2018年10月16日

川口&飯塚 場外併売・4日目、浜松前検日のようす


鈴木圭一郎選手の完全優勝&3連覇、そして”浜松ワンツースリー”の上位席巻となった

「SG 第32回全日本選抜オートレース」の興奮から約1週間後。

ふたたびここ浜松オートにて本場開催・「第9回 浜松観光食堂杯フードアタック」が

明日10/17(水)から開幕します。3日間開催となる今節は2日目の10/18(木)に

1着選手のみ優勝戦進出の”準決勝8バトル”が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!



さっそく選手管理地区へと足を運ぶと、写真には写りませんでしたが、今節イチバンに

お会いできたのは岩田行雄選手(伊勢崎)でした。(写真は赤堀 翼選手です)

管理棟内にて出場エントリーをしているところで、SGから連続あっせんとなります。

「おぉ、ブンブン君。今節もよろしく!」とご挨拶くださいました。いつもありがとうございます♪



  

今節あっせんの伊勢崎女子ライダーズ、(左から)高橋絵莉子選手&田崎 萌選手が

各ロッカーや食堂をまわって先輩選手たちへ「よろしくお願いします!」と挨拶を行なっていました。

浜松へのあっせん率・場数が高いだけに、浜松での乗り方も人一倍会得しているかもしれません。

写真右はロッカーへ荷物を運ぶ木村武之選手。木村選手は前節「SG全日本選抜オートレース」にて

優勝戦出場を果たしており、当時のままのエンジン状態で冷え込みが進む今の走路に合うかどうか、

まずはひと乗りといったところです。



  

ロッカー入口前の「タイヤ加工場」では、伊藤信夫選手が早くもタイヤ作りを始めていました。

そして同じグループの弟分である山脇孝志選手の整備をお手伝い。

信夫選手も木村選手と同じく前節SGにて優勝戦進出を数年ぶりに果たしました。

今節はSG優勝戦の1〜3着を席巻した鈴木圭一郎選手、佐藤貴也選手、金子大輔選手が

3選手とも非あっせん・不出場となっており、連続で優出を狙える絶好の機会となっています。

(3選手は今節直後に山陽オートで開催する「GU若獅子杯」へあっせんされているからです)



  

写真左:石貝武之選手、奥に小松久二一選手。午前中から整備を開始。橋本陽介選手の姿も。

写真右:友好グループである先輩・山ア 進選手(山陽)が使用するロッカーの準備を進めておく

渡邉 篤選手。渡邉選手も今節非あっせんのため、部屋の準備だけをしてそのまま帰ります。





今節飯塚よりたったひとりのS級出場&SGからの連続出場・田中 茂選手(飯塚)のロッカーでは、

シリンダーやロッドがむき出しになるほどエンジンが解体されていました。

大がかりな整備に踏み切るのも、今節は優出そして優勝を狙える環境が

揃っているからかもしれません。





松尾啓史選手(山陽)もSGからの連続出場です。どなたかに声をかけているようですが…





その先を覗いてみたら、同26期の松山茂靖選手でした。

今節出場・交川陽子選手のマシン整備を手伝っているところで、金田悠伽選手も

見守っていました。金田選手も今節は非あっせん、先輩や仲間選手のお手伝い組です。



  

写真左:走路へと駆け出す湯浅 浩選手(伊勢崎)。

写真右:走行練習の前にエンジンを温めておく柴田健治選手。追加あっせんです。



  

写真左:エンジンを鳴らしに試走場へ向かう田中 哲選手(伊勢崎)。

写真右:先輩への挨拶や準備を一通り済ませてから整備を開始する、

 高橋絵莉子選手&田崎 萌選手の伊勢崎女子ライダーズ。ロッカーは隣同士です。





ストップウォッチを持って交川選手の走行スピードを計る松山選手。今節は

交川選手の師匠・長谷晴久選手が非あっせんなので、同グループの松山選手が

代わりに交川選手を育成しているようです。





本日は川口オートと飯塚オート、ともに最終12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。

優勝戦を告げるファンファーレがCS放送から流れると、選手たちはそれぞれ

モニターのあるところへ集まって戦況を見守りました。





まずは川口オート最終12R「優勝戦」。1枠・穴見和正選手(山陽)が得意の

インコースをシャットアウトした走りを展開していましたが、最初に穴見選手を攻略した3枠・

佐藤摩弥選手が先頭を手に入れると、追走の5枠・藤岡一樹選手(山陽)の前輪攻勢を

最後まで抑えきってゴールイン!自身の通算4回目となる優勝を地元川口で成し遂げました!





ウィニング・ラン。今節川口では浜松の女子ライダー・岡谷美由紀選手が

手首を骨折してしまう落車事故が発生しており、同じ女性ライダーである摩弥選手が

岡谷選手の分まで力の限り走り抜いたといえます。

佐藤摩弥選手、地元優勝おめでとうございました☆





さらに飯塚最終12R「優勝戦」。地元飯塚の8枠・篠原 睦選手が先頭を手に入れて

決着かと思いきや、さらに後方から7枠・新井恵匠選手(伊勢崎)が最速試走29の愛機・

ミタケ2を操り渾身のイン差しを決めてTOPを奪取、そのままチェッカー!

飯塚開催の初優勝を成し遂げました!





AKIちゃんのインタビューに、「飯塚での優勝は初めてですが、こんなにも多くの方々に

最後まで見届けて頂けて、嬉しいです!」とコメントしていた新井恵匠選手。

飯塚初優勝、おめでとうございました☆







「上村さん、お先にあがります」と、宿舎へあがる前に上村敏明選手へ挨拶をしていく

鈴木孝治選手&廣瀬豪彦選手。上村選手は2期の鈴木章夫選手に次ぐ、

7期のベテランライダーです。(孝治選手は11期、廣瀬選手は19期です)





本日ラストに浜松オートニュース。

明日開幕の「第9回 浜松観光食堂杯フードアタック」、3日間連続・

第3R発売中、イベントプラザにて「選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」の実施が決定!

明日初日の参加選手は、選手会浜松支部長の中村晋典選手と、

仲良しの同24期・仲口武志選手に決定しました☆



「明日はよろしくお願いします」と笑顔の仲口選手&晋典支部長です♪

2019カレンダーをこれからご購入される方も、すでにご購入済の方も、

現物を会場へお持ち頂ければ両選手がサインを書きこみます。

皆さまお誘いのもと、ふるってご参加ください!


posted by ブンブンボーイ at 17:49| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川口「デイリースポーツ杯」&飯塚「牛島青果杯」 場外併売・4日目&浜松前検日


本日10月16日(火)は川口「創刊70周年記念 デイリースポーツ杯」と
飯塚「牛島青果杯 ベジタブルアタック」の場外併売・ともに4日目・最終日と、
浜松オート本場開催「第9回 浜松観光食堂杯フードアタック」の前検日。
(開門予定時刻10:00、川口第1R試走開始10:31、飯塚第1R試走開始10:39)

浜松の天候はくもり。ですが西の空に青空が見えており、天候は回復傾向にあります。

開催地・川口と飯塚の天候につきまして、
川口の天候は「はれ」・走路状況「良走路」。気温18℃、湿度92%、走路温度20℃、
降水確率は午前10・午後10%。
飯塚の天候は「はれ」・走路状況「良走路」。気温18℃、湿度78%、走路温度23℃、
風速1m、降水確率は午前10%・午後20%。

川口&飯塚はともにレース日和となりそうです。

先日川口の各レースにて発生しました落車アクシデントにつきましての
浜松選手容態情報です。
岡谷美由紀選手は手首の骨折でしばらく休場、
高田克重選手も左足首の骨折でしばらく休場、
片岡信之選手は打撲程度とのことですが
他車落車原因車のため本日1日罰則休となっています。


本日は川口&飯塚ともに第12Rが「優勝戦」です。
川口は浜松ライダーの優出はなりませんでしたが、
飯塚では辰巳裕樹選手が4枠20線からの出場を果たしました。
熱戦にご期待ください!


☆川口 第12R「優勝戦」


☆飯塚 第12R「優勝戦」


posted by ブンブンボーイ at 09:50| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする