2018年08月02日

飯塚場外・最終日&浜松「第11回スポーツニッポン新聞社杯」前検日のようす



いよいよ明日8/3(金)から浜松オートにて 「第11回スポーツニッポン新聞社杯」が開幕。

4日間をかけて”伊勢崎ナイター場外発売”との リレー発売を実施します。



開催3日目となる8/5()の18:20頃 (伊勢崎ナイター場外・9R発売中)、

イベントプラザに鈴木圭一郎選手をお招きしての 「No.1勝負服チャリティオークション」を実施。





写真:今朝から自身のロッカーに到着し整備を開始、タイヤを選ぶ鈴木圭一郎選手。

さっそく圭一郎選手より、出品するNo.1勝負服(5枠&雨用1枠) 2枚を見せてもらいました。

イベント当日は1枚ずつ競売にかけていき、収益は西日本豪雨の 被災地支援に役立てられます。

競売後に圭一郎選手の直筆サインを記入していただく 予定です。

(時間があれば落札者との記念撮影も…?)どうぞご検討ください♪



  

写真左から、管理棟へと入っていく鈴木一馬選手、西川頼臣選手、中野 肇選手。

本日は選手管理地区内にて「健康診断」が行なわれています。



  

写真左:藤波直也選手の整備を見てあげる、同グループの兄貴分・青嶋裕治選手。

写真右:「ファン感」を無事終えてレースに意識を切り返える中村晋典選手。お疲れさまでした☆



  

写真左:赤堀 翼選手へ「どのタイヤを使うの?」と尋ねる筒井健太選手。

写真右:”のりダー”こと、中野憲人選手。川口からの遠征です。



  

写真左:整備をしながら本日の飯塚オート中継を眺める松山茂靖選手&木村武之選手。

写真右:フロント周りを扱う、岩佐常義選手(川口)。いぶし銀のライダーです。



  

写真左:タイヤを選ぶ内越忠徳選手。伊勢崎から参戦。

写真右:カム位置を調整する馬場雄二選手。整備の鬼です。





扉を開けてあげて山陽の新人・青木隆浩選手の走行練習出発を見送る齊藤隆充選手(山陽)。



  

写真左:試走場にてエンジンをかける、阿久津正夫選手(川口)、山浦博幸選手。



  

写真左:試走場にて数回、走行を試してみる柴田紘志選手。

写真右:自身の競走車をロッカー内へと運び込む、金子大輔選手。





サーモグラフィで調べましたところ、何と走路温度は50℃を突破していました!

やけどをしそうな熱さの競走路ですが、走行練習時間中は止めどもなくエンジン音が

轟き続いています。厳しい走路環境の時ほど、腕を磨く絶好のチャンスといったところです。





新人選手が走行練習をする時間帯に合せて走路へやってきた鈴木圭一郎選手。

若手に稽古をつけてあげる、まさにオートレース界の横綱です。



  

左から、花田一輝選手、交川陽子選手。交川選手はだんだんと同じグループの兄貴分・

松山茂靖選手の走行フォームに似てきた気がします。





落合 巧選手。落合選手も本日朝から出場エントリーを済ませて

ロッカー入りを果たしていました。日々黙々と整備を進める好青年です。





「今回初めて「ファン感謝祭」に参加できましたけど、楽しかったですね!」と

ピストンリングを交換しながらお話してくれた高田克重選手。

「正直、台風の進路があんな状態だったから、(ほぼ中止なのでは・・)って

諦めかけていたんですけど、さすがは浜松ですね。台風さえ過ぎてしまえばすぐに

天候が回復して、走路もあっという間に乾いてくれて。イベントが全部実施できましたし、

何よりたくさんのお客さまからお声をかけてくださいました。恵まれた気候と、お客さまの

優しさに惹かれて、僕は船橋からの移籍先を浜松に選びましたから。そして、お客さまの中には

千葉県からお越し下さった方もいて、「船橋がホームでした」ってお話してくれて。

遠いところから浜松まで足を運んで下さったことも、ありがたかったですね。」

ファン感の楽しかった時間を思い出し、笑顔で整備を進める高田選手でした♪



  

写真左:西村龍太郎選手(山陽)のマシンカバー。「る〜たろぉ〜」の文字の横には

 「浜松大好き♡」の文字も書かれてありました(笑)

写真右:東小野正道選手(飯塚)のマシン。ピストン部までエンジンが外されていました。



  

ここで浜松オートニュース!明日8/3(金)・浜松開催初日の第7R発売中・

イベントプラザ付近にて実施します『選手会浜松支部による”7月豪雨災害”募金活動』の

参加選手が金田悠伽選手交川陽子選手に決定しました♪

皆さまのご協力をよろしくお願いいたします!







写真:飯塚「優勝戦」を見守る、(左手前から)木村武之選手、伊藤信夫選手、山本佳幸選手、

(左奥から)花田一輝選手、森下剛一選手。





浜松ロッカーの至る所から「ぅはぁ〜!」と感嘆の唸り声が上がった、飯塚デーレース・

「スポニチ杯 フルスロットルバトル」の最終12R「優勝戦」は、”これぞオートレース”という

大逆転劇に。レース後半、追う8枠・浦田信輔選手vs逃げる3枠・新村嘉之選手の

両車”一騎打ち”を呈し、一旦浦田選手にインコースを差されて先頭を奪われた新村選手でしたが

新村選手は最終コーナーで”大どんでん返し”となる「まくり差し」を炸裂!

酷暑舞い戻る4日間開催を逆転優勝という偉業でピリオドを打ちました!





オートレースの勝負は最後の最後まで分からない、という”船橋スピリッツ”を見せつけた

元・船橋、現・飯塚の新村嘉之選手。優勝おめでとうございました☆





「何だか、すごいレースを見せられちゃったなァ」と、「優勝戦」を見終わって

再び持ち場に戻る浅野幸三選手(川口)&浅野浩幸選手兄弟。

ロッカー内の選手は誰もが驚きや苦笑いといった表情を浮かべていました。







今日のラストはスタート力に直結するクラッチまわりの手入れを進めていた

鈴木宏和選手へお話をうかがいました。宏和選手は先日の川口ナイター・

「GIキューポラ杯」にて優勝戦まで勝ち進めた好成績を上げています。

「先日のキューポラ杯に関しては、とにかく運が良かったというだけですね…(苦笑)

3日目の「準々決勝戦」は結果8着でしたけど、この時2人フライングが発生したため、

繰り上がっての「準決勝戦」進出でしたし、(翌日は苦手な雨でヤだなぁ)と思っていたら、

台風でそっくり”中止”になってしまっての、翌日順延日に晴れて、優出できた…という具合です。

得意のスタートに関しても、自分の中ではまだ、しっくりいってない感じでした。この違和感は多分

”消音マフラーをつけていた”からだと思いますので、明日からの浜松は定期整備である

クラッチ回りを今一度チェックして、納得のいくスタートがきれれば良いですね!」



鈴木宏和選手、コメントありがとうございました☆



浜松オート4日間開催・「第11回 スポーツニッポン新聞社杯」&伊勢崎ナイター場外発売は

明日8/3(金)開幕です。熱戦にご期待ください!




posted by ブンブンボーイ at 18:09| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯塚「スポニチ杯フルスロットルバトル」場外発売・4日目&浜松前検日


本日8/2(木)は飯塚「〜スポニチ創刊70周年記念〜 スポニチ杯フルスロットルバトル」の
場外発売4日目・最終日と、浜松「第11回スポーツニッポン新聞社杯」の前検日。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:25)
浜松の今朝は晴れ。早朝から7月の猛暑が戻ってきたかのような暑さがあり、
気象情報によれば日中、35℃超えをするかもしれないとのことです。

開催地・飯塚の天候は「晴れ」、走路状況「良走路」。
気温31℃、湿度50%、走路温度45℃、風速1m、降水確率は午前0%・午後20%と発表。
熱走路で軽ハンの逃げが有利かも知れません。

ここでお知らせです。
本日8/2の飯塚開催4日目、1Rにて5枠30線より出場予定でした畦坪孝雄選手、および
2Rにて3枠40線より出場予定でした仲野秀哉選手は身体不良により欠車となりました。
なお、本日飯塚4日目の1&2Rはともに「7車立て」となり、関連車券は返還となります。
ご了承ください。


本日は第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!

☆8/2(木) 飯塚第12R「優勝戦」


posted by ブンブンボーイ at 10:13| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする