2017年10月14日

浜松オートのある町・和合町西和地区にて秋祭りを実施


川口&伊勢崎の場外併売・2日目が行われた本日の浜松オート。
10月中旬といえば恒例、浜松オートレース場のある街・浜松市和合町の「西和地区」
(新屋地区+寸田ヶ谷地区)にて本日と明日の土日2日間をかけ、三社神社の秋祭りが
開催・・・されるのですが、なんと今回はあいにくの雨により、「御殿屋台の曳き回し」および
「手筒花火大会」が苦渋の決断の末、中止に。。
毎年、地域交流としてお祭りを紹介してまいりましたが、和合町西和地区・秋祭りの
2大イベントが中止になってしまったのは初めてかも?しれません。


新屋三社神社。最初は現在の浜松オート敷地内のあたりに奉られてあったそうですが
浜松オート開設にともない、南駐車場の真向かいへと移動したそうです。
写真手前の川は浜松オート走路内に流れる小川とつながっています。

  
浜松まつりの参加者ならばご存知かと思いますが、多少の雨でも御殿屋台の曳き回しは
中止になってしまう一方、ラッパを吹いての”町内練り”は雨天決行であります(笑)

今回は急きょ、お囃子連の中からラッパの吹ける子を募り編入させ、練りのルートも
お施主さん宅から「新屋集会場」へ変更。
集会場内のホールで祝い練りを行うことになりました。


年に一度の秋祭り、全てのイベントを中止にはさせたくない、と、新屋祭り同好会の皆さんは
法被や着衣に付いた雨粒がしたたり落ちて床を汚さないよう、瞬時に機転を利かせて
ホールへブルーシートを敷き、練りのできる状態に。

他にも、お囃子連の子供たちの練習を無駄にさせないように、と、日中は
屋台置場の手前に簡易式の「ひさし」を設けて、お囃子のお披露目会を行ったそうです。


こうして初日は無事に終了。
雨と聞いて、雨仕様のセッティングへと瞬く間に換えることができる手際の良さは
オートレーサーに通じるところがありますね♪

  
写真左:お祭りの実施を陰で支える「縁の下の力持ち」、子供会&婦人会のお母さんがたです。
 炊き出しから子供たちへ配るお菓子の用意まで、お疲れ様でございます。
写真右:今回の組長さん(左)は、その昔に浜松オートCS放送をながらく担当しておりました
 森上リエさんとお知り合いだそうです♪


「明日の日曜日も雨っぽいですが、できる限りのお祭りイベントはやりますよ!」と
第二部部長さん。明日の2日目は日中、新屋三社神社にて縁日屋台を出店予定です。
雨が強くならないことを祈りましょう!本日はありがとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 23:37| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする