2019年03月05日

飯塚&伊勢崎 場外併売・最終日のようす


飯塚と伊勢崎にて繰り広げられました4日間開催・最終12R「優勝戦」、
飯塚では上位接戦のエキサイティングバトルとなり、3枠・鐘ヶ江将平選手に軍配。
地元飯塚での優勝を成し遂げました。おめでとうございました☆


一方、伊勢崎では波乱発生。全国ナンバー1ライダー・鈴木圭一郎選手が
スーパーハンデを背おい、40線単騎からのスタートとなりましたが、
10m分のハンデを6周回で埋めるべく早めの前輪攻勢を仕掛けていくも
道中第3・4コーナーにて前方を走る4枠・湯浅 浩選手の後輪と接触してしまい、
圭一郎選手はまさかの単独落車。レースは続行され、1枠・生方将人選手が
6周回を逃げきっての地元伊勢崎優勝となりました。
なお、圭一郎選手は落防失格となり、3連単は1万円を超える高額配当となりました。

浜松オートの次節・「日管杯 第14回ヴィーナスカップ」は圭一郎選手が2級車で競う
企画レース、「鈴木圭一郎 2級車チャレンジ」を予定していますが、
容態等につきましては情報が入っていません。
情報が入り次第お伝えします。


posted by ブンブンボーイ at 17:50 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする