2019年04月27日

SG 第38回 オールスター・オートレース 初日のようす





写真:夕方練習時に落車トラブル発生。夜を徹しての車両修理が行われました。

最後にお知らせです。本日第8Rにて伊藤正真選手は「妨害行為等の繰り返し」と判定され、

明日1日罰則休に。2日目の補充は遠藤 誠選手に決定しました。

どうぞご了承ください。




スタンドからの応援を背に受けて、期待に応える勝利を獲得!
第12R「スターセレクション(0mOP・枠番抽選)」、1着5枠・鈴木圭一郎選手(浜松)


全国ナンバーワン勝負服は全8色作られますが、通常のハンデ戦や10mオープン戦では
全国ナンバーワンであるがゆえに最重ハンの8枠・ピンク色の勝負服しか着られません。
ピンク色以外の全国ナンバーワン勝負服を着られるのは枠番抽選&枠番選択レースだけです。
今節でピンク色、黄色以外の勝負服カラーが見られるか、今後も注目です。

 
第11R、1着1枠・黒川京介選手(川口)
前回の川口開催に続いて4連勝目をあげました。





本日は千葉県船橋市のオートレース場外車券売り場・「オートレースふなばし」さんプレゼンツ、

「がんばれ鈴木圭一郎!!」 と題し、西側スタンドで鈴木圭一郎選手の試走&レースを

お客様がチームになって応援するイベントを実施。第11Rの発売中にイベント参加者が集まり、

アクアブルーの応援マフラータオルを一斉に広げてくださいました☆


 
第10R、1着8枠・中村雅人選手(川口)

 
第9R、1着7枠・伊藤信夫選手(浜松)
信夫選手いわく、これまで出場した地元レースの中でも類をみない風の強さとのことです。

 
第8R、1着3枠・谷津圭治選手(伊勢崎)
道中に審議がかかり、1枠・伊藤正真選手は反妨失格の判定となりました。





今節の第8R・イベントプラザ「ASAHI トーク&抽選会」は毎日ゲストが登場。

本日初日は照沼杏菜さんにお越しくださいました☆


 
第7R、1着8枠・松尾啓史選手(山陽)


 
第6R、1着1枠・藤本梨恵選手(伊勢崎)
道中第2コーナーにて7枠・山田達也選手の前輪が8枠・荒尾 聡選手の後輪へ内側から接触。
山田選手は落車を喫し外周へ避難、荒尾選手は落車こそ免れたものの走行を中断、
未完走となりました。審議の結果、山田選手は落妨の失格判定に。
その後医師の診察を受けて骨折などは見られませんでしたが、身体の不調を訴えて
山田選手は本日付で参加解除・早退となりました。
明日以降の補充選手は仲口武志選手に決定しました。



 

第5R、1着1枠・花田一輝選手(浜松)

道中第2コーナーにて2枠・小林瑞季選手が自落し、自力で立ち上がり外周へ避難。

容態は打撲程度で大事には至らないとのことです。





本日より3日間、日替わりでお笑い芸人のライブを第5&9R発売中・イベントプラザにて実施。

初日の来場は「ユリオカ超特Q」さんです。細かすぎて世間に伝わらない

モノマネを披露してくださいました。



 

第4R、道中に審議がかかり、5枠・松本やすし選手が反妨失格に。

1着1枠・北渡瀬 充選手(伊勢崎)





第4R発売中、イベントプラザにて「予想屋さんのレース予想会」を実施。

「チャンピオン」の佐々木さんが初日&3日目を担当します。

明日は「明朗社」の内田さんが解説を行います。視聴は無料です!



 

第3R、1着1枠・片野利沙選手(川口)





第3R発売中、イベントプラザにて12R「スターセレクション」の出場選手紹介が行われました。





引き続き、昨年のSGオールスター・オートレース優勝選手である佐藤貴也選手から

SG優勝旗の返還が執り行われ、選手会を代表し中村晋典選手が優勝旗を受け取ると、

佐藤貴也選手へ優勝旗のレプリカが贈呈されました。

平成最後&令和最初のSG優勝旗は果たして誰の手におさめられるでしょうか。





第2R、初回の発走時に4枠・田村治郎選手がフライングを喫してしまい再発走となるも、

2度目のスタートでは5枠・別府敬剛選手がフライングに。3度目は正常発走、1着は

4枠・田村治郎選手でしたが勝利者インタビューは行われませんでした。

  

第1Rの直後に予期せぬトラブル発生。PCのブルースクリーンエラーが発生し、
再起動ループに陥ってしまいました。仕方がないのでレース&イベントの写真撮影は継続、
復旧が済み次第、できる限り初日の情報を載せてまいります。

 
今節は「予選」&「準々決勝戦」の1着選手はCS中継にて”勝利者インタビュー”が行なわれます。
第1R「オールスター開幕戦」、1着5枠・五十嵐一夫選手(川口)
「エンジンはそんなに扱わず、選んだタイヤが良かったと思います。まだ一走目です。
 風が強くて3・4コーナーが厳しかったですね。」


下記早朝のレポートを書いているうちに、あっというまに開門。
急いで場内へ向かいましたが、既に佐藤貴也選手サイン入りのSGのぼり旗や
SGポスターといった「開門先着プレゼント」系統は完配。
浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんも開門来場者お出迎えを終えて
開門先着サービスのようすをカメラにおさめていました。


オートレースふなばしさんの「がんばれ鈴木圭一郎!!」イベントも参加者募集は
あっという間に定員の50名に到達。第12R「スターセレクション」実施時、西側スタンドにて
鈴木圭一郎選手の応援ゾーンを設け、試走&レースをかけて応援マフラータオルが振られます。
こちらにも注目です!



朝9時と同時に管理地区内からエンジン音が鳴り始め、
正門前のお客さまと同じく、走路入場門の前にて選手たちが行列を作りはじめました。




最大10日間という日本では例を見ない超・大型連休がいよいよスタート。
そして浜松オートにて幕を開ける2019年度最初のスーパーグレードレース、
「オッズパーク杯 SG第38回オールスター・オートレース」は10時開門です。
早朝7:30に現地入りをした際、すでに正門前にはお客さまが行列を作っていました。

本日初日は開門先着のプレゼントやイベントが多数用意。
詳しくは浜松オートオフィシャルサイトの特設サイトにて。



SG初日、早朝8時をまわる前からロッカー内は多くの選手たちが整備を開始していました。
写真は藤岡一樹選手(山陽)のロッカーを訪ねる平田雅崇選手(川口)です。

  
写真左:「4日目あたりがやばそうっすねぇ・・」と、TVの天気予報を見ながら
 前田 淳選手(山陽)と会話をする山浦博幸選手。
写真右:ひとり黙々と整備をする伊藤正真選手(伊勢崎)。


黒川京介選手(川口)の腰周りを実際に乗って確かめる花田一輝選手。
写真右は屋外で削ったタイヤをロッカーへ運ぶ泉田修佑選手(川口)。

  
写真左から、エンジンのフタを開ける吉原恭佑選手(伊勢崎)、高宗良次選手(山陽)。

  
写真左:ロッカーへ向かう金子大輔選手。奥は荒尾 聡選手(飯塚)。
写真右:ヘッド回りを扱う鈴木将光選手(伊勢崎)。

  
写真左:中村杏亮選手(飯塚)。向かいのロッカーは青山周平選手(伊勢崎)が使っています。
写真右:今節は離れのロッカー・B棟を使用、藤本梨恵選手(伊勢崎)と有吉辰也選手(飯塚)。


「お、ブンブン君。ちょうど整備がひと息ついたところだし、一杯やっていきなよ」と
岩田行雄選手(伊勢崎)がさっそくドリップでコーヒーを淹れてくださいました♪

岩田選手:「SGオールスターは言うなれば、ファンの方々が出場メンバーを決めてくださった
”おまつり”だものね。今日は急に寒くなったけど、5日間どんなレースになるんだろう、
今からワクワクしてくるよ。ブンブン君も忙しくなりそうだね!」
と、整備の手を休めて2人分のコーヒーを淹れる岩田選手の目はニコニコしていました☆
いつもおいしいコーヒーをありがとうございます☆


posted by ブンブンボーイ at 16:58| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする