2019年04月20日

4/30(祝)に100年前のトライアンフが浜松オートに登場!


「オッズパーク杯 SG第38回オールスター・オートレース」の開催期間中毎日、
正門奥右・自警本部前にて「懐かしの競走車」の展示コーナーを設置します。

そしてSG開催4日目となる4/30(火・)の6R発売中、メインスタンド西側広場にて
浜松オート・グレードレース恒例の「なつかしの競走車エンジン掛け」を実施します。
※雨天時中止
そこで追加イベントとしまして、 ”100年前のトライアンフバイク ” を
展示&エンジン掛けを行なうことが決定!
大正時代に公道を走っていた、ブルジョワ階級でしか手に入れられなかった
トライアンフバイクのエンジン音が浜松オートで蘇ります。どうぞお楽しみに!


なつかしの競走車・展示コーナーではトライアンフをはじめフジ、メグロ、現行車セアなど
歴代オートレース競走車が勢ぞろい。伊藤寧歳元選手の率いる浜松オートPRチーム、
『遠州動楽會』のご協力によるイベントです。いつもありがとうございます!


posted by ブンブンボーイ at 12:40| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする