2017年08月09日

「浜松オートフェスタ2017 ファン感謝祭」 走路内〜午後イベントのようす


こちらでは「浜松オートフェスタ2017 ファン感謝祭」の正午から午後をかけて実施をしました
走路内イベントのようすをお伝えします。


普段のレースでも、スタッフさえここまで至近距離で見ることはできない「スタート見学」。
内外線のギリギリまで近づくことができ、さらに、競走車の”真後ろ”の位置まで
近づいて見学することができます。


発走時、8車はアクセル全開でスタートをきめるため、真後ろの位置はまさに大音量。
「ファン感謝祭」でしかその迫力を体感できません!


続いて「オートレースサファリ」。普段はフェンス越しでしか見られない走行練習のようすを
走路内の中庭から見学できたり、競走車搬送用のトラックに乗って超・至近距離から
選手が走行する様子を見学できます。
日頃、本場開催時に行っている「走路内観戦」では携帯電話やカメラ類の持ち込みは
禁止されますが、こちらでは撮影OK。誰もがシャッターチャンスを狙っていました。


そして「ファン感謝祭」恒例の”模擬レース”。事前に1着選手を予想する「予想当てクイズ」も
イベントプラザにて実施しており、当てっこをする楽しみも味わえます。


「29期の威厳」と題された今年の模擬レース、記録的猛暑による灼熱走路も手伝い、
1枠ゼロハンから出場の女子ライダー・岸 萌水選手が軽快な逃げを展開。

もちろん模擬レースも至近距離から写真撮影ができました。


チェッカーフラッグは浜松オートレースヴィーナスのASAHIちゃんが担当。
こちらのイベントは今後、本場開催でも採用していく予定です。
模擬レースは6周回逃げ切りを成功させた岸選手が1着に輝きました!


昨年と同様、上位1〜3着選手は大時計の前までやってきての”記念撮影タイム”を実施♪
2着は平塚雅樹選手、3着は渡邉 篤選手となりました。
そして岸 萌水選手、1着おめでとうございました☆




楽しい時間は矢のように過ぎ去り、ラストは恒例、選手会浜松支部の参加選手たちによる
「お餅投げ」を実施。東海地区に古くから伝わる、縁起の良い”幸せのおすそ分け”イベントです。


浜松オートを代表し、中村晋典選手会浜松支部長が祝い締めの言葉を述べられました。
「私達は、本当にオートレースを愛しています。オートレースの素晴らしさが
もっともっと伝わるように、これからも全力でレースを行なっていきますので、
今後とも応援をよろしくお願いします!」


お餅入りの袋&カゴが参加選手全員に手渡され、3・2・1のカウントダウンの後、
選手たちは一斉にお餅を手に取ってギャラリーへ投げ込んでいきました。


お餅投げでは子供たちがケガをしないように、専用の”キッズスペース”を用意。
模擬レースで1着を獲得し”福ライダー”となりました岸選手が
最後の1個まで子供たちへお餅を配ってまいりました♪

こうして今年の「浜松オートフェスタ2017 ファン感謝祭」も大盛り上がりのうちに閉幕。
全国より多くの方々にご参加・ご来場くださいまして、本当にありがとうございました!
そして参加選手の皆さまも1日ありがとうございました&おつかれさまでした☆


 おしまい

posted by ブンブンボーイ at 17:21| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする