2018年03月03日

第5回大成ロテック杯・2日目&飯塚場外・初日のようす



「第5回 大成ロテック杯」2日目、全ての「準決勝8バトル」が終了し、

明日3/4の最終第12R「優勝戦」出場8選手が出揃いました。



早川清太郎選手、木村武之選手、金子大輔選手には

3日間全1着の”完全優勝”がかかります。

熱戦にご期待ください !




第12R、1着6枠・森谷隼人選手(川口)


第11R、1着8枠・金子大輔選手(浜松)


本日は第9〜11R発売中をかけて春の未確定車券・抽選会まつりを1Fインフォ前にて開催♪
第9&10R発売中は”ひなまつり企画”と題し、「袋めん」の当たる抽選会となりました。
なぜ「袋めん」?と思われた方もいらっしゃるかも知れませんが・・”チ○ンラーメン”に載っている
イラストが、可愛い鳥の”ひな”だけに、「ひなまつり」とかけていたのでした(笑)

第11R発売中は飯塚オートさんご提供の「荒尾 聡選手 SS王座決定戦 優勝記念グッズ」を
プレゼント。浜松オートでは地元所属選手にちなんだグッズをプレゼントすることはありますが
他場選手の関連グッズをプレゼントすることはほとんどなく、レアな景品となります。
当選されました皆さま、おめでとうございました☆


すると親子連れで浜松オートへご来場下さっていたファンのお子様兄妹より、
「あのね、このパーカー、作ったの」と声をかけてくださいました。
お父さんがパソコンで製作し、印刷屋さんにてプリントしてもらったのだそうです♪
他にも自作のバッジなどを見せてもらいました。お兄ちゃんの応援している選手はもちろん、
鈴木圭一郎選手、ということで、きっと圭一郎選手を追いかけてオートレーサーを目指すかも
しれませんね♪若いうちから目指す夢を決めて、尊敬する選手を人生の先輩と仰ぎ、
「圭一郎選手、圭一郎さん」と敬う姿勢をしめしていくことが夢への実現の近道かもしれません。
ありがとうございました、応援をよろしくお願いします☆


第10R、1着6枠・木村武之選手(浜松)


第9R、1着8枠・早川清太郎選手(伊勢崎)
道中に審議がかかり、6枠・山浦博幸選手は競走戒告を受けております。


第8Rは「オートレース名古屋」の特別企画、”浜松オート観戦ツアー”にご参加された
お客さまによる「走路内観戦」を実施。わずか数メートル先で繰り広げられる、
ド迫力のレースをご堪能いただきました。
1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)


浜松オート観戦ツアーでは”ロッカー内見学”も実施♪
名古屋からはるばるご来場くださったお客さまへ、オートレースの舞台裏を
時間の限り紹介させていただきました。
お客さまの声:「オイルやタイヤの匂いがまさにオートバイ・レースへの出走、って感じだね!」
試走場での見学時、ちょうどエンジンの慣らしを終えてロッカーへ戻る中村友和選手と
すれ違い、「オート中継で見たことがある選手だ!」と、お客さまが集まり、
「いつも名古屋で見てるから、がんばってよ!」と激励を贈っていました♪


第7R、日中は気温&走路温度が急上昇。
1着5枠・岩沼靖郎選手(伊勢崎)


第6R、1着5枠・鈴木宏和選手(浜松)


第5Rからは1着選手のみ優勝戦進出となる「準決勝8バトル」が繰り広げられます。

第5Rは波乱。道中第4コーナーにて1枠・田中竜二選手が自落を喫してしまうアクシデント発生。
田中選手は自ら起き上がり避難、一礼して歩いて医務室へ。打撲程度とのことです。
1着8枠・佐藤裕二選手(川口)


本日と明日の2日間、3Rに「走路内観戦」を実施。本日の選手管理地区内・散策中に実施しました
”選手と一緒に記念撮影”に参加してくださいました選手は、佐藤貴也選手と、
伊勢崎ライダー・早川清太郎選手の29期コンビです♪貴也選手は第8R、清太郎選手は第9Rと
ともに「準決勝8バトル」に出場を果たしております。
清太郎選手:「貴也くんはきっと優出してくれると思うので、一緒に優出できるよう頑張ります。」

  
本日は「ひなまつり」ということで、開門より先着で”ひなあられ”がプレゼントされました♪



走行練習の最後まで3つ巴でしのぎを削る赤堀 翼選手、山浦博幸選手、平塚雅樹選手。
山浦選手が振りむいたのは、”練習時間終了”を告げる赤旗が振られたからです。


屋外でエンジンを鳴らしてみる関口隆広選手と早川清太郎選手。

  
右から、松山茂靖選手、長谷晴久選手、金田悠伽選手。。


凍てつく暴風は昨晩でおさまり、本日の早朝は低めの気温ながらも
窓から差し込む日差しは暖かく感じます。
「第5回 大成ロテック杯」・2日目は第5Rから「準決勝8バトル」を実施、そして
飯塚の場外発売も実施されます。熱戦にご期待ください!
早朝の検車場に駐車してあったのは渡邉 篤選手、鈴木一馬選手、平塚雅樹選手の車両です。

  
写真左:マシン調整の進み具合について談義をする柴田紘志選手、近藤裕保選手(伊勢崎)、
 辰巳裕樹選手と、写真では見えませんが赤堀 翼選手。
写真右:整備日誌をつける花元初美選手(飯塚)。

 
タイヤを彫る田邉 誠選手(川口)、奥は竹島繁夫選手(伊勢崎)。

  
写真左:タイヤのストックを作る西川頼臣選手。
写真右:先日初日は展開に恵まれず何とか2着を手に入れた鈴木圭一郎選手、
 朝一番で走行練習の開始時間を待っていました。


posted by ブンブンボーイ at 18:21| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする