2019年02月11日

サンケイスポーツ杯 GT第60回スピード王決定戦 5日目・優勝戦



2/11()は浜松オート5日間開催・「サンケイスポーツ杯 GT第60回 スピード王決定戦」・5日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:20)

浜松の今朝は「くもり」、走路状況「良走路」。

気温4℃、湿度55%、走路温度2℃、降水確率は午前30%・午後20%と発表。

空からわずか数滴の雨粒を感じはじめています。増えるか止むかは未知数です。






浜松「GT第60回スピード王決定戦」のイベント情報です。



☆各日開門よりグリーンスタンド入場先着200名様へ「サンケイスポーツ」新聞をプレゼント!
☆開門より先着300名様へ「予想屋さん利用券」をプレゼント!
☆開門よりイベントプラザ付近にて「選手サイン色紙」プレゼント!
早川清太郎選手10名様、木村享平選手10名様。2000円分の未確定車券をご提示ください。

☆開門よりイベントプラザ付近にて「佐藤貴也選手サイン入りGTポスター」を3名様へプレゼント!
 3000円分の未確定車券をご提示ください。


  
☆本日は浜松オートレースヴィーナス・ASAHI ちゃんと
 飯塚オートCS放送・AKI ちゃん、オートレース大好きグラドル・千鶴さんが来場します♪

・開門時、正門にてASAHI ちゃん&千鶴さんの来場者お出迎えを実施。

・第2R発売中、CS放送にてASAHI ちゃん、AKI ちゃん、千鶴さん、

 内野久照さんのピットレポートをお届けします。
・第4R発売中、千鶴さんがCS放送に出演。
・第8R発売中、イベントプラザにて「トーク&抽選会」を実施。
・第11R試走時、走路内にて千鶴さんの「ラウンドガール」を実施。
・第12R、走路内にてASAHI ちゃんの「優勝戦ラウンドガール」を実施。
・第12R、ゴール線にてASAHI ちゃんのチェッカーフラッグを実施。

応援をよろしくお願いします!



☆本日まで1Fインフォメーション付近にて
「オートレース初心者ブース」を設置します。
女性のお客さまを歓迎します、どうぞお立ち寄りください!



☆本日まで、正門付近にて「浜松オートレース版 VR体験ブース」を設置。
仮想現実空間(VR)を作り、浜松オートレーサーによる実際のレースを体験できます。
参加は無料です、ハイスピードの世界をぜひご体験ください!



☆第3Rに「釜本さんと行く走路内観戦」を実施します。※雨天は中止の場合があります。
 第1R発売中、1Fインフォ前にて参加者20名様を決める「抽選会」を実施します。
 走路内観戦の「招待券」をお持ちの方は、開門後に1Fインフォへ券をご提示ください。
※赤系統の着衣はご遠慮ください。



☆第4&5R発売中、1Fインフォ前にて
チョコレート菓子のつかみ取りゲーム」を実施。
当日1000円分の未確定車券をご提示くだされば1回、チャレンジできます。
ふるってご参加ください!



☆連休はビッグゲストが日替わりで来場します。
 2/11()はお笑いドクターのしゅんしゅんクリニックPさんです。

・第5R発売中(12:00頃)、イベントプラザにて「お笑いライブ」を行ないます。
・第9R発売中(14:00頃)、イベントプラザにて「お笑いライブ」を行ないます。

どうぞお見逃しなく!



第6R発売中、走路内にて「優勝戦出場選手セレモニー」を執り行います。
雨の場合はイベントプラザにて実施します。
皆さまの応援をよろしくお願いします!



☆本日、オートレース一筋のお喋りマスター・内野久照さん&
 オートレース魂で全力解説・釜本和茂さん、さらに千鶴さんを加えての
優勝戦予想会イベントを行ないます。

・2/11… 12R発売中、イベントプラザにて「優勝戦  大予想会」実施

どうぞご覧ください!



本日は第12Rに8周回・0mOP・枠番選択の「優勝戦」が繰り広げられます。
優勝戦終了後、ウィニングランののちにイベントプラザにて
優勝選手 表彰式」が執り行われます。熱戦にご期待ください!

☆2/11() 浜松第12R「優勝戦(8周回・0mOP・枠番選択)」


posted by ブンブンボーイ at 08:34 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

GI 第60回 スピード王決定戦 4日目のようす



ここでお知らせです。第12R「準決勝戦」にて他車落車原因の反則失格となりました

山際真介選手は明日1日罰則休(参加解除)となり、補充は下平佳輝選手に決定しました。

どうぞご了承ください。





夕方練習の終了後、検車場内の試走控室にて優勝戦出場8選手が集合。

ハンデ0mのオープンレースによる、「枠番選択会」が行なわれました。





「枠番選択会」の結果、明日2/11()の最終12R・8周回「優勝戦」は

ご覧の枠番に決定しました。熱戦にご期待ください!









第12R「準決勝戦」、道中第2コーナーにて落車を喫してしまった山際真介選手と人見剛志選手の

容態は打撲程度、どちらも「身体は大丈夫です」と医務室前でコメントを頂きました。

1着3枠・松山茂靖選手(浜松)、2着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)





左から、松山茂靖選手、鈴木圭一郎選手。

松山選手:「試走は何か思ったより出なかったですね。ちょっとなんか滑ったような感じがしました。

レースではそれを気にしながら走っていたのですが、試走の時から前枠の山際君(山際真介選手)が

良さそうな感じで、レースでも良さそうでしたね。でもああなって(落車)しまって…普通に行ったら

いっぱいいっぱいでした。タイヤは良かったんです。多分エンジンが合ってなくて滑っていたと。

でも悪くはない方なので、もうちょっとほしいです。明日に向けては微調整。あとはタイヤをどうするか

です…タイヤも本当は、悪くないんですけどね。他が早いんですよ(苦笑)」



鈴木圭一郎選手は「なぜか準決勝戦になるとだめですね…

このままでは優勝できる感じがしないので整備をしたいと思います。」とだけコメントをして、

夕方の走行練習へと駆け出していきました。





第11R「準決勝戦」、

1着3枠・鈴木宏和選手(浜松)、2着7枠・金子大輔選手(浜松)





左から、鈴木宏和選手、金子大輔選手。

宏和選手:「3連勝できて嬉しいです。地元GTは初優出です。試走28、僕なりにはうまく走れました。

でもスタートは失敗しました。車を浮かせちゃいましたね。クラッチを扱っているので、ちょっと馴染んで

くれるのを予想して、このまんま行きます。タイヤは昨日と一緒なんですけど、後半に滑りました。

明日のタイヤはこれから探します。エンジンは基本扱いませんが、微調整するかもしれません。

記念優勝したいので、明日も浜松本場へ来て応援してください!よろしくお願いします!」



金子選手:「(ギャラリーが)今日はなかなか多いですね(会場笑)試走で少しタイヤが跳ねちゃって

エンジンも重たかったのですけど、レースではそれはなかったので、試走より乗り味が良かったです。

スタートは今節、練習ではきれるのですけど、レースではきれないので…宏和君に後で、きり方を

聞こうと思います(会場笑)エンジンはもう良いところまできているので、あとはスタートをもうちょっと

きれるように…多分、”きれる”ので、僕は・・ハイ。(会場どよめき)タイヤは今日のと、もう一本、

検討しているのがあるので、それを確認します。こんなたくさんのお客さまの前で走れて

幸せ者なので、それを少しでもレースで返せるように頑張ります。」





第10R「準決勝戦」、

1着・6枠・木村武之選手(浜松)、2着・4枠・中村友和選手(浜松)





左から、木村武之選手、中村友和選手。

木村選手:「いやぁ、そうですね、応援して頂いて嬉しいですね。試走の手ごたえは悪くなかったです。

スタートは行かなきゃどうしようもないと思っていました。試走24を出した中村選手のことは、考えて

いました(笑)道中は自分には最高の展開になりましたね。4日間をかけてエンジンはもう少しですね。

まぁでも、手ごたえはかなり良い所まできています。もう少しコーナーの乗りやすさを求めていきたい

です。タイヤは今日当てたのがちょっとドドドで使えなかったので、正直タイヤは当てて探します。」



中村選手:「青島正樹選手の分まで頑張りました!24のタイムは(お客さまだけでなく)僕もどよめき

ました(会場笑)体感でも相当いいなと思っていましたが、まさか24まで出ているとは思わなかった

です。スタートはただ、きるだけを考えていました。自分の中ではスタートのキレは良かったのですが、

明日はみんながもっと早くなると思うので、もうちょっときれるように頑張ります。自分のほうが

エンジン(試走タイム)が良いのですけど、あとは乗り手の問題です。

(木村選手:「そんなことないよ(笑)」)

師匠の分までと思って走ってきましたが、今日優出できて、”明日が本番”だと思って、

師匠の分まで頑張ります。こんなにたくさんのお客さんの前で、良い走りができたので、

とても嬉しいです。この前は気負ってフライングをきってしまったので、

明日は普通に頑張ります。浜松のGTで優勝できたら最高です!」





第9Rから「準決勝戦」。上位1・2着選手が優出となります。

第9R、1着6枠・松尾啓史選手(山陽)、2着5枠・西原智昭選手(伊勢崎)


左から、松尾啓史選手、西原智昭選手。



松尾選手:「少しタイヤが低かったせいか滑ったので、(タイヤが限界かな)という感じはありました。

スタートではちょっと不利があったか、目の前で滑っていたので、ぎりぎりでしたね。でもまだ

落ち着いて、、一台ずつ、まだ周回もあったので、チャンスを伺っていました。

昨年のディフェンディング・チャンピオンだという意識はほとんどないです。エンジンをかけた感じは

自分の中では満足いく音で行けたので、あとはタイヤですかね。これから考えます。

あがりは.363、良いと思います。明日は良いタイヤを見つけて、また優勝できるよう精一杯

がんばりますので、応援してください。」



西原選手:「エンジン乗り換わって良かったと思います。スタートも決まりました。ただ道中は

VTRを見ても、ちょっと”いっぱいいっぱい”でしたね。明日に向けてはまずタイヤを変えたいです。

滑りがありましたので。候補にしているタイヤはあります。3日目に履いた高いやつです。

今持っているタイヤの中で一番良いです、高さ的にも。スタートは昨日はしましたが、今日は

良いスタートがきれたと思います。明日も良いスタートをきりたいです。」



第9〜12Rの「準決勝戦」各発売時間を使って、内野久照さん&釜本和茂さんによる
「準決勝戦 大予想会」を実施。「〜けぇ」、「〜しよる」といった九州弁を交えての予想トークは
浜松オートのお客さまにはとても新鮮に聞こえ、何より飯塚オートCS放送でいつも見ている

お二方の笑いを含めた掛け合いの様子を間近に見ることができ、会場のボルテージも上昇気流。
印がつけられるたびに「おぉ〜」と唸り声が上がっていました☆
釜本さんの第9R予想は新人・花田一輝選手と、中村雅人選手へ印を記入。
内野さんの第9R予想は渡邉 篤選手と、荒尾 聡選手へ印を記入しました。
この予想勝負の行方や、いかに!?



本日はイベント多数のため、写真を載せるだけの紹介となりそうです。
場内チャンピオンレーサー前では「浜松オート版・VR体験」を実施中です。





本日と明日の2日間、1Fインフォ前にて「ビギナーガールズ」チームによる

初心者ガイダンス、「オートレース初心者ブース」を設置します。

女性だからこそ閃く、オートレースの楽しみ方がある。女性のオートレース初心者はもちろん、

お子様連れのご家族にも、女性スタッフが優しくイロハを教えちゃいます☆

次節「第4回チャリロト杯」にて実施する「夢のイケメンレース」も

「ビギナーガールズ」の企画で誕生したレースです。どうぞブースへお立ち寄りください☆



第6R発売中、メインスタンド西側広場にて”遠州動楽會”プレゼンツ、
「懐かしの競走車 エンジン掛け」を実施。元浜松オートレーサー1期生の
伊藤寧歳選手がトライアンフ、フジ、セアとエンジン掛けを行ないました。


本日の来場ゲストは永遠のアイドル、そして女優の早見 優さんです☆
ライブステージを行ないました第5&8R発売中のイベントプラザは
SGを思わせるかのような大盛況となりました!
※写真の掲載はご遠慮、との伝達がありましたので、盛況ぶりだけをお伝えします!


「走路内観戦」の際、恒例の選手と一緒に記念撮影を実施。先にお伝えしました通り、
鈴木宏和選手が仲の良い選手をお誘いします、と、お声を掛けて下さったのが
鈴木圭一郎選手をはじめとするフレッシュライダーたちでした♪
右から、鈴木圭一郎選手、花田一輝選手、中村友和選手、鈴木宏和選手、交川陽子選手です。
イベントのご協力、ありがとうございました!


第3Rを走路内から観戦する「3R走路内観戦」、今回は元・飯塚ライダーの釜本和茂さんが参加し
管理地区から走路をかけて元・選手としてのリアルな解説を行なっていただきました♪
明日も第3Rに「釜本さんと行く走路内観戦」を実施をします。
第1R発売中・1Fインフォ前にて参加者抽選会を行ないますので、ふるってご参加ください!


本日の第2R発売中・CS放送「ピットレポート」では、飯塚よりの使者、
内野久照さん、釜本和茂さん、AKI ちゃん、そしてASAHI ちゃんが登場!
今日明日をかけてスペシャルイベントを行なってまいります。
応援をよろしくお願いします!


走行練習では「準決勝戦」に進出を決めた選手ほど、”スタート練習”のほうへ
繰り返し参加する傾向が見られました。こちらも今節1番の参加者数です。


走路内での走行練習開始時間前から、選手宿舎前の試走場にて
多くの選手がエンジンをかけて冷えた気候でのマシン状態を調べていました。


今節で一番の冷え込みをみせた浜松オート・
「サンケイスポーツ杯GT第60回スピード王決定戦」、シリーズ4日目の朝。
かなりの底冷えを感じますが、青空が広がっており天候は良好です。
走路内では齋藤 努選手をはじめ数人の選手が防寒をしっかり着込んで
朝のトレーニングを行なっていました。


ロッカーへ足を運ぶと、検車場のほうからカチャン、カチャンと機材の音が聞こえてまいりました。
覗いてみると、渡邉 篤選手が競走車を立てるためのスタンドを使って駐車させ、
タイヤを温めようとしているところでした。


今朝はもっとも多くの選手が早くから整備を開始するためにロッカー入りをしていました。
左から、新井 淳選手(伊勢崎)、鈴木圭一郎選手、岡谷美由紀選手、鈴木宏和選手です。

  
写真左:鈴木辰己選手と中村友和選手。それぞれのロッカーへ向かいます。
写真右:柴田健治選手を訪ねる重富大輔選手(飯塚)。柴田選手は元・飯塚所属で
 重富選手は今も親交があります。奥は柴田紘志選手です。


ハンドルまわりを調整する鈴木 清選手(川口)。本日は朝の報道番組にて
初日の第12R「鈴木選抜(予選)」が取り上げられ、清選手の勝利の笑顔が放映されました。

  
写真左:フロントタイヤにウォーマーを装着する金子大輔選手。
写真右:岩科鮮太選手へ朝の挨拶をする矢野正剛選手(山陽)。


posted by ブンブンボーイ at 18:48 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

GI 第60回スピード王決定戦 3日目のようす



「サンケイスポーツ杯 GT第60回スピード王決定戦」、シリーズ3日目が終了。

明日は第9〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!



そして明日の特別ゲストはアイドル歌手の早見 優さんです☆

第5R発売中(12:00頃)と第8R発売中(13:30頃)にライブステージを実施します。

どうぞお楽しみに!







第12R、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)





2日目、3日目と1着連勝で明日の「準決勝戦」進出を決めた鈴木圭一郎選手。

「1着なので良いと思うのですけど、昨日のほうが乗りやすさがありました。2日目のほうが、

 乗りやすいし行ってる感じがしたので。明日に向けては微調整で。タイヤは今日のは滑らないので

 リアタイヤは今日のままで行きます。フロントが今日跳ねたので、フロントは昨日までのタイヤで

 いこうと思ってます。スタートはキレはだいぶ良い時に近づいている気がします。明日も自分なりに

 きりたいと思います。明日はしっかり1着で優出したいと思いますので応援よろしくお願いします。」



  

第11R、1着3枠・広瀬勝光選手(川口)

「成績が良いので、上出来です。整備はもう、ジローちゃんのクランクを信じて、それだけです。

 状態は良いです。スタートはぼちぼちですがエンジンが持ってってくれます。明日はタイヤだけで。」



  

第10R、新人選手がGTでの1着連勝をマーク。1着1枠・花田一輝選手(浜松)

「昨日先輩がたに整備を手伝ってもらって、良くなりました。晴れのつもりで試走を走りましたが、

 タイムが出ませんでした。スタートも遅れたかと思いましたが何とか残せました。整備は考えます。」





第10&11R発売中・1Fインフォ前にてに行われる「浜松オートお楽しみ大抽選会」は本日がラスト。

明日は第4&5R発売中の時間帯に移行します。本日3日目の景品は

”お肉のカタログギフト”、そして”炭焼きレストラン「さわやか」のお食事券”です!

千円分の未確定車券かはまりっちレシートを会場へご提示くだされば1回抽選に参加できます♪

ご当選しました皆さま、おめでとうございました☆



  

第9R、1着5枠・鈴木宏和選手(浜松)

「晴れて良かったです。良走路の感じで走れました。今日はスタートも良いほうです。エンジンは良い

 のですがタイヤがきつかったので疲れました。明日はタイヤを前回飯塚最終日のに変えます。」



さらに宏和選手はインタビュー後、本日雨天で中止となってしまった「3R走路内観戦」での

”お客さまと一緒に記念撮影”を、明日あらためて参加しますと応じてくださいました☆

「当日、手の空いてる仲間を誘ってみます」とのことです。ありがとうございます!



  

第8R、試走の後に再び雨が。1着8枠・荒尾 聡選手(飯塚)

「1号車が外に出るまで、また濡れてるとは知りませんでした。エンジンはちょっとニブい状態でした。

 リングだけ点検してみようかなと思います。あとはなるべく滑らせないよう丁寧に走りました。」



  

第8Rの試走時に「ラウンドガール」を控えた河瀬杏美さん、せっかく選手がマシンを整備している

管理地区へ足を運べるならと、急きょ第7R発売中をかけてロッカー見学を提案。すると!

河瀬さんは「すごい!クラッチを直してる!」、「タイヤって何インチですか!?コンパウンドは!?」

と、バイクパーツの専門用語を連発。さすがは長年をかけてレースクイーンを務めているだけあって

オートバイそのものを熟知しており、オートレースの奥深さをすぐさま感じ取ったようです!



そしてあっという間にロッカー見学の終了時間となってしまいましたが・・・河瀬さん自身は

まだ教わり足りない、もっと競走車のメカニカルな仕組みを知りたい、という表情をみせていました。

浜松以外のオートレース場でも、そのレース場でしかないロッカーの特色がありますので、

ぜひ他オートレース場さんも河瀬さんをご招待くださればと思います(笑)



  

第7R、1着8枠・篠原 睦選手(飯塚)

「レースはもっと乾いたのですけど、飯塚のバクダン(走路)に比べれば乗りやすい走路でした。

 まだブチでしたが、気持ちは晴れで乗れました。今日はちょっとキャブをやって、明日も試します。」



  

本日の特別ゲスト、レースクイーンのグラビアアイドル・河瀬杏美さんが浜松オートに来場☆

MCは飯塚オートCS放送の内野さんです♪これまで幾多のロードレースをはじめとする

2輪車のレースへイメージガールとして参加をしてきた河瀬さん、オートレースの世界に

飛び込むのは初めてということで、「さっそくオートレースを楽しむために車券を買ってみました」と

お話する河瀬さん。オートレースを知りたいという気持ちが内野さんにも伝わったのでしょう、

内野さんは持ち前の話術でぐいぐいと河瀬さんをオートの魅力に引き込ませていました☆



  

第6R、1着6枠・鐘ヶ江将平選手(飯塚)

「こういう走路はキライじゃないので、レースを待っている時から、(いいぞいいぞ)と思っていました。

 試走の時よりはちょっと乾いて得意な走路になってくれました。晴れでは2レベルくらい落ちます。」



  

第5Rから「準々決勝戦」、湿走路でのレースに。1着3枠・中山 透選手(川口)

「試走を大きく走ったけどダメだったので、先頭だったら内を走ろうと思ってました。1着なので

 エンジンは悪くないと思います。晴れでもまあまあ良いと思います。明日はスタート練習を。」





第4R、1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、2着4枠・中野光公選手(伊勢崎)、

3着1枠・赤堀 翼選手(浜松)の確定は8-4-1。





本日まで第4R発売中・イベントプラザにて「場内予想屋さんによる第4R予想会」を実施。

3日目の担当は再び「明朗社」の内田さんです。内田さんいわく、湿走路における

近況の3連対率からしても100%を誇る8枠・佐藤貴也選手を本命とし、対抗は同じく

湿走路での3連対率100%の4枠・中野光公選手、そして10線大外からかましが利けばと

7枠・平塚雅樹選手の両選手を選択した8-7&8-4を本命視、さらに穴目として

1枠・赤堀翼選手、2枠・松井大和選手、5枠・鈴木清市選手のいずれかを推していました。

果たして!?



  

場内の自警本部前にて実施している「懐かしの競走車展示」。

元・浜松オートレーサー1期生の伊藤寧歳さん率いる浜松オートPRチーム、

「遠州動楽會」のご協力をいただいています。会場の前にて寧歳さんに声をかけられ、

ご自身の現役時代のダートレース写真も展示しているとのことです。

メグロ3級車を駆り、逆ハンをきって第1コーナーをトップで旋回する

寧歳さんの写真もぜひご覧ください☆





サドルの上で開かれていたケースの中にはキャブレターのパーツであるメインジェットがいっぱい。

よく見るとメインジェットの中心の穴に、大きさの違いがあります。

選手は賞金等、自腹で何種類ものメインジェットを購入していき、雨や晴れなど

気候に見合ったものを選んで、ガソリンの燃焼率を調節していきます。





走路内・ピットレポート時もパラパラと雨が降っていましたが、ASAHI ちゃんとAKI ちゃんは

傘を差さずに走路状況を皆さまへお伝えしました。CSカメラには雨具をかけています。





開門を前にしてついに浜松の空から小雨が…。自動車のフロントガラスには

これだけの雨量が確認できます。ここでお知らせが、

本日の「3R走路内観戦」は雨天のために中止と発表されました。

大変申し訳ありませんが、どうぞご了承ください。



 

いよいよ雨が降ってきたことでロッカー内も非常にざわついています。

セッティングを雨仕様に変える作業で大忙しとなりそうです。





開催初日に実施しました「1着選手のCS放送・カバーガラスへサイン書き」、

書きこんでいる際の撮影写真ができあがり、額縁に入れてのフォトフレームが完成しました☆

初日1〜12Rの1着選手、そして2日目のピットレポートにて実施しましたASAHI ちゃん&

AKI ちゃんのサイン&写真も含めた13枚のフォトフレームをCSスタジオへお届けします。

本日CS放送にてプレゼントの紹介があるかと思いますので、どうぞお楽しみに♪





朝9時から開始された走行&スタート練習。

まだこの時は雨は降っていなかったのですが・・この時のエンジンやスタートの感触は

全面湿走路に変化してしまったことで、あまり意味をなさなくなってしまったようです。







天気予報の通り、2月に入って最も寒い朝を迎えた土曜日の浜松オートは

「サンケイスポーツ杯 GT第60回スピード王決定戦」・開催3日目。

気象情報によると降水確率は1日50%、しかも「くもり一時雨または雪」という発表です。

選手管理地区へ足を運ぶと、鈴木圭一郎選手(右)と新人・花田一輝選手(左)が

誰もいない浜松競走路をじっと見つめていました。天候や走路状況を見に来たという

雰囲気ではなく、むしろ、これから将来の浜松オートを、自分たち若手がけん引して

いかなければならない、というような決意や契りを交わしているような雰囲気でした。





まだ検車場に十分電灯が点いていない時間から、多くの選手がタイヤウォーマーを装着して

さらに毛布を上からくるむ作業を、仲間内で行っていました。

早朝の検車場はこれまで競走車が停車してあるのみ、というイメージでしたが

複数の選手が作業を行っているシーンは滅多に見られません。

それだけ全国に訪れた寒波が選手たちを動かしているのでしょう。





まだ7時台ですが次々とロッカー入りをする選手たち。

写真奥は西川頼臣選手、手前は鈴木章夫選手です。章夫選手はいつも手に

牛乳 or ヨーグルトを持ってロッカー入りします。章夫選手にとっての”鉄骨飲料”です(笑)





出走表を確認する松生信二選手(山陽)、ハンドルまわりを点検する松本やすし選手(伊勢崎)。

どちらもオートレースに一途で、非常に真面目な選手です。

そしてイケメン&癒しのライダー、山浦博幸選手は今日もニコニコ笑顔です♪



  

写真左:リアタイヤの表面を削る、林 弘明選手(山陽)。

写真右:検車場の広場でトレーニングをする田中 茂選手(飯塚)。





こちらはまだ周囲に誰もいないロッカーで佐藤貴也選手がひとり整備を行なっていました。

今節は残念ながら失権、一般戦出場となってしまいましたが、最終日まで

お客さまを楽しませるために全力で取り組もうとする姿勢が垣間見えました。





「おはよう〜」とロッカーご近所の選手へ挨拶をしてまわる荒尾 聡選手(飯塚)。

金子大輔選手の他に、写真には写りませんでしたが森村 亮選手(伊勢崎)、

鈴木聡太選手(伊勢崎)、吉田恵輔選手(伊勢崎)、野田光宏選手が整備を開始していました。





とにかく雨さえ降らなければ、と笑顔でフロントタイヤを取り付ける鈴木宏和選手。

本日は第9R「準々決勝戦」に出場、ということで、本日の第3R「走路内観戦」を実施した際、

お客さまとの記念撮影にご協力いただけませんか?とお願いしてみました。

宏和選手は「ともかず選手も、自分から声をかけてお誘いしていいですか?」とお返事。

ぜひお願いします、ということで、開門以降に雨が降らなければ宏和選手が

お仲間を連れての管理地区内・記念撮影に参加してくださいます♪どうぞお楽しみに!




posted by ブンブンボーイ at 18:25 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

GI 第60回スピード王決定戦 2日目のようす



写真:夕方練習に参加する中村雅人選手(川口)。

「サンケイスポーツ杯 GT第60回スピード王決定戦」、シリーズ2日目が終了。

明日の3日目は本日のイベントにプラスして、「3R走路内観戦」、そして

グラビアアイドル・河瀬杏美さんの来場イベントを実施します。

3R走路内観戦の「参加者抽選会」は第1R発売中、1Fインフォ前にて、

河瀬さんの「トークショー」は第5R発売中、「撮影会」は第9R発売中、

イベントプラザにて実施します。どうぞお楽しみに!



  

第12R、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)

「昨日は試走が出ていたのにレース足がなかったので、今日はレースまで不安だったのですが、

 結果が出せて良かったです。試走の感触はよく分からなかったですけど、スタートをきった時に

 持っていく感じがしたので、大丈夫だなと思いました。エンジンはトルク感が出ています。明日は

 天候が気になりますね。とりあえず微調整で、雨が降っていたら雨用のヘッドまわりにします。

 タイヤがちょっと低いので、ロッカーに戻ってから考えます。スタートのキレは最近はきれてない

 のですが、チェンジを入れてから伸びているので、良いと思います。.353の上がりタイムは…

 何とも言えないですね。でも、レース足があったので良かったです。明日は天候がどうなるか

 分からないですけど、どんな天候でも良いレースができるように頑張りますので、

 応援よろしくお願いします。」



  

第11R、1着6枠・鈴木宏和選手(浜松)

「昨日よりうまく走れたのですが少し跳ねました。エンジンは良いと思います。明日は雨の練習を。」



  

第10R、デビュー初のGTレース1着を獲得!1着1枠・花田一輝選手(浜松) 

「試走が出たので少し自信をもって行きました。やっぱりちょっとタイヤが跳ね気味ですね。ですが

タイヤは昨日と一緒なので…明日も一緒ですね。エンジンはキャブを扱ったら、少し乗りやすく

なったかもしれないです。整備よりも跳ねをまず直したいので、タイヤを探すくらいです。」





GTレースにてデビュー初の1着を成し遂げた花田選手。勝利者インタビューの時から、

胸から込みあがって瞳にあふれてくるものを精一杯抑えている様子が伝わってきました。

ロッカーには師匠の伊藤信夫選手をはじめ信夫選手と同期の浜野 淳選手(山陽)&

野田光宏選手、花田選手と同期の交川陽子選手、松尾啓史選手(山陽)、さらには・・・





佐藤裕二選手(川口)、木村武之選手、篠原 睦選手(飯塚)と、

信夫選手&花田選手の師弟コンビを慕う仲間たちが続々と集まってきて

花田選手へ「おめでとう!」と祝福の声を贈っていました。

各新聞記者も即座にロッカーインタビューを開始、明日の記事が楽しみです♪

花田一輝選手、GT初1着おめでとうございました☆



  

今節5日間毎日実施、第8R発売中のお楽しみ・「ASAHI トーク&抽選会」はイベントプラザにて。

ASAHI ちゃんが浜松オートのレースヴィーナスに任命され、ヴィーナスのトーク&抽選会を

始めてから、なんと栄えある100回目になります♪ なぜならばヴィーナスのトークショー時に

抽選会の景品として”オリジナルブロマイド”を用意していますが、ブロマイドに記載している

ナンバリングがついに「100」をカウントしたからです♪おめでとうございます☆

4月から任期4年目となるASAHI ちゃんへの応援をよろしくお願いします!

右写真はASAHI ちゃんが浜松オートレースヴィーナスとしてデビューし、初のトーク&抽選会にて

プレゼントしましたブロマイドの画像です。まだロゴマークもなく、現在のコスチュームも

完成する前であることが分かります。歴史を感じますね♪



  

第9R、1着7枠・岡部 聡選手(山陽)

「ちょっとミスもあったのですが、何とかいきました。エンジンは良いと思います。跳ねもないです。」



  

第8R、1着8枠・青山周平選手(伊勢崎)

「跳ねは昨日より少し軽減しました、明日も対策を練ります。タイヤがないので当て直します。」



  

第7R、西村龍太郎選手のフライングにより再発走へ。1着8枠・早川清太郎選手(伊勢崎)

「序盤の展開作りがうまく行かなくて前に進めない感じだったので(行けるかな?)という感じでした。」





本日の第2R発売中・走路内での「ピットレポート」では、走路&天候状況をお伝えしたのちに

恒例、ASAHI ちゃん&AKI ちゃんによるCS中継カメラのカバーガラスへサインを記入☆

こちらのカバーガラスも額縁に入れてCS放送の視聴者プレゼントとなります。

明日以降のCS放送にて応募方法が紹介されますので、どうぞお見逃しなく!



  

第6R、1着8枠・篠原 睦選手(飯塚)

「クルマの状態が良いですが、相変わらず跳ねます。明日はタイヤだけ変えて、微調整で。」



  

第5R、1着5枠・柴田健治選手(浜松)

「1着でしたが「えっ?」って感じですかね。昨日のレース、朝練習、試走と、良くない感じでした。」





柴田選手を祝福に、CS中継カメラの周囲に集まってきたのは

山浦博幸選手、藤波直也選手などイケメンレーサーたちです♪

柴田選手:「そこに立たれると喋れなくなるから、散って、散って!俺はシャイなんだから!」

山浦選手:「知ってる、知ってる〜!みんな知ってるよ〜!(一同笑)」



  

第4R、1着7枠・中村友和選手(浜松)

「スタートは自分なりに良いです。けがで走れない師匠(青島正樹選手)の分まで頑張ります!」



  

CS放送のうしろでは伊藤信夫選手や佐藤裕二選手(川口)など、

青島正樹選手と仲の良い選手たちが弟子の勝利を祝福していました。

中村選手:「師匠見てますか、連勝できましたよ!」





予選3日間をかけて第4R発売中、イベントプラザにて実施している

「場内予想屋さんによる第4R予想会」。本日2日目の担当は「チャンピオン」の佐々木さんです。

佐々木さんはペンを持ち、最重ハンデ20mの4車のうち、真っ先に本命の◎を書き込んだのが

先日初日そして前節伊勢崎の最終日から1着連勝をあげている7枠・中村友和選手でした。

穴狙いなら4枠・淺田真吾選手としながらも、1枠・今田真輔選手も穴をあける選手として△印、

さらに説明では2枠・中山 透選手も、3枠の伊藤正司選手が後続を抑えた場合は逃げ伸びる

可能性があると説明。果たして!?



  

第3R、1着8枠・松尾啓史選手(山陽)

「昨日、去年ここで優勝したクランクに変えて、今日の方が出てる感じです。調整で更に上積みを。」



  

第2R、1着8枠・金子大輔選手(浜松)

「試走タイムほどのエンジンの手応えはなかったです。滑りがあって、なんとか行けた感じです。」



  

第1R、1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)

「昨日はレースの1秒前どころかレース後まで、皆さんをそわそわさせてしまったので・・今日は

 試走も一番だったので、気持ちよく走れて良かったです。ドドドが来やすいので、タイヤを

 なるべくいろいろ準備したいです。今節は失権になってしまいましたが、明日以降は

 午前中のレースで、皆さんを最後の一秒まで興奮させますので、楽しんでください!」





競走車をロッカーへ運び込む新人女子・交川陽子選手。

先日お客さまより「なぜ新人の中で交川選手だけが練習参加に選ばれたのですか」という

ご質問をいただきました。花田一輝選手は今節正規あっせん選手として出場しており、

金田悠伽選手は現在けがにより休場、そして落合 巧選手はGT前検日の2/6まで

飯塚開催に出場していたことから、前検日に行う出場エントリーができないために

今節は非あっせんの交川選手のみが練習参加となっています。



ちなみに、1級車に乗り換えても3月(年度末)いっぱいまでは「新人選手」として登録されており

GTなどのグレードレース時には開催の流れを学んでもらうために

「練習参加」として先輩選手の手伝いやレースの見学を行ないます。





試走場にてエンジンをかける阿部剛士選手(川口)。



  

左から、小林瑞季選手(川口)、湯浅 浩選手(伊勢崎)。





走路内の「発走ピット」の前ではライフセーバーが集まり、レースで使わないダミー競走車を

左側&右側に倒しながら、落車事故を想定して競走車を走路の内外線まで撤去する

訓練が行われていました。約10秒間のうちに撤去を完了させるそうです。





先日よりわずかばかり、寒さが増したような気がする浜松オートは

「サンケイスポーツ杯 GT第60回スピード王決定戦」はシリーズ2日目。

それでも風は弱く、極端な寒さはありません。

昇る朝日に照らされる大時計を前に、塚越浩之選手(伊勢崎)がトレーニングを行なっていました。



    

次々とロッカー入りをする選手たち。左から、鈴木辰己選手、荒尾 聡選手(飯塚)、

森村 亮選手(伊勢崎)です。鈴木辰己選手は給湯室にある浄水器でおいしい水を汲んでいました。





検車場には既に多数の車両が停めてあり、齋藤 努選手がタイヤウォーマーを装着していました。



  

写真左:自身のロッカーにてタイヤをあたためる小林悠樹選手。

写真右:タイヤの空気圧を調べる越智尚寿選手(飯塚)。





「おはようございま〜す」と岩科鮮太選手(右)が周囲へ挨拶をしながらロッカー入り。

挨拶を交わした田中 茂選手(飯塚、左)は、「さむ〜」と言いながらも

Tシャツ姿で整備をしていました。





まだ周囲の集まっていないロッカーでひとり、クラッチ整備を進める重富大輔選手(飯塚)。





お互いの先日初日のレースを振り返りながら、同31期同士で整備談義する

渡邉 篤選手と平塚雅樹選手。キャブレターを扱っていました。





こちらは同29期同士、金子大輔選手と、ロッカーの奥の田中輝義選手(飯塚)が

会話をしながら整備をしていました。早朝は一緒に過ごしていることが多いです。



  

写真左:指さし確認をする浅野幸三選手(川口)。

写真右:タイヤを温めながら車両を見つめる鈴木聡太選手(伊勢崎)。




posted by ブンブンボーイ at 17:55 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

GI 第60回スピード王決定戦 初日のようす



写真:本日の第8R発売中・イベントプラザ「ASAHI トーク&抽選会」では、先日2/6が

ASAHI ちゃんの誕生日だったため、ASAHI ちゃんには内緒で”誕生日ケーキ”が登場する

サプライズをスタッフで用意☆ ASAHI ちゃんは瞳をうるわせて喜んでくれました♪



明日の開催2日目も全12Rが「予選」となります。

熱戦にご期待ください!







第12R、8車全員”鈴木”選手による「鈴木選抜(予選)」、1着7枠・鈴木 清選手(川口)





勝負の決め手となった5周目の第1コーナー、イン締めの得意な4枠10線・鈴木静二選手の

インコースを思いきって差し込んだ7枠20線・鈴木 清選手が先頭へ。さらに後続から

6枠20線・鈴木宏和選手、8枠20線・鈴木圭一郎選手がさばいて2番手、3番手と入りました。





「いやぁ、なんか自分がここにいるなんて信じられないので…嬉しいのと、びっくりしています。

全てが自分に向いてくれたみたいな、展開とか…スピード戦では絶対に勝てないと思っていたので。

クルマは乗りやすさがあったので、それで試走も30が出たから、自分的には悪くないかなと。

先日はヘッド周りと、セッティングと…あとは前回、地元川口でいろいろ部品交換をしてきたので、

今日に関してはセッティングだけですね。まだ気になってる所があるので、明日はちょっと

微調整をして、ダメだったら元に戻しますし、あとはタイヤですかね。今日のタイヤも

良かったですし、もう1本、行ってみたいのがあるので、どっちかで行こうと思っています。

スタートに関してはすごい緊張したのですが、自分なりにはうまくきれたので、OKです。

まさかまさかの1着で初戦のスタートがきれるとは思っていなかったので、最高です。

明日からも頑張りますので、よろしくお願いします!」

勝利のピースポーズをとってくださいました、鈴木清選手。

「鈴木選抜(予選)」1着、おめでとうございました☆





GT初日・第12R「鈴木選抜(予選)」の試走はASAHI ちゃんの「ラウンドガール」を実施♪

ファイティングゲートに8人の鈴木選手が集まりました!



  

第11R、1着8枠・青山周平選手(伊勢崎)

「エンジンは良くも悪くもないですが、すごく跳ねるのがイヤです。何か手を加えたいと思います。」



  

第10R、1着7枠・佐藤裕二選手(川口)

「エンジン足りないです。タイヤが滑って直線で回転が上がらないです。タイヤは作り直しをします。」





本日から3日間、第10&11R発売中をかけて1Fインフォ付近にて

「浜松オートお楽しみ大抽選会」を実施。本日と明日2日目の景品は

”GT第60回スピード王決定戦・オリジナルQUOカード ” を抽選で50名様へプレゼントします。

1000円分の未確定車券かはまりっちレシートをご提示いただければ抽選会に参加できますので、

第12R「鈴木選抜」での予想を立てて1000円以上のご投票をされた方など、

ふるって抽選会にご参加ください!景品が全てプレゼントされ次第終了です。



  

第9R、1着8枠・永井大介選手(川口)

「最近だめでしたが今日は良かったです。新品クランクにしてドドドが治まり回転が上がりました。」





CSスタジオに届きましたお客さまからの応援FAXにて「体調はいかがでしょうか?」と

容態を心配する質問が。前回の川口開催にて最終日に身体の不調を訴えて欠車、

早退を選んだ永井選手は、カメラの前で両手で”OKマーク”をして大丈夫なことを伝えました。



  

第8R、1着8枠・荒尾 聡選手(飯塚)

「清太郎君(早川清太郎選手)と並んだので良かったです。整備はキャブだけですが良かったです。」



  

第7R、1着5枠・山際真介選手(川口)

「自分でビックリしてます。エンジンはキャブをちょっと、ぶっつけの整備でしたが、良かったです。」





今節は5日間をかけて第2R発売中、CS放送にて飯塚オートレポーター・AKI ちゃんと

ASAHI ちゃんとの「ピットレポート」を放映します。

開門を過ぎた10:45頃の天候や走路状況等、こちらでチェックしてください☆

2回目の走路内ピットレポートは第9R発売中の予定です。



  

第6R、1着8枠・中村雅人選手(川口)

「力が欲しいとシリンダーを変えましたが、そんなでもなかったです。もうちょっとセッティングを。」



  

第5R、1着8枠・篠原 睦選手(飯塚)

「エンジンは良いですが、ちょっと跳ねと滑りが気になりますね。明日はタイヤだけを変えます。」



  

CS中継カメラのうしろから祝福してくれた仲間選手と、エアで”グータッチ”を交わした篠原選手。

カメラのカバーガラスには「健康」と書き込みました♪

AKI ちゃん:「いよいよ健康にも気を配る年代になってきましたか?」

篠原選手:「そうね、40歳を過ぎたらもう”初老”やけぇ(苦笑)」



  

第4Rは波乱。スタート直後のファーストコーナーにて審議がかかり、8枠・佐藤貴也選手が

他車を内側から押圧しての反妨失格に。順位は繰り上がり、1着1枠・柴田紘志選手(浜松)

「飯塚で乗ったエンジン状態のままですが手応えありです。後半乗りづらいのでバネを点検します。」





今節GTは初日から3日間、第4R発売中・イベントプラザにて

「場内予想屋さんによる第4レース予想会」を実施します。

本日初日の担当は明朗社の内田さんです。内田さんいわく、試走タイム28をマークした

8枠・佐藤貴也選手を本命に推すのは当然として、本来ならば対抗に5枠・森村 亮選手を

勧めたかったところ、朝練習のようすや試走を見てもあまり秀でた点が見られなかったことから

森村選手が伸びなかった場合の予想として、ここはゼロハンの両車、試走タイムを出した

柴田紘志選手か、和田健吾選手のどちらかが貴也選手に対する対抗格と印をつけました。

果たして!?



  

第3R、最終コーナーで逆転。1着7枠・早川清太郎選手(伊勢崎)

「乗りやすさはすごくあるのですが、直線の勢いは足りてないかなと思います。」



  

第2R、1着7枠・渡邉 篤選手(浜松)

「精一杯走りますので、ぜひ本場へ来て応援して下さい。」



  

第1R、1着7枠・中村友和選手(浜松)

「けがで休場している師匠(青島正樹選手)の分まで頑張ります!」





こちらも5日間毎日プレゼント、今節協賛・「サンケイスポーツ」新聞を

グリーンスタンドのご利用者へ先着200名様に配布します。

オートレース記事にご注目ください♪





今節も5日間毎日、開門より1Fインフォ前にて「選手サイン色紙」と

「佐藤貴也選手サイン入りGT開催ポスター」を先着プレゼント☆

ご指定の額の未確定車券かはまりっちレシートをご提示ください。

毎日サイン色紙は各10名様、ポスターは3名様へ差し上げます。お早めにどうぞ!



 

今節GT開催期間中は毎日開門時に正門にて浜松オートレースヴィーナス・

ASAHI ちゃんが”来場者のお出迎え”を行ないます。会いに来てくださいね♪





さらに本日初日はウェルカムサービスとして「紙パックドリンク」を先着配布。

すぐに雨が止んでしまう浜松は毎日乾燥必至、冬の水分補給もお忘れなく!





  

かくして開催日を迎えた浜松オートの2019年・最初のビッグレース、

「サンケイスポーツ杯 GT第60回スピード王決定戦」。

早朝の7:30過ぎにロッカーへ足を運ぶと、はやくも鈴木辰己選手が車両を検車場へ運び

タイヤウォーマーを装着させていました。他にも渡邉 篤選手、鈴木一馬選手、

齋藤 努選手の車両が停めてありました。





第2発見選手は、今期全国Sランク2位の佐藤貴也選手。フレームには写りませんでしたが

ロッカーの中にて整備の前準備を進めていました。おはようございます、と朝の挨拶を頂きました。

5日間がんばってください!





リアタイヤを調べる鈴木宏和選手。右は柴田紘志選手です。

宏和選手は今期、全国Aランクのナンバー1です。本日は第12Rの予選、

「鈴木選抜」にて、全国Sランクのナンバー1・鈴木圭一郎選手と対戦。他にも

鈴木辰己選手、鈴木章夫選手、鈴木静二選手、鈴木一馬選手と

浜松から6人もの鈴木選手が出場します。熱戦にご期待ください!



  

5日間をかけた体調管理も大切。ロッカー入りをした矢野正剛選手(山陽)&

鈴木 清選手(川口)は、まず”うがい”と”手洗い”をしてから整備に取り掛かっていました。





自身のロッカーにてタイヤを温める辰巳裕樹選手。



  

西川頼臣選手(左)と荒尾 聡選手(右)。お向かい同士のロッカーです。周囲には

鈴木圭一郎選手をはじめ篠原 睦選手(飯塚)、渡邉 篤選手など強力なメンバーで揃っています。



  

写真左:田中 茂選手(飯塚)のマシンも既にタイヤウォーマーを装着。

写真右:昇る太陽に向かってストレッチをする内山高秀選手(伊勢崎)。



いよいよ2019年・浜松オートGTレースの開幕けです!


posted by ブンブンボーイ at 18:33 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする