がりタイムは3.487と発表されましたが

タイムアップを判定する際、上りタイムは0.001秒台を四捨五入して比較するため、

上りタイムの3.487は繰り上がりまして3.49と同タイムとして比較され、落合選手は

「試走戒告」として注意を受けるそうです。





第3Rに金田悠伽選手が1枠ゼロハンから出場し、8着の成績となりました。





第2Rは波乱。スタート直後、第4コーナー内線付近を通過しようとした5枠50線・尾藤憲吾選手と

7枠60線・青嶋裕治選手が接触し、ホームストレッチ外線まで流れるように落車。

レースは続行され、1枠ゼロハンから出場の交川陽子選手は6着の成績となりました。

(8枠・畑 吉広選手に外線突破の審議がかかるも、落車発生による、やむを得ない回避として

 失格には至りませんでした)





写真:落車車両の撤去を手伝う花田一輝選手。

尾藤選手と青嶋選手は救急車で医務室に運ばれ、尾藤選手は打撲程度で既にロッカーへ。

青嶋選手は意識はあり他選手と会話をしていますが身体が痛むとの事で

これから総合病院にて検査を受けるそうです。(判定は両車戒告他落となりました)





第1Rに花田一輝選手が1枠ゼロハンから出場し、7着の成績となりました。

大差をつけての1着は岸 萌水選手です。





試走開始を前に検車場のスタッフが用意していたのはお塩です。従来より毎朝用意され、

選手の中には試走への出発を前に、ゲンを担いで塩を身体に軽くふりかけ身を清める人もいます。





練習時、山浦選手をインコースから合わせていき追い抜いていく岡谷美由紀選手。

本日は第11R「準決勝戦」にて2枠ゼロハンから逃げ切りをはかります。





同門の兄弟子である和田健吾選手の走行練習スピードに

力の限りついていこうとする落合 巧選手。この時、浜松の空からは細かい粒の小雨が。

最初は霧吹きのような気にならない程度でしたが、徐々に雨の粒は大きくなっているようです。





青い雨具を着て走行練習をする伊藤信夫選手。偶然にも小林頼介選手も青い雨具でした。

以降の走路状況の変更情報が気になるところです。





早朝7時台の浜松ロッカー。各廊下にて新人33期選手たちが駆け足で移動しながら・・

(廊下の両サイドにいるのは青嶋裕治選手、岡谷美由紀選手)





「おはようございます!」と、早朝から整備作業を始めている先輩選手たちへ

朝の挨拶まわりを行っていました。

挨拶を受けているのは小林瑞季選手(川口)、河合 久選手(川口)です。





離れの遠征選手専用ロッカー、B棟へ移動。この時も選手宿舎から次々と

先輩選手たちがロッカーへと移動しており、屋外に「おはようございます!」という

あいさつの声が響きます。



数年前、デビューしたての32期選手、鈴木宏和選手・中村友和選手・

岡谷美由紀選手・岸 萌水選手が駆け足でロッカーを回り挨拶をしていた時と同じ光景です。



  

写真左:リアタイヤのリムを調べる平田雅崇選手(川口)。

写真右:辰巳裕樹選手、岸 萌水選手はロッカーがお向かい同士の同門です。





山陽Tシャツを見にまとう丹村飛竜選手(山陽)。山陽選手はいつもチームTシャツを

遠征先に用意しており、着用すれば一目で山陽選手だと分かります。

奥では迷彩服で整備を進めている渡邉 篤選手の姿も。


posted by ブンブンボーイ at 18:03| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第6回 トゥー・ワンプロモーション杯 3日目・準決勝戦


8/2(水)は浜松「第6回トゥー・ワンプロモーション杯」3日目。
(開門予定時刻10:00、浜松第1R試走開始10:35)
浜松の今朝は「くもり」、走路状況「良走路」。
早朝の記録では気温28℃・湿度85%。
走路温度31℃、降水確率は午前30%・午後30%。
救護スタッフが発走ピット前の広場で訓練を始めていました。

まずは選手変更のお知らせ。
先日落車を喫しました佐藤裕二選手は医師の診察の結果、左手親指のつけ根と腰骨に
骨折箇所が見つかり、身体不良の早退となりました。補充は廣瀬豪彦選手です。


☆平成29年度は浜松本場開催時、毎日「はまりっち」来場スタンプが2倍となります。
※本場開催に限り、1日2個スタンプを付与します。



☆今節開催中、場内では移動販売が常駐。どうぞご賞味ください。
 焼き鳥・「鳥好」、たい焼き・「焼きたて屋」



「第6回 トゥー・ワンプロモーション杯」のイベント情報です。


本日は第5&10〜12Rに「準決勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!

posted by ブンブンボーイ at 08:17| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする