2018年10月06日

SG 第32回 全日本選抜オートレース 3日目のようす



CS放送にて誰もが目に留まったことでしょう、鈴木圭一郎選手の

今期No.1勝負服の背番号の縁にちりばめられた、キラキラのラメ。

まるで自ら発光しているかのように、実際はもっとキラキラしています。







そして明日10/7()のSG開催4日目は、第3R発売中・イベントプラザにて

予定していました「選手会カレンダー2019販売記念サイン会」を変更し、

『鈴木圭一郎選手のNo.1勝負服 チャリティオークション』を実施します。



鈴木圭一郎選手本人がイベントステージに登場、

晴れ用2枠の勝負服と雨用4枠の勝負服を競りにかけます。

売り上げは被災地義援金とさせていただきます。

皆さまのご参加をよろしくお願いします!





そしてお笑い芸人・ストロベビーのお笑いライブを

第6R発売中&第9R発売中の2回、実施します。どうぞお楽しみに!





4日目10/7()の開門先着プレゼントは、



・先着300名様「ヤクルト」配布

・グリーンスタンド入場者先着200名様「スポーツ新聞」配布



・木村武之選手のサイン色紙 10名様

 2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

・菜乃花、キラッツ★2名のサイン色紙 3名様

 2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。



・SG出場のご希望の選手サイン色紙 5名様

 2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

※選手都合によりサイン色紙を得られない場合があります。

・鈴木圭一郎選手のサイン入りSG開催告知ポスター 2名様

 3000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

・鈴木圭一郎選手のサイン入りSG開催告知のぼり旗 3名様

 5000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。



です。どうぞお早めに!







第12R、1着3枠・鈴木圭一郎選手(浜松)





SG3日目にして未だ土つかずの3連勝!

鈴木圭一郎選手、1着おめでとうございました☆





楽しい時間は矢のように過ぎていき、あっという間に

イメージガールズイベントはお開きとなりました。

菜乃花ちゃん、泉 愛那さん、泉 夢花さん。

はるばる浜松オートへご来場くださり、ありがとうございました☆





青空と肌に刺さるような強い日差しがやってきたかと思えば、またたくまに暗雲が立ち込めて

霧のような細かい雨がさらっと流れて・・・を何度も繰り返した本日の浜松オート。

走路状況が二転三転するたびに、CS放送では「臨時ピットレポート」が組み込まれて

AKIちゃんが現場へ出動。傘もささずに走路状況を視聴者へ伝え続けました。

雨に打たれながら仕事を遂行するひたむきな姿に”オートレース愛”を感じました。



  

第11R、1着4枠・有吉辰也選手(飯塚)

やはり浜松は再起位復活の地、SG「準々決勝戦」でカミソリスタートを繰り出し

手に入れた1着に思わず笑顔がこぼれました♪





第11R発売中、イベントプラザにて本日イメージガール大集合イベントの”おおとり”を飾る

「選手&イメージガール 似顔絵対決」を実施♪

ASAHIちゃん、泉 夢花さん、泉 愛那さん、菜乃花ちゃんの4人に、それぞれ

地元選手の中からピックアップして似顔絵を描いていただき、ステージ上で一斉に公開。

お客さまに”どの選手を描いたのか”を当ててもらう企画です。

これが予想以上に盛り上がる面白さとなりましたので(笑)、また後日改めて紹介します♪



  

第10R、1着7枠・木村武之選手(浜松)



  

第9R、1着4枠・岩見貴史選手(飯塚)

「明日もやる気、元気、岩見でがんばります!!」





「CSインタビュー、イイもん見させてもらったよ〜(笑)」

ロッカー内のモニターで岩見選手のインタビューを見ていた佐藤貴也選手や岩科鮮太選手が

よくやったと褒めながら岩見選手の元へ集まってきました♪





第9Rの試走は川口オートイメージガール「菜乃花」ちゃんによるラウンドガールを実施☆

台風が日本本州の北側を通過中、本日一番の気温&湿度となりました。





菜乃花ちゃん:「永井さん、がんばれ!いけー!!」

サイドカーに乗って第9R試走ラウンドガール実施の待機をしていた菜乃花ちゃんは、

目の前で永井大介選手が繰り広げている第8R「準々決勝戦」を、9Rのラウンドフラッグが

プルプル震えるほど力強く握りしめながら応援している姿に、私は感動を覚えました。

初めて浜松オートへ来場した時の菜乃花ちゃんは、まだオートレース勉強中で、

右も左も十分に分からないまま、かちかちに緊張していた雰囲気がありました。



今はすっかりオートレースを覚え、川口オートを愛し、一人でも多くの川口ライダーに

優勝戦進出を決めてほしいですと話します。

遠くからでもあふれてくる菜乃花ちゃんの「地元愛」が望遠カメラ越しに伝わってまいりました。



  

第8R、1着8枠・永井大介選手(川口)

永井選手の周囲に次々と永井選手を慕う選手たちが祝福に駆け付け、永井選手は

元・ジャイアンツの原 辰則監督のようにエアーで「グータッチ」を交わしていきました♪

永井選手:「整備はまるで”ガチャガチャ”をやっている感覚ですよ。いろいろセッティングしてみて、

試し乗りして、当たればめっけもん、みたいな。どうすれば当たるのか、外れるのか…

当たるまで続けるしかない感じですね。圭一郎君のタイムを考えると、まだ上がりタイムを

上げていかないと…「優勝戦」そのものを想定したら、今のままでは勝てそうにないです。」





第8R発売中のお楽しみ、「ASAHIトーク&抽選会」はイベントプラザにて。

本日より照沼杏菜さんも加わっての女子トークとなります♪

抽選会ではこれまでSGの開催告知に遠征してまいりました、各オートレース場での

撮影ブロマイドを毎日日替わりでプレゼントしています。ASAHIちゃんの活動日記と言えます♪



  

第7R、1着8枠・渡邉 篤選手(浜松)



  

第6R、1着2枠・佐藤貴也選手(浜松)

「皆さま、長らくお待たせしました!」と、1着勝利者インタビューにて

マイポーズの”BET ON ME”ポーズをキメてみせました☆





第6R発売中、イベントプラザにて「イメージガールズトークショー&撮影会」を実施☆

女子会となればやはり食べ物の話、ということで、先日より浜松に前入りしていた

菜乃花ちゃんやキラッツ★のお二人は、晩ご飯に何を食べたのか、をトークしました。

菜乃花ちゃん:「私は浜松餃子が大好きなので、先日は”むつぎく”という、浜松で有名な

 餃子屋さんですよね?そこで餃子を食べてきました♪」

キラッツ★のお二人:「私たちは、、鳥そぼろ丼です(笑) あれ、浜松の名物ではないですか?

 おかしいなぁ、”つゆだく”ですっごく美味しかったから、浜松名物だと思ってたのに(笑)」



トークのお次はイメージガールズでの写真撮影会を実施☆

全国よりご来場くださったオートレースファン、そしてオートレース・イメージガールファンの方々が

次々と彼女たちの浜松SG来場記念イベントを写真におさめていきました♪



  

第5Rは「走路内観戦」を実施。1着3枠・前田 淳選手(山陽)





走路内観戦は明日も第5Rに実施し、第4R発売中・イベントプラザにて

参加者抽選会を行ないます。赤系統の着衣でのご参加はご遠慮ください。





第5Rの試走は伊勢崎オートグリッドガールズ「キラッツ★」の

8号車・泉 夢花さんによるラウンドガールを実施♪





この頃から浜松に青空と強い日差しが戻り、まるで8月を思わせるような

猛暑・蒸し暑さに見舞われました。





第4Rの試走は伊勢崎オートグリッドガールズ「キラッツ★」の7号車・

泉 愛那さんによるラウンドガールを実施♪





この時は雨は降っておらず、無事に決行となりました☆



  

本日とあさっての2日、第3R発売中・イベントプラザにて

「浜松オート選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」と、

「選手会による被災地義援金 募金活動」を併せて実施。本日のプレイヤーズゲストは

金子大輔選手(サイン会)と、伊勢崎ライダー・早川清太郎選手(募金活動)です☆





司会はオートレースレポーターの照沼杏菜さんです♪

人気Wライダーの登場とあって会場は大いに盛り上がりました!

カレンダーの売上も選手会浜松支部が推進している社会福祉活動へ役立ててまいります。

ご参加とご協力、ありがとうございました☆





第2R発売中はCS放送・「ピットレポート」にイメージガールが参加♪

レポーターのAKIちゃんも元・飯塚オートのイメージガール、”勝利の女神”です☆

飯塚、川口、伊勢崎、浜松と代表イメージガールズ勢ぞろいが実現しました!





各場イメージガールの皆さんは第1R試走のようすを管理地区から見学し、浜松ロッカーへ。





SG出場選手への挨拶まわりを行ないました。





SGシリーズ3日目は豪華絢爛、全国のオートレースイメージガールが大集合☆



右から、浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃん、伊勢崎オートグリッドガールズ「キラッツ★」より

7号車の泉 愛那さん、同じく8号車の泉 夢花さん、川口オートイメージガール・菜乃花ちゃんです♪

1日をかけて各種イベントに参加します、まずは開門来場者へのお出迎えと、

今節協賛・オッズパークさんご提供の「オリジナル爪切り」をお客さまへ先着プレゼントします☆





そしてこちらは急きょ決定の追加イベント、浜松所属新人選手である

(左から)金田悠伽選手、落合 巧選手、花田一輝選手の被災地義援金 募金活動。

本日より3日間をかけて正門奥にて実施します。

ご協力をよろしくお願いします☆



  





写真は初日に行われた「1着勝利選手によるCS中継カメラのカバーガラスへサイン書き」のようす。

CS放送スタッフさんより、サインの書きこまれたカバーガラスが届きましたので

本日をかけてCS視聴者プレゼント用のフォトスタンドを製作していきます。





先日に引き続き、浜松は本日も朝からごく少量の雨がサラっと降っては止んでを

繰り返しています。浜松市内の気象情報を見ながら、

「ここらへんの雨雲が怖いな・・」と話し合う、金子大輔選手&岩科鮮太選手。

タイヤの選択によって戦況を大きく左右させそうです。





「オッズパーク杯 SG 第32回 全日本選抜オートレース」、シリーズ3日目。

早朝一番は選手ロッカー入口を入ってすぐ左にある検車場をチェック。

写真右から、鈴木圭一郎選手、渡邉 篤選手、別府敬剛選手(飯塚)です。



  

写真左:左から、五所 淳選手(山陽)、青山周平選手。今日の番組表を確認。

写真右:ロッカーの奥にいます、松本やすし選手(伊勢崎)のロッカー。タイヤを選別。



  

写真左:先輩選手のロッカーをまわり、出走表を配る吉原恭佑選手(伊勢崎)。

写真右:会話をしながら整備を進める前田 淳選手&角南一如選手の山陽ライダーズ。





森谷隼人選手(伊勢崎)と会話をする川口の新人・黒川京介選手。2級車500ccにして

予選3着・2着と健走、本日は第5R「準々決勝戦」にて1枠ゼロハンから出場します。





整備をしながら会話をする、柴田健治選手&田中 進選手(飯塚)。





久門 徹選手と、写真フレームに入っていませんが重富大輔選手の飯塚ライダーズは

セアエンジン整備の説明書を熟読していました。





フロント周りを調整する荒尾 聡選手(飯塚)。



  

写真左:岩科鮮太選手の淹れてくれたモーニングコーヒーをいただく佐藤貴也選手。

写真右:一通りの整備を済ませて手を洗う渡邉 篤選手。


posted by ブンブンボーイ at 18:39 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

SG第32回 全日本選抜オートレース 2日目のようす



「オッズパーク杯 SG第32回 全日本選抜オートレース」、シリーズ2日目が終了。

全12Rを終えて、日の沈むまで何度も何度も走路を走り抜ける選手たち。

マシンを駆る選手も、マシンを降りる選手も、オートレースという共通の志を持って

一生の絆に出会いました。お互いにあふれ出る幾千幾万もの思いを、たった一言、

「君に幸あれ」と願ってエンジン音を奏で続けるのです。







明日のSGシリーズ3日目は各場イメージガールが大集合!

川口オートより「菜乃花」ちゃん、伊勢崎オートよりグリッドガール「キラッツ★」の

7号車・「泉 愛那」さん、8号車・「泉 夢花」さんが来場します。

応援をよろしくお願いします!





3日目10/6()の開門先着プレゼントは、



・先着100名様「場内予想屋さん1回ご利用券」配布

・グリーンスタンド入場者先着200名様「スポーツ新聞」配布



・森 且行選手のサイン色紙 10名様

 2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

・SG出場のご希望の選手サイン色紙 5名様

 2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

※選手都合によりサイン色紙を得られない場合があります。

・鈴木圭一郎選手のサイン入りSG開催告知ポスター 2名様

 3000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

・鈴木圭一郎選手のサイン入りSG開催告知のぼり旗 3名様

 5000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。



となっています。どうぞお早めに!





そして第3R発売中・イベントプラザ「選手会による被災地義援金 募金活動」の

参加選手は、早川清太郎選手(伊勢崎)に決定!

さらに「浜松オート選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」の

参加選手は、金子大輔選手に決定!

 ご協力をよろしくお願いします!







第12R、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松) 試走タイム27、上がりタイム3.359をマーク。

川口の新人・黒川京介選手と「0m vs 20m」の直接対決となりました。



 

圭一郎選手:「スタートがきれてます。スタートは問題ないですね。試走3.27、手ごたえは

自分の中ではそこまではという感じですが手応えは良かったです。

気になる所は、フロントが逃げるくらいなのでエンジンとかリア回りは問題ないです。

明日に向けては整備は微調整で。天候(雨)に関しては乗り手だけなので頑張ります。

雨でも気にせずスタートをきりたいです。」





写真:2周目突入時のホームストレッチにて20mのハンデを攻略、黒川選手に追い付き首位へ。

圭一郎選手:「もっとポケバイをはじめ、いろいろなバイク・2輪車の人口が増えてくれれば

 いいなと思って練習しています。雨でも1着を取りに行きます。応援をよろしくお願いします!」

鈴木圭一郎選手、1着連勝おめでとうございました☆



  

第11R、道中にて4枠・黒岩 明選手に審議がかかり、反妨失格の判定に。

1着2枠・佐藤摩弥選手(川口) SG予選・2日目にして待望の1着を獲得☆ 

勝利者インタビュー後に改めて撮影をお願いしましたら”イチバンポーズ”を決めてくださいました♪

ありがとうございます!



  

第10R、1着6枠・加賀谷建明選手(川口)





「加賀谷さんがSG連勝なら、俺たちは”ゴチ”確定っスね!!」と、

(左から)高橋義弘選手、岩田裕臣選手、古木 賢選手の川口ライダーズ。

岩田選手は”ゴチになりまーす!”を表す「押忍ポーズ」を決めていました(笑)





「明日以降のSGイベントに向けて、これから浜松ロッカー”前入り”です!」

鈴木聡太選手の9R勝利者インタビュー終了後、ロッカーの入口にて

オートレース・レポーターの照沼杏菜さんとお会いしました☆

AKIちゃんとも浜松での再会を果たした照沼さん、まずはツーショットでパチリ♪

照沼さん:「明日からイベントMCを頑張ります!ブンブンさんも取材頑張ってくださいね!」

みんなで全日本選抜オートレースをさらに盛り上げてまいりましょう☆



  

第9R、道中に審議がかかり、1枠・鈴木健吾選手が内線突破による反則失格に。

1着3枠・鈴木聡太選手(伊勢崎)





ここで選手変更など各種お知らせが入ってまいりました。



本日SG開催2日目、平塚雅樹選手が体調不良を訴え、残念ながら本日付で

参加解除の早退に。明日10/6以降の補充は長谷晴久選手に決定しました。



そして、オートレースを総括している財団法人JKA運営の「オートレース総合サイト」にて

”岩科 州選手が本人の申し出により引退しました”というお知らせが発表。

全国オートレース選手のデビューから各レースあっせん、引退まで、全ての管理と調整は

JKAが司っているため、私たち浜松オートのスタッフであってもJKAからの発表を聞いて

初めて把握できる、という状態です。

しばらく休場が続いていたので心配していたのですが・・・非常に残念です。



  

第8R、道中に審議がかかり、7枠・西原智昭選手(伊勢崎)が内側から押圧の反妨失格に。

1着3枠・早船 歩選手(川口)

勝利者インタビュー撮影前の会話にて、AKIちゃんが「早船選手は先頭を走っていたので

気付いてないかもしれませんが、後ろで接触があったんですよ」とお話すると、早船選手は

「どおりで…周回ごとに走っていたら急に、4コーナーに見慣れないタイヤ跡がついてたので、

(何かあったな)とは思っていました。」とお返事。走路の違いを見抜けるなんてすごいです。



  

第7R、1着8枠・永井大介選手(川口)

選手が次々と1着インタビューの現場にやってきて「おめでとうございます!」と祝福、

仲間に応えるように”グッジョブポーズ”をする永井選手♪





「永井さん、1着おめでとうございました!」と、勝利者インタビューが始まると

整備の手を止めて祝福に駆け付けた佐藤摩弥選手(川口)。

こうしてインタビューの現場を見ていると、池田政和選手や永井大介選手は

「慕う」という表現を越えて、誰もが「尊敬している」という、まさに”レジェンド”という感じです。



  

第6R、1着8枠・金子大輔選手(浜松)





先日そして本日と2日間をかけて一番大きなギャラリーができあがっているように思えます、

第6R発売中・イベントプラザの「場内予想屋さんによるレース予想会」。

本日2日目は「チャンピオン」の佐々木さんが担当しました。

第6R予想のカギはずばり、3枠の前田 淳選手(山陽)。スタートは早くとも、試走タイム37と

少し時計が足りないだけに、もし前田選手がスタートで切って行けたなら、後追い重視の

8枠・金子大輔選手や7枠・若井友和選手(川口)が前逃げの前田選手をさばいていけるか

否かの展開に。そして前田選手がスタートを切れなかった場合、さらに内側の

2枠・櫻井晴光選手(伊勢崎)か1枠・松尾隆広選手(飯塚)が逆に前逃げ役を担いそうとのこと。

さらに5枠・地元優勝もあり近況好調で試走31の平田雅崇選手も、最近はインのみならず

アウトまくりも繰り出すようになり、さばきが出れば上位に食い込んでいけそうと予想。果たして!?



  

第5R、1着7枠・池田政和選手(川口)

初日に続いて1着連勝、勝利者インタビュー時、今日も次々と池田選手を慕う仲間選手が

中継カメラの後ろに集まって、なんとか池田選手を笑わせようとしていましたが・・・





「やっべ!バレた!!」

CS中継カメラの逆襲!?インタビュー中、いきなりクルっと振り向いて仲間選手を抜き打ち撮影!

逃げろ〜!、と一目散に中継場所から逃げ出してしまいました(笑)

池田選手:「カメラさん、あいつらを追い払ってくれて、ありがとうございました!(笑)」



  

第4R、1着8枠・中村雅人選手(川口)





第4R発売中、イベントプラザにて「木村武之選手の飯塚 特別GT優勝報告会&握手会」を実施。

今節SGの告知リーフレット(ちらし)を作製し、各地へ配布したのちに、

鈴木圭一郎選手の伊勢崎GUナイター優勝、次いで木村武之選手の飯塚 特別GT優勝と

朗報が舞い込み、追加で本日2日目の実施が決定したのでした。

木村選手:「優勝戦 枠番選択会の際、選択の優先権が(鈴木)圭一郎君、自分、青山(周平)君の

順番で、圭一郎君が最初に2枠を選び、自分は1枠か3枠かを選べたのですが、

(自分が1枠を取らないと、確実に青山君が1枠を選ぶだろう)と思って、先に1枠を選択しました。

レースで先頭に立ってから後ろから気配を感じましたが、ずっと圭一郎君だと思っていたので、

永井(大介)さんだとは最後まで分からず、ゴールを迎えて初めて永井さんが追っていたと

知りました。それどころか、確定するまで自分が優勝していたなんて思わなかったですね。

飯塚開催はこれまで一般開催でさえ優勝したことがなかったので、目標にしていました。

その目標を、特別GTという形で成し遂げることができたので、嬉しかったです。」



  

小さなお嬢さまからご年配のレディまで、女性に大人気の木村武之選手。

今日の優勝報告会&握手会のために、平日ながら浜松オートへご来場くださった

遠方からお越しのファンも多かったそうです。ご来場ありがとうございます!

そして木村選手、「特別GT共同通信社杯プレミアムカップ」優勝、おめでとうございました☆



  

第3R、1着7枠・新井恵匠選手(伊勢崎) 激戦を制して手応えアリの新井選手。





第3R発売中、イベントプラザにて「選手会による被災地義援金 募金活動」を実施。

本日の参加選手は、松山茂靖選手、そして川口から黒岩 明選手が引き受けてくださいました☆

浜松オートのイベントプラザに他場の選手がやってくることはごく希なので、

お客さまも募金の参加とともに黒岩選手へ写真撮影やサイン書きなどをお願いしていました。





松山茂靖選手、黒岩 明選手。ありがとうございました!



  

第2R、1着8枠・篠原 睦選手(飯塚)

インタビュー後のコメント:「”乗りやすすぎて気持ちが悪い”って、SGで2連勝もできたんだもの。

こんな時くらい、これくらいのコメントを言ってみたくなっちゃうよね(笑)」





第2R発売中はCS放送にてAKIちゃん&ASAHIちゃんの「ピットレポート」を中継。

明日の3日目は川口オートから菜乃花ちゃん、伊勢崎オートからキラッツのお二人も

応援に駆けつけてピットレポートに参加します。どうぞお楽しみに☆



  

第1R、1着6枠・内山高秀選手(伊勢崎)

「昨日からエンジンが良かったのと、今日は1R出場だったので、エンジンはそのままで行きました。

 あとはタイヤ選びだと思います。今日使ったタイヤも良さげです。」





「やるね〜ぇ」と内山選手の1着を褒める永井大介選手(川口)。

本日の1着インタビューも慕う仲間選手たちが中継カメラの裏に集まってきそうです♪





本日の開門先着プレゼントは、高橋 貢選手のサイン色紙、SG出場お好きな選手サイン色紙、

鈴木圭一郎選手のサイン入りSG告知ポスター、同じくサイン入りのSG告知のぼり旗です。

それぞれ未確定車券やはまりっちレシートのご提示が必要です。

先日に増して開門と同時に長蛇の列ができあがっていました。



  

走路状況に変化をきたす程ではありませんが、浜松の空からごくわずかに

雨粒が降ってきたかと思いきや、すぐに止んで青空が見えてきたりと、

台風25号徐々にが近づいている影響からか天候が少々不安定です。





場内の夜警本部前には浜松オートPRチーム「遠州動楽會」さんご協力による

”なつかしの競走車”が展示されています。トライアンフ、フジ、メグロなど

歴代の競走車が勢ぞろいです。どうぞご覧ください♪





朝の走行練習が開始。先日のシリーズ初日にて鈴木圭一郎選手が試走タイム26、

上がりタイム.344という驚愕の時計を打ち出しており、改めて浜松走路はスピードバンクであると

実証させました。本日も1日直射日光がなく、ハイスピードレースとなりそうです。



  

「オッズパーク杯 SG 第32回全日本選抜オートレース」、2日目はくもり空からスタート。

さっそくロッカーへ足を運ぶと、一番最初に佐藤貴也選手にお会いできました。

貴也選手は選手会用掲示物、各選手の次節あっせん表を確認していて、

検車場には鈴木圭一郎選手よりも前の位置に車両が停められていました。

(一番奥の車両は丹村飛竜選手(山陽)です。)



  

次にお会いできたのは川口の新人・黒川京介選手。若干二十歳にしてSGへ新人出場、

先日初日は角南一如選手(山陽)、永井大介選手(川口)に次いで3着の成績となりました。



先日は場内にて「選手会による被災地義援金 募金活動」に参加、

とても優しくて良い選手です。ご協力ありがとうございました!



  

写真左:フロント周りをチェックする松本やすし選手(伊勢崎)

写真右:タイヤの表面を削る高宗良次選手(飯塚)





タイヤのリムについて話し合う、(右から)前田 淳選手(山陽)、柴田健治選手、

角南一如選手(山陽)。3選手とも同期・27期です。





こちらも早朝から整備を開始、(左から)黒岩 明選手(川口)、越智尚寿選手(飯塚)。

黒岩選手は本日第3R発売中・イベントプラザの「選手会による被災地義援金 募金活動」にて

松山茂靖選手と一緒に参加をします。ご協力をよろしくお願いします!





タイヤの候補をリアに乗せながらエンジンのフタを開ける鈴木 清選手(川口)。





こちらも早朝組、(左から)重富大輔選手(飯塚)、青山周平選手(伊勢崎)、

久門 徹選手(飯塚)。念入りにタイヤを選別、本日の降水確率は1日20%と

ほぼ良走路でのハイスピードレースとなりそうです。





まだ8時を回っていませんが鈴木圭一郎選手のロッカー通路は活気にあふれています。

確認できるだけでも、金子大輔選手、岩沼靖郎選手(伊勢崎)、内山雄介選手(飯塚)、

先輩選手へ挨拶まわりをする黒川京介選手(川口)、岩科鮮太選手、丹村飛竜選手(山陽)、

荒尾 聡選手(飯塚)、鈴木圭一郎選手がそれぞれ会話をしながら作業を始めていました。



  

金子選手や黒川選手は誰と会話&挨拶をしているのかなと覗いてみましたところ、金子選手は

鈴木聡太選手(伊勢崎)と会話、黒川選手は浦田信輔選手(飯塚)へ挨拶していました。




posted by ブンブンボーイ at 18:45 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

SG第32回 全日本選抜オートレース 初日のようす



夕方練習の実施時も確定表示板には鈴木圭一郎選手がマークした上がりタイム、

3.344がしばらく点灯。走行練習に気合が入る表示となったかもしれません。



2日目10/5(金)の開門先着プレゼントは、



・先着100名様「場内予想屋さん1回ご利用券」配布

・グリーンスタンド入場者先着200名様「スポーツ新聞」配布



・高橋 貢選手のサイン色紙 10名様

 2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

・SG出場のご希望の選手サイン色紙 5名様

 2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

※選手都合によりサイン色紙を得られない場合があります。

・鈴木圭一郎選手のサイン入りSG開催告知ポスター 2名様

 3000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

・鈴木圭一郎選手のサイン入りSG開催告知のぼり旗 3名様

 5000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。



となっています。どうぞお早めに!



そして第3R発売中・イベントプラザ「選手会による被災地義援金 募金活動」の

参加選手は、松山茂靖選手&黒岩 明選手(川口)に決定しました☆

ご協力をよろしくお願いします!







第12R、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)

初日から試走タイム驚愕の26、上がりタイム.344をマーク。





1着インタビューを通じて、選手管理地区から”後期No.1勝負服”のお披露目となりました♪



  

場内ではASAHIちゃんがイベントのMCを、走路内&管理地区内ではAKIちゃんが

ピットレポートやインタビューを5日間実施。SG開催に華を添えます☆

応援をよろしくお願いします!



  

第11R、1着6枠・角南一如選手(山陽)



  

第10R、1着2枠・緒方浩一選手(山陽)





本日より3日間、第9&10R発売中・イベントプラザにて

「浜松オートお楽しみ大抽選会」を実施。本日と明日の特賞は現金最大5000円、そして

SG第32回 全日本選抜オートレース・オリジナルQUOカードです。

2000円以上の車券購入者が対象ですので、未確定車券かはまりっちレシートをご持参ください!



  

第9R、1着8枠・高橋 貢選手(伊勢崎)

1着インタビューの直前、マイクのピンジャックが外れてしまいました(汗)



  

「それではカメラに1着選手のサインをお願いします!」とAKIちゃんが告げて、

貢選手がサラサラと書きこんだのは・・・出ました!恒例の「みつぐ」サインです(笑)

こちらはサイン記入時の撮影写真とともに額縁に入れて、CS放送の視聴者様へ

1名様にプレゼントします。詳しくはCS放送をご覧ください☆



  

第8R、1着8枠・中村雅人選手(川口)





第8Rはオートレースへ高額投資をしてくださる「大口様」を対象とした走路内観戦を実施。

時間の限り浜松オート走路内の施設や走路のしくみを紹介させて頂きました。

またぜひ浜松オートへ遊びにいらして下さい♪



  

第7R、1着4枠・鈴木宏和選手(浜松)





この時間、オートレースへ高額投資をしてくださる「大口様」を対象とした

選手管理地区内・見学イベントが実施され、わたくしブンブンボーイが管理地区内の案内を担当。

レース直後の選手お出迎えシーンや、1着選手インタビューのようすを見学しました。



  

第6R、1着3枠・藤岡一樹選手(山陽)

2着は6枠・渡邉 篤選手(浜松)が入り2連単は3-6で確定、明朗社・内田さんの予想が

ズバリ的中しました!ご購入された皆さま、おめでとうございました☆





シンプル・イズ・ベスト、公営競技場だからこその王道イベント、予想屋さんによる「レース予想会」。

本日と明日の2日間行なわれ、本日初日の解説は「明朗社」の内田さんが担当です。





内田さんの予想は本命の◎を3枠・藤岡一輝選手へ、対抗として6枠・渡邉 篤選手、

7枠・西原智昭選手、8枠・浦田信輔選手のいずれかということでそれぞれ○が記されました。

3-678といったところでしょうか。穴目としては裏目の7-23、6-23と記されましたが、果たして!?



  

第5R、1着7枠・池田政和選手(川口)

淡々と1着インタビューに応じる池田選手でしたが・・・





「池田さん、もっと笑顔、笑顔!スカしてちゃダメっスよ〜!」と、

池田選手を慕う仲間選手たちがびっしりと中継カメラの裏側に集まっていたのでした☆

池田選手:「お前らのせいでニヤけるのをずっとこらえてた、っての!(一同笑)」

オートレースモバイル・まっすぅも選手たちの和やかな雰囲気に笑顔がこぼれていました♪



  

第4R、1着6枠・加賀谷建明選手(川口)

荒尾 聡選手(飯塚)や大木 光選手(川口)に「おめでとう!」と祝福されて笑顔の加賀谷選手です♪





第4R発売中、イベントプラザに鈴木圭一郎選手が今期No.1勝負服を着用して登場!

「No.1勝負服のおひろめ会」と、「伊勢崎GUナイターの優勝報告会」をセットで行ないました。

圭一郎選手:「今回のNo.1勝負服は過去最高の出来栄えだと思います。テーマは、

シンプル、かつ、派手に。キラキラと輝いているイメージをちりばめながらも、

Tシャツの柄とした時、ファンの皆さまが外へ着やすいように、シンプルさも含めました。

右肩には船橋の悲しい出来事を忘れないように、という言葉を記しています。そして自分の名前、

マシン名(カルマ)、そして”浜松オート”と、スポンサーの”オートレースふなばし”のロゴを、

それぞれ勝負服に載せています。入れないと、いろいろな所から怒られちゃうんで・・(会場笑)」





続いて「伊勢崎GUナイター優勝報告会」、記念ウィナーズカード先着プレゼントのようすです。

圭一郎選手:「伊勢崎GUナイターまではエンジンの手ごたえが良かったのですが、それで

使い切ってしまったようですね。GU以降はあまり感触がよくありません…が、精一杯頑張ります。」



そしてイベントのラストに圭一郎選手からコメントが。

「10/7()の3R発売中、再びイベントプラザにて「No.1勝負服のチャリティオークション」を

 実施しますが…、(私たちスタッフを見つめながら)僕もステージに招待してくださいますよね?」

ということで、圭一郎選手の整備等、ご都合がよろしければぜひステージに上がって頂きたいです☆

日曜日もどうぞお楽しみに!



  

第3R、1着8枠・荒尾 聡選手(飯塚)

「まやちゃんに負けないよう頑張りまーす!」と手を振る荒尾選手♪





中継カメラの後ろには、整備中で工具を持ったまま

荒尾選手の1着を祝福しようとやってきた佐藤摩弥選手(川口)の姿が♪

1着インタビュー時は舞台裏にて仲間たちが祝福している光景をよく見かけます☆





今節は5日間毎日、第3R発売中・イベントプラザにて

選手会による「被災地義援金 募金活動」を実施します。

本日の参加選手は、藤波直也選手と、川口の新人・黒川京介選手です☆





「選手会カレンダーサイン会」と同様、募金にご協力くださった方を対象に

サイン書き込み(色紙等はご持参ください)や写真撮影に応じてくださいます。

明日以降も皆さまのご協力をよろしくお願いします。

藤波直也選手&黒川京介選手、ありがとうございました☆



  

第2R、1着8枠・金子大輔選手(浜松)





今節SGは5日間毎日、2R発売中に場内各所からの”ピットレポート”をCS放送にて中継。

担当はAKIちゃんとASAHIちゃんです。

写真を良く見ると、小粒の雨がパラパラと・・・。

ピットレポートの終了後より、走路状況の公式発表が「ぶち走路」に変化しました。



  

第1R、道中にて7枠・丹村飛竜選手に審議がかかり、反妨失格の判定となりました。

1着8枠・篠原 睦選手(飯塚)

中継カメラに向かって久々にグレードレース手応えアリのピースポーズです☆





本日初日は1着選手によるCSカメラのカバーガラスへサイン書きを行ないます。

1着選手のレポーターは飯塚オートCS放送のAKIちゃんです♪

CS中継のカメラの後ろから仲間選手に祝福されてガッツポーズの篠原選手でした☆





有料のグリーンスタンドでは5日間毎日ご利用者先着200名様へ「スポーツ新聞」を配布。

前検日から各新聞記者さんが取材チームとなって主力選手へインタビューを行なっています。

どうぞオートレース欄のSG特集記事をご覧ください!





今節SGは場内1Fのインフォメーションやインフォメーション前にて

「鈴木圭一郎選手 後期No.1デザイン柄Tシャツ販売」、「各選手サイン色紙プレゼント」、

「鈴木圭一郎選手のサイン入り SG告知ポスター or のぼり旗プレゼント」、そして

今節より「浜松オート選手会カレンダー2019販売」を実施。

開門直後から会場は長蛇の列となりました。特にNo.1Tシャツは数量限定につき

お早めにお買い求めください!

※No.1Tシャツや選手会カレンダー2019は売れ残っていればSG以降も

 1Fインフォメーション内で販売を継続します。





SG開催5日間は毎日浜松オートレースヴィーナスのASAHIちゃんが来場。

1日をかけて各種イベントに頑張ります。応援をよろしくお願いします☆





お先にどうぞ、と、三浦康平選手(伊勢崎)へ走行練習の順番を譲る人見剛志選手(山陽)。



  

写真左:タイヤのリム調整をする高宗良次選手(飯塚)。

写真右:整備道具を掃除する黒岩 明選手(川口)。





早朝から自身のロッカーにて競走車の清掃を行っていた川口の新人・黒川京介選手。

2級車500ccにして夢の舞台、SG出場を果たしました。そしてさらに、

本日は第3R発売中、イベントプラザでの「選手会による被災地義援金 募金活動」に

参加します、とイベント参加を引き受けてくださいました!



私は新人時代の鈴木圭一郎選手を思い出しました。圭一郎選手もまた、新人だった

船橋オート所属時代から、浜松へあっせんされた際に「自分で良ければ、浜松での

ファンイベントのお手伝いに参加させてください!」と自ら申し出て下さったのです。

なにか共鳴する部分があるのかもしれませんね。ありがとうございます!





浜松オート10月の大決戦、「オッズパーク杯 SG第32回全日本選抜オートレース」、

闘いの火蓋がいよいよ切られようとしています。早朝7:30過ぎ、走路内では

数人の選手たちがトレーニングを開始していました。

久門 徹選手(飯塚)と角南一如選手(山陽)は確認できましたが、他の選手は

特定できませんでした。こうして記事を書いているさなかにも、窓&緩衝柵の奥から

「ふっ!ふっ!!」と、腹筋を鍛えているような呼吸の音が聞こえてまいります。





検車場に競走車を運び込む荒尾 聡選手(飯塚)。既に検車場には鈴木圭一郎選手と

別府敬剛選手(飯塚)の車両が停められており、タイヤウォーマーが装着されていました。





足早にロッカーへ向かう松本やすし選手(伊勢崎)。左は内山高秀選手(伊勢崎)、

選手会用の会報など掲示物を一読していました。





ロッカーへ向かう田中 進選手(飯塚)。柴田健治選手は早くもフロント周りをチェック。



  

写真左:整備を開始する鐘ヶ江将平選手(飯塚)。

写真右:ロッカーへ向かう栗原俊介選手(伊勢崎)。古木 賢選手(川口)はタイヤ作りを開始。



  

写真左:タイヤにサンダーをかける岩沼靖郎選手(伊勢崎)。篠崎 実選手Tシャツを着用。

写真右:ロッカーへと向かう平田雅崇選手(川口)。





整備をしながら談笑をする平塚雅樹選手と渡邉 篤選手。仲が良いです。





入場門・ファイティングゲートの手前に並んだ選手たち。走行練習を見つめています。





走行練習に参加せず、練習を見つめていたのはスタート練習の順番待ちのためでした。

道中の走りよりも瞬発力&加速力、クラッチやチェンジ、アクセルを重視しているようです。





場内では各種移動販売・ケータリングの屋台が組み立てられ、搬入が行なわれていました。

開門の10分前までには車両を出さなければならず、急ピッチで作業を進めています。




posted by ブンブンボーイ at 18:13 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

SG 第32回全日本選抜オートレース 前検日 (非開催日)



本日10/3(水)は浜松オート10月の大決戦・

「オッズパーク杯 SG第32回全日本選抜オートレース」の前検日。

(場内は非開催日です)

本日の浜松の天候は晴れ、空高く大きな白い雲が流れています。

前検日の走行練習にもってこいの気候です。





浜松オートの正門では朝から大忙し。出走表を印刷するプリント用紙、さらには

場内のトイレに設置するトイレットペーパーといった各種紙類が到着し、

日本トーター浜松オートスタッフたちが集合し、場内へと運搬。

SGの5日間ともなると相当の数、そして重さになりますがチームで手分けをして運びました。





一方、管理地区内では競走会スタッフによりSG出場選手の競走車や梱包箱、

購入タイヤなどが運び込まれていました。





つい昨日まで川口オートにて開催があり、

10線最内枠から出場の3枠・平田雅崇選手が優勝を成し遂げました。

川口オートにあっせんされていた浜松SG出場選手のマシンも今朝到着しました。





本日は午後からの出場エントリーを前に、佐藤貴也選手による

「日本エジミウソン財団」への”寄付金授与式”が走路内にて行われました。

※エジミウソン…元・ブラジル代表のサッカー選手。エジミウソン氏自身が貧困層の出から

 世界トップのプロサッカー選手へと活躍を遂げたことから、現在は貧困に苦しんでいる

 子供たちへのスポーツ・部活動支援として慈善活動の財団をブラジルに設立。

 のちに日本にも「日本エジミウソン財団」が設立されました。



「一般財団法人 日本エジミウソン財団」 の役員さんと貴也選手がお知り合いだったこと、そして

浜松はかねてよりブラジルとの親交が深いこと、などから今回、貴也選手も慈善活動に参加。

スポーツに携わる競技選手として、トラックである走路内での授与式を提案しました。





佐藤貴也選手から、一般財団法人「日本エジミウソン財団」理事・鈴木哲也様へ。

授与式にはスポーツ報知の淡路記者も参加しており、明日以降のオートレース記事にて

掲載予定とのことです。どうぞお楽しみに♪

☆佐藤貴也選手コメント

「自分も”いちアスリート”として、次の世代の子供たちが不自由な思いをすることなく、

 夢を追っていけることを願い、寄付することといたしました。どうぞお納めください。」





グレードレースの恒例、前検日の”事前抽選会”。

腕の立つ選手同士が集まるグレードレースでは、勝ち上がりによって8車全員ハンデ0mの

オープンレース(枠番は抽選形式)になることが多々あります。

0mオープンレースが決定するたびに選手を集めて抽選会を行なうのは時間や手間が

かかるため、あらかじめ番号を伏せた名簿に出場エントリー順から名前を記入し、

0mオープンレースが決まるたびに伏せた数字を開いて、数字の若い順から

1枠、2枠、…と枠番を決めていきます。選手たちはまず、この名簿に名前を書きこんでから

いよいよ前検日の整備を開始する、といった流れです。





寄付金の授与式を終えて背広からTシャツに着替えた貴也選手は

休む間もなく整備を開始。手前は松本やすし選手(伊勢崎)です。





川口の新人・黒川京介選手が先輩選手たちの作業準備を前もって進めているところへ、

師匠の中野憲人選手、そして佐藤摩弥選手がやってきました。

写真右はタイヤ削りを始める森谷隼人選手(川口)です。



  

写真左:さっそくタイヤ選びから開始した吉原恭佑選手(伊勢崎)。

写真右:「いよいよSGですね・・・」とタイヤ加工場手前のベンチで会話をする、

田中 茂選手(飯塚、右)と岩科鮮太選手(左)。岩科鮮太選手は元・飯塚所属で、先輩の茂選手と

同じグループでした。浜松斡旋の際は鮮太選手の隣のロッカーを茂選手が借りています。





お昼を過ぎていよいよ走行練習の許可がおり、走路には真っ先に

黒川京介選手が走り込みを開始。新人・2級車にてSGレースに挑みます。



ちなみに、明日のSG開催初日は恒例の”1着選手サイン書き”をCS放送にて実施します。

ひとレースを終えるごとに、1着選手の合計12名が中継カメラのカバーガラスへ

直接マジックでサインを書き込みますので、CS中継をどうぞお見逃しなく!



  

左から、重富大輔選手、久門 徹選手。ともに飯塚ライダーです。

浜松にあっせんされると毎日入念に走行練習をするイメージがあります。





昨日川口オートにて優勝を納めたばかりの平田雅崇選手(川口)が、はやくも

午前中のうちに浜松ロッカー入りを果たしました。気合が入ります。

「エンジンは良いほうですね。ただ、川口での状態が浜松でも通用できるか、です。」

平田選手は数個のキャブレターを手に持っていました。

すると平田選手のもとへ「優勝、おめでとう」と、同じ川口所属の大木 光選手や

中村雅人選手、そして新井恵匠選手(伊勢崎)が声をかけていました。





競走車を浜松ロッカーへと運び込む、(写真手前から)岩田裕臣選手(川口)、

櫻井晴光選手(伊勢崎)、松山茂靖選手。





天日干ししてあった競走車の頃合いをみてからツナギに着替えて走路へと移動する

緒方浩一選手(山陽)。





会話をしながら作業を進める、(手前から)丹村飛竜選手(山陽)、荒尾 聡選手(飯塚)。

ロッカーのお向かい、会話のお相手は・・





金子大輔選手でした♪笑顔も見えて、雰囲気はとても良さそうです。

この記事を書いている際、私のデスクへ「今節、よろしくお願いしまーす!」と、

元・飯塚オート勝利の女神、AKIちゃんが挨拶にやってきました♪

はるばる飯塚からご足労さまです、こちらこそ5日間頑張ってください☆



  

写真左:近況好調、地元飯塚の特別GTでは4日目まで3着以内の連対を続けた

 高宗良次選手(飯塚)。先輩選手のロッカーをセッティング。

写真右:選手食堂へ向かう西村龍太郎選手(山陽)。



  

浜松へ到着、髪をかき上げながら指定のロッカーに入るや、すぐさまツナギに着替えて

走路へ駈け出し走行練習を開始した森 且行選手(川口)。

浜松走路は相性が良いという森選手、まずは前検日のひと乗りです。



  



ここでニュースが入ってまいりました!



明日10/4(木)から開幕する「オッズパーク杯 SG第32回 全日本選抜オートレース」、

イベントの一部内容変更と追加が決定しました。



・10/4(木) 3R発売中、イベントプラザ 「選手会による義援金 募金活動」の参加選手が

藤波直也選手、そして川口の新人・黒川京介選手に決定!

☆皆さまのご協力をよろしくお願いします!



・10/6()〜8() 開門〜、正門奥通路

落合 巧選手、花田一輝選手、金田悠伽選手の3名による

「選手会浜松支部選手 災害義援金 募金活動」を3日間実施

☆皆さまのご協力をよろしくお願いします!



・10/7() 3R発売中、イベントプラザ

「浜松オート選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」を、

鈴木圭一郎選手のNo.1勝負服 チャリティオークション』 に変更

☆晴れ勝負服の2枠(黒)と、雨勝負服の4枠(青)をステージで競売にかけます。

売上は災害義援金とします。都合が良ければ鈴木圭一郎選手自身がステージに登場!?

どうぞお楽しみに!





上記ニュースを書いているさなかに走路から「ブリュン」という異音が聞こえ、扉を開けると

田村治郎選手(伊勢崎)がスリップ落車を喫し、自ら立ち上がって外周へ避難していました。

他車との接触はなく、一時走行練習中段の赤旗が振られました。

田村選手の元へロッカーから池田政和選手(川口)などが駆け寄っていくと、

「すみません、すべっちゃいました・・」とコメント。

容態は軽傷、打撲程度と思われ、すぐにロッカーへ戻っていきました。





各社新聞記者をはじめ、公営競技ライター・沢 朋之さん、CS放送の安原幸子さんなど

取材陣がチームとなって選手ロッカーひとつひとつを回りインタビューを実施。

スポーツ新聞の記事にも注目です。





チーム川口でお互いのマシン状況の確認をしあう、(左から)山田達也選手、

大木 光選手、中村雅人選手、早船 歩選手。4人とも鈴木健吾選手のそばのロッカーを使用。



  

こちらは神妙な面持ちで談義をする木村武之選手と佐藤裕二選手(川口)。佐藤選手は

浜松遠征時、木村選手や中村晋典選手、伊藤信夫選手と過ごしていることが多いです。





こちらは遠征選手専用、離れのロッカー「B棟」。池田政和選手(川口)のマシン整備を

谷津圭治選手(伊勢崎)、西原智昭選手(伊勢崎)、五十嵐一夫選手(川口)が

手伝っていました。元・船橋ライダーズです。



  

こちらは山陽ライダーズ。左から、岩崎亮一選手、角南一如選手、前田 淳選手。

前田選手がツナギの下に着ているスポーツ・アンダーウェアがまるでウルトラマンみたいです。



  

写真左:若井友和選手(川口)は遠藤 誠選手のそばのロッカーを使用。その手前には

 永井大介選手(川口)もロッカーを借りています。「よろしくお願いします」と声を掛けて下さいました。

写真右:左から、古木 賢選手(川口)、黒岩 明選手(川口)。新聞記者の取材に対応。

 その奥は岩沼靖郎選手(伊勢崎)です。



このあと、上記の”SG追加&変更イベント”を浜松オートオフィシャルサイトへ

アップする作業に入り、完了した時には前検日の作業時間が終了となっていました。

本日はここまでです。







写真:「なかなか良いバイクだよねぇ」と、駐車してあったトライアンフ製バイクを眺めて

会話をする岡部 聡選手(山陽)と鈴木 清選手(川口)。





いよいよ明日より「オッズパーク杯 SG第32回全日本選抜オートレース」が

浜松オートにて開幕します。

初日10/4(木)の開門先着プレゼントは、



・先着200名様「紙パックドリンク」配布

・先着100名様「場内予想屋さん1回ご利用券」配布

・グリーンスタンド入場者先着200名様「スポーツ新聞」配布



・永井大介選手のサイン色紙 10名様

 2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

・SG出場のご希望の選手サイン色紙 5名様

 2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

※選手都合によりサイン色紙を得られない場合があります。

・鈴木圭一郎選手のサイン入りSG開催告知ポスター 2名様

 3000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。

・鈴木圭一郎選手のサイン入りSG開催告知のぼり旗 3名様

 5000円分の未確定車券かはまりっちレシートを1Fインフォ前の会場へご提示ください。



となっています。どうぞお早めに!




posted by ブンブンボーイ at 18:02 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

川口「市営 第8回2節」場外発売・4日目は「中止」となりました ※浜松SG 指定整備日



写真:浜松オート東駐車場。台風により折れてしまった木々の伐採&撤去を実施しています。



猛烈な台風24号が本州を横断した影響で浜松市内が停電となり、

10/2(火)も浜松オート周辺地域は停電が続いていることから、

本日予定していました川口「市営 8-2」の場外発売・4日目もあえなく「中止」とさせて頂きます。

皆さまにはご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、何とぞご了承ください。





浜松オート・正門向かいのゲートにたたずむ桜木。

今まで見たことがないような色に変わっています。





よく見ると桜の葉っぱが青いままの部分と、パリパリに枯れきってしまった部分が混同しています。

台風の中に含まれた遠州灘の海水が浜松市中区までに吹き込まれて起きる「塩害」なのだそうです。





走路内では造園屋さんが走路内観戦用ベンチ周辺の雑草を除去。とてもスッキリしました。

一方、緩衝フェンスでは全国から届きました「選手応援幕」を全体に張り出す作業を実施。

走路内が満杯になった場合は西側スタンドに貼り出します。

お話によると過去最高に近い応募数とのことです。





本日の浜松オートは停電により川口場外は「中止」となりましたが、選手管理地区では

任意で参加しマシンの点検等を行なえる「指定整備日」となっています。

ところが通電されていないため、管理棟にはガソリン発電機が設置されていました。



9:30頃、選手管理地区へ足を運ぶと、まず最初に渡邉 篤選手とお会いできました。

手にはコンセントを持っており、やはりロッカー内も電気が通っていないようです。





そしてロッカー内。廊下奥・マシン出入口の扉から入り込む光しかなく、こちらの写真は

シャッターを20秒間開けっ放しのバルブ撮影をしているため明るく見えますが、

実際は真っ暗です。実際はこの写真の中に藤波直也選手、金田悠伽選手がいるのですが

暗い場所で廊下を往来しているため、カメラの特性上、残像さえ残らない状態です。

金田選手:「本当は目の前が分からないくらい、真っ暗ですよ〜!と、お伝えくださいね(笑)」

藤波選手:「こんな状態でも指定整備の参加選手は頑張っています!と書いといてください(笑)」





比較的、陽の光の差し込む量が多めである鈴木圭一郎選手のロッカー周辺。

シャッタースピードが早くなり、わずかですが右奥に鈴木圭一郎選手の残像が映りました。

右手前は平塚雅樹選手です。(写真中央の残像は渡邉 篤選手。)

なお、停電により天井の時計も止まったままで、2日前に停電が発生した22:55を差しています。





「ウチの地域は先日電気が復旧しましたが、まさか浜松オートがまだ停電のままだったとは…」

と、鈴木宏和選手。陽の差し込む光だけを頼りにロッカーの整理作業をしていました。

こちらの写真も、実際はもっと真っ暗です。

「先日は新聞社へ媒体訪問をしてきましたが、喋るのはニガ手なので…大変でしたね(苦笑)」





宏和選手:「自分のロッカーはまだ多少、日光が差し込んでますけど…

もっと奥のロッカーも見てみてくださいよ。」と、案内してくださったのが、

一番奥の中央部に位置する、同32期・松本やすし選手(伊勢崎)のロッカーです。

屋外では陽の光が燦々と降り注いでいる日中ですが、非常灯・LEDライトひとつだけで

メンテナンス作業をしており、まるでトンネルの中にいるようです。

そしてやすし選手の作業を、川口の新人33期・黒川京介選手が手伝っていました。

やすし選手:「ミッドナイトオートレースでもここまで暗くはならないですよ(笑)」

黒川選手:「やれる作業も限られてしまいますよね。自分は予定していた今日の作業の中で

エアーを使いたかったのですが・・(エアーのトリガーを数回握っても空気が出ず)、

やっぱり出ませんよねぇ…。。」





ロッカー出入口付近の水道にて手を洗う岩科鮮太選手。

「せっかく今日の指定整備日から作業を始めようと思っていましたが、まさかこんな状況に

なってるとは思わなかったので…やりたかった作業ができないので、

今日は早めに切り上げることにします。」





























1日をかけて掲示を行なう「選手応援幕」。西側スタンド手前の手すりに全て掲示されても

まだ応援幕がありますので、西側スタンド上段にも掲示が続けられます。





陽の差し込む廊下まで工具セットを移動させてエンジン内部の清掃を行っていた佐藤貴也選手。

同グループの金田悠伽選手が手伝っていました。



  

左から、新井恵匠選手(伊勢崎)、頭をかかえる藤波直也選手。

新井選手:「浜松でも今回の台風はこんな状況にしてしまうんですね。開催はどうなるのでしょう?」

藤波選手:「自分の家は先日復旧しましたが…まさか浜松オートが停電のままとは。

せっかくのSGなのに、前途多難になってしまいましたね。う〜む…。。」





陽の光を頼りに整備を進める渡邉 篤選手、そして写っていませんが平塚雅樹選手。

平塚選手:「ブンブンさんの最速の情報は、僕たち選手にとっても大変助かっていました。

とくに遠征の前後日や、非あっせんの際、浜松の戦況を知ったり、けがの容態だったりと

ひそかに選手たちはみんな助かっていたんですよ。またぜひお願いできればと思います。」





浜松のあっせん時に指定整備日があると、率先して参加をする青山周平選手(伊勢崎)。

本日も早朝から作業を開始する計画でいましたが、

電灯がひとつも点いていない状況に驚いていました。

青山選手:「復旧状況はどうなっているのでしょうか…?まだ未定、ですか…心配ですね…。

せめて明日の前検日には直ると良いのですが、SG開催に響かないことを願います。」





午後を過ぎるまでは電気が通らず、唯一水道だけが使える状態だったので

レーシングスタッフは車両清掃等を優先して行っていました。





走路内の内外線も全てが新たに引き直されてクッキリと見えます。

そしてついに午後2時頃、浜松オートが無事に”復電”となりました!





写真:三浦康平選手のエンジンの取り外し作業を手伝う仲間選手たち。

浜松のロッカーに電気が戻り、ようやく通常の風景が戻ってまいりました。



  

ロッカー内では各所から「あははは♪」と笑い声が聞こえてまいります。

写真右は吉原恭佑選手(伊勢崎)。縦型のリアカーは主にエンジン部を運ぶものです。

前検日の1日前となる指定整備日では、もっぱら時間のかかるエンジン下回り等の

整備を計画している選手が参加をして、明日の前検日を前に、ある程度バラすところまで

作業を済ませておくことが多いです。





赤堀 翼選手は2人乗りイベント用のタンデム・セアをメンテナンスしていました。





西側のスタンドも中段そして最上段まで応援幕が掲示されました。

場内も”いよいよ開幕”といった雰囲気がしてまいりました♪





そして指定整備時間を終えた後の夕方。

私たち浜松オート・レーシングスタッフ(浜松市施行者、競走会浜松支部、

選手会浜松支部代表・藤波直也選手、日本トーター浜松オート)は一路、JR浜松駅前の

ショッピングモール、「ソラモ」へ。



SG開催を告知するラストスパートとして”ポケットティッシュ配り”を実施しました。





  

ちょうど帰宅時に実施したこともあり、会社帰りのお父さんや買い物帰りのお母さん、

はたまた夕食を食べに行く外国人の方々など大勢が行き交っている「ソラモ」にて

ポケットティッシュは瞬く間に完配となりました☆すると・・・



「ブンブンさん、おつかれさまです!」





なんと、明日前検日の前入りとして、ちょうどティッシュ配りの最中に浜松駅へ到着しました

松尾啓史選手(山陽)がお声をかけてくださいました☆ありがとうございます♪

啓史選手:「明日からよろしくお願いします!」





人事を尽くして天命を待つ。こうしてポケットティッシュ配りは無事終了となり、

本日のお仕事はこれまでです♪

「皆さん、おつかれさまでした!」



ちなみに、浜松市内は現在も電気が復旧していない地域が点在しており、

信号が消えたままの交差点もちらほら残っています。

ティッシュ配りの実施時間よりも、浜松駅〜浜松オートレース場までの帰路にかかった

運転時間のほうが倍もかかっていたのでした(苦笑)





明日の浜松オートはSG前の場内最終点検日(非開催日)、

そして前検日となります。

あさって10/4(木)の開幕をどうぞお待ちください♪




posted by ブンブンボーイ at 19:15 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする