2017年11月04日

SG 第49回 日本選手権オートレース 4日目のようす



浜松オート秋の大決戦、「オッズパーク杯 SG第49回 日本選手権オートレース」4日目、

4つの「準決勝戦」が全て終了。人々の記憶に残るメモリアルレースとなりました。



夕方練習の終了後、検車場内控室に明日11/5()の最終12R「優勝戦」へ出場する

8選手が集まり、報道陣の見守る中で「優勝戦 枠番抽選(選択)会」を実施しました。



各「準決勝戦」にて1着を手に入れた4名のうち、1番最初に抽選ボールを引く権利が与えられた

鈴木圭一郎選手は、見事「1」と書かれたボールを引き当てました。

1番最初に好きな枠番を選ぶことができ、圭一郎選手は2番車を選択しました。



次に抽選ボールを引く権利のある木村武之選手が抽選したところ「4」と書かれたボールを引き、

1着選手のうち一番最後に枠番を選ぶことに。

3番目に佐藤貴也選手が抽選し、「2」のボールを引き当てました。

圭一郎選手の次に枠番を選べる権利を手に入れ、貴也選手は4番車を選択。そして

「3」のボールを手に入れた藤岡一樹選手が3番車を選択し、木村選手は残りの内枠となった

1番車を選択しました。



「準決勝戦」2着の選手も同様にして抽選と選択が行われ、

5番目に抽選ボールを引く権利が与えられた山田達也選手が「6」を引き、6番目に抽選ボールを

引いた金子大輔選手が「5」を引いたため、金子選手が5枠、山田選手が6枠を選択しました。

7番目に中村雅人選手が「7」を引き7番車を選択、残りの「8」・8番車は有吉辰也選手となりました。





オートレース頂上決戦の抽選(選択)会が緊張した雰囲気の中で行われ、

明日11/5()の最終12R「優勝戦」はご覧の枠番に決定。

最長の10周回5100m、ハンデなしの0mOPにて競われます。

熱戦にご期待ください!



☆11/5() 浜松SG 第12R「優勝戦」













第12R、1着7枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着6枠・中村雅人選手(川口)





左から、鈴木圭一郎選手、中村雅人選手。



第12R直後に夕方の走行練習が開始されるため、第12R「準決勝戦」における

イベントプラザでの「優出選手公開インタビュー」はありません。ご了承ください。





第11R、1着3枠・藤岡一樹選手(山陽)、2着4枠・金子大輔選手(浜松)





左から、藤岡一樹選手、金子大輔選手。





第10R、1着5枠・佐藤貴也選手(浜松)、2着3枠・山田達也選手(川口)





左から、佐藤貴也選手、山田達也選手。





第9Rから8周回・0mOP・枠番抽選の「準決勝戦」を実施。上位1・2着選手が優勝戦に進出します。

第9R、1着7枠・木村武之選手(浜松)、2着2枠・有吉辰也選手(飯塚)





左から、木村武之選手、有吉辰也選手。

浜松ギャラリーから「キムタケ、おめでとう!」、「有吉さん、おかえり!」という声援が

ステージに響きました!



 

第8R発売中・イベントプラザの「ASAHIトーク&抽選会」。SGだけあって

凄い数のギャラリーとなり、司会を担当しました飯塚オートCS放送・内野久照さんも

トークのギアをさらに一つ上げているようでした♪

抽選会では浜松オートのオリジナルQUOカードやお菓子の詰め合わせ&

ASAHIちゃんのオリジナルブロマイドが当たります☆ぜひ明日もご参加ください!





第6R発売中、メインスタンド西側広場にて「懐かしの競走車 エンジン掛け」を実施。

セルやスタータのないオートレース競走車は、古来の”押し掛け”でしか

エンジンを始動させることができないため、複数人が車両を後ろから押して

勢いをつける必要があります。運転は浜松オート1期生選手だった伊藤寧歳さん。

トライアンフやトーヨー単気筒といった昭和時代のバイク・サウンドを

浜松オートに蘇らせてくれました。



  

本日は特別来場ゲストにお笑い芸人・”イケメンナルシスト”こと狩野英孝さんが来場♪

ステージが始まる前に、「写真撮影はご遠慮ください」というお断りがあって会場は「えぇ〜」と

なりましたが、狩野さんが壇上にあがると・・・

狩野さん:「では撮影会を設けますので、好きなだけ写真を撮っちゃってください!!」

と解禁宣言♪

ギャラリーからストロボのシャワーを浴びてノリノリの狩野さんは、ただ今練習して

上達しているというギターの弾き語りを披露。

学校唱歌・「翼をください」や「大きな古時計」を、精一杯ギター演奏しながら歌声を披露すると、

その一生懸命さが伝わったのでしょう、これまでのいろいろは水に流しましょうと

いわんばかりの盛大な拍手がギャラリーから贈られました☆

狩野英孝さん、ご来場&禊を込めた感動のステージをありがとうございました☆





場内1Fインフォメーション前の左隣に「オートレースVR体験」ブースを設置。

オートレーサーの疑似体験ができる専用スコープとヘッドフォンを装着すれば

どこを向いても選手と同じ視点になり、実際のレースをしているような体感を得られます。

ちょうど運よくオートレースモバイルのまっすぅがブースを体験しているところでした♪





本日の「3R走路内観戦」にて選手管理地区内の移動時、サプライズイベントとして

『選手と一緒に記念撮影』を実施。本日参加を引き受けて下さったのは

今後の期待”赤マル急上昇”、浜松新人・落合 巧選手(右)と花田一輝選手(左)です♪

「優勝を目指してがんばります!」

ご参加くださいましてありがとうございました☆





本日と明日の2日、1Fインフォメーション前にて「ビギナーガールズ」と題し

女性やカップルをメインに初心者教室を実施します。限定というわけではないので

オートはまだ初めて、あるいは初心者の方、ふるってご参加ください♪





浜松オート・秋の大決戦、「オッズパーク杯 SG第49回 日本選手権オートレース」は

シリーズ4日目。第9〜12Rをかけて8周回の「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!

早朝の浜松は上空に薄い雲がかかっており、先日より1・2℃ほど低い気温です。

太陽が少しずつ昇っていくほどに空が明るくなってきています。雨の心配はなさそうです。



  

走路内のホームストレッチ外周に人影が見えたのでズームしましたところ、

金田悠伽選手と花田一輝選手がウォーキングで身体を動かしていました。

走路内では交川陽子選手がマシン整備を開始、落合 巧選手が手伝っていました。



  

写真左:選手のあっせんスケジュール表を見る久門 徹選手(飯塚)。

写真右:ガソリンの補充に携行缶を取りに行く重富大輔選手(飯塚)。



  

写真左:中村友和選手がエンジン上回りの整備を開始。吉原恭佑選手(伊勢崎)と

 鈴木圭一郎選手が中村選手のお手伝いをしていました。

写真右:タイヤ削りを終えてロッカーに戻ってきた五所 淳選手(山陽)。


posted by ブンブンボーイ at 19:39| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オッズパーク杯 SG第49回 日本選手権オートレース 4日目・準決勝戦

  
11/4()は浜松開催「オッズパーク杯 SG 第49回日本選手権オートレース」の4日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:15)
浜松の今朝は「くもりがかった晴れ」、走路状況「良走路」。
早朝の記録では気温13℃・湿度85%。走路温度14℃、降水確率は午前10%・午後0%。
秋雲が空を覆っていますが徐々に日の光が強くなりかけています。
日中は好レースが期待できそうです。



☆平成29年度は浜松本場開催時、毎日「はまりっち」来場スタンプが2倍となります。
※本場開催に限り、1日2個スタンプを付与します。
☆今節は毎日第7Rの2連単払い戻し率が80%となる「グレードレース7」の対象レースです。



「オッズパーク杯 SG 第49回日本選手権オートレース」のイベント情報です。
画像をクリックするとポップアップします。



画像をクリックするとポップアップします。


☆本日11/4()の「選手カレンダーサイン会」参加選手は、金田悠伽選手です。
 どうぞご参加ください!



画像をクリックするとポップアップします。




浜松オート出走表に掲載、「選手名鑑2017」の配布方法です。
どうぞご参照ください。



本日は第9〜12Rに8周回・0mOP・枠番抽選の「準決勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!

☆11/4() 浜松 第9〜12R「準決勝戦(8周回・0mOP・枠番抽選)」












posted by ブンブンボーイ at 08:14| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする