2019年03月24日

山陽「特別GT共同通信社杯プレミアムカップ」場外発売・4日目のようす


山陽オートにて繰り広げられている「特別GT共同通信社杯プレミアムカップ」、
シリーズ4日目は第9〜12Rをかけて「準決勝戦」を実施。

ところが最終12R「準決勝戦」に大波乱。スタート直後、4枠・森 且行選手の後輪へ
追走時に前輪を接触させてしまった2枠・鈴木圭一郎選手が自落、
車両が走路内に残ってしまったためレース中止の赤旗が振られ、競走不成立となりました。
したがいまして山陽 特別GT・4日目の第12Rは全返還となりました。


さらにレース中止の赤旗が振られた際、赤旗に気付いて減速した6枠・木村武之選手の車体へ
3枠・浜野 淳選手の前輪が接触、浜野選手も落車してしまうアクシデントが発生。
レース中止後の審議にて浜野選手は他落の判定、圭一郎選手は落因の反則失格となり、
圭一郎選手は1日(5日目)罰則休を受けることに。
※圭一郎選手は自ら起き上がって外周へ避難し一礼して救急車へ乗り込みました。


☆3/25(月) 山陽 特別GT 第12R「優勝戦(枠番選択)」


4つの「準決勝戦」が終了し、競走不成立となりました第12Rからは
新井恵匠選手と浜野 淳選手が出場権を獲得。
浜野選手は自ら起き上がり一礼して救急車に乗り込んでいましたが
その後の容態と車両修理が気になるところです。


最終12R「優勝戦」は8周回・0mOP・枠番選択にて競われます。
応援をよろしくお願いします!


posted by ブンブンボーイ at 17:54| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする