2019年01月20日

第46回 報知新聞社杯 2日目のようす



森 且行選手の来場イベントに沸きました浜松オート「第46回 報知新聞社杯」・開催2日目。

本来は第9R発売中の選手管理地区内・「お客さまと一緒に記念撮影」をもちまして

スペシャルイベントは終了、の予定でしたが・・・せっかく皆さんが選手管理地区内へ

お越し下さったのですから、と、急きょ「9R走路内観戦」の実施が決定!

森選手も9Rの発売時間をかけて当選されました皆さまと一緒に浜松オートの競走路を散策しました。

そして西日の眩しくなるころに、スペシャルイベントは全て終了。

思い出に残る1日となりました♪

森選手:「今日はありがとうございました、これからもぜひオートレースを応援してください!」

森 且行選手、浜松オートへ一日ご来場&ファンサービスの数々、誠にありがとうございました☆





明日のシリーズ3日目は第5&10〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!





第12R、1着8枠・木村武之選手(浜松)、2着5枠・山田真弘選手(川口)、

3着7枠・影山 伸選手(川口)の確定は8-5-7。





そして第12Rの試走はASAHIちゃんのラウンドガール始動です☆





第11R、1着8枠・金子大輔選手(浜松)、2着5枠・西村義正選手(山陽)、

3着1枠・城山英文選手(浜松)の確定は8-5-1。





第10R、1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、2着7枠・藤岡一樹選手(山陽)、

3着3枠・青嶋裕治選手(浜松)の確定は8-7-3。





第9R、なんと「森選手と記念撮影」の当選者さまを急きょ「走路内観戦」にご招待!

1着8枠・中村友和選手(浜松)、2着7枠・森谷隼人選手(川口)、

3着1枠・田中竜二選手(浜松)の確定は8-7-1。





第9Rが始まるまでの時間を使って浜松の競走路内・中庭を散策。

森選手からいろいろなお話を聞かせて頂きました。

「0mのオープンレースでは、一番外側、8枠の位置に着いた時に、大時計のふもとあたりから

8枠の目の前まで、フェンス越しに応援して下さるお客さまの姿はよく見えてます。

タオルなどを持って応援してくださる方もいらっしゃいますよね。先ほどのトークショーでも

”浜松走路は1・2コーナーは向かい風が強いので、アクセルを思い切り開きながらコーナリングを

旋回することができる”とお話しましたが、逆に3・4コーナーでは追い風がすごいので、

慎重に旋回しないと風の影響で外へ流れてしまうことがあります。川口オートの場合は、

走路の周囲が防音壁で囲まれているため、走路の中で風が壁にぶつかりあって、

渦を巻いているような感じがします。レース場によって風向きやまぶしさは違いがありますね。

浜松の発走ピットの中にはTVはありませんが、川口の発走ピットにはモニターがあります・・けど、

”試走タイム”が延々と表示されているだけなので、TV番組やCS放送を見ることはできません。

ビッグレース時には走路のフェンスに応援幕が飾られて、レースの時も練習の時も、自分への

応援幕を見て励みにしていますが、最近はだいぶ減ってきたかな・・(苦笑)でも今回のイベントで

お客さまから、自分への”応援幕を作りたい”という言葉を頂けたので、とても嬉しかったです♪」





第8R、1着7枠・笠木美孝選手(浜松)、2着8枠・角南一如選手(山陽)、

3着6枠・山浦博幸選手(浜松)の確定は7-8-6。





ここで急きょお知らせが入ってまいりました。

本日の第4R、道中第1コーナーにて5枠・井上秀則選手(飯塚)の前輪が

4枠・近藤裕保選手(伊勢崎)の左足に接触し近藤選手は減速、審議となり、

井上選手は反妨失格の判定となりましたが、しばらく時間を置いたのちに

近藤選手が左足の激痛を訴えて診察を受けたところ、左足ひ骨の骨折箇所が見つかり

あえなく本日付で参加解除に。明日1/21以降の補充は渡邉 篤選手となりました。



近藤選手が松葉杖をついて管理課のスタッフと話し合いをしている姿を目撃し、

看護士さんから情報を頂いて告知を急いでいるうちに、

第8R発売中の「森選手サイン会」は終了となってしまいました…申し訳ありません。。





第7R、1着2枠・落合 巧選手(浜松)、2着8枠・佐々木 啓選手(山陽)、

3着5枠・鈴木辰己選手(浜松)の確定は2-8-5。

落合選手は1級車に乗り換えての初1着となりました!





1級車の初1着を獲得し、安堵の表情を浮かべました落合 巧選手。

おめでとうございました☆





第6R、1着8枠・西原智昭選手(伊勢崎)、2着6枠・小原 望選手(川口)、

3着1枠・田崎 萌選手(伊勢崎)の確定は8-6-1。





第5Rから「準々決勝戦」。1着6枠・平塚雅樹選手(浜松)、

2着5枠・岡谷美由紀選手(浜松)、3着3枠・花田一輝選手(浜松)の確定は6-5-3。



  

いよいよお待ちかね、本日第5R発売中、イベントプラザにて「森 且行選手トークショー」を実施!

会場にはものすごい数のギャラリーができあがり、森選手の浜松来場を歓迎しました♪

今回のトークはQ&A形式、ということで、先日〜本日11時までに各インフォメーションにて

募集を行ないました、お客さまからのご質問から抜粋して森選手へ解答をいただきました。

司会はオートレースCS中継でおなじみの照沼杏菜さんです☆



照沼さん:「森選手にとって浜松走路はどの場所から風を感じますか?」

森選手:「浜松は1・2コーナーのあたりでものすごい向かい風を感じますが、自分は

そのほうが乗りやすいです。アクセルを開いても向かい風を受けることで、全開でも

コーナーを回れるからです。ただ、浜松は西日がすごくて。終盤のレースや夕方の練習では

1コーナーがすごく眩しいです。」



照沼さん:「森選手からみて浜松でトークショーをしたい選手、あるいはイケメンだと思う選手は?」

森選手:「最近お話をしてすごく楽しかったのが、ベテランの山本佳幸選手なんですよ(笑)

ぜひトークショーをしてみたいです♪浜松はイケメン選手が多いですが、自分の中で好きなのが

藤波くん(藤波直也選手)です。毎回浜松のあっせん時は朝、彼へ「よっ、イケメン!」と声を

かけています。すると彼はシャイなんで、すぐ照れてしまうんですよ。その表情も好きですね!」

照沼さん:「浜松で好きなところは?」

森選手:「浜松は食べ物がおいしいですね!浜松へあっせんされた時は、うなぎとか、お寿司、あと

イタリアンも行きますけど、場所は教えませんよ(笑)ただ、うなぎは関西風のお店、

とだけお伝えしておきます(笑)」





司会の照沼さんに「本日の衣装のポイントは?」と聞かれて、「やっぱり、”星”ですね!」と森選手。

コートだけじゃないですよ、とコートをめくると、インナーにも星たちがキラキラと輝いていました☆

森選手:「各所でステージイベントを行なうたびに、同じ衣装にならないよう変えていますので、

どんどん衣装がたまってしまいます。オークションでも行ったほうがよいでしょうか?(笑)」



森選手のQ&Aトークは時間いっぱいまで行われ、普段では聞くことのできない

かなり深い質問にも答えてくださいました☆ イベントはまだまだ続きます!





第3R発売中、イベントプラザにて「選手会カレンダー2019 販売記念サイン会」を実施。

本日2日目の参加は木村武之選手♪会場には長蛇の列ができ、時間いっぱいまで

木村選手は今年の選手会カレンダーへとサインを記入していきました。





司会はASAHIちゃんです☆

木村選手:「すでに年は明けていますが、浜松の選手みんなが良い成績を上げられるように

 今年も頑張ってまいりますので、応援をよろしくお願いします!」



木村武之選手、イベントのご参加ありがとうございました☆



  

イベントのみならず、レースでも朗報が。本日2日目の第2R、1枠ゼロハンから出場の

交川陽子選手が6周回の逃げきりに成功!1級車に乗り換えて初の1着を獲得しました!

喜びもつかの間、交川選手は自身のレースのVTRを見ながら先輩選手のアドバイスを受けるべく

足早に次なる作業の準備を始めていました。

交川陽子選手、1級車初1着、おめでとうございました☆





本日はスペシャルイベントが集中しているため、「走路内観戦」は珍しく第1Rに実施。

多少の雨粒を感じての実施となりました。ちなみに第1Rの観戦により

手前のレースがないために検車場の選手お出迎えの見学は残念ながらなしとなりました。





本日の選手サイン色紙・先着プレゼントは佐々木啓選手、角南一如選手のサイン色紙です。

開門からお客さま方が足早に会場へ向かい、色紙はあっという間に配布終了となりました。





本日は浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんの来場日です♪

開門時、先着で「スポーツ報知」などがプレゼントされるなか、来場者のお出迎えを行ないました。





エンジンの音を聞く中野 肇選手。





朝練習を前に、試走場へ競走車を運んでエンジンの確認を開始。写真は木村武之選手です。





キャブレター・メインジェットの箱を開ける佐藤貴也選手。ちょうど目が合いました。





「第46回 報知新聞社杯」、2日目はくもり空からのスタート。

数滴の雨粒を感じますが、走路状況を変えるほどではありません。

走路内でライフセーバーがパイロンやバイクなど開催の道具を揃えていくなか、

栗原勝測選手(伊勢崎)が今朝もトレーニングを始めていました。





検車場ではまだ明かりも点かないうちから、交川陽子選手がひとりタイヤを温めていました。





ちょうど赤堀 翼選手がロッカーに入室したところでお会いでき、先日の

「社会科体験ツアー」について歩きながら伺いました。

赤堀選手:「自分たちもツアーのお手伝いができて、楽しかったですよ。参加された女性の方も

 けっこうノリノリだったので、良かったです。ただひとつだけ心配だったのが、季節柄、冬での

 タンデム走行で、皆さんの身体を冷やさなかったかな…という点です。第2弾があるとしたら

 もっと暖かい、春とかで行なったほうが良いかもですね。」



すると、「あ、赤堀さん、おはようございます」と岡谷美由紀選手。

齋藤 努選手(今節休場)のロッカーに設置してあるモニターの前へ

中村友和選手、山浦博幸選手が集まり、雨雲レーダーを真剣に見つめていました。

山浦選手:「やっべー、結構雨雲がかかってんじゃね?雨対策も用意したほうがいいのかなぁ…」





先日初日のレースにて惜しくも最終コーナーで逆転され2着となった新人・落合 巧選手。

ちょうど陰に隠れていますが、同期の佐伯拓実選手(山陽)と話し合いながら

タイヤを選んでいました。



  

写真左:フロントタイヤを削る木村直幸選手。

写真右:角南一如選手(山陽)。まずは目覚めのホットコーヒーを一杯。





先日の初日レースにてスタート直後に自落を喫してしまい、左足負傷のため

しばらくの間休場を余儀なくされてしまった浜松新人女子・金田悠伽選手に代わって

本日から補充参戦となった伊藤信夫選手(左)。弟子の新人・花田一輝選手とともに

早朝からロッカー入りをしてともに整備を始めていました。





金子大輔選手のロッカー。お隣の鈴木一馬選手、平塚雅樹選手とともに

既にガレージの中でタイヤ選びなどの準備を進めていました。


posted by ブンブンボーイ at 18:19| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする