2018年04月01日

第36回 中日新聞東海本社杯 初日のようす



写真:ASAHIちゃん来場日の最終12R試走は恒例の「ラウンドガール」を実施!

 本日も1日ご観戦下さいまして、ありがとうございました☆

明日の開催2日目は第5Rから「準々決勝戦」となります。

熱戦にご期待ください!





第12R、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着6枠・藤波直也選手(浜松)、

3着7枠・岩田裕臣選手(川口)の確定は8-6-7。





第11R、1着7枠・森村 亮選手(伊勢崎)、2着8枠・木村武之選手(浜松)、

3着6枠・長谷晴久選手(浜松)の確定は7-8-6。





第10R、1着8枠・浦田信輔選手(飯塚)、2着7枠・佐久間健光選手(伊勢崎)、

3着2枠・城山英文選手(浜松)の確定は8-7-2。





今年度も「ASAHI トーク&抽選会」は第8R発売中・イベントプラザにて実施。

さらにこの一年をかけてイベントの幅を広げたいというASAHIちゃん。

ゆくゆくはASAHIちゃんがロッカーで撮影した選手の写真を紹介&

整備コメントを発表するのも良いかもしれませんね♪

ぜひ走路内観戦の管理地区・案内役もお願いします(笑)





第9R、1着8枠・渡邉 篤選手(浜松)、2着7枠・五所 淳選手(山陽)、

3着6枠・鈴木静二選手(浜松)の確定は8-7-6。





第8R、1着6枠・井村淳一選手(飯塚)、2着5枠・和田健吾選手(浜松)、

3着1枠・花田一輝選手(浜松)の確定は6-5-1。





第7R、飯塚新人・木山優輝選手が浜松での初レースとなりました。

1着8枠・西原智昭選手(伊勢崎)、2着6枠・鈴木清市選手(伊勢崎)、

3着7枠・鈴木健吾選手(浜松)の確定は8-6-7。





今節も場内にて移動販売を実施している「ほっこりDINING きら」さん。

”漬けマグロの串カツ”と”スティックカリーパン”が何と!どちらも

たったのワンコイン100円で販売しておりました☆

これまでお客さま方にお話をうかがってきましたところ、浜松オート場内の

各種移動販売&売店にて費やしても良いと感じる金額の相場は

おおよそ300円(たこ焼き、焼きそば、珍味など)までだそうで、かつ、

おでんや焼き鳥など、串モノは1つ150円で売るよりも、いっそのこと

100円にしたほうが、結果2本、3本と買ってくれるのだそうです。

薄利多売が公営競技場でお店を出す方々の経営術といえますね。





第6R、1着8枠・内山高秀選手(伊勢崎)、2着7枠・齋藤正悟選手(浜松)、

3着2枠・片岡信之選手(浜松)の確定は8-7-2。





第5R「ランチアタック予選」、道中に審議がかかり、2番手通過の6枠・鈴木一馬選手は

反則妨害の失格に。2着は繰り上がり、1着7枠・青島正樹選手(浜松)、

2着2枠・岡崎秀二選手(川口)、3着3枠・保永高男選手(伊勢崎)の確定は7-2-3。





第4R、山陽新人・山本将之選手が浜松での初レースとなりました。

1着6枠・田中 進選手(飯塚)、2着7枠・岩科鮮太選手(浜松)、

3着8枠・中村友和選手(浜松)の確定は6-7-8。





鈴木圭一郎選手がイベントプラザにて「全国No.1勝負服おひろめ会」を実施している一方、

選手管理地区内では走路内観戦イベントのひとつ、”選手と一緒に記念撮影”として

木村武之選手、山脇孝志選手、新人・花田一輝選手にご参加くださいました☆

木村選手:「目の前のレース1走1走に、1着を目指してがんばります!」

今年度も浜松オートレース場全体で選手の皆さまがファンサービスに務めてくださいます♪





第3Rは「走路内観戦」を実施。1着7枠・松山茂靖選手(浜松)、

2着6枠・阿部仁志選手(飯塚)、3着5枠・根本将人選手(飯塚)の確定は7-6-5。





「3R走路内観戦」に当選されたお客さま方へ選手管理地区内の施設を紹介している最中、

ちょうどタイミングよく”全国No.1勝負服おひろめ会”の実施場所・

イベントプラザへと向かう鈴木圭一郎選手と目の前ですれ違いました。

私は圭一郎選手へ「3期目全国No.1、おめでとうございます!」とお声をかけました。

すると走路内観戦に当選されたお客さま方からも大きな拍手が。

圭一郎選手も「ありがとうございます!」とお返事をくださいました☆



おひろめ会と走路内観戦の実施時間が重なってしまったため、

おひろめ会のようすを撮影することはできませんでしたが、おかげさまで

舞台裏での一幕を記事にすることができました(笑)





第2Rは「3R走路内観戦」前のため管理地区内から見学。

1着3枠・橋本優一選手(浜松)、2着4枠・水崎正二選手(飯塚)、

3着6枠・栗原勝測選手の確定は3-4-6。





第1R「祝オートレース南国開設」、断トツの走力を発揮。

1着8枠・金子大輔選手(浜松)、2着4枠・小林頼介選手(浜松)、

3着7枠・深谷 輝選手(川口)の確定は8-4-7。





本日4/1は浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんの来場日♪

新年度の開幕イチバンで来場者のお出迎えを行ないました。



するとご家族連れのお客さまがこぞってイベントプラザへと急ぎ足。

本日は鈴木圭一郎選手の「3期目 全国No.1勝負服おひろめ会」を

第3R発売中にひかえているからです。足元には十分にお気を付けください♪





「第36回中日新聞東海本社杯」、初日早朝の浜松ロッカー。

第1R・開幕戦の出場となりました金子大輔選手が早くも整備を開始していました。

もちろん、ロッカーをお向かいとする鈴木圭一郎選手もフレームには入りませんでしたが

金子選手とともに作業を始めています。





別の廊下では、静かなロッカーの中で赤堀 翼選手と小林頼介選手の”30期コンビ”が

会話をしながらエンジンに着手。まだ8時さえ回っていません。



  

飯塚の新人・木山優輝選手は、元・伊藤博康選手の使っていたロッカーを今節使うことに。

お隣は田中 茂選手のロッカー、そして真向かいは

浦田信輔選手が元・榑林敏郎選手が使っていたロッカーを使用してレースにのぞみます。



  

写真左:リアタイヤを調べる阿部仁志選手(飯塚)、

写真右:新人女子・交川陽子選手へ、リムの振れ取りの仕方を教える中村晋典選手。



  

写真左:出走表を確認する廣瀬豪彦選手。

写真右:タイヤを削る作業に入る石川岳彦選手(伊勢崎)。



  

写真左:師弟で作業に集中する青島正樹選手&中村友和選手。

写真右:バネやザガネなどの部品を机にそろえていく山陽新人・山本将之選手。









走行練習の時間になるとご覧の通り、入場の順番待ちをする選手の行列が。

年度最初のレース、誰もが1着を目指して整備と練習に励んでいました。




posted by ブンブンボーイ at 17:59| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする