2018年11月18日

浜松「第2回 浜松まちなかグルメカップ」&飯塚「ジルダカップ」場外 併売・3日目のようす



浜松オートの11月開催・第1弾、「第2回 浜松まちなかグルメカップ」、

最終12R「優勝戦」は肌寒さを感じる秋の気候と曇り空で日が陰ったことも手伝い、

8車中7車の試走タイムが30あるいは30を切るという超・ハイスピードレースが展開。





車群をいち早く抜けた7枠10線・金子大輔選手が2枠10線・中村友和選手から先頭を奪い、

ぶっちぎりの完全独走でチェッカー!シリーズ全1着の”完全優勝”を成し遂げました!



  

ファイティングゲートに帰還した金子選手は「やったね!」と勝利のVサイン♪

そしてゲートの前には「キンちゃ〜ん、おめでとぉ〜☆」と、同29期の山浦博幸選手&

関口隆広選手、そして金子選手のグループの親方だった上村敏明選手、

同じ関東地区出身の吉田富重選手が祝福にかけつけました。





上村選手は「ほら、記念写真は”若い衆”で!(金子選手の)隣に行ってあげて!」と

関口選手&山浦選手へ撮影参加を勧めましたが、「いやぁ、いいっスよぉ〜」と照れる山浦選手。

すると金子選手は「一緒に入ってよ、俺をひとりぼっちにさせる気!?(笑)」と

両選手を呼び寄せました♪そう?それじゃぁ、と参加してくださった両選手、

その表情は親友の勝利に心から歓喜する、満面の笑顔でありました♪





浜松オート本場開催の恒例、優勝選手公開表彰式にて。

「浜松まちなかグルメカップ」・協賛企業の皆さま&ASAHIちゃんと一緒に。



金子選手のコメントです。

「5万人のお客さまにご覧いただきまして、ありがとうございます(会場大笑)

 もう11月なので、今年もあとわずかですが、もっともっと良いレースをして、たとえ車券が

 はずれたとしても、”お客さまが楽しんでもらえる”ようなレースをしたいと思いますので、

 ぜひまた浜松オート本場のほうへ、お越しください。」



ありがとうございました、と金子選手は深く一礼をすると、会場から

「これからもがんばれよ!」と、声援と大きな拍手が贈られました♪



金子大輔選手、「第2回浜松まちなかグルメカップ」・完全優勝おめでとうございました☆







「優勝戦」の試走。鈴木圭一郎選手が最速の25をマーク、次いで

中村友和選手、渡邉 篤選手、人見剛志選手、伊藤信夫選手、金子大輔選手の5車が

ともに27を記録し、青島正樹選手の30、辰巳裕樹選手の34と続きました。

熱戦にご期待ください!





第12R「優勝戦」の試走はASAHIちゃんの”優勝戦ラウンドガール”始動です♪





第11R、1着副賞に【夜食屋らーめん民民賞】がつきます。

1着7枠・佐藤裕二選手(川口)、2着2枠・下平佳輝選手(浜松)、

3着6枠・角南一如選手(山陽)の確定は7-2-6。





第10R、1着副賞に【code117賞】がつきます。

1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、2着3枠・筒井健太選手(浜松)、

3着6枠・山浦博幸選手(浜松)の確定は8-3-6。





第9&10R発売中をかけて1Fインフォメーション前にて浜松まちなかのお店・

「夜食屋らーめん民民」と「隠れ家ダイニング Sign」にてご利用できる”お食事券”の当たる

未確定車券抽選会を実施。最近は日曜日を浜松オートで過ごすファミリーのお客さまも増え、

スロットゲームが始まると「パパ頑張って〜」、とお子様がたもゲームのテレビ画面を

食い入るように見つめており、まるでショッピングモールのイベント会場のような雰囲気です♪

入場料や駐車代が無料なところもアミューズメント施設にはないサービス感がありますね。





第9R、1着副賞に【隠れ家ダイニング Sign 賞】がつきます。

1着4枠・満村陽司選手(山陽)、2着3枠・鈴木章夫選手(浜松)、

3着7枠・柴田健治選手(浜松)の確定は4-3-7。





第8R、1着副賞に【元町珈琲 上新屋の離れ賞】がつきます。

1着5枠・藤川幸宏選手(飯塚)、2着2枠・浅野浩幸選手(浜松)

3着7枠・鈴木静二選手(浜松)の確定は5-2-7。





第8R発売中、イベントプラザ「ASAHIトーク&抽選会」。抽選会ではスロットゲームを行ない、

当選者へASAHIオリジナルブロマイドが当たります。ブロマイドにはASAHIちゃんの浜松オート

レースヴィーナスデビューからナンバリングがされており、現在はNo.93です。

平成最後の今年度中にNo.100を達成しそうですね♪





第7R、1着副賞に【鈴覚 株式会社賞】がつきます。

1着6枠・仲口武志選手(浜松)、2着2枠・山本智大選手(山陽)

3着7枠・平塚雅樹選手(浜松)の確定は6-2-7。





第6R「浜松 VS 伊勢崎」、1着副賞に【イタリアンバル TSUMIKI 賞】がつきます。

1着8枠・藤波直也選手(浜松)、2着4枠・和田健吾選手(浜松)、

3着6枠・鈴木清市選手(伊勢崎)の確定は8-4-6。





本日最終日は第5R以降、今節の協賛である浜松街中の各飲食店から副賞が用意されました。

第5R「ランチアタック選抜戦」、1着副賞に【鮨処五代目 山口屋賞】がつきます。

1着4枠・淺田真吾選手(浜松)、2着5枠・鈴木聡太選手(伊勢崎)、

3着2枠・佐藤裕児選手(飯塚)の確定は4-5-2。





本日の「走路内観戦」も第3R発売中に”選手会カレンダー2019”の販売記念サイン会が

行なわれましたため、通常よりひとつずらして第4Rの観戦となりました。

先日自落を喫してしまった金田悠伽選手が1枠ゼロハンから出場、レース中盤まで

先頭をキープしていましたが本日補充の柴田紘志選手にインコースを差されると、

立て続けに順位を奪われて4着の結果に。1着は柴田紘志選手となりました。





そして「走路内観戦」にて選手管理地区移動中のサプライズイベント・

”選手と一緒に記念撮影”にて、本日「優勝戦」出場を決めました渡邉 篤選手&

鈴木圭一郎選手が参加をしてくださいました☆

渡邉選手:「圭一郎君がすごいエンジンに仕上げたので勝つのは大変ですが最後まで頑張ります。」

圭一郎選手:「SGからの再出発ということで、優勝を目指して頑張りますので、応援して下さい。」



走路内観戦に当選されましたお客さまと一緒に撮影しました写真は現像次第、

1Fインフォメーションにて無料でプレゼントします。今節の思い出にどうぞ♪

渡邉 篤選手&鈴木圭一郎選手、ご参加ありがとうございました☆





第3R発売中・イベントプラザの恒例、「浜松オート選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」。

本日最終日の参加は「優勝戦」進出を決めましたお二人、辰巳裕樹選手と中村友和選手です。

…が、「走路内観戦」のイベントを直後にひかえていたため、サイン会のようすを

じっくり拝見することができず、遠巻きでの撮影となってしまいました・・・あしからず。





第1Rにて6枠40線から出場の浜松新人・花田一輝選手が車群をアウトからまくりきると、

先頭発進から6周回逃げ切りをはかる1枠ゼロハン・交川陽子選手のインコースを差して

1着ゴール!新人500cc同士の一騎打ち&ワンツーフィニッシュとなりました☆



  

今節2日間は開門先着100名様に、ザザシティを南北に抜ける通りにあります

「夜食屋ラーメン民民」のトッピング無料券をプレゼント。

お店にてラーメンをご注文の際、煮玉子やバター、もやし、にんにく、キムチなど

種類豊富なトッピングの中からひとつ、無料でいただけます。どうぞご利用ください☆





本日は開門10時過ぎまで走路内にて宣材用の走行写真を撮影。





渡邉 篤選手。渡邉選手自ら「自分の走っているところをチェックしたいです」と

お願いを受けまして、プリントアウトした走行写真を差し上げました。ご参考にどうぞ♪





先日の夕方練習にて。来年2月に浜松オートで開催します「GI 第60回スピード王決定戦」の

ポスター用撮影として佐藤貴也選手にお願いしましたところ、

「自分を採用してくださるなら、ちょっとやってみたいことがあります。マイカラーである

”緑色”の6枠に身を包んで走っている姿で載ってみたいです(笑)」

とのことでしたので、スタッフ一同良いですね、と夕方練習時に6枠の勝負服&車番を付けて

走行シーンを撮影しました。完成をお楽しみに♪





時間の限り最高のマシンに仕上げて優勝戦にのぞもう、と

朝練習の参加後も整備作業を続ける青島正樹選手&中村友和選手の師弟コンビ。

ロッカーはお隣同士です。





朝練習の実施中、第1〜2コーナーにて山陽の新人ライダー・角翔太郎選手が自落。

本人の容態は打撲程度ですぐロッカーに戻りましたが、本日の出場が第3Rだけに

車両修理が間に合うか気になるところです。





浜松オート「第2回 浜松まちなかグルメカップ」はあっという間に本日シリーズ最終日。

最終12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!

3日目の早朝の検車場、鈴木圭一郎選手と落合 巧選手のマシンが停めてあり、

満村陽司選手(山陽)がタイヤウォーマーを用意していました。





先日自落を喫してしまった金田悠伽選手の車両は昨晩を徹して修理が完了。

中野 肇選手の陰に隠れてしまいましたが、最終的な調整を花田一輝選手が手伝っていました。

へ〜、早朝から手伝ってあげてるんだ、と花田選手へ声をかける佐藤貴也選手です。



  

写真左:廊下の奥の梱包箱を引っ張り出す金子大輔選手。最終日は片付けの作業もあります。

写真右:TVの天気予報にチャンネルを合わせる辰巳裕樹選手。

 心配されていた浜松の天候は、どうやら雨は1日降らないようです。





先日のフィギュアスケート・羽生結弦選手のニュースをTVに映しながら整備を進めていく

平塚雅樹選手&渡邉 篤選手。

平塚選手:「僕らは早朝から仕事に励んでいました、って、記事に書いてくださいよ(笑)」





既に整備を開始していた(左から)柴田健治選手、柴田紘志選手、山浦博幸選手、中村友和選手。

柴田紘志選手は先日早退となりました今田真輔選手(身体不良)の補充選手です。

時計の針はまだ7:50頃を差しています。



  

写真左:屋外で出走表を確認する矢野正剛選手(山陽)。

写真右:リアタイヤをはめて軸のボルトをしめる清水雄平選手(川口)。





中村晋典選手からアドバイスを受けて、出走を見て勉強をする交川陽子選手。

競走車にハート型のプレートを装着しています。


posted by ブンブンボーイ at 18:33 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする