2018年08月20日

第13回サンバフェスティバル 2日目&川口ナイター場外3日目 のようす



写真:全12Rが終われば、休む間もなく走行練習へ。男女ともに若手選手たちが

 練習時間の終了までしのぎを削っていました。気象情報によれば明日も雨の心配はなさそうです。



浜松オート4日間開催・「第13回サンバフェスティバル」、シリーズ2日目が終了。

本日までの成績をもとに、明日8/21(火)は第5&10〜12Rをかけて

「準決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!







第12R、スーパーハンデレースを制しつつ、上がりタイム驚愕の.392をマークしての2連勝。

1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着3枠・中村晋典選手(浜松)、

3着1枠・青嶋裕治選手(浜松)の確定は8-3-1。





第11R、スーパーハンデレースを制し2連勝。1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、

2着4枠・亀井政和選手(伊勢崎)、3着3枠・永瀬敏一選手(川口)の確定は8-4-3。





第10R、1着5枠・関口隆広選手(浜松)、2着3枠・齋藤 努選手(浜松)、

3着8枠・角南一如選手(山陽)の確定は5-3-8。





浜松オートの次節は9/1より「曳馬野賞 第42回 静岡新聞SBS杯」が開催。ですがその前に、

8/2526の2日間、浜松市・東区は浜松東インターチェンジを降りてすぐ左側の

「浜松市 総合産業展示館」にて、今年も夏休み最終土日の恒例バイクイベント・

バイクのふるさと浜松2018」が開催されます。

浜松オートは第2展示場入口すぐにてPRブースを出展、今回のゲストは8/26

人気の浜松新人女子Wライダー、金田悠伽選手と交川陽子選手が来場します♪

11:00〜11:30に第1展示場内・特設ステージにて”選手トークショー”を行ないます。

ぜひご来場ください☆





第9R、1着1枠・落合 巧選手(浜松)、2着5枠・鈴木一馬選手(浜松)、

3着3枠・野田光宏選手(浜松)の確定は1-5-3。





第8R、1着2枠・花田一輝選手(浜松)、2着7枠・鈴木宏和選手(浜松)、

3着4枠・栗原勝測選手(伊勢崎)の確定は2-7-4。





第7R、最終コーナーで逆転の差しが届き、3着戦は写真判定に。

1着4枠・矢野正剛選手(山陽)、2着1枠・高橋絵莉子選手(伊勢崎)、

3着8枠・内山高秀選手(伊勢崎)の確定は4-1-8。





今節は明日まで、浜松開催の直後に川口ナイターの場外発売へと移行します。

上旬の酷暑を忘れさせてくれるような涼しい西風が心地よく、空には一番星の金星が輝きます♪

川口ナイターも引き続きお楽しみください☆

ちなみに先日の晩、選手管理地区内を照らす白熱灯に誘われてか、夜行虫である

コクワガタのオスを一匹見つけました。メスを多数ご所持の方、一匹お恵みを(笑)





第6R、1着3枠・岡谷美由紀選手(浜松)、2着4枠・中野光公選手(伊勢崎)、

3着7枠・櫻井晴光選手(伊勢崎)の確定は3-4-7。





第5Rから「準々決勝戦」。朝練習落車による突貫修理を経ての1着獲得。

1着6枠・山浦博幸選手(浜松)、2着7枠・笠木美孝選手(浜松)、

3着8枠・藤岡一樹選手(山陽)の確定は6-7-8。





本日の朝練習(スタート練習)時に単独落車を喫してしまった山浦博幸選手の車両修理が

午前中のうちに終了し、発売時間をかけて走行&スタートのテストが行われました。

同じグループの赤堀 翼選手や新人・落合 巧選手がテスト走行のようすを見守っていました。

異常がなければ第5R「ランチアタック準々決勝戦」に出場となります。





開催2日目、第2R「一般戦」にて1枠ゼロハンより出場の飯塚新人女子・吉川麻季選手が

6周回の逃げ切りに成功!1着を獲得しました♪おめでとうございました☆





1着選手の顔写真をお願いしましたところ、

「写真を撮って下さるのですか?では少しでもキレイにしとかなきゃ・・・さらさら、っと」

と、両手で素早く”手ぐし”をしながら、髪をかき分ける音を言葉であらわしていました(笑)

吉川麻季選手、1着おめでとうございました☆





本日2日目の開門時、走路内ではスタート練習を実施していましたが

山浦博幸選手がスリップを起こして単独落車を喫してしまうアクシデント発生。

山浦選手は医務室へ向かうと「身体は平気です」とだけ告げてロッカーに戻り、仲間とともに

車両の修理を始めていました。が、時間経過とともに打ち身がひどくなる可能性もあります。

本日の山浦選手は第5R「ランチアタック準々決勝戦」に出場予定、

最新の情報にご注意ください。





新人選手の走りとともに、親方の走りも注目です。写真は走力の比べあいをする

長谷晴久選手と鈴木章夫選手です。





夜を徹して車両の修理作業を行っていた藤本梨恵選手(伊勢崎)は本日の朝9時、

屋外エンジン掛けの許可時間になると、真っ先にエンジンを鳴らして試走場へと移動し

修理車両のチェックを行っていました。





藤本選手に続けとばかりに、先輩選手たちも続々と選手宿舎前の試走場へと

エンジンを鳴らしにやってきました。先日初日とは気候がだいぶ違うようです。





競走車にまたがりながら天気予報を見る花田一輝選手、満村陽司選手(山陽)。

早朝は風がとても涼しく秋を思わせましたが、天気予報によれば太平洋高気圧が本土へ

張り出してくる影響により、再び高気温が舞い戻りそう、とのこと。

気温とともに走路温度が高まれば、またも戦況が変わってきそうです。



  

浜松オート4日間開催 「第13回サンバフェスティバル」・2日目の早朝。

先日の開催初日は女子オートレーサーの激走により場内は大いに盛り上がりましたが

本日からいよいよ「準々決勝戦」、明日「準決勝戦」と、勝ち上がりのふるいが掛けられていきます。

金田悠伽選手と佐藤貴也選手は師匠・中野 肇選手とともに朝イチバンでロッカーへと入り

整備を開始、次いで岡谷美由紀選手も入室してまいりました。





出走表にて本日の対戦相手を確認する赤堀 翼選手。各競走車のシートには

出走表が置かれていますが、朝イチでの”出走表配り”も新人選手の仕事となっています。





中村晋典選手からアドバイスを受ける交川陽子選手。

交川選手のロッカーには”マジ卍”と、交川選手へ届いた応援FAXが貼られていました。

応援FAXはCS放送スタッフによって各日レース終了後、ロッカーへ届けられます。





別の通路では、今節は稲原瑞穂選手(飯塚)など女子遠征選手たちが近場のロッカーを借りて

整備をこなしています。時計を見るとまだ8時を回っていません。おはようございます!





先日初日の12R「ガールズドリーム戦」にてみごと1着を獲得しました

伊勢崎新人女子ライダー、田崎 萌選手も早朝から整備を進めていました。

「本当はもっとスタートを決めていきたかったのですが、ちょっと失敗してしまって・・・でも、

軽ハン勢(高橋絵莉子選手、吉川麻季選手)は、どの選手もスタートがうまくいかなかったみたいで、

そのおかげで勝てたのかもしれませんね。でも伊勢崎のワンツーで、嬉しいです♪」

田崎 萌選手、コメントありがとうございました&「ガールズドリーム戦」1着おめでとうございました☆





写真は先日の夕方のようす。初日第12R「ガールズドリーム戦」にて落車を喫してしまった

藤本梨恵選手(伊勢崎)が今節使用しているB棟へ仲間や新人選手たちが集まり、

夜8時まで車両の修理作業が行なわれていました。


posted by ブンブンボーイ at 18:11 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする