2018年11月30日

第14回 レッドリボンカップ 4日目・最終日のようす



「第14回 レッドリボンカップ」、最終12R「優勝戦」は時間と共に走路が冷えていく落陽決戦となり、

最重ハンの8枠10線・木村武之選手が断トツの走力をみせてチェッカー!

大みそか決戦への弾みとなる、シリーズ全1着の”完全優勝”を成し遂げました!





ファイティングゲートに凱旋した木村選手を「おめでとう!」と祝福に駆け付けたのは

同じグループの高田克重選手、同26期の松山茂靖選手、そして新井恵匠選手(伊勢崎)です。

レーシングスタッフから「お水はいかがですか?」とペットボトルが用意されると、

「ぜひください!もう喉がカラッカラで…。」と、こわばった表情が抜けきれない木村選手。

やはり先日のレースを経て、ずっとスマートなレースを心がけようと、昨晩から

神経をとがらせていたのでしょう。透き通った冷水を2口、3口と飲み、

松山選手たちから「今日は良かったよ。先頭に立ってからも、ぶっちぎりだったし。」と、

申しぶんのない走りでの完勝の感想を聞くと、木村選手は「よかった…」と、

ようやくホっとした安堵の表情を浮かべるのでした。





イベントプラザ「公開表彰式」にて、本日のゲスト・CLEEM MIKUさん&ASAHIちゃんと一緒に。

木村選手:「これからも、1回でも多く優勝できるように、一生懸命がんばりますので、

 これからも、浜松オートに来て応援をよろしくお願いします!」





そして表彰式時、今節をかけて選手会より管理地区内にて集められましたレッドリボン募金を

目録にして、木村選手からNPO法人「魅惑的倶楽部」理事長・鈴木恵子さんへと贈られました。



鈴木恵子さん:「木村選手、完全優勝、おめでとうございます。木村選手は、実は第9回 開催の

チャンピオンでもあります。そして第10回 開催の告知ポスターのモデルになって頂きました。

来年に向けて私たちは引き続き開催のポスターを作りたいのですが、再びモデルになって

頂けますでしょうか?(木村選手が「はい」と答えると、会場から拍手が起こりました)

ありがとうございます!毎回、たくさんの選手の方々から寄付をいただき、また、来場された

皆さんからも、本当にたくさんの、あたたかいお言葉やご寄付をいただき、本当に私たちは

感謝をしております。開催の歴史は長く、14年前から啓発活動をさせて頂いてますけど、

選手の皆さんのお力添えがなければ、続けることができなかったことです。私たちはまた、

初心に戻りまして啓発をがんばってまいりますので、ぜひこれからもよろしくお願いいたします。」



木村武之選手、完全優勝おめでとうございました☆









第12R「優勝戦」は時間変更となり16:10ファンファーレ予定です。

熱戦にご期待ください!





そして第12R「優勝戦」の試走はASAHIちゃんによる「優勝戦ラウンドガール」、

外国産アルファロメオ車に乗っての始動です!





第11R「特別選抜戦」、副賞として”STOP AIDS賞”が付きます。

1着6枠・岩科鮮太選手(浜松)、2着3枠・古木 賢選手(川口)、

3着2枠・浅野浩幸選手(浜松)の確定は6-3-2。

岩科鮮太選手は本レースにて”通算300勝”を成し遂げました!





第11R「特別選抜戦」をメモリアルな通算300勝で飾りました岩科鮮太選手。

レッドリボンプロジェクトのNPO法人・「魅惑的倶楽部」理事長、鈴木恵子さんと

本日来場ゲストのCLEEM MIKUさんから、副賞の”STOP AIDS賞”が贈呈されました。

300回目の1着勝利、おめでとうございました☆





第10&11R発売中、1Fインフォメーション付近にて「カタログギフトの当たる

未確定車券抽選会」を実施。本日の特賞は日に日に深まる秋にちなんで

”お鍋セット”のカタログギフトです♪1000円以上の未確定車券か

はまりっちレシートを会場にてご提示ください。全て当選次第終了となります♪





第9R発売中の「ライブステージ」・2ndを終えたCLEEM MIKUさん、人当りの良さから

すっかりお客さま&レッドリボンスタッフと仲良くなりまして、レッドリボンブースにてしばらくの

ご歓談を楽しんだのちに、ブース用テントへのサインの書き込みをお願いされていました♪

レッドリボンチームへ新たな仲間が加わりましたね☆





今節場内常駐の移動販売、漬けマグロの串カツ・「ほっこりDININGきら」さんのテントも

オートレーサーによる直筆サインが少しずつ増えていっています♪

サインの形やマシン名によってどの選手のサインか分かるので、

お友達同士で言い当てっこするのも楽しいです☆





第8R発売中のお楽しみ、「ASAHIトーク&抽選会」はイベントプラザにて。

次回のASAHIちゃんの来場予定は12/9、「第33回 日刊スポーツ杯」2日目です。

応援をよろしくお願いします!





毎日日替わりで行われました第6&9R発売中・イベントプラザの「ライブステージ」、ラストを飾るのは

昨年開催時の初来場からすっかりオートレースが好きになってしまったという、

浜松市は三方原出身のシンガーソングライター、CLEEM MIKUさんです☆

MIKUさんは待ちに待った浜松オート来場の喜びをファッションで表すかのように、

上下チェッカーファッションでステージに登場☆ 思わずリズムを取ってしまいたくなるような

ノリノリのオリジナルソングを歌いあげました♪MIKUさんは現在、プロバスケットチーム・

「三遠ネオフェニックス」のオフィシャルソングを担当しており、豊橋地区の方々なら

きっとMIKUさんの名を聞いたことがあるかと思います。今後の活躍にも期待です!





実は今開催が始まる直前、MIKUさんは急きょ第4Rの「走路内観戦」へお客さまと一緒に

参加することが決定しており、公式イベントというわけではなかったので、半分”お忍び”での

ゲスト参加となりました♪ オートレースの奥深さが少しでも分かって頂けたら幸いです☆





平日開催だからこそできるビッグサプライズ!?

第4Rを走路から観戦する「走路内観戦」にて、管理地区内にて行われた”選手との記念撮影”時。

今朝がた参加を引き受けてくださった鈴木宏和選手が一緒に参加をお誘い下さったのは・・なんと!

金田悠伽選手と、元・船橋所属のレジェンドライダー、岩田行雄選手(伊勢崎)でした!!

これにはお客さまも「え〜っ!(驚)すごい!!」と大歓喜☆

わたくしブンブンボーイも大御所の登場に、一気に緊張してしまいました。

ところがその緊張をほぐすかのように、岩田選手は

「これからも優勝をめざして、頑張りまーす!」と朗らかにコメントをくださり、

参加者全員大喜びで拍手を贈っていました☆

鈴木宏和選手、金田悠伽選手、岩田行雄選手。ご参加ありがとうございました!

それにしても宏和選手、すごい人脈をお持ちですね・・(笑)





今節ラストとなる第3R発売中、イベントプラザの「選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」。

本日の参加選手は、ともに優勝戦進出を果たしました22期コンビの

青島正樹選手&笠木美孝選手です☆

イベントのようすをしっかり撮影しておきたかったのですが…私はこのあとすぐに

「走路内観戦」の案内を控えていたため、序盤のようすを遠巻きで撮影するしか

時間がありませんでした・・残念。





ところが、「走路内観戦」の当選者さま方を管理地区内にて待っている際に、

サイン会を終えた両選手が「あのアルファロメオ、乗り味最高だよ!」と

談笑しながら戻ってまいりました♪



「同期選手でのイベント参加の写真をお願いします!」ということで、

青島正樹選手&笠木美孝選手、ご協力ありがとうございました☆





ASAHIちゃん来場日の第1R&第12Rの試走は「ラウンドガール」を実施していますが、

本日のラウンドガールは通常のサイドカーではなくアルファロメオ車で実施♪

運転は元・全日本オートレース選手会長の榑林敏郎さんです。



  

今節4日間日替わりの開門先着「選手サイン色紙」プレゼント、本日最終日は

青島正樹選手と伊藤信夫選手のサイン色紙を5枚ずつ用意しました。

2000円以上の車券購入者を対象にプレゼントしていきました。

すると、「ブンブンさん!おはようございます☆今日の朝は寒いですね〜!」と

CS放送のスタジオへ向かう安原幸子さんが声を掛けてくださいました♪おはようございます!





本日は浜松オートレースヴィーナス、ASAHIちゃんの来場日です♪

応援をよろしくお願いします!開門時、来場者お出迎えとともに先着200名様へ

「Gambooオリジナルカレンダー2019」がプレゼントされました。どうぞご活用ください♪





選手の中には自動車やドライブを趣味とする方も多いです。

朝練習の終了から第1Rの試走が始まるまでの間、走路内にて

選手によるアルファロメオ・プチ試乗会が行われました。

乗り心地を味わってしまったら、あわよくば購入してしまうかもしれませんね(笑)



  

左から、笠木美孝選手、高田克重選手。他にも赤堀 翼選手など、次々と

「自分も運転してみたい!」とファイティングゲート前に集まっていました♪





レーシングスタッフが先日他落をこうむってしまった金山周平選手へ「マシンは大丈夫だった?」と

声をかけていました。金山選手いわく、「朝練習に乗ってみた感じでは問題なかったです。ただ、

レースはできても1着を取れるかは分からないですけどね(苦笑)」とのことでした。









あっという間に「第14回 レッドリボンカップ」はシリーズ最終日。

本日をもって11月は終了となり、いよいよ2018年の師走に突入します。

写真は朝の走行練習を前に走路内でトレーニングをする湯浅 浩選手(伊勢崎)。

野田光宏選手も運動を行なっていました。



  

写真左:コーヒーを飲みながら連絡先の一覧表を調べる山脇孝志選手。

写真右:金山周平選手(伊勢崎)の車両。昨夜のうちに修理が完了、聞くところによると

 数十人という大勢の選手が修理および手伝いに関わったそうです。





早朝から手袋をはめて整備を開始していた鈴木宏和選手。

本日は第3R発売中・イベントプラザの「選手会カレンダーサイン会」に

青島正樹選手&笠木美孝選手が参加するため、第4R「走路内観戦」実施時の

管理地区内・記念撮影参加に宏和選手をお願いしましたところ快諾。

「誰か他の人も誘っていいですか?」というお話でしたので仲の良い選手も追加されると思います♪





優勝戦出場を決めた平田雅崇選手(川口)も整備を開始。

まだ静かなロッカーの中、煌々と明かりが灯っていました。





清岡優一選手(伊勢崎)と鈴木一馬選手。今節もう使わないと判断した道具などを

梱包箱にしまっていく作業を進めていました。最終日恒例の光景です。





先日落車となった藤波選手と金山選手のロッカーを訪ねに行く木村武之選手。

併走状態での落車で失格に至らなかったとはいえ、木村選手は両選手の容態とマシンを

相当気にしているようでした。ちなみに藤波選手は先日で参加解除・早退、

金山選手は第10Rに出場予定です。


posted by ブンブンボーイ at 17:35| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜松「第14回 レッドリボンカップ」 4日目・最終日



11/30(金)は浜松オート4日間開催・「第14回 レッドリボンカップ」の4日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:29)

浜松の今朝は「快晴」、走路状況「良走路」。

気温10.1℃、湿度53%、走路温度9℃、降水確率は午前0%・午後0%。

雲一つない快晴となり、好レースに期待できそうです。




☆開門先着200名様へ「Gambooオリジナルカレンダー2019」をプレゼント!


☆本日は浜松オートレースヴィーナスASAHIちゃんの来場日です。
応援をよろしくお願いします!



☆各門開門より、1Fインフォメーション付近にて「選手サイン色紙」を先着プレゼント!

・11/30…「青島正樹選手 サイン色紙」、「伊藤信夫選手 サイン色紙」
  各先着5名様 ※2000円以上の未確定車券を会場にご提示下さい

どうぞお早めに!


  
☆今節開催期間中、イベントプラザ右にて「レッドリボンブース」が出展。
・開催期間中毎日、レッドリボンプロジェクト啓発活動&募金活動を実施します。
・血圧測定など健康相談を実施予定です。
どうぞお立ち寄りください。

また、各レースの試走時、アルファロメオ車によるレッドリボン試走先導を行ないます。
運転は元・選手会長の榑林敏郎さんです。(他選手の搭乗もあるかも?)
どうぞご覧ください。



☆第3R発売中、イベントプラザにて
「浜松オート選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」を実施。
本日の参加は青島正樹選手、笠木美孝選手です。
これまでご購入済の方も、選手会カレンダー2019を会場へお持ち頂ければ
サインを記入します。ぜひご参加ください!



☆本日第3R発売中〜4Rをかけて、走路内にて
走路内観戦」を実施します。 (雨天時中止)

★各日1R発売中、1Fインフォメーション前にて「抽選会」を実施します。
 当選20名様を3R発売中より選手管理地区へご案内します。
★CLEEM MIKUさんが参加予定!

※赤系統の着衣はご遠慮ください。




☆開催中毎日、第6&9R発売中・イベントプラザにて日替わりで「ライブステージ」を実施。
本日の来場はCLEEM MIKUさんです。どうぞお楽しみに!




☆本日第10&11R発売中をかけて1Fインフォメーション付近にて
「プレゼントが当たる未確定車券抽選会」を実施。
★当日1000円以上の未確定車券か未確定投票受付明細を会場へご提示下さい。

『お鍋のカタログギフト』が当たります!

※全て当選次第終了です。




本日第11Rに「特別選抜戦」、第12Rに「優勝戦」が繰り広げられ、それぞれ
”STOP AIDS賞”、”魅惑的倶楽部 理事長賞”と副賞がついています。
熱戦にご期待ください!

☆11/30 浜松 第11R「特別選抜戦」、第12R「優勝戦」



posted by ブンブンボーイ at 08:18| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

浜松オート深夜便 〜第14回 レッドリボンカップ3日目〜


写真は19:40頃の選手ロッカー。本日第12Rにて落車をしてしまった藤波直也選手が
総合病院の診察を終えてロッカーに戻ってまいりました。
「どう?身体は大丈夫?」と仲間たちが集まっていましたが、誰よりも藤波選手のそばに
駆け寄って心配していたのが、同じ12Rにて藤波選手と競り合いをしていた木村武之選手でした。
木村選手と藤波選手は、お互いに「申し訳ない」、「すみません」と謝っていました。
(木村選手はつきっきりで藤波選手&金山選手の車両修理に時間を注いでいました)

藤波選手は検査の結果、骨折は見られなかったようですが、両手には包帯が幾重にも巻かれ、
松葉杖が必要な状態。本日付で早退となり、後日、経過をみて改めて検査を受けるそうです。


ここで新たに選手容態情報が。
先日落車により身体不良で早退となりました新人・花田一輝選手は、その後、
精密検査で骨折箇所が新たに見つかったとのこと。しばらく休場を余儀なくされそうです。
前回の記事にも掲載しました通り、新年すぐの1級車乗り換えは難しくなってまいりましたが、
何よりもお身体の回復が最優先、どうぞお大事になさってください・・・。


posted by ブンブンボーイ at 20:01| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第14回レッドリボンカップ 3日目のようす



ここでお知らせです。

明日の第3R発売中・イベントプラザ「選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」の参加選手が

笠木美孝選手&青島正樹選手の同22期コンビに決定しました!

両選手ともに優勝戦に進出、同期対決のコメントが聞けそうです。

どうぞご参加ください☆



  

写真右:金山周平選手のロッカー。仲間が集まっての修理作業が夜を徹して行われています。

藤波選手の車両は本人身体不良による早退が確定したため、修理の優先順位は下がります。



「第14回レッドリボンカップ」シリーズ3日目、4つの「準決勝戦」が終了し

明日の最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーにて競われます。

応援をよろしくお願いします!





第12R、道中第4コーナーにて5枠・藤波直也選手と3枠・金山周平選手がともに落車してしまう

アクシデント発生。レース後8枠・木村武之選手に審議がかかるも失格には至りませんでした。

1着8枠・木村武之選手(浜松)、2着7枠・平田雅崇選手(川口)

なお、選手の容態につきまして、金山選手は打撲程度で既にロッカーに戻っています。

藤波選手は頭を打っているとのことで総合病院にて診察を受けていますが、

既に身体不良として明日休場、早退の手続きをとっています。

補充は齋藤正悟選手に決定しました。





バックストレッチ側から撮影。自分が撮影していた角度からは接触しているようには見えず、

接触した際に発生する被接触側の挙動(減速や旋回進路が「く」の字に曲がる等)は

見られませんでした。審判の判定も、内を差す側、外からかぶせる側が五分五分の末に発生した

両者痛み分けの戒告他落となったようです。





第11R、1着8枠・伊藤信夫選手(浜松)、2着5枠・笠木美孝選手(浜松)





第10Rより再び「準決勝戦」。1・2着の選手が明日の「優勝戦」に進出となります。

第10R、1着6枠・鈴木宏和選手(浜松)、2着5枠・仲田恵一朗選手(伊勢崎)







全盛期の鈴木辰己選手を彷彿とさせる、これが伝家の宝刀・ヒロケットスタート。

40線の位置から抜群の発走タイミング&加速力、ハイギアへのチェンジワークを駆使し

わずか100m間にて30線4車を一網打尽。ファーストコーナーで2番手を手に入れました。





本日「選手会カレンダー2019 サイン会」に参加してくださいました新人女子・金田悠伽選手が

第9R「一般戦A」に出場、レース中盤まで上位陣に残る粘りを見せましたが、終盤には

後方から追い上げてきた重ハン勢に順位を塗り替えられてしまい、5着の成績となりました。

1着は7枠・大月 渉選手(伊勢崎)です。





森 一馬さんのライブステージを近影している際、「よかったら血圧測定をしていってください」と

今節イベントプラザの右隣に設置している「レッドリボンブース」の常駐スタッフさんから

声をかけられ、成り行きで測定することに(笑)昼食を食べた後でしたが結果は120〜80。

「健康そのものですね…」と、なかば驚かれるくらいの声で言われましたが、それもそのはず。

わたくしブンブンボーイはお酒やたばこ、パチンコなどの嗜好&娯楽をまずしません。

これまでにお酒を飲んだ回数よりも、献血をした回数のほうが多い気がします(笑)





「レッドリボンブース」にて血圧測定や募金活動に参加してくださった方々へ、先着で

洗濯補助剤や健康コーヒー、ポケットティッシュなどをプレゼントしています。

こちらはレッドリボンカップ開催のために、薬局の「杏林堂」さんが用意してくださったのだとか。

杏林堂さんもレッドリボンプロジェクトにご協力くださっています☆





本日より場内チャンピオンレーサー前にて、外国製「アルファロメオ」車の展示を行っています。

前後輪のホイールが全てディスクブレーキ&車体の両サイドにエアロパーツという、

クルマ好きのお兄さんならば飛びつきたくなりそうな夢の魅力が詰まっている車両です☆





今節4日間をかけて毎日日替わりで実施しています、

レッドリボンプレゼンツ・「ライブステージ」は第6&9R発売中、イベントプラザにて。

本日の来場アーティストは森一馬(もり かずま)さん。「森」さん、そして「一馬」さんも

オートレース選手としていらっしゃるだけに、イベント司会の担当さんさえも

「本日のライブステージは、森一馬選手…いえ、森一馬さんです!」と

間違えてしまうほどです(笑)





静岡県は清水にて生まれ育った生粋の静岡人・森一馬さん。

生まれ育った静岡をテーマに作製した新曲、「僕らの街」の披露をはじめ、

ご年配の方々ならば一度は口ずさんだことのある名曲・懐メロを時間の限り歌いあげました♪



はっきりと声が通るので、遠くの方にもその美声が届いたのではないでしょうか。

平日の開催では比較的年増のお客さまが多く来場されますので、ご用意くださいました

曲目のチョイスもバッチリ。ステージに立ち止った方々の心をがっちりと掴んでいました☆





第5R「ランチアタック準決勝戦」、上位1・2着の選手が優勝戦進出となります。

1着7枠・青島正樹選手(浜松)、2着3枠・田中 哲選手(伊勢崎)





平成最後となる”年賀状”の準備はお済みですか?ということで、

本日は郵便局さんによる「年賀はがき販売ブース」が1日出展。

かわいい絵柄入りのものから無地のインクジェット用まで、幅広く取り揃えています。

郵便局員さんのオススメ年賀はがきは、最近再びブームとなっている

「スヌーピー」の絵柄を切手にしたタイプとのこと♪ご購入者へちょっとした”おまけ”もあります☆

はがきには”平成31年”の文字も記載、年号の締めくくりを皆さんでご挨拶しましょう♪





「選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」の終了後、落合選手&金田選手とともに

管理地区へと戻ってきた際、ちょうど第3Rの発走を迎えていました。1着は1枠・高田克重選手、

けが明けの復帰開催にて初の1着を獲得しました!おめでとうございます☆





今節は4日間をかけて第3R発売中・イベントプラザにて

「選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」を実施中。

本日3日目の参加選手はともに新人の落合 巧選手&金田悠伽選手です♪



  

本日は金田選手は第9Rに、そして落合選手は第10R「準決勝戦」に出場します。

サイン会にご参加くださった大勢のお客さまから「準決勝、がんばってよ!」、

「金田さんも、がんばって!」と、声援が贈られていました♪

落合 巧選手&金田悠伽選手、ご参加ありがとうございました!





そして第1Rの試走。11時には走路状況は「良走路」に回復しました。



  

本日と明日の2日間、開門より先着200名様へ

卓上型の「Gambooオリジナルカレンダー2019」をプレゼントします。

平成表記最後のカレンダー、保存版となるかもしれませんね。





岩元 毅選手(飯塚)。田中竜二選手と会話をしながらリアタイヤを装着。





走行練習をする坊田寿彦選手(山陽)。



  

左から、交川陽子選手、金田悠伽選手。新年より乗り換える1級車の走行練習です。

今節初日に同じく新人の花田一輝選手が落車を喫してしまい

身体不調のため敢えなく早退となりましたが、けがの具合そして復帰が長引いた場合、

今年中の1級車の練習期間が短いと、年明けから1級車に乗り換えできないかもしれない、と

レーシングスタッフが教えてくださいました。1級車での十分な練習回数を経ていないと、

新年もしばらく2級車でのレースになるかもしれない、とのことです。

とはいえ負傷の身体を起こして復帰を急がせるわけにもいかず、回復を待つばかりです。





朝の走行練習開始時には競走路は半分以上乾いていました。





選手宿舎前の試走場にてエンジンを掛ける西原智昭選手(伊勢崎)。







浜松オート4日間開催・「第14回レッドリボンカップ」はシリーズ3日目。

第5&10〜12Rに「準決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!

本日はほぼ湿走路に近いブチ走路からのスタートとなりました。

地中に沈んだ雨の湿気により、今朝はかなりひんやりしています。





「走路はまだ濡れていますけど、1Rまでにはある程度乾くんじゃないですかね?」と

走路内にてトレーニングをしていた柴田健治選手が先輩選手へ走路状況を伝えていました。





今朝の検車場には競走車が一台も置いてありませんでした。

早朝〜朝練習時が湿走路でも1R以降には良走路へと回復しそうな場合、

朝練習には敢えて参加しない(試走場でエンジンを鳴らすのみ)という選択をとることもあります。





会話をする近藤裕保選手(伊勢崎)と新人・落合 巧選手。

落合選手は先日の1着により本日第10R「準決勝戦」に進出。

1枠ゼロハンからの全周回逃げ切り&優勝戦進出を目指します。

応援をよろしくお願いします!





先日、朝練習中にて自落を喫してしまった伊勢崎の新人・伊藤正真選手。

車両の修理は間に合ったものの、レースの結果は7着と惜敗。本日は第2Rに出場します。

ガソリンタンクに記された「SHOMA」の文字を磨いていました。





ハンドル部の微調整を確認する本門延唯選手(飯塚)。





出走表の番組を見ながら会話をする仲田恵一朗選手(伊勢崎)と山脇孝志選手。

仲田選手は第10R「準決勝戦」にて5枠30線から出場を果たしています。





電気位置を扱う清岡優一選手(伊勢崎)。





ヘッド回りを扱う宮地 朗選手(飯塚)。着ているジャージには

「SUNLINE(サンライン)」のロゴが。釣好きなのでしょうか。





まだ誰も集まっていないロッカーでただ一人整備を進めていた平田雅崇選手(川口)。

まるで鈴木圭一郎選手のようでした。本日は第12R「準決勝戦」にて7枠30線から出場します。




posted by ブンブンボーイ at 18:32| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

第14回レッドリボンカップ 2日目のようす



ここでお知らせ。石貝武之選手に続きまして、明日以降の補充選手として仲口武志選手が決定。

本日罰則休の遠藤 誠選手が明日復帰となり、シリーズ3日目は第1Rから通常の8車立てにて

競われることになりました。応援をよろしくお願いします!





今一度、次回開催「第33回 日刊スポーツ杯」の特別イベントのお知らせです。



浜松オートフェイスブック等にてお知らせしましたとおり、先日11/26の飯塚オート・

「GT開設62周年記念レース」にてみごと優勝を成し遂げました金子大輔選手の

優勝報告会&握手会」を12/8開幕の浜松オート開催・「第33回 日刊スポーツ杯」初日、

第5R発売中・イベントプラザにて執り行うことが決定しました☆



イベント時、ステージ左側にて「飯塚GT優勝記念ウィナーズカード」を配布。

金子選手自ら皆さまへお配りします。どうぞお早めにご来場ください!





明日の「第14回 レッドリボンカップ」・シリーズ3日目は

いよいよ第5&10〜12Rに伸るか反るかの「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!







第12R、火花散る日没の決戦。1着8枠・木村武之選手(浜松)、

2着7枠・岩田行雄選手(伊勢崎)、3着4枠・松井大和選手(山陽)の確定は8-7-4。





第11R、1着7枠・岩科鮮太選手(浜松)、2着6枠・金山周平選手(伊勢崎)、

3着8枠・加賀谷建明選手(川口)の確定は7-6-8。





第10R、1着6枠・柴田健治選手(浜松)、2着8枠・青島正樹選手(浜松)、

3着5枠・田中 哲選手(伊勢崎)の確定は6-8-5。





記事を書いている最中にわたくしブンブンボーイへ内線電話が入り、

「本日来場ゲストのSUGOROKUさんがとてもオートレースに関心をもってくださり、

 選手管理地区内を案内して頂きたいのですが」とのこと。

オートレースを覚えて下さるのでしたら、ぜひとも、と、急きょレッドリボン関係者の皆さまと一緒に

ロッカー見学を実施しました。するとSUGOROKUの皆さんは興味津々で

「あれってどんな作業なんですか?」、「ここがこうなっているのは、なぜですか?」等々、

”よくぞ聞いてくれました”と言わんばかりの、通好みの質問をたくさんしてくださいました♪

私も嬉しくなってしまい、時間を延長してオートレースの奥深さを説明させていただきました☆





第9R、1着7枠・笠木美孝選手(浜松)、2着6枠・古木 賢選手(川口)、

3着8枠・新井恵匠選手(伊勢崎)の確定は7-6-8。





第8R、1着8枠・西原智昭選手(伊勢崎)、2着1枠・片岡信之選手(浜松)、

3着7枠・藤波直也選手(浜松)の確定は8-1-7。





第7R、1着7枠・鈴木宏和選手(浜松)、2着8枠・平田雅崇選手(川口)、

3着5枠・伊藤正司選手(伊勢崎)の確定は7-8-5。





レッドリボンプレゼンツ・日替わり「ライブステージ」は今節毎日第6&9R発売中、

イベントプラザにて実施します。本日の来場アーティストはSUGOROKU(すごろく)さん。

浜松を拠点に活動している静岡出身アーティスト・森一馬さんと、ライブイベントで出会った

同い年のソロアーティストたちによる、結成1年目の新ユニットです。

「僕たち”昭和56年生まれ”という言葉をもじってS56・「すごろく」と名付けました。」

明日は森一馬さんによるソロライブが行なわれます。引き続きお楽しみに♪





第6R、1着6枠・鈴木一馬選手(浜松)、2着2枠・金田悠伽選手(浜松)、

3着3枠・深澤 悟選手(伊勢崎)の確定は6-2-3。





第5R以降は「準々決勝戦」が繰り広げられます。

第5R「ランチアタック準々決勝戦」、道中審議がかかり4枠・木村享平選手は反妨失格に。

1着1枠・落合 巧選手(浜松)、2着2枠・磯部真樹選手(山陽)、

3着5枠・佐久間健光選手(伊勢崎)の確定は1-2-5。





朝の走行練習時に単独落車を喫してしまった伊勢崎の新人・伊藤正真選手の

車両修理が大至急で行なわれ、お昼前に完了。レースの発売中を使って

走行&スタートのチェックを実施しました。

異常がなければ第9Rに1枠ゼロハンから出場します。





今節毎日第3R発売中はイベントプラザにて「選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」を実施。

本日2日目の参加選手は西川頼臣選手&岩科鮮太選手です♪



  

お客さまからの「握手してもいいですか?」というお願いに、

「いいですよ!ありがとうございます!」と、ぐっと固く握手を交わしていく、

心優しい岩科選手&ダンディな西川選手。両選手に会いたくて

ご来場くださったファンの方も多くいらっしゃいました♪

西川頼臣選手&岩科鮮太選手、サイン会のご参加ありがとうございました☆





先日の落車アクシンデントにより花田一輝選手、人見剛志選手(山陽)、遠藤 誠選手が

それぞれ本日休場に(花田選手&人見選手は身体不良のため早退、遠藤選手は罰則休)。

本日以降の補充選手が石貝武之選手のみとなったために

第1&2Rは「7車立て」にて競われることになりました。

第1Rの1着は7枠・木村直幸選手、2着は2枠・永井和幸選手(川口)です。





練習でしのぎを削る、淺田真吾選手と加賀谷建明選手(川口)。





スタート練習。スタートの瞬間、わずかにタイヤが浮き上がっています。

いわゆる先立ち(ウィリー)で、先立ちしてしまうとスタート時の瞬発力や動力を

十分マシンに伝えることができず、加速力が落ちてしまい後手に回ってしまうことが多いそうです。





第2コーナー外周、ライフセーバーさんの詰所の前から撮影。

1級車での走行練習をする金田悠伽選手のアウトコースをまくる落合 巧選手。

金田選手は落合選手との車間を計っていました。



すると詰所から撮影を見にやってきたライフセーバーさんから

「いつも撮影とホームページ作り、おつかれさんね」と、コーヒーの差し入れをいただきました☆

励みになります、ありがとうございます!





朝の走行練習中、伊勢崎の新人ライダー・伊藤正真選手が第3コーナーでスリップ落車。

正真選手はすぐさま起き上がり、倒れた車両を起こしてファイティングゲートまで運び出しました。

擦過傷でしょうか、左掌の下のあたりを少々気にしているようでした。

本日は第9R「準々決勝戦」に出場予定、車両の修理が急がれます。





早朝の整備時間にて交川選手に呼び止められ、

「走行フォームを研究したいので、今日も私が走っている写真を撮ってもらえますか!?」

と依頼を受けました。もちろん、おやすい御用です!と、今朝の走行練習も開始の9時から

終了時間の10時過ぎまで走路に入り撮影を続けました。





「第14回レッドリボンカップ」、2日目の早朝。検車場にて浜松の新人・交川陽子選手と

岩本君男選手がマシンのタイヤを温めながら乗り方の談義をしていました。



  

写真左:ジャッキを持ってロッカーに向かう金田悠伽選手。

「1着を獲れたのは良かったですけど、まだタイヤがハネていて乗りにくさがあるんですよ。。」

写真右:飲み終わった缶コーヒーを丁寧に洗い上げする鈴木啓示選手。





挨拶まわりをしていた新人の落合 巧選手&伊藤正真選手(伊勢崎)へ声をかける

近藤裕保選手(伊勢崎)。新人選手を気づかう後輩思いの近藤選手、笑い声があがっていました。



  

写真左:ロッカーへ向かう保永高男選手(伊勢崎)。岩野 守選手(飯塚)も整備を開始していました。

写真右:屋外の加工場で表面を削ったタイヤを転がしながらロッカーに運ぶ平田雅崇選手(川口)。

 奥には先日自落してしまった廣瀬豪彦選手の姿も。「身体は大丈夫です」とのことです。





朝のコーヒーを淹れてから先日落車してしまったグループの先輩・遠藤 誠選手の

マシン修理の準備を始める鈴木宏和選手。

遠藤選手は落因(落車妨害による他車落車原因)のため本日1日罰則休となり、

1日をかけて車両を修理します。



  

写真左:ロッカーに向かい金田悠伽選手へおはようと声をかける鈴木健吾選手&戸塚 茂選手。

写真右:出走表で出場メンバーを確認する仲田恵一朗選手(伊勢崎)。





早朝から整備を開始する岩田行雄選手(伊勢崎)へ声をかける上村敏明選手。

ながらくオートレースをけん引してきたレジェンドライダーズのツーショットです。


posted by ブンブンボーイ at 19:02| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする