2017年10月31日

飯塚 場外発売・最終日&浜松「SG 第49回日本選手権オートレース」前検日のようす



いよいよ明日11/1(水)に、ここ浜松オートで開幕となる

「オッズパーク杯 SG第49回 日本選手権オートレース」。前検日となる本日、お昼を前にして

空が少し曇りがかってまいりましたが、それでも早朝&深夜の寒さが信じられないほどに

浜松の気温は高まっています。



本日も早朝から滑り込みで「選手応援幕」が浜松オートに到着しており、

西側スタンドの2段目に掲示を行ないました。





第4コーナーの各ハンデライン付近に掲示された応援幕は強力な遠征ライダー勢。





第2コーナーに掲示された浜松トップライダー応援幕とちょうど対角線に位置しており

頂上決戦の模様を呈してまいりました…が、走路内はまだシンと静まり返っています。





午後からの走行練習開始を前に、「発走ピット」(出場8選手が試走タイム計測後、

投票締切まで待機しておく詰所)では2名のレーシングスタッフが

ピット入りをしてガレージ&室内の使用準備を進めていました。すると・・



  

スタッフさんのご厚意で、地下半階に埋まっている発走ピットの中を見せてもらえました。

窓の高さがちょうど地上にあたり、レース中は窓が閉められ、その様子を伺うことはできません。

驚いたのは新型のお茶&おいしい水がボタン一つで飲める自動サーバーが

室内に設置されていて選手は待機中、自由に飲むことができるそうです。



そしてさらに、こちらの待機室内は全面禁煙とのことです。

その昔は各選手、タバコの煙を揺らしながら発走時刻を待つ、というイメージでしたが・・・

スタッフさん:「今はどこの場も、発走ピットの待機部屋は禁煙です。時代ですかね(笑)」



座席の壁には車番のシールが貼られていて、座る場所も決まっているのだとか。

スタッフさん:「選手の待機中は、あまり喋っている様子もありませんね。基本静かです。

各席にドライヤーが用意してあるのは、ヘルメットのシールドの周りへドライヤーをかけることで

発走時刻を迎えた際、ピットから屋外へ出た途端に寒暖の差で”結露”が起きないように

温めたり冷やしたりしています。

選手の中には真冬時に両手の指先をドライヤーで温めることで、指のかじかみを取り、

ハンドル操作の感覚を鈍らせないようにしている人もいますね。」

なるほど、スタッフさん、解説をありがとうございました☆





選手管理地区内にて管理課長に呼び止められ、「今節のSG優勝戦で使用する

”優勝戦専用・勝負服”のデザインを、ぜひブンブンブログで紹介してください!」と

デザインデータを用意してくださいました♪



伝統あるSG日本選手権にふさわしい歌舞伎調&隈取りの絵柄がカッコイイですね!

ベスト8ライダーがプロテクターの上に着用する「優勝戦勝負服」、まさに

武士が武者鎧の上にはおる「陣羽織」のようです☆



   

今節「SG日本選手権オートレース」は5日間全てのレースが

ハンデなしの”0mオープンレース”にて競われます。

各Rの枠組み8選手が決定するたびに12R分の抽選会を行なうのは

時間のロスにつながるので、前回のGUに引き続き、今回も「事前枠番抽選」を実施。



選手は出場エントリーを済ませたのち、別室にて5日分の”抽選名簿”へ名前を記入していきます。

名簿の名前記入欄の隣には1〜96の数字が書かれており、青いテープで隠されています。

全員がエントリーを済ませて名簿が満たされたのち、青いテープをはがします。

8車の対戦相手が決定され次第、名簿の横の数字の若い順で

1枠〇選手、2枠〇選手、・・・と決定されます。

SG日本選手権を勝ち上がるためには腕前と武運も必要になるかもしれません!?



  

写真左:ロッカー入りを果たしてまずは一服、と自販機で缶コーヒーを買う

 早川清太郎選手(伊勢崎)&岩田裕臣選手(川口)。

写真右:渡邉 篤選手がロッカー入りを果たしてまず最初に行っていたのが、タイヤ削り場など

 選手が共同で使う作業場の掃除でした。身の回りをキレイにして遠征選手を迎えます。



  

前検日における選手のロッカー入りは基本的に昼食を外で済ませた後の”お昼過ぎ”が

ピークとなりますが、さすがはSGレースだけあって午前中から続々と選手が管理地区へ。

金子大輔選手や森 且行選手も朝10時台にはロッカーへ到着していました。





写真:早めの浜松ロッカー入りをして大幅な整備に取り掛かる青山周平選手(伊勢崎)。

 船橋所属時代の青山選手の師匠・仲口武志選手、そして交川陽子選手も

 整備を手伝っていました。



  

左から、梱包を解く佐藤摩弥選手(川口)、先輩選手の競走車を用意する鐘ヶ江将平選手(飯塚)。





写真:浜松開催での優勝経験がある鈴木聡太選手(伊勢崎)。黒いマスクを装着して

 キャブレターを外していました。



  

走行練習の開始時刻を前に、試走場にてエンジンの鳴りを調べる選手たち。

左から、鈴木将光選手(伊勢崎)、西原智昭選手(伊勢崎)、



  

中村雅人選手(川口)、そして遠征選手ロッカー・B棟にて

整備を始める谷津圭治選手(伊勢崎)と、元・船橋選手ばかりが目に留まりました。



SGという決戦の地へ一堂に会した、船橋の魂を受け継ぐ者たちが

「日本選手権の優勝戦で会おう」と誓い合います。



  

その時ちょうどB棟を訪れた浜松オートCS放送・安原幸子さん。

「ブンブンさん、ちょうどいい所に♪ ”トリック・オア・トリート”って言ってくれますか?」

と言って紙袋から取り出し、プレゼントして下さったのは『マドレーヌ』であります♪

そういえばハロウィンのシーズンでしたね(笑)

ちなみに左写真の手前は平田雅崇選手(川口)です。B棟の様子を見に来ていました。





走行練習の開始。最初に軽く走路を回り始めたのは内山高秀選手(伊勢崎)です。

飯塚の場外発売を観戦していたお客さまがたはエンジン音を耳にして

誰が練習をしているのだろうとメインスタンドへ集まっていました。



  

写真左から、渡邉 篤選手、新井 淳選手(伊勢崎)。





先日10/29、「オートレースふなばし」にて執り行われたファンイベント、

「オート発祥67周年記念 船橋感謝祭」の鈴木圭一郎選手・トークステージにて。

自らお客さまへ紹介しているのは、新しくできあがりました”オリジナル練習着”です。





今節はその”オリジナル練習着”をさっそく身にまとって走行練習に参加。

雲のようなホワイトとスカイブルー、そして天から差し込む光と、輝く虹がデザインされています。

ぜひ場内から練習のようすをご覧ください♪





自身の競走車の外観をさらっと見回してから整備を開始する篠原 睦選手(飯塚)。

奥には鈴木一馬選手、丹村飛竜選手(山陽)、岩科鮮太選手。

浦田信輔選手が走行練習を開始するため屋外へ。





そこのパーツを換えていくの?と、緒方浩一選手(山陽)へ話しかける若井友和選手(川口)。

すかさずスポーツ新聞の記者がメモを取り、専属のカメラマンが写真を撮影してまいります。



  

写真左から、有吉辰也選手(飯塚)、伊藤信夫選手。





スタート練習の時間になると、入場門・ファイティングゲートの前にはズラリと

スーパーライダーが大集合。今回は特別に、事前の枠番抽選にて対戦選手8車および

その各枠番が分かっているので、スタート練習は本番さながらに

初日のレース番組予定通りの選手組み合わせ&枠番で行われました。





飯塚場外発売に来ていたお客さまがたも、SGの”プレ・スタート”を

ひと足先に見ることができたようなお得感があったように思えます♪



  

各スポーツ新聞やオートレース関連の記者さんがこぞってSG有力選手へスポットを当て

取材していく中、こちらは練習参加・裏方として頑張っている浜松新人33期選手にも

目を向けていきたいと思います。新人33期選手は一昨日の10/29まで川口オートへ

初の遠征レースに出かけており、続けて昨日の指定整備日、本日前検日と

過酷なスケジュールが続きますが、同期同士でチームを組んで作業をこなしています。

中でも落合 巧選手は川口開催最終日の第4Rにて湿走路を走破し1着を獲得。

当時のレースを振り返っていただきました。

落合選手:「初めて浜松オート以外のレース場で走らせていただきましたが、自分の中では特に

他場だからという緊張感もなく、ここでレースをする時と同じ心境で走ることができました。

ただ、やはり皆さんも話される通りの、多少の”圧迫感”はありますね。走路フェンスの真上が

観客席ですから。でもそういったお客さまの視線の集まる中で1着を獲れたことは

正直嬉しかったです。ハンデを多く頂きつつ、雨が強かったおかげ、というくらいしか…

自分の中の技術的な勝因はありませんけど(苦笑)

またSG後の11/9から川口4日間開催の遠征が決まっているので、

今度は1日でも多く良走路で競って勝ちたいですね!」



落合選手、コメントありがとうございました☆



  

浜松ロッカーからCS放送用モニターで戦況を見守った

飯塚「牛島青果杯ベジタブルアタック」・最終12R「優勝戦」。

選手たちと一緒にモニターを見つめるオートレースモバイル・まっすぅの姿も。





レースは良走路の6周回で競われ、5枠10線・松尾隆広選手(飯塚)が通算3度目の優勝を獲得!



ふたたびスローVTRでチェッカーフラッグをきる松尾選手の映像が流れると、

「おめでとう!」と、東小野正道選手(飯塚)が一緒にモニターを見つめていた

松尾啓史選手(山陽)へ小さな拍手で祝福しました♪

そう、松尾啓史選手は松尾隆広選手の実のお兄さんでありオートレーサーの先輩なのです。

東小野選手のはからいに、まわりの選手からもいいね!と共感の小さな拍手が起こり、

啓史選手は照れ笑いしながら「ありがとうございます(笑)」と弟の隆広選手に代わって

お礼のお返事をおくっていました♪松尾隆広選手、優勝おめでとうございました☆







飯塚オートの場外発売が無事に終了したあとも、日が沈むまで浜松走路では

選手たちのトレーニングが続いていました。



いよいよ明日からは浜松オート・秋の大決戦、「オッズパーク杯 SG第49回

日本選手権オートレース」が開幕します。熱戦にご期待ください!!


posted by ブンブンボーイ at 16:33| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯塚 場外発売・最終日&浜松 SG前検日


本日10/31(火)は飯塚「牛島青果杯ベジタブルアタック」の場外発売・最終日と
浜松「オッズパーク杯 SG第49回日本選手権オートレース」の前検日。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:39)
浜松の今朝は晴れ。気象情報によりますと、これから一週間は晴れとくもりが続くそうです。


浜松オート出走表に掲載されているお知らせです。





本日飯塚第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!


☆10/31(火) 飯塚第12R「優勝戦」




posted by ブンブンボーイ at 09:24| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

飯塚 場外発売・3日目&浜松 指定整備日



しばらく天候不順の続いていた浜松ですが、台風22号が過ぎ去りようやく青空が戻ってまいりました。

気象情報によれば週末まで晴れの日が続くそうです。



台風の名残ともいえる猛烈な風が吹き続けた本日の浜松オートは飯塚 場外発売の3日目を実施、

走路内ではGUに引き続き、SG出場選手の応援幕が掲示されました。





第2コーナー付近の確定掲示板〜浜松オートレース公園の一帯には浜松トップライダーの応援幕が。





走路内に掲示しきれない量の応援幕が送られてきた場合は西側スタンドへ掲示。

SG選手を応援する熱意のバロメーターといえます。





選手管理地区は本日「指定整備日」。 選手たちはそれぞれのあっせんスケジュール上、

遠征が続いてしまったり、1か月近くあっせんがなかったりと、ロッカーにしばらく戻れないことも

あるため、選手同士が同意のもとで”この日に競走車の点検やロッカー内の掃除を行いたい”という

「指定整備日」を決めてレーシングスタッフへ申告します。

承認をもらえると、その日はスタッフ立ち合いのもと選手たちは(SG出場の有無を問わず)

任意でロッカー入りをすることができ、車両の点検や清掃、ロッカーの掃除といった

簡単な作業をすることができます。



写真は指定整備日に参加していた鈴木圭一郎選手。つい先日まで、オートレース船橋にて

感謝祭イベントを行っていた圭一郎選手でしたが、本日早くも浜松入りを果たしていました。



 

指定整備日は原則としてどの日でも指定可能ですが、実施したところで

またしばらく場外続きで開催がない…では整備の意味がないため、結果として

本場開催の前検日の前日に選ばれることがほとんどです。

したがって、前検日の前の日、ということから”前前検日”とも呼ばれています。



写真左から、浜松入りを果たした広瀬勝光選手(川口)、内山高秀選手(伊勢崎)



  

写真左から、藤波直也選手、中尾貴志選手(飯塚)、中村友和選手。



  

写真左から、山浦博幸選手、森 且行選手(川口)



  

写真左から、鈴木将光選手(伊勢崎)、新井恵匠選手(伊勢崎)。



  

先日まで川口オートへ初の遠征に出掛けていた浜松新人33期選手も

休む間もなく浜松ロッカー入り。

指定整備日も場外レースのCS放送を見ることができるので

本日実施していた飯塚オートの発走ファンファーレがモニターから流れると

新人選手たちはモニターに集まって戦況を見つめました。

交川陽子選手が見つめるモニターの前には吉原恭佑選手(伊勢崎)の姿も。







指定整備日の参加はあくまで任意なので、SG直前とはいえ

ロッカー内は比較的静かで落ち着いた雰囲気でした。

参加選手たちにとって一日の長となるでしょうか。



飯塚「牛島青果杯ベジタブルアタック」、すべての準決勝戦が終了し

明日10/31(火)の最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーにて競われます。

熱戦にご期待ください!




posted by ブンブンボーイ at 22:51| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

児童養護施設「すみれ寮」が15周年を迎えました

 

井伊直虎ブームに沸く浜松市北区・井伊谷から、はるか北東に位置する浜松市天竜区・春野町。

日本の誇り・宝塚歌劇団の生みの親、白井鐵造氏の生まれ故郷である春野町に

児童養護施設・「すみれ寮」があります。『このたび創立15周年を迎えました』という

”感謝の集い”開催の招待状を浜松オートレース場・ブンブンボーイ宛てにいただきまして

私は式典の行なわれました10/28に一路、天竜区春野町の「すみれ寮」へ。

すくすくと元気に&正しく育っている子供たちと再会を果たしました。



  

北遠と呼ばれる浜松北部は長野県や愛知県との県境に位置する山あいで、この日も気温は

15℃という肌寒さを観測。しかしながら、こうした寒暖の差が農作物を強く育ませているようで

公道沿いの畑の至る所に、今年も豊作だと知らせる「次郎柿」がたわわに実っておりました。



  
7年も前となる2010年11月、全日本オートレース選手会浜松支部(当時代表・斎藤 努選手)が

「すみれ寮」を社会福祉施設訪問の場に選び、「子供たち同士で仲良くお使いください」と

”変速機つき自転車”6台をプレゼントしました。

その当時、大喜びで自転車にまたがりペダルを漕いでいた男の子は現在、高校生になり

今回の「感謝の集い」にて子供たちを代表しご来賓への挨拶を実施。

身長もすっかり私を超えてイケメンになっていました(笑)



   

写真左:「ブンブン君、春野まで来てくれたんだね!」と歓迎してくださった社会福祉法人・

「葵会」の理事長、石塚猛裕さん。元・天竜区長の石塚さんには長らくお世話になっています。



「すみれ寮」初訪問よりもさらにさかのぼる2008年、県境の町、天竜区・水窪町の

大里〜小畑商店街通り 七夕歩行者天国』イベントにて浜松オートレースを招待してくださり、

当時の榑林敏郎選手(引退)、増田晴彦選手(引退)、そして佐藤貴也選手(29期)が

イベント用のセア競走車を持ち運んでの”エンジン押し掛け”イベントを実施。

石塚さんはその後、オートレース競走会の浜松支部長となって浜松オートレース地域貢献の

橋渡し役を担い、現在の社会福祉法人「葵会」理事長に至ります。

写真右:ご来賓への挨拶をしてくれた男の子の頭を撫でて褒める

 「すみれ寮」理事長・乙部邦子さん。というのも・・

男の子:「バザーのコーナーでは、先生(乙部さん)が大事に育てた植物の苗も販売します。

先生の心のようにキレイな花が咲くと思います。ぜひ買ってください!」



  

「すみれ寮・感謝の集い」開始の証しとして、子供たちの手から”絆のりんご”が

ご参加くださいました各関係者へとプレゼントされました。

このりんごはすみれ寮の開設と維持に尽力くださいました前リーダーの松本様より

自畑栽培で育てられたものです。



  

この日はあいにくの雨模様となったことで、本来は屋外で実施予定でした

フリーマーケットやドリンクサービス、レストラン等が寮内にて行われました。

子供たちがまるでお店の店員さんになったかのように、お客さまを精一杯おもてなししていました。



   

なかでも目を見張ったのは、お庭の一角へ設けられていた「かまど」です。こちらでは

本格的なイタリアン・ピザを焼くことができるのだとか!

お兄さん:「半分、理事長の趣味で設置したようなものですけど(笑)でもマキを割ってくべたり、

火加減を調節したり、おいしく焼き上げるのがとても楽しいです!」

こうした経験により、すみれ寮からシェフやお店の経営者が誕生するかもしれませんね☆





「すみれ寮」理事長・乙部邦子さん。

今年もお招きくださいましてありがとうございました☆




posted by ブンブンボーイ at 14:56| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

伊勢崎「第39回 デイリースポーツ杯」場外発売・初日 ※おしらせあり


先日繰り広げられました浜松オート「K-mix杯 GIIウィナーズカップ」・最終12R「優勝戦」は
台風接近前の雨走路にて繰り広げられ、浜松の27期・淺田真吾選手が8周回を制し
念願の初タイトルを地元で獲得し、幕を閉じました。

本日10/23(月)の浜松オートは伊勢崎「第39回デイリースポーツ杯」の場外発売を実施。
台風一過の浜松オート場内、早朝より場内の各所を点検にまわり、雨風で破れてしまった
ポスター・張り出しなどを撤去しました。ガラスの破損などは見つかりませんでした。

 
浜松と伊勢崎の共通点は名物・”遠州&上州のからっ風”と呼ばれるほどに
周囲の山脈から吹き下ろされる風が日常的に強い土地であるところです。

昨晩のうちに大型台風21号が通過していったものの、強風圏内であることから
浜松&伊勢崎はともに朝から猛烈な風に見舞われており、風速10m以上を観測。
その影響を受け、伊勢崎の初日第1Rは暴風のため安全かつ公正なレースは不可能として
あえなく競走不成立に。さらに第2&3Rもレースを中止させ、暴風の動向をしばらく
様子見すると発表がありました。本日伊勢崎第1・2・3Rの購入車券は全返還となります。
どうぞご了承ください。


浜松オートの走路内では、GIIの期間中に掲示をさせて頂きました「選手応援幕」が
連日の雨により水浸しとなってしまいましたので、走路フェンスを使っての天日干しを実施。
本日は掲示でなくお洗濯ですので、上下のさかさまはご了承ください。

選手応援幕は非常にサイズが大きいため、スペースのある場所で大きく広げてからでないと
”どちらの面が上か、下か”が一見では分かりません。
応援幕の裏面(特に紐を通す四隅の穴の付近)に「上」と「下」、「天」と「地」等と書かれていますと
全国どの場でもスムースに掲示を進めることができそうです。どうぞご参考に♪


posted by ブンブンボーイ at 13:01| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする