2018年12月14日

全日本オートレース選手会浜松支部、児童福祉施設「それあーど」へ訪問、寄付を行ないました


2018年12月14日(金)。全日本オートレース選手会浜松支部を代表し
西川頼臣選手会副支部長が浜松市浜北区高畑の児童福祉施設、
放課後等デイサービス施設 「それあーど」」を訪問。

浜松支部選手同士で募った寄付金をはじめ、オートレース実施により発生する廃棄金属類を
リサイクル業者へ売ることによって得られた資金、『浜松オートフェスタ2018 ファン感謝祭』での
”チャリティグッズ販売”や場内イベント”チャリティオークション”の収益などによって
集められた募金を使い、『子供用玩具一式(約15万円相当)』を購入、施設へ寄贈しました。


特定非営利活動法人 Harmony  児童福祉施設 「それあーど」。
重症心身障がい児が通える、”放課後等デイサービス施設”です。

  
写真左:児童用ハンモックを用意する選手会浜松支部・副支部長の西川頼臣選手。

今回の施設訪問&玩具寄贈のために、施設のスタッフさんがホールでの「寄贈式」を
用意して下さいました。寄贈品である子供用玩具一式は、ハンモック&スタンドをはじめ、
視覚的に楽しむためのパラシュート型バルーン、ディスコランプ、スヌーズレン機器 などです。


写真:天井を見上げると、スヌーズレン機器によって万華鏡のような虹色の光が
フワフワ・ゆっくりと流れていきます。健常者でも眺めて優しい気持ちになれます。

スヌーズレン機器…障がいが重い人たちでも楽しめるように、光、音、かおり、動き、温度、触覚の
素材等を組み合わせたトータルリラグゼーションの空間を作るための機器。
見るだけ、聞くだけ、かおりをかぐだけで、心を落ち着かせたり楽しんだりすることができます。

西川選手:「今日は少ないですが、玩具を寄贈させて頂きます。皆さんでたくさん遊んで下さい。」

  
特定非営利活動法人 Harmony 理事長、池谷直士様から、
お礼の言葉が選手会浜松支部へ贈られました。
「本日は西川選手をはじめ、皆々さま、ありがとうございました。
この施設は、重症心身障がい児の専門の施設ということで、全然、体を自由に動かせない人たち
ばかりで、なかなか意思疎通ができないので、こういった”見て楽しむ”、”聞いて楽しむ”という
玩具があると、非常に充実した毎日を過ごせますので、本当に良いものを頂き、感謝しております。
これからも、利用者さんたちが、元気で毎日を過ごせる施設運営を、職員一丸となって
目指して行きますので、今後ともご支援をよろしくお願いします。今日はありがとうございました。」



最後に西川選手、「それあーど」スタッフの皆さま、ご利用のお子様がたと一緒に記念撮影。
「贈呈式」は円満のうちに終了となりました。



今回の施設訪問&寄付は、後日、静岡新聞や中日新聞にて掲載予定です。

全日本オートレース選手会浜松支部は毎年、次世代を担う子どもたちの健全な育成を願い、
浜松市内の児童福祉施設へ訪問し、寄付を行なっています。

西川頼臣副支部長、そして関係者の皆さま、今回もありがとうございました☆


 おしまい

posted by ブンブンボーイ at 20:06 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする