2017年10月17日

川口場外発売・最終日&浜松GII 前検日のようす



やはり異常気象なのでしょうか、灰色の雲が数日をかけて空を覆い、降雨の続いている浜松。

明日10/18(水)より5日間をかけて「K-mix杯 GUウィナーズカップ」を開催しますが、

週間天気予報を見ても開催最終日となる日曜日まで傘のマークが表示されています。





それでも走路内では、本日前検日の走行練習が開始される前に、全国より寄せられました

「選手応援幕」の掲示が完了。





CS放送に映りやすい第2コーナー〜第3コーナーをかけて

電話受付の優先順に掲示を行ないました。





走路内にて掲示しきれなかった分は西側スタンドと・・





第4コーナーのハンデライン付近に掲示。CS放送には映らないかもしれませんが、

朝晩の走行練習や試走の入場時、選手の目にはしっかりと留まります。





朝9時前の選手管理地区・検車場前。先日開催が終了しました伊勢崎オートより

大型トラックが到着。出場選手の競走車をはじめ防具&工具など梱包箱が

検車場へと運び込まれていました。朝とは思えないほど空は暗いです。



  

ロッカーへ足を運ぶと、早くも浜松新人33期選手4名、そして鈴木圭一郎選手が

出場エントリーを済ませて、先輩の各ロッカーへ遠征道具を搬入していました。



さらに先輩選手たちの競走車へ次々とガソリンを補充。お互い手分けしての作業です。

新人33期選手たちは今節練習参加のみですが、先輩選手と生活をともにして

タイトルレースにおける一連の作業を身に着けてまいります。





新人選手の裏方でのお仕事ぶりを写真におさめていこうとしたところ・・

レンズを向けていることに気付いた金田悠伽選手が、一緒に作業していた花田一輝選手へ

「花田クン、ほら!写真を撮ってくれてるよ!一緒に、せーの、がんばりますッ!」

と声をかけ、ふたりで作業順調のピースポーズをとってくれました♪



デビュー当時は初めて習うことばかりで無言&緊張の隠せない33期選手でしたが、

数か月を経て前検日の流れを覚え、仲間同士で協力し作業をこなせているようです。







さてビッグレースになると全国の腕利き選手が出そろうことから、準決勝戦や準々決勝戦にて

ハンデなしのオープンレースが組まれることも多くなります。

オープンレースが決定するたびに出場8選手を管理棟へ呼び出して抽選を行うのは

時間がかかってしまうので、浜松オートでは前検日の段階で出場エントリーを済ませた選手へ

抽選名簿の名前記入をお願いしています。



黒テープで隠されているところにはあらかじめ番号が書かれていて、オープンレースの番組が

組まれた際に黒テープが剥がされ、番号の若い順から1枠、2枠・・と決定していくしくみです。





午後を迎えて浜松選手のみ検車場へと集合がかけられ、点呼を実施。

浜松オートの各管轄にて10月より異動してきたメンバーの紹介&挨拶が行われました。



  

本格的な前検日作業の開始。岩科鮮太選手のロッカーでは

マシンの原型をとどめないほどに大規模な整備作業を実施。

金子大輔選手や渡邉 篤選手、平塚雅樹選手等が解体を手伝っていました。



公営競技ライター・沢 朋之さんは選手ロッカーひとつひとつをまわり、近況をチェック。

沢さんはGUの5日間をかけてイベントステージ&CS放送にてレース展望の解説を行ないます。





走路では中村友和選手がレインコートを着て走行練習に励んでいました。

各新聞では今節GUの”台風の目”として注目されています。



 

写真左から、野田光宏選手、山浦博幸選手。



  

写真左:タイヤのストックを増やしておく伊藤信夫選手。

写真右:マシンの腰周りを確かめる仲口武志選手。



 

写真左:整備をしながら談笑する満村陽司選手(山陽)と木村武之選手。同期で仲良しです。

写真右:8/21の準決勝戦にてスタート直後に接触、落車を喫してしまった鈴木辰己選手が

 けがから復帰し、今節GIIより参戦します。応援よろしくお願いします!





手前から、青嶋裕治選手、藤波直也選手、鈴木健吾選手。黙々と整備に集中。



 

写真左:手前は松本やすし選手(伊勢崎)、奥は齋藤 努選手会長です。タイヤのサンダー掛け。

写真右:右手前から、青木治親選手(川口)、福田勝則選手(伊勢崎)、黒岩 明選手(川口)。

 お互いご近所のロッカーを選択しました。



  

写真左:大好きな師匠・青島正樹選手の整備を手伝う弟子・中村友和選手。

写真右:スタートの要・クラッチまわりを整備する岡谷美由紀選手。女子勢をけん引します。





7/11の浜松開催「曳馬野賞 第41回 静岡新聞SBS杯」にて優勝を成し遂げました

飯塚ライダー・有吉辰也選手。リアタイヤをホイールへ装着。これまでにも浜松オートにて

ビッグタイトルを獲得してきただけに走路との相性は良く、1着インタビューを願うファンも多いです。





川口開催の最終12R「優勝戦」が始まるBGMがCS放送から流れると、

選手たちはモニターの設置場所へ集まってまいりました。

浜松オートCS放送・安原幸子さんやスポーツ報知・淡路記者も選手と共に見守ります。





川口オートでは天候が小康状態となり「優勝戦」はブチ走路にて競われました。



優勝あと一歩というところまで先頭を走り続けていた篠崎 実選手の外側へ照準を合わせ、

ラストコーナーで逆転のまくりをさく裂させた4枠・五十嵐一夫選手が

4日間開催の地元優勝を成し遂げました!おめでとうございました☆







写真:本日の作業を一通りこなして、最後にロッカーの掃除をする鈴木 清選手(川口)。律儀です。







明日10/18(水)からは浜松オート「K-mix杯 GIIウィナーズカップ」が開催。

初日のビッグイベントは何といってもこちら、

鈴木圭一郎選手の「後期No.1勝負服おひろめ会&山陽GI 優勝報告会」を

第6R発売中・イベントプラザにて執り行います。

なお、時間の都合上、今回は”ウィナーズカード”の配布はありません。あしからず!





どなた様も10/18〜22の5日間、浜松オートにてお楽しみください☆


posted by ブンブンボーイ at 19:37| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川口「市営8-2」場外発売・最終日&浜松「GIIウィナーズカップ」前検日


本日10/17(火)は川口「市営 第8回2節」の場外発売・最終日と
浜松「K-mix杯 GIIウィナーズカップ」の前検日。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:34)
浜松の今朝は雨。ここ数日雨が続いており太陽を見ていません。
場内では先日のうちに選手応援幕が掲示されました。


本日川口最終12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!


☆10/17(火) 川口第12R「優勝戦」

posted by ブンブンボーイ at 10:29| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

「SG 第49回 日本選手権オートレース」開催告知用のぼりが完成


11/1(水)より浜松オートで開幕する「オッズパーク杯 SG 第49回 日本選手権オートレース」の
開催告知のぼりが完成。場内の至る所にて掲示をおこないました。


イベントプラザには「K−mix杯 GIIウィナーズカップ」のパネルを掲示。
明日10/17(火)が前検日となります。どうぞお楽しみに!


posted by ブンブンボーイ at 16:27| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

川口&伊勢崎 場外併売 2日目



本日10/15()は川口&伊勢崎の場外併売・2日目。

(開門予定時刻10:00、川口第1R試走開始10:34、伊勢崎第1R試走開始10:44)

浜松および川口&伊勢崎の天候は全て雨。東南アジアに発生している台風20号が

秋雨前線を刺激しているため、日本全土はしばらくの間雨雲で覆われるそうです。





本日は浜松オート南駐車場向かいの「新屋三社神社」にて秋祭りの2日目を実施、さらに

浜松オートの北隣・航空自衛隊浜松基地にて「エアフェスタ(航空祭)2017」が開催。

一面の雨雲によってその姿は分かりませんが、空からジェット機の轟音が鳴り響いています。



新屋三社神社では、土日が終日雨になることを見越した”新屋祭り同好会”の皆さんが突貫作業で

ブルーシートを使った簡易式の屋根を設置。これまでの祭り遂行の中で培ってきた技が光りました。





みそ田楽や焼き鳥、フライドポテト、ジュース類などを破格の50円〜100円で販売。

役員さんのお話によると、儲けなどはいっさい考えておらず、子供たちのおこずかいで

お買い物を楽しんでもらうように、という設定で料金を先に決め、売り上げ以上にかかっている

費用はお祭り実行の関係者同士で出し合い補てんするそうです。



 

一方、JR浜松駅前の多目的通路・「ソラモ」では、浜松ライダー・赤堀 翼選手をはじめとする

浜松オートスタッフが一堂に会し、10/18より開幕する「K-mix杯 GIIウィナーズカップ」の

告知活動として、街行く方々へPR用ポケットティッシュを配布してまわりました。

赤堀選手:「先日はスポーツ新聞社へ媒体訪問に伺い、GII開催のPRとともに、

 ”赤堀家の家訓”を掲載していただきました。ご覧になりましたか?」



  

約1時間をかけて、用意しましたポケットティッシュを全て配布。私もレインコートを着て

駅前の屋外広場でティッシュを配り、偶然にもお祭りラッパの教え子に遭遇しました(笑)





 

一日の作業を終えて、場所は再び和合町西和・新屋地区の屋台置場へ。

組長さんが御幣を手に、今年の秋祭りのラストスパートです。





まずは秋祭りの実行委員長さんへご挨拶。

実行委員長さん:「あいにくの雨となりましたが、皆さんのご協力により、手際よく

雨対策が進められてお祭りを最後までやり遂げることができ、大変感謝しております。」



  

「祭り実行委員長、ばんざ〜い!」

シメの祝い練りを行っているところへ、サプライズイベント!?ホールのふすまがターンと開き、

和室から組長さんの姿が。

「このまま引き続きまして、新屋組長のお祝いを行います(笑)」



  

組長さんのお嬢さまより、祝い酒がお祭り参加者へと贈られました♪

おいしいお酒が参加者へ振る舞われたのち、騎馬を組んでの祝い練りを実施。

お嬢さまもノリノリで「やいしょ!やいしょ!」とかけ声をホールに響かせました♪





21時の手前。まだまだ雨が静かに降り続いている中、最後は全員で新屋三社神社を参拝し、

今年のお祭りのおひらきを報告しました。

「雨の中、大変ごくろうさまでございました」と、神主さま&氏子さまが

お祭り参加者の皆さんを深くねぎらいました。







ラストは恒例の記念撮影。人を呼び、福を招く”招き猫”のポーズでハイ、チーズ☆



浜松オートのある町、和合町西和・新屋地区の祭り同好会の皆さん。

今年もありがとうございました&お疲れ様でした☆




posted by ブンブンボーイ at 23:57| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

浜松オートのある町・和合町西和地区にて秋祭りを実施


川口&伊勢崎の場外併売・2日目が行われた本日の浜松オート。
10月中旬といえば恒例、浜松オートレース場のある街・浜松市和合町の「西和地区」
(新屋地区+寸田ヶ谷地区)にて本日と明日の土日2日間をかけ、三社神社の秋祭りが
開催・・・されるのですが、なんと今回はあいにくの雨により、「御殿屋台の曳き回し」および
「手筒花火大会」が苦渋の決断の末、中止に。。
毎年、地域交流としてお祭りを紹介してまいりましたが、和合町西和地区・秋祭りの
2大イベントが中止になってしまったのは初めてかも?しれません。


新屋三社神社。最初は現在の浜松オート敷地内のあたりに奉られてあったそうですが
浜松オート開設にともない、南駐車場の真向かいへと移動したそうです。
写真手前の川は浜松オート走路内に流れる小川とつながっています。

  
浜松まつりの参加者ならばご存知かと思いますが、多少の雨でも御殿屋台の曳き回しは
中止になってしまう一方、ラッパを吹いての”町内練り”は雨天決行であります(笑)

今回は急きょ、お囃子連の中からラッパの吹ける子を募り編入させ、練りのルートも
お施主さん宅から「新屋集会場」へ変更。
集会場内のホールで祝い練りを行うことになりました。


年に一度の秋祭り、全てのイベントを中止にはさせたくない、と、新屋祭り同好会の皆さんは
法被や着衣に付いた雨粒がしたたり落ちて床を汚さないよう、瞬時に機転を利かせて
ホールへブルーシートを敷き、練りのできる状態に。

他にも、お囃子連の子供たちの練習を無駄にさせないように、と、日中は
屋台置場の手前に簡易式の「ひさし」を設けて、お囃子のお披露目会を行ったそうです。


こうして初日は無事に終了。
雨と聞いて、雨仕様のセッティングへと瞬く間に換えることができる手際の良さは
オートレーサーに通じるところがありますね♪

  
写真左:お祭りの実施を陰で支える「縁の下の力持ち」、子供会&婦人会のお母さんがたです。
 炊き出しから子供たちへ配るお菓子の用意まで、お疲れ様でございます。
写真右:今回の組長さん(左)は、その昔に浜松オートCS放送をながらく担当しておりました
 森上リエさんとお知り合いだそうです♪


「明日の日曜日も雨っぽいですが、できる限りのお祭りイベントはやりますよ!」と
第二部部長さん。明日の2日目は日中、新屋三社神社にて縁日屋台を出店予定です。
雨が強くならないことを祈りましょう!本日はありがとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 23:37| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする