2018年05月11日

GI ゴールデンレース 3日目のようす

  

「遠鉄グリーンカップ GI 開場62周年記念ゴールデンレース」、シリーズ3日目が終了。

それぞれの持ち場で仲間が頑張っている、自分も負けないように頑張らなきゃ、という、お互いを

想い合う気持ちが浜松オートレース場内をさらに盛り上げている、そんな開催となっています。





明日5/12はいよいよシリーズ4日目、第9〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。

お笑い女子コンビ・「ガンバレルーヤ」さんの来場をはじめ、

オートレースレポーター・照沼杏菜さん来場、選手管理地区を見学できる「3R走路内観戦」、

100年前のトライアンフ製オートバイのエンジン掛け、優出選手公開インタビューなど

特別イベントが目白押しです、どうぞご来場ください!





  

第12R、1着3枠・青島正樹選手(浜松)

「何とかギリギリでスタートを残せたのが良かったですね。クルマの状態は、良いと思います。

ちょっとドドドが来るので、コーナーは乗りづらいですけど、まぁエンジンは良いと思います。

どこに原因があるかは、もうずっと続いているので・・・全部です。タイヤはまだ1走目なんですけど、

食いつきは良かったので他のも当たりつけをしてからどうするか考えます。今日のも1着が取れたので

良いとは思います。明日に向けてエンジンはやるとしても微調整で、あとは足回りです。」



  

第11R、1着7枠・浦田信輔選手(飯塚)

「スタートで佐藤君(佐藤裕二選手)が浮いたのが見えて、うまく乗ることができましたが、

スタートのキレは普通です。道中は滑らさないようにと思って走りました。あとは欲の部分ですけど、

全体的にもう少しアップできればなと思います。ロッカーの隣が桝崎君(桝崎陽介選手)なので、

話し合いながら整備をしたいと思います。タイヤはあります。今日のはもう使わないです。」



  

第10R、1着2枠・春本綾斗選手(山陽)

「今年の初勝利、長かったです。レースを振り返り、1着を取れたので良いと思います。もう少し

大きい所を走れるようにしたいですね。乗りづらさに関してはだいぶ良くなっていますけど、

もうちょっとですかね。滑りは・・ちょっと気になります。明日に向けて、タイヤは今日か昨日の

どちらかを選びます。」





春本選手:「あと気になるところは・・”目の前”が気になりますね(苦笑)」

安原さん:「31期の皆さんがお祝いに駆けつけているのでしょうか?」

春本選手:「そうですね。余計な事ばっかりしてきます(笑)」

CS中継カメラの裏では仲間の選手たちがいつも見守っています☆



   

第8R発売中・イベントプラザにて「ASAHIトーク&抽選会」を実施。本日も第10Rの予想を

してみたASAHIちゃんですが・・先日までは5月とは思えない秋のような肌寒さに

見舞われていたものの、本日は途端に半袖で過ごせる陽気へと変化し、レースも

前逃げ1着と最重ハンの追い上げ1着が混在する荒れ模様に。なかばお手上げのASAHIちゃん、

「走路状況が変化してしまいレース予想が非常に難しいです!ギャラリーの奥にいらっしゃる、

ピンク色のお兄さん!教えてくださいよ〜!」と、困り顔で見つめるその先には、

出走表を片手にイベントプラザ手前の巨大ビジョンに映るオッズを眺める、DJトミーさんの姿が。

今節GIでは全国からいろいろな方々にご来場くださっています♪



  

第9R、1着3枠・藤波直也選手(浜松)

「いい笑顔ですね…いや、でも真面目な顔でインタビューします(笑)まわりに、笑わせてくる

ギャラリーがいるんですよね・・昨日ほどではないのですが。さて、エンジンは乗りやすいです。

試走も乗りやすかったです。スタートも決まりますね。気になるところは何もないです。タイヤも、

滑りも跳ねも全くないですね。もう100点以上あると思います。もう大丈夫です!」



  

「何より・・・ギャラリーが気になりますかね(笑)」

するとCS放送の安原幸子さんから「ギャラリーに誰がいるのか、集合してもらいましょうよ!」

と提案。すかさずCS中継カメラが横を向くと、そこには鐘ヶ江将平選手(飯塚)や

渡邉 篤選手(浜松)など同じ31期の選手たちが。カメラに映ると一目散に逃げてしまいました。。

藤波選手:「こういう悪いのがいるんですよ・・・(笑)」

でも同期の仲間たちがこうして祝福し、応援してくだっているのですね☆



  

第8R、1着2枠・辰巳裕樹選手(浜松)

「完全に最後は差されたと思ったので、検車場の前に帰ってきた時、自分が拍手をもらえたので、

嬉しかったですね。今日のタイヤは試走から跳ねていたので、本走でも跳ねていたんですけど、

何とか早めに先頭に立てて、あとはもう、コースを小さく走って、キープするしかできなかったので、

それがよかったのかも知れません。エンジンは初日から悪くない感じだったので、あとは

足回りですね、タイヤを探すくらいです。あまりタイヤの候補がないのですが、がんばって

探してみます。跳ねのほうが気になって、滑りに関しては全然分からなかったです。」



  

第7R、1着8枠・若井友和選手(川口)

「ホントに嬉しいです、ハイ。スタートはイマイチ遅かったのですが、1周目・2周目で早めに

攻めれたので、良かったです。今日はエンジンはそんなに扱っていないのですが、タイヤを変えたら

すごく良くて、余裕がありました。最後まで滑らなかったので、もちろん明日もこのタイヤを使います。

試走タイムも出たので、もうエンジンはほぼやらずに、あとはレースを迎えるだけです。ハイ。

スタートがんばりますので、ぜひ応援して下さい!」



  

「GI ゴールデンレース」は中日となる3日目、ASAHIちゃんとAKIちゃんは本日、8枠のピンク色&

2枠の黒と、おそろいのパンツルックで登場。イベントにCS放送にと頑張っています♪

GI 開催でこれまで私服のASAHIちゃんでしたが、明日以降はやはり浜松オートの

イメージガールらしくヴィーナス衣装で登場するそうです♪場内でASAHIちゃんを見かけましたら

ツーショット写真やサイン書きに応じてくれますので、ぜひお声をかけてくださいね!



  

第6R、1着8枠・大木 光選手(川口)

「最高に気持ちいいです。ハイ。昨日のレースがまったく良くなかったので、いろいろアドバイスを聞いて

ヘッド周りを大幅にやったら、よくなりました。エンジンはもう問題ないと思います。明日はもう、

微調整ですね。タイヤは滑りますね。これから考え中です。良い物はあるのですが高さが問題です。」





大木選手:「今、目の前に(ともに28期の)小林悠樹も、鈴木健吾も、桝崎陽介もいたんです。

良い同期をもって、最高です!」

今節は同期選手同士の絆で支え合っている感じがよく出ていますね!



  

本日は第5Rより「準々決勝戦」を実施。「準々決勝戦B」は1着選手が準決勝戦行き確定となります。

第5R、1着1枠・片岡賢児選手(飯塚)

「一番良いところで1着決まりました。試走はちょっと滑っての37だったので、悪くないかなと思って。

スタートしてから滑らせないように、と、あと、スタートで2回くらい浮いたので、詰められているかなと

思っていたのですけど、何とかしのげましたね。昨日、関口隆広選手のアドバイスのおかげで、

エンジンの粗さが取れて、よくなりました。あとはもう微調整くらいと、タイヤをどうするかですよね。

今日のタイヤも、レースでは滑らせないようにと用心して走ったのでアレなんですけど、今日のも

悪くはないと思います。ドドドもこなかったので。」





本日3日目・第4R「一般戦」は波乱。道中第4コーナーにて8枠・三浦康平選手(伊勢崎)が

6枠・福村唯倫選手(川口)と接触、ともに落車を喫してしまうアクシデント発生。

レース後、両選手は立ちあがって一礼し救急車へと乗り込みましたが、医務室での診察の結果、

福村選手は左肩に違和感があり、脱臼あるいは骨折の疑いがあるとのことで

総合病院での精密検査を受けるそうです。三浦選手は大事に至らず、ロッカーに戻っております。

福村選手の詳しい容態は情報が入り次第お伝えします。





本日よりついに登場、”トップレーサーの世界を体感せよ”と銘打たれた

『オートレースVR(バーチャルリアリティ)体験』ブースがチャンピオンレーサー前に設置。

これまでは飯塚オートの選手がメインでしたが、今年から浜松オートバージョンの製作が開始され

今節「GI ゴールデンレース」にて初のお披露目となります。

渡邉 篤選手や岡谷美由紀選手など、実際のオートレーサーがどんな視点で

白熱のレースを行なっているのかを疑似体験できます。参加は無料、ぜひご体験ください!



  

場内の移動販売店、本日紹介しますのは「焼きたて屋」の”たこ焼き”、6個入り300円です♪

かねてより行列のできる”たい焼き”を販売し続けている「焼きたて屋」さんですが、

ビッグレース時にだけ、満を持しての”たこ焼き”を期間限定販売。

たい焼きもたこ焼きも、その飛び抜けたおいしさは小麦粉にあり、ということで

生地はふかふか、タコはコリコリで超おいしいです☆

一度食べたら明日も食べたくなるくらいの不思議な中毒性があります(笑)

しかも、タレが王道のソース味と、和風のだし醤油味とで選ぶことができます。ぜひご賞味を♪



  

開門来場者お出迎えやピットレポートなどで1日大忙しの浜松オートレースヴィーナス・

ASAHIちゃんですが、オートレースに関わるさまざまな方から応援&支援を受けています。

写真左は正門奥にてすれちがったサンケイスポーツ・オートレース部門のにゃんこ姉さん。

先日の「藤波直也選手 伊勢崎ナイター優勝報告会」ではギャラリーと一緒に

「藤波選手、ばんざーい!」と”バンザイ三唱”に参加してくださいました(笑)



写真右は「Gamboo」生放送でおなじみのDJトミーさんです♪浜松オートへご来場くださいまして

ありがとうございます☆チャンピオンレーサー前のモニターと出走表を見比べながら

ASAHIちゃんへ予想のしかたをレクチャーしていました。





選手会浜松支部より、「今年は7月の開催を予定している「浜松オートフェスタ2018ファン感謝祭」

でのグッズ販売(ブロマイド)用写真を撮影していってください」と依頼を受けましたので

本日は朝練習を走路内から撮影しました。





川口ライダー・森 且行選手。本日は第6Rの「準々決勝戦B」にて6枠20線から出場します。





ここでお知らせ。先日落車原因者となりました鈴木宏和選手は本日1日罰則休となり、

本日の補充は浅野浩幸選手に決定しています。ご了承ください。





  

「遠鉄グリーンカップ GI 開場62周年記念ゴールデンレース」、

さらに”ふるい”がかけられる本日3日目は第5Rより「準々決勝戦」を実施、

本日までの成績を元に明日の「準決勝戦」進出32名が決定します。

熱戦にご期待ください!

早朝の走路内では柴田紘志選手や別府敬剛選手がトレーニングを開始していました。

柴田選手は1周500mある走路内のウォーキング、別府選手は片ひざずつ回したり

伸ばしたりするストレッチを入念に行っていました。





検車場には別府選手のマシンだけが置いてあり、タイヤにはウォーマーが巻かれていました。

先日、目の前で起きた落車妨害を避けきれずに他落をこうむってしまった別府選手でしたが

車体の修理は既に完了し、本人の容態も無事のようです。





前検日〜先日2日目に比べて、本日早朝の選手ロッカーは比較的静かな雰囲気です。

最初にお会いできたのは、内山雄介選手(飯塚)と、写真では見つけにくいですが

新人女子・金田悠伽選手と新井恵匠選手(伊勢崎)です。



  

写真左:左手前から、森谷隼人選手(川口)、黒岩 明選手(川口)、佐藤裕児選手(飯塚)。

 一番奥に新人女子・交川陽子選手がおります。

写真右:山浦博幸選手。今日は周囲に誰もいない中、ただ一人熱心に整備を進めていました。



  

写真左:青山周平選手(伊勢崎)。勝負の決め手はやはりタイヤ探しになるでしょうか。

写真右:エンジンのヘッドまわりを扱う平田雅崇選手(川口)。



  

写真左:タイヤを削る金子大輔選手。本日早朝は29期の選手が多く整備を進めています。

写真右:岩科鮮太選手のマシン整備を手伝う森村 亮選手(伊勢崎)。


posted by ブンブンボーイ at 19:17| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする