2019年03月12日

日管杯 第14回 ヴィーナスカップ 2日目・準決勝戦のようす



「日管杯 第14回ヴィーナスカップ」2日目・”準決勝8バトル”が全て終了。

みごと1着を獲得しました8選手により、明日3/13(水)の最終12Rに「優勝戦」を実施します。

長谷選手、藤岡選手、信夫選手、渡邉選手、松尾選手は”完全優勝”へリーチをかけました。

熱戦にご期待ください!





「準決勝戦」にて3着と敗れてしまった鈴木圭一郎選手、明日最終日は

第5R「ランチアタック選抜戦」に2級車(500cc)で出場します。

応援をよろしくお願いします!







第12R「圭一郎 2級車チャレンジ」、圭一郎選手は惜しくも3着の成績に。

1着7枠・長谷晴久選手(浜松)





第11R、1着8枠・伊藤信夫選手(浜松)





第10R、1着8枠・松尾啓史選手(山陽)





第8R発売中のお楽しみ、「ASAHIトーク&抽選会」はイベントプラザにて。

ASAHIちゃんから情報があり、4/1開幕の浜松新年度開催・「第37回 中日新聞東海本社杯」にて

鈴木圭一郎選手の5期目 ”全国ナンバー1勝負服” のお披露目会が行われるそうです♪

そして4/7の日曜日、飯塚「GUオーバルチャンピオンカップ」に飯塚オートへ来場予定とのこと。

さらに、4月からの新年度は新たなレース企画として、女子オートレーサーによる「予選リーグ戦」を

各オートレース場で実施し、「予選リーグ戦」の覇者、および「ポイントの上位者」を集めて

年末の川口オート・「SGスーパースターフェスタ2019」の初日(12/27)において

『スーパースターガールズ王座決定戦』を実施することになりました。

予選リーグ戦の初戦は ”浜松ステージ” に決定、4/13()の「第4回Gamboo杯」初日・

第12Rに火蓋が切られます。なお、対象女性選手は計11名。次の通りです。

・川 口・・・佐藤摩弥選手(31期)、片野利沙選手(32期)

・伊勢崎・・・藤本梨恵選手(32期)、田崎 萌選手(33期)、高橋絵莉子選手(33期)

・浜 松・・・岡谷美由紀選手(32期)、金田悠伽選手(33期)、交川陽子選手(33期)

・飯 塚・・・稲原瑞穂選手(33期)、吉川麻季選手(33期)、堂免沙弥選手(33期)

ビッグイベントの続く浜松オートの新年度開催に注目です!





第9R、1着8枠・渡邉 篤選手(浜松)





第8R、1着4枠・西川頼臣選手(浜松)





第7R、1着8枠・藤岡一樹選手(山陽)





今節毎日第6R発売中・イベントプラザにて実施中の「ASAHI 日替わりチャレンジ」。

本日2日目は” バスケット・シュートチャレンジ ” です。なぜバスケットが選ばれたかというと…

先日初日に実施しましたダーツの的の裏側がバスケットゴールになっているからです(笑)

正式なバスケットボール&ゴールより口径が小さく、あくまでパーティグッズなので

なかなかシュートが決まらずに苦戦を強いられているようでした。。

日替わりチャレンジは明日まで実施、成功するとお客さまへ「お菓子の詰め合わせ」をプレゼント♪

お菓子の詰め合わせはギャラリーとのジャンケン大会で勝ち残った方へ贈呈されます。

どうぞご参加ください☆





第6R、1着2枠・山脇孝志選手(浜松)





第5Rから1着のみ優出の「準決勝8バトル」が第12Rまで繰り広げられます。

1着2枠・落合 巧選手(浜松)





現在けがで休場中の金田悠伽選手の分まで走りぬく、同期の浜松新人女子・交川陽子選手が

本日は第4Rに1枠ゼロハンから出場。最終周回終盤まで先頭をキープしていましたが

ファイナルコーナー〜ゴール線にて5枠・生方将人選手に逆転され2着の成績に。

それでも掲示板に名を残す健走を見せました。





第1Rは浜松のベテランライダー・森下剛一選手が1着を獲得。

選手同士のお出迎えが行なわれる検車場前へ足を運んでみると、戦友である

上村敏明選手や山本佳幸選手が片付けの手伝いに集まっていました。





交川陽子選手。スタート練習も繰り返し参加をしていました。





松尾啓史選手(山陽)。





写真:朝練習で併走する岡谷美由紀選手と佐藤貴也選手。

朝の走行練習は9時過ぎから開門後の10:20頃まで実施されます。

今日明日は走行練習の撮影のためにずっと走路内にいることになりそうです。ちなみに、

わたくしブンブンボーイは幸いにも花粉症がありませんので、一日外にいても平気です(笑)





季節の変わり目になるとエンジンの色も変化しがちです。そうなると乗り方・ライディングにも

若干の違いが生まれるようで、「走行フォームを確認したいので写真を撮ってほしい」という

依頼を受けることが多くなります。写真は渡邉 篤選手です。





藤本 剛選手(山陽)がエンジンを掛けようとしてプスンと止まってしまうや、遠くから偶然見かけた

春本綾斗選手(山陽)がすぐさま駆け寄ってエンジン掛けを手伝いました。





朝練習を前に、試走場にてエンジン音を確認する選手たち。左は伊藤信夫選手です。



  

杉本雅彦選手(山陽)と阿久津正夫選手(川口)。どちらも離れのロッカー・B棟を使用しています。





早朝7:30過ぎの検車場。すでにタイヤウォーマーが巻かれていたのは、右から

山ア 進選手(山陽)、渡邉 篤選手、山本佳幸選手です。





早朝から整備を開始していた鈴木健吾選手は本日からの補充(先日「7車立て」の分の補充)です。

もう一人は松山茂靖選手です。



  

写真左:ウエスで車体を清掃する岡本博幸選手(山陽)。

写真右:ロッカー入りをした先輩選手へ「おはようございます!」と挨拶する落合 巧選手。



  

写真左:整備を進める柴田健治選手と会話をする中野政則選手(山陽)。

写真右:キャブレターの中身を開ける小林頼介選手。



  

写真左:リアタイヤを削る岡谷美由紀選手。

写真右:作業台へ工具を並べる吉松優輝選手(飯塚)。奥は大月 渉選手(伊勢崎)。





リアタイヤ&フロントタイヤを扱う、西川頼臣選手と平塚雅樹選手。

検車場へマシンを運び終えた山ア 進選手(山陽)は気象情報を確認していました。

木村享平選手(伊勢崎)の姿も見えましたが、かなり”花粉”に苦戦しているようでした。





先日初日のレースで他落を被ってしまった鈴木一馬選手のマシン修理を

親身になって手伝う赤堀 翼選手。





先日落車を喫してしまった小松久二一選手のマシン修理がグループの仲間によって

今朝も続けられていました。本日は落因により1日罰則休となっています。


posted by ブンブンボーイ at 18:37 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする