2018年08月07日

選手会浜松支部、日本赤十字社へ7月豪雨災害・被災地支援の義援金を寄贈しました


8/6(月)、浜松オート「第11回スポーツニッポン新聞社杯」・開催最終日の第12R「優勝戦」終了後、
優勝選手 表彰式の際、『平成30年7月豪雨災害 義援金 寄贈式』と題し、
7/29()開催の「浜松オートフェスタ2018 ファン感謝祭」および今節の4日間をかけて
全日本オートレース選手会浜松支部が行なってまいりました募金活動
(ファン感謝祭および本場開催時、場内での募金の呼びかけ、チャリティオークション等)
によって集められました197,422円を、選手会浜松支部を代表し、中村晋典支部長から
「日本赤十字社」 浜松市地区本部 副地区本部長(浜松市 健康福祉部 部長)の
朝月雅則様へと寄贈しました。


写真:7/29「浜松オートフェスタ2018 ファン感謝祭」にて、場内に設置しました
”義援金募金ブース”にて募金活動を行なう、金田悠伽選手&交川陽子選手。


写真:今節「第11回スポーツニッポン新聞社杯」の4日間をかけて
場内イベントプラザ付近にて行いました、出場浜松選手による「義援金」募金活動。


写真:浜松でのレースを終えた後、伊勢崎ナイター場外発売時に実施しました、
「鈴木圭一郎選手による全国No.1勝負服 チャリティオークション」。
司会進行役として浜松オートレースヴィーナスのASAHIちゃんが担当しました。




朝月様は中村支部長から目録を受け取り、
「西日本の豪雨災害に関しまして、心温まる義援金を、ただ今お預かりを頂きました。
全日本オートレース選手会浜松支部、そして、選手会のお声かけに答えて頂きました多くの
レースファンの皆さまにこころより感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございました。
お預かりした義援金につきましては、日本赤十字社本社を通じまして、今回、被災の多かった
岡山、広島をはじめとして10の府県に確実にお届けをさせて頂きます。
まだまだ被災地は復興途上でございますので、引き続き皆様のご支援・ご協力を頂ければと
思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。」
と感謝の言葉を述べました。


オートレースファンの皆さまのご協力、誠にありがとうございました☆
そして選手会浜松支部選手の皆さま、数々の募金活動をありがとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 22:17| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする