2019年05月26日

遠鉄グリーンカップ GT開場63周年記念ゴールデンレース 5日目・最終日


本日5/26()は「遠鉄グリーンカップ GT開場63周年記念ゴールデンレース」の5日目。
(開門予定時刻10:00、浜松第1R試走開始10:20)

開催地・浜松の天候は「晴れ」、走路状況「良走路」。気温18℃、

湿度72%、走路温度26℃、降水確率は午前0%・午後0%と発表。

今節GTは5日間とも良走路で競えそうですが熱走路は必至です。



今節場内では漬けマグロ串カツ「ほっこりDININGきら」、たい焼き「やきたて屋」、
すっぽんエキス入り浜松餃子「あまえん坊」、焼き鳥「鳥好」、
明石焼き風たこ焼き「タニグチ商店」などが常駐。どうぞお立ち寄りください。




浜松「遠鉄グリーンカップ GT開場63周年記念ゴールデンレース」のイベント情報です。



☆グリーンスタンド入場者 先着200名様へ「スポーツ新聞」を配布します。


 
☆GI開催期間中、第7Rの2連単・払戻率が80%にアップします!
☆開催中毎日、「ラッキー投票券」を実施。
勝車投票券(車券)の裏側に『ラッキー!』が出たら大当たり!
投票額に応じた”車券購入券”をプレゼント!
※景品交換場所は1Fインフォメーションです。
※車券購入券の有効期間は「GI 開場63周年記念 ゴールデンレース」のみとなります。



☆開期間中毎日、正門奥右・自警本部前にて
 「懐かしの競走車」展示コーナーを設置。
 セア、メグロ、フジ、トライアンフなどを展示します。



☆開門より正門奥にてASAHIさんの来場者お出迎えを行ないます。
☆開門より1Fインフォ前にて先着3名様へ「木村武之選手サイン入りGTポスター」を贈呈。
 当日3000円以上の未確定車券を会場へご提示ください。
☆開門より1Fインフォ前にて先着各10名様へ「選手サイン色紙」を贈呈。
 当日2000円以上の未確定車券を会場へご提示ください。
 本日は鈴木圭一郎選手&佐藤貴也選手のサイン色紙です。



☆第2R発売中〜3Rをかけて、走路内にて「3R走路内観戦」を実施します。
(雨天時中止)
・第1R発売中、1Fインフォメーション前にて「抽選会」を実施します。
 当選20名様を2R発売中より選手管理地区へご案内します。
赤系統の着衣の方は参加できない場合があります。



☆第4R発売中、イベントプラザにて「オート・ボート・競輪の選手コラボトークショー」を実施。
オートから赤堀 翼選手、ボートから河合佑樹選手、競輪から渋谷征広選手が来場します。
どうぞお楽しみに!



本日の特別ゲストはグラビアアイドル・「彩川ひなの」さんです。
第5R発売中(12:00頃)と第9R発売中(14:05頃)に
イベントプラザにてトークショー(第9R発売中は撮影会)を実施します。
さらに第11Rの試走時、彩川ひなのさんによるラウンドガールを実施します。
どうぞお楽しみに!



☆第6R発売中、走路内にて「優勝戦 出場選手セレモニー」を執り行います。
 司会は内野久照さんです。選手への応援をよろしくお願いします!



☆第10&11R発売中、1Fインフォ前にて「浜松オートお楽しみ大抽選会」を実施します。
 1000円以上の未確定車券かはまりっちレシートを会場へご提示ください。
 本日は「GTオリジナルQUOカード」などが当たります!
 景品がなくなり次第終了です。



本日は第12Rに8周回の「優勝戦」が繰り広げられます。
第12Rの終了後、イベントプラザにて「優勝選手表彰式」を執り行います。
司会は内野久照さんです。シャンパンファイトも実施、祝福をよろしくお願いします!


☆5/26() 浜松第12R 「優勝戦(8周回)」



posted by ブンブンボーイ at 08:19 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

GT開場63周年記念ゴールデンレース 4日目のようす





「遠鉄グリーンカップGT開場63周年記念ゴールデンレース」、シリーズ4日目が終了。

4つの「準決勝戦」の結果、明日5/26()の最終12R「優勝戦(8周回)」は

ご覧のメンバーにて競われることに決定しました。熱戦にご期待ください!







第12R、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着7枠・山田達也選手(川口)





第12Rの優出選手インタビューは夕方練習開始のため、管理地区内のCS中継となります。



圭一郎選手:「朝練習ではスタートがきれなかったので、パーツを変えたらきれるようになりました。

エンジン状態はかなり良いと思います。今日がベストだと思います。8周を持つように微調整で

整備したいと思います。タイヤは今日のを使います。良いレースができるように頑張ります。

応援よろしくお願いします。」



山田選手:「いっぱいいっぱいでした。自分なりには走ったのですが、最後に音が聞こえて

きたので、コースを閉めましたね。明日へは上積みが必要だと思います。スタートは

まわりから見るときれてないのですけど、自分の中ではきれたほうだと思います。

タイヤは今日ので3走目だったので、これから考えます。明日は優勝できるように、

一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いします。」





第11R、一度先頭を奪われるも逆転の勝利!

1着2枠・遠藤 誠選手(浜松)、2着5枠・佐藤摩弥選手(川口)





左から、遠藤 誠選手、佐藤摩弥選手。

遠藤選手:「やりました!試走の手応えは、ないです!(会場笑)毎日試走タイムが出なくて、

あ〜あ…と思ってるのですけど。一度3番(柴田健治選手)に先頭を取られて、3番に

ついて行くことだけを考えていました。ミスをしてくれるのを待っていました。エンジン状態は

手前から中間は、僕の方が良いですね。タイヤは大丈夫です。エンジンは多分、このまま

行きます。タイヤは今日のか、昨日のかを考えます。明日はもっと試走タイムを出して、

最後まで逃げれるように頑張ります!」



摩弥選手:「最終周回、良かったです。柴田さん、遠藤さんの良い所につけれたのですけど…

何とか最後は2着で終わることができて、良かったです。前について行くのがいっぱいだったので

厳しいかなと思っていたのですけど、良いタイヤもはいていたので、最後まで、1周目と

変わらないような食いつき具合で、最後まで行けたので、それが良かったのかなと思います。

追う立場だと、こういう熱走路だと厳しいと思うのですけど、何とかコースを外さないように…

一回滑ってしまうと、多分滑りやすくなってしまうと思うので、それだけは気をつけました。

最近はエンジンも安定しているので、明日はもうちょっとスタート行きたいですね。

正直レースはいっぱいいっぱいで、エンジン分からなかったのですけど、試走もそうですし

優勝するにはタイムが足りないと思うので、引き続き作業はしたいと思います。

レースはコースを守るのも技だと思うので、そういうところを攻略できるようにしていくしか

ないのかなと思います。今節はタイミングが見えてなくてあまりスタート行けてないのですけど、

しっかりスタート練習をして明日はバッチリ決めたいと思います。応援よろしくお願いします。」





第10R、1着8枠・永井大介選手(川口)、2着7枠・浦田信輔選手(飯塚)





左から、永井大介選手、浦田信輔選手。



永井選手:「タイヤが滑ってしまうので、浦田さんよりは先に行きたいなと思って、早めに

先頭に立てないと厳しいかなと思っていたので、よいスタートがきれて良かったと思います。

一昨年のゴールデン優勝についてはもう忘れちゃいましたけど(笑)前回のSGオールスターも

勝負所で雨が降ってしまったとか、いろいろリズムが悪かったのですが、今回はずっと晴れで

行けるので、今も良い仕上がりだと思うのでね。明日は頑張りたいと思います。今日のスタートは

浦田さんを詰められたので良かったと思います。浦田さんより先に行きたい思いで、浦田さん

しか見ていなかったので、鈴木宏和選手の動きは全く見えてなかったです。自分の中では

スタートの作戦は成功だと。今日のタイヤは地元で一走して、評判のよいタイヤだったので、

勝負所で使おうかな、と思っていたので。明日もこのタイヤでいきます。エンジンは文句ない

と思います。僕は汗をあまりかいていないのは、まぁ浦田さんよりは余裕があったかな、と

思うんですけど(上写真)。明日もスタートをきって早めに先頭に立って優勝できるように

頑張ります!応援よろしくお願いします!」



浦田選手:「ゴールデンレースは9年前に4連覇していますが、もう長い月日ですね。浜松走路

との相性は抜群だと思います。今日に関しては、永井君の言うとおりの動きだったので、

完敗です。このままじゃ終われないので、また仕事の課題が増えましたね。これから

考え中です。戻り次第、作業にかかります。僕は汗っかきなので、汗でいっぱいです(笑)

明日は暑い走路と運を、味方につけたいですね。タイヤはもう今日のは行けないと思うので、

もう一本あるので、それで行こうと思ってます。GTの優勝はしばらく遠のいているので、

明日も頑張ります!応援してください!」





第9Rからは天下分け目の「準決勝戦」。上位1・2着の選手が「優勝戦」進出となります。

1着7枠・木村武之選手(浜松)、2着4枠・山崎 進選手(山陽)





左から、木村武之選手、山崎 進選手。

木村選手:「GTゴールデンで優出できて、すごい嬉しいです!ハイ。試走から手応えは

良かったですね。練習にいった感じで整備をして、レースをした感じで、整備をする、を

繰り返した感じですね。初日から良い状態が続いていて、パーツ交換はしていません。

セッティングくらいです。スタートはちょっとばらけたので、どうかなと思ったのですが、

うまく良い展開をつけることができました。タイヤは正直迷ってますね。今日のでも良さそう

ですが低いので、考えます。あとはスタートのキレですね。そうですね、明日も1着を

目指して精一杯頑張ります、応援をよろしくお願いします!」



山崎選手:「いやぁ、もう落ち着かなかったです。緊張してました。2009年のGTスピード王以来の

優出ですが、あれはイヤな思い出しかないので、忘れたいです(苦笑)浜松はなぜか

相性が良いです。スタートで浮かせて、あぁ終わったかと思ったのですけど、藤川君

(藤川幸宏選手)が道をつぶしてくれたので、良い展開になりました。エンジンは初日から

満足しています。あと欲しいのは・・木村タケシくんに負けないコーナリング、ですかね(会場笑)

明日は木村君を、”苦虫をかみつぶしたような顔”にしてあげます(笑)タイヤはもう今日のが

限界だと思うので、これから練習と明日の朝とで、何とか探します。明日の8周戦は、

”誰の背中も見たくない8周戦”にしたいですね。明日も一生懸命走りますので、

応援をよろしくお願いします!」









「GTを観戦するために、遠方(福岡、群馬など)から来ました!」という

他オートレース場をホームとするファンの方々からもお声をかけていただきました♪

浜松オートまでご来場くださいまして、ありがとうございます☆

せっかく浜松まで足を運んだからには浜松名物を食べなくちゃ、という方も多いはずです。

浜松オートの場内食堂やケータリングサービスでは、さまざまな

”浜松名物”を堪能することができます。中でも

「ほっこりDINING きら」の”釜揚げしらす丼”、そして

「あまえん坊」の”すっぽんエキス入り浜松餃子”は

浜松の中でもワンランク上の、小料理屋さんで食べることのできる浜松名物を、

リーズナブルな価格で味わうことができます☆





写真:「あまえん坊」のすっぽんエキス入り浜松餃子。食べ応えがあるのは左の

 すっぽんエキスがたっぷり染みこんだ”餃子巾着”です。こちらも一杯200円です♪



ミニしらす丼と浜松餃子は一杯200円、ビッグサイズのしらす丼は一杯400円。

しらす丼の磯の風味はまさに遠州灘の波の音を彷彿とさせますし、

すっぽんエキスは滋養強壮、夏日となったGT開催を乗り越える力にあふれています。

どちらもご来場の際には遠州・浜松の味覚としてぜひ味わってみてください☆





第6R発売中、メインスタンド西側広場にて遠州動楽會プレゼンツ、

「懐かしの競走車エンジン掛け」を実施。前回SGの際に雨で実施できなかった、

”100年前のトライアンフ車”の押し掛けを本日実施することができました☆

キックスタータもないために競走車と同じ”押し掛け”でエンジンを掛け、しかも

チェンジは3段あり、チェーンは革ベルトでできています!

ご主人:「現在では各パーツが巷で売られていないので、代替品を探すのに苦労します。」





そしてオートレース史上最強と呼ばれた名車、トライアンフもエンジン掛けを実施♪

オートレースと公用車、二つのトライアンフがバイクの街・浜松市の

浜松オートにて蘇りました☆イベントのご協力、ありがとうございました!





本日の特別ゲストはお笑い芸人・ガリットチュウさんです☆

モノマネで有名な福島善成さんと司会も得意な熊谷 茶さんによる、よしもとお笑いコンビの

ガリットチュウさん。福島さんが一度トイレへとステージを立ったと思いきや、

鉄板ネタの船越英一郎さんのモノマネで再登場!

「犯人は・・・アナタだ!!」と、私を犯人に選んでくださいました☆

ありがたき幸せです♪ちなみは私は、福島さんの手塚治虫先生のモノマネ、

「ジャングル大帝でもぉ、描くか〜!」が大好きです(笑)

ガリットチュウさん、楽しいステージをありがとうございました☆





第3Rに走路内観戦を実施。全国のオートレースファンが土日をかけてご来場くださっており、

走路内観戦の抽選会に参加。私も時間の限り走路内の解説をさせていただきました!

今日はずれてしまっても明日再びチャンスがありますので、ぜひ抽選会にご参加ください!





走路内観戦時のサプライズイベントでは、なんと!鈴木宏和選手に

参加をお願いしましたところ、仲間を連れてきます、と、

黒川京介選手(川口)、遠藤 誠選手、さらには来月デビュー予定の

深谷俊太候補生も参加してくださいました!

選手前の候補生のイベント参加は私の中では初めてです!

深谷候補生:「一生懸命頑張りますので、応援をよろしくお願いします!!」

黒川選手、遠藤選手、宏和選手はともに準決勝戦に進出。

「全員で優勝戦に乗れるよう頑張ります!」と、宏和選手はコメントしてくださいました。

イベントのご参加、ありがとうございました☆





ここでお知らせ。第1Rにて1枠・木村直幸選手が痛恨の周回誤認を喫してしまい、

本日付で参加解除に。明日の補充は中村晋典選手となりました。

ご了承ください。





本日の第2R発売中・CS放送「ピットレポート」では内野久照さんが登場。

明日までASAHIちゃんと一緒に場内のようすをお伝えします♪





本日は1Fインフォ前にて電話投票、ネット投票のお問い合わせコーナーを設置しています。

元号が令和に変わったことでのご質問や、銀行が統合されたといったご質問に

係員がお答えします。お気軽にお立ち寄りください。





場内では一気にイベントブースが増えて盛り上がりを見せています。

夜景本部前では「なつかしの競走車」と並びチャリロトブースが設置され

会員募集などを行っています。スタッフさんもチェッカーフラッグを基調とした

かっこいいオリジナルポロシャツを着用しております♪





お向かいのチャンピオンレーサー隣では「浜松オート版・オートレースVR体験」ブースと

Gambooブースが設置。こちらも会員募集やスパコン予想などを行っています。

黒を基調としたTシャツを着用しています♪ VR体験はどなたでも無料で参加できますよ☆





そしてチャンピオンレーサー前では「遠鉄グループ&ネッツトヨタ」ブースを設置。

最新の自動車やバス旅行でおなじみ、遠鉄バンビツアーの紹介を行っています。

どうぞお立ち寄りください☆



  

写真左:ひとり黙々とタイヤ作りをする鈴木清市選手(伊勢崎)。

写真右:青嶋裕治選手、山崎 進選手(山陽)のマシン。天日干ししてありました。





中村友和選手と笠木美孝選手。笠木選手は第10R、

中村選手は第12Rに出場予定です。





朝の練習では本日「準決勝戦」をひかえているためか、走行練習よりも

スタート練習のほうに集中しているようでした。緊張感がただよいます。





高気圧の停滞が続く日本列島、浜松オート「遠鉄グリーンカップ

GT開場63周年記念ゴールデンレース」は連日熱走路でのバトルが続き、

本日はシリーズ4日目。第9Rより「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!

今朝の走路内でも斎藤 努選手がトレーニングを行っていました。



  

タイヤを十分確認してから検車場へと運び込む松山茂靖選手。





桝崎星名候補生が所属する予定の野田光宏選手のグループは毎朝賑やかです。

鈴木一馬選手、渡邉 篤選手、フレームには入っていませんが平塚雅樹選手、そして

鈴木圭一郎選手も早朝から整備を開始しています。



  

写真左:フロント周りを扱う柴田健治選手。部屋の奥には前田 淳選手(山陽)がくつろいでいました。

写真右:タイヤを数本削る重富大輔選手(飯塚)。



  

写真左:ロッカーへと向かう柴山信行選手(川口)。袋の中身は出走表です。

写真右:気温が高まる屋外に立てかけてあった清水 卓選手(伊勢崎)のマシン。





今節は毎日、鈴木宏和選手が深谷俊太候補生へ開催時の流れや

整備方法を教え込んでいます。開催日訓練も明日を残すのみとなりました。



宏和選手:「候補生を指導しているところの記事を書きます、って?それなら、

競走車にまたがらせて僕が指差し確認しているようなポーズでも取ります?(笑)」

いえいえ、こちらの自然体で十分です♪本日も頑張ってください!




posted by ブンブンボーイ at 18:27 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

GT開場63周年記念ゴールデンレース 3日目のようす



写真:レースに出かける藤波直也選手・・・に見えますが、レースではありません。

 浜松オート宣伝材料用のワンシーン撮影を夕方練習の終了後に実施しました。



今年一番の気温&走路温度の高さを日々記録更新している

「遠鉄グリーンカップ GT開場63周年記念ゴールデンレース」。

本日までの成績をもとに、明日の第9〜12Rに「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!









第12R、唯一土つかずの3連勝目をあげる。 1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)





「エンジンが良くなって、スタートからの持って行きかたも良くなっています。試走28、

 タイヤの滑りも全くなくて、3日間のうちで一番良かったです。ちょっと先が…試走の時に

 前に詰められる感じがなかったので、これから微調整で。タイヤは明日も今日ので

 行きます。今日が1走目なので全然大丈夫です。明日もきっちり1着で優出したいです。」



今節の1着勝利者インタビューは 伊勢崎オートCS放送の

やおちゃんでお贈りしました♪ 3日間ありがとうございました!

明日の第9・10・11R終了後、イベントプラザの「優出選手公開インタビュー」は

飯塚&山陽オートCS放送の内野久照さんがMCを務めます♪



 

第11R、熱走路を制しGT2連勝をあげる。 1着1枠・白次義孝選手(伊勢崎)

「連勝できて嬉しいです。エンジンは良さそうですけどタイヤが滑るので、ちょっと

 あっぷあっぷしながら逃げてます。今日のタイヤはやめて、明日は違うもので

 行こうかなと思っています。エンジンはもうこのままで良いかなと思いますけど。

 スタートは自分なりには良いほうだと思いますが、早い人と比べたら、

 絶対に自分は遅れると思います(苦笑)」





『カメラの周りに選手がいっぱいいそうですね!』 という”天の声”を聞いて、

中継カメラの周囲にできあがっていたギャラリーをじっくり見回す白次選手♪

白次選手:「たくさんの選手が見に来てくれて、嬉しいですね!」





「緊張せずにうまくインタビューが言えて、良かったじゃん!」と、

同23期で同い年の竹谷 隆選手(飯塚)に頭を撫でられながら

ロッカーに戻る白次選手♪「おめでとう〜」と仲間選手も祝福していました☆



 

第10R、初日に続いてGT2勝目を獲得。 1着1枠・岡谷美由紀選手(浜松)

「乗りやすくて、タイヤも良かったですね。昨日からちょっとエンジンを整備して、また良くなった

 感じはします。明日へは微調整で、タイヤを見つけたいと思います。何本か当ててみて、

 良いのがあればですね。スタートは普通にはきれていると思います。」



なお道中に審議がかかり、6枠・大木 光選手は反妨の失格判定となりました。





CS放送・勝利者インタビューの際、『先日トークショーを行いました「オートレース名古屋」

のお客さまも、岡谷選手を応援しているのではないでしょうか?名古屋、いえ、

全国の岡谷選手ファンへ、手を振ってみてください!』という”天の声”からの振りに、

恥ずかしげに「応援ありがとうございます(照)」と手を振る岡谷選手♪

岡谷選手:「私が笑顔で手を振るなんて…逆にかっこ悪いって笑われちゃってるかも///」



 

第9R、メモリアルな”400勝”を達成! 1着7枠・山田達也選手(川口)

「400勝、やりました!(笑) 試走では直線の感じはナベアツ(渡邉 篤選手)より弱いかなと

 思ったのですが、コーナーは乗りやすかったです。スタートは自分なりにきれたと思います。

 レースの追い足は走路が滑るのでなかなかキツかったのですけど、乗りやすい分、追って

 行けたと思います。昨日からはリングを交換しました。明日もちょっと整備をしてみて、ダメなら

 元に戻そうと思います。タイヤについてはこれからどうするか考えます。」



 

第8R、1着6枠・五十嵐一夫選手(川口)

「今日は展開もエンジンも良くて、1着が取れて良かったです。3日間の中で今日が一番

 エンジンが良いですね。もう明日に向けては整備は特に考えていません。タイヤも今日の

 朝に当てて、一走目なので、まだ大丈夫です。スタートのきれは今日はきれています。

 今日くらいきれれば明日も良いところがありそうです。問題はスタートだけですね。」



なお道中に審議がかかり、5枠・鈴木健吾選手は内線突破のため失格となりました。



 

第7R、熱走路・熱戦のゴール。1着1枠・竹中修二選手(飯塚)

「キツかったですけど、1着を守りました。試走は昨日も初日もそれくらいだったので、特に

 気にしないようにしました。今日はタイヤが良かったと思います。このあと、まだ使えるか

 見てみますけど、多分明日も今日ので行きます。エンジンで気になる部分は特にないです。」





竹中選手の1着インタビューを終始見届けていた、同じ飯塚ライダーの別府敬剛選手。

「よぉスカシちょぉけぇ〜!」と言いながらも笑顔で竹中選手の勝利を祝福していました♪





和田健吾選手のチャンピオンレーサー写真も発見。さっそくご本人へサインをお願いし、

ご快諾くださったところ、上の集合写真を見た斎藤 努選手が一言。

「柴田君(柴田紘志選手)も、シンゴ(淺田真吾選手)も、ベン君(和田健吾選手)も”坊主”って…

 この時、みんなで何か悪い事やらかしたっけ?」

思わず和田選手は「ヤだなぁ、何もやってないっスよ〜!」と弁解していました(笑)



 

第6R、初日に続いてGT2勝目を獲得。 1着1枠・高木健太郎選手(山陽)

「自分が行けるとは思ってなかったですが、走路温度が味方してくれました。自分が失敗したのか、

滑ったのか、試走が41だったので、ちょっと今日はないかなと思ってましたが。エンジンが良いと

思います。あとは自分の腕ですね。ヘッド周りとキャブを少しやってタイヤも探します。」





中継が終わってもしばらく立ったままの高木選手。その理由はすぐに分かりました♪

高木選手:「…今日は1着サインはないのですか?」

「ごめんなさい、サインは初日だけなんですよ〜!」とCS中継スタッフさんは

申し訳ない表情を浮かべていました(笑)



 

第5Rより「準々決勝戦」。接戦の末、1着2枠・木村享平選手(伊勢崎)

「勝負がけが決まりました。キツかったですね、内からも行けそうになかったし、外は滑るし、

後ろの人も見えてたので。自分では気持ちよく乗れてますがタイヤがいっぱいいっぱいでした。」





本日が今節のラストとなる第4R発売中・イベントプラザ「予想屋さんによる第4R予想会」。

初日に続いて「明朗社」の内田さんが解説を行いました。ふとホワイトボードを見てみると・・





一本かぶり君やニュー・ブンブンボーイなど、かわいいイラストが増えているではありませんか。

ひょっとして予想屋さんがイベントの前に描いているのかな?と思ったら、絵描き主は

イベントスタッフのお姉さんでした♪「イラストの数で3日目であることを知らせてみました(^^)」

とのことです(笑) おちゃめなワンポイント・サービスも浜松オートの魅力であります☆



明朗社・内田さん&チャンピオン・佐々木さん、レース予想イベントを3日間ありがとうございました!





すると「ブンブンさん!」と、場内ケータリングサービスの「ほっこりDINING きら」さんから

声をかけられ、「夏に向けての”お試しメニュー”を初めてみましたので、良かったら一度

食べてみてください!」と、用意してくださったのが・・・



 

これからの暑いシーズンにピッタリな”ミニそーめん”であります☆

1杯リーズナブルな200円、歯ごたえプリプリな「かまぼこ」、風味豊かな「刻みネギ」、そして

薬膳としても名高い「おろし生姜」が添えられています♪

最近の健康バラエティ番組にて、脱水症や熱中症の予防策として、ただの水やお茶を飲むだけでは

あまり効果がないと紹介されています。なぜならば水やお茶には塩分や糖分がほとんど

含まれていないために、身体から抜け出た分の塩分・糖分を補充できないからだそうです。

そこでなんと!”めんつゆ”の薄め液をズズっと軽くすすることで、水分・塩分・糖分の全てを

補給でき、スポーツドリンクと並ぶ応急処置になるのだそうです!だから夏場はそうめん&

めんつゆが夏バテ対策として長い間活躍しているのですね。

ミニそーめんと、同じく「きら」さんで販売している漬けマグロの串カツやメンチキャベツ、

コロッケなどと組み合わせれば、300円で「きらっとランチ」のできあがりです☆

皆さまもぜひご笑味ください♪





第2R発売中、CS放送にて放映している「ピットレポート」。本日も浜松オートレースヴィーナス・

ASAHI ちゃんと、”やおちゃん”こと矢尾明子さんが走路状況や場内&イベントの紹介を

行いました。髪の流れから風が強いことも伝わってきます。

明日のピットレポートはイベントプラザにて、内野久照さんとASAHI ちゃんが担当します♪





今年の『浜松オートフェスタ2019 ファン感謝祭』の実施が7/14()の

川口ナイター「GTキューポラ杯」場外発売・4日目に決まりましたので、私はさっそく

当日チャリティ販売をする場内掲示の「チャンピオンレーサー写真」へサインを記入して

いただこうと、選手ロッカーを巡回。チャンピオンレーサー写真は優勝から約1年間、場内にて

掲示されるため、掲示期間を終えた2年前の写真を取り外してチャリティグッズとします。





当時のレースのワンシーンや凱旋時に祝福に集まった仲間選手などが詰まっている

チャンピオンレーサー写真、サイズは一般開催版はA3、グレードレースはA2と、

かなり大きめです。額縁に入れて飾ればそこはもう浜松オートレース場です♪

1開催につき1枚限りの制作ですので、ご購入はどうぞお早めに!

こちらの売り上げは全て社会福祉や地域貢献のために役立てられます。





その他にファン感謝祭・チャリティ販売用のブロマイド撮影を最終日まで行います。

写真は藤波直也選手です。





朝の走行練習は10:10頃まで行われるため、開門時にご来場いただければ

10分間、朝練習をフェンス越しに見学することができます。

お気に入りの選手が練習に参加しているか探してみるのも良いですね♪









早朝からトレーニングをしていた野田光宏選手。風は涼しいですが今朝も日差しの強さを感じます。





検車場に停めてあった鈴木圭一郎選手、そして青嶋裕治選手のマシン。

ちょうど青嶋選手が検車場からロッカーに移動するところで、

「おはようございます」と挨拶をくださいました。



  

写真左:宿舎へ道具を取りに戻る石貝武之選手。

写真右:小林悠樹選手が早朝から整備を開始。右腕にはまだ絆創膏が。

 武藤博臣選手(川口)と鈴木健吾選手が小林選手を見守っていました。



  

写真左:ロッカーへやってきた鈴木一馬選手へ立ち上がって挨拶をする桝崎星名候補生。

写真右:教官の指示を受ける深谷俊太候補生。奥は山浦博幸選手と前田 淳選手(山陽)。





黒川京介選手(川口)のリム調整を見学する佐藤大地候補生。





ほんの5分ほど進むだけで、ロッカーの中は選手でいっぱいになります。

本日はさらに勝ち上がりのふるいがかけられ、第5Rから「準々決勝戦」を実施。

本日までの成績をもとに、明日は第9Rから「準決勝戦」が繰り広げられます。

気温&走路温度も上昇中、熱い1日となりそうです。




posted by ブンブンボーイ at 18:46 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

GT開場63周年記念ゴールデンレース 2日目のようす

 

写真:GT出場選手の夕方練習終了後に浜松新人候補生の走行訓練を実施中。本日は

クラッチ部を確かめるために鈴木宏和選手が候補生のマシンを試し乗りするシーンもありました。



気温と走路温度が今年一番に高まった状態で繰り広げられました「遠鉄グリーンカップ

GT開場63周年記念ゴールデンレース」のシリーズ2日目。明日の3日目は

成績上位者が勝ち上がり、第5Rより「準々決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!





 

第12R、3着戦が写真判定に。1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)

「ヘッド交換を行って、だいぶレース足が出たと思います。試走タイムがいつもの自分よりは

出ていないと思うので、そのへんが出るように整備したいと思います。今のをベースに微調整で。

スタートは普通にきれていると思います。今日は昨日と同じタイヤで、明日も使えそうです。

明日も良いレースをして1着をとりたいと思いますので応援をよろしくお願いします。」



 

第11R、1着8枠・永井大介選手(川口)

「試走の時から31が出ていたので、相変わらず良いと思います。伸びが木村君より自分の方が

良かったのでね。満足しています。タイヤは今日のは低いので、違うタイヤと朝練で比べたいです。」



 

第10R、ゴール戦接戦、GTならではのマッチレースに。

1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)

「試走の感じは昨日から良いですね。道中はなるべく内側を走りましたが、追いついていけたので、

エンジンに不安はないです。足回りはちょっとドドドが来ているので、確認したいです。」





「まだちょっと足回りに不安があって、危なっかしいレースになってしまったので、明日は

 不安を解消させてバシっと1着を決めますので、明日もまた僕から買ってください!」

とポーズを決めた貴也選手。地元選手の勝ち上がりに期待がかかります!





先日に続き本日&明日と第10&11R発売中、1Fインフォ前にて

「浜松オートお楽しみ大抽選会」を実施。毎年遠鉄(遠州鉄道)さんから豪華景品を

ご提供くださっており、今回も「ホテル ウェルシーズン浜名湖」のペア宿泊券をはじめ

「ホテル コンコルド浜松」のランチバイキング招待券、舘山寺温泉「華咲の湯」日帰り入浴券

などが当たります!1000円分の未確定車券かはまりっちレシートのご提示にて

抽選ゲームに参加ができ、景品が全て当選され次第終了となります。

こちらの大抽選会は明日も行われます、ぜひご挑戦ください!



 

第9R、1着7枠・浦田信輔選手(飯塚)

「スタートからうまくいったと思っています。道中もよく前が見えていると思います。タレはありませんが

 滑らさないように、とは思って走っていました。上積みは少しはあったと思います。」



 

第8R、1着1枠・花田一輝選手(浜松)

「試走はあまり出ている感じはしなかったですが、1着でよかったです。スタートも先に行かれたと

思ったのですが、のび返せて良かったです。後半タイヤが滑ってきました。明日も調整します。」





花田選手のインタビューでは終了するまで黒川京介選手(川口)が笑顔で見守っていました。

黒川選手と花田選手は同33期の21歳と同い年の仲です。



 

第7R、1着2枠・遠藤 誠選手(浜松)

「試走タイムが出てなかったので半信半疑で走っていました。上がりタイムは .450ですか…

 それって安原さんからみてどう思いますか?(笑)エンジンはまぁ、乗りやすさはあります。」





本日2日目の第2R発売中・CS放送「ピットレポート」では

やおちゃんとASAHIちゃんがコラボでCS中継カメラへ直筆サインを記入♪

こちらのサイン入りガラス&ツーショット写真も額縁に入れてCS放送視聴者プレゼントとします。

応募方法などは浜松オートのCS放送をご覧ください☆



 

第6R、1着1枠・白次義孝選手(伊勢崎)

「エンジンが良かったので何とか逃げ切ることはできましたけど、ちょっと眩しいながら逃げました。

 明日に向けて欲しい部分はないですね。スタートで食われないようにきるだけです。」





白次選手のインタビューでは櫻木公和選手(飯塚)や阿部仁志選手(飯塚)、

佐久間健光選手(伊勢崎)などが集まり、中継中も静かに拍手を贈っていました♪



 

第5R、1着2枠・福村唯倫選手(川口)

「昨日よりは微調整をして良くなったと思います。明日に向けてはとりあえず何もしないです。

課題はスタートですかね。明日1回、スタート練習に参加して考えます。」



 

第4R、1着8枠・鈴木宏和選手(浜松)

「足回りはいまだに不安です。朝練習でタイヤを選びに選んで、滑るけど跳ねないものを選びました。

他のをもう少し当ててみて、なかったら今日のを明日も使います。スタートだけに懸けていました。」





先日から3日間をかけて第4R発売中・イベントプラザにて

「場内予想屋さんによる第4Rのレース予想会」を実施。

本日2日目は「チャンピオン」の佐々木さんが解説を担当しました。

普段は予想屋台にてレースの展開を予想し解説していますが、どうしても”いちげんさん”には

ギャラリーの中に入っていきづらい玄人な雰囲気になりがちです。

こうしてひとつのファンイベントという立ち位置になれば、オートレース初心者の方も

柵越しに近づいて解説を聞くことができます♪

明日の3日目は再び「明朗社」の内田さんが解説を行います。どうぞご利用ください!



 

第3R、1着5枠・満村陽司選手(山陽)、ちらちらとCSカメラの奥が気になるご様子。

「スタート良かったと思います。エンジンも逆転できたので良かったと思います。明日に向けては

 また練習してから考えます。タイヤもまだ使えそうです。」





「1着おめでとう!」

CS中継カメラの背後では、ずらりと山陽ライダーズが集まって満村選手を拍手で祝福☆





”やおちゃん”こと矢尾明子さんから「ファンの皆さまへ最後にメッセージを一言!」と

マイクが向けられると、大勢の仲間たちに見守られ高揚していたこともあってか、

「長い間、お世話になりました・・」と満村選手。

ギャラリーは「最終回かよ!?」と大笑いしながらも、「明日も頑張ろう!」と

祝福&激励を贈っていました♪山陽ライダーズの絆の固さがうかがえるインタビューでした☆



 

第2R、1着3枠・筒井健太選手(浜松)

「スタートはムラがあるのですが、今日は良かったです。走路がすごい滑るので、コースだけを

守っていこうと。後ろからずっと追われてるなと思っていました。エンジンは昨日よりは良いです。」



 

第1R、1着3枠・西川頼臣選手(浜松)

「スタートがきれて自分でもビックリしました。タイヤが良かったので、ミスしなければ何とか、という

感じがしていたので良かったです。このタイヤはまだ使えます。ちょっと跳ねましたが悪くないです。」



本日2日目も全レースが予選(二次予選)となります。

1着選手には勝利者インタビューの放送があります。







本日の開門先着「選手サイン色紙」は渡邉 篤選手と鈴木宏和選手、各5枚です。

2000円分の未確定車券かはまりっちレシートをご提示ください。

「木村武之選手のサイン入りGTポスター」は毎日3名様にご用意。

こちらは3000円分の未確定車券かはまりっちレシートが必要です。

各日すべてプレゼント次第終了です♪





今節5日間、開門より正門奥・右側の夜景本部前にて遠州動楽會さんによる

「なつかしの競走車」の数々を展示中。しかも本日、リーダーの伊藤寧歳元選手より

「土曜日の”懐かしの競走車エンジン掛け”の際、前回のSGにて雨で実施できなかった

100年前のトライアンフ車”とその所有者を、改めて招待する予定ですのでよろしく!」

とのことでした。ご来場を楽しみにしております♪





快晴に恵まれた「遠鉄グリーンカップ GT開場63周年記念ゴールデンレース」の2日目。

早朝7:30過ぎから走路内では数名の選手たちが身体を動かしていました。



  

写真左:先輩選手のガソリンを補充する携行缶へ給油する金山周平選手(伊勢崎)。

写真右:車両を検車場へ運ぶ鈴木圭一郎選手。両選手を今朝一番にお見かけしました。



 

左から、武藤博臣選手(川口)、芝山信行選手(川口)。整備に向かっていました。





「こうやってタイヤを回すと、リムがブレてバランスが悪いところが見えるでしょ?」と、

リム取り作業の仕方を深谷俊太候補生へ教える山浦博幸選手。

柴田健治選手や中野政則選手(山陽)が作業をしながら教習を聞いていました。





フォークまわりを扱う松山茂靖選手。





リアタイヤを外す渡邉 篤選手。





ロッカーの各所にて、仲の良い選手同士で熱走路のすべり対策を話し合いながら

整備を進めている様子が見て取れました。辰巳裕樹選手と栗原俊介選手(伊勢崎)、

木村直幸選手と田辺 誠選手(川口)、





黒川京介選手(川口)から整備の仕方を習う、佐藤大地候補生。

実地訓練日とビッグレースが重なると習得できるものが大きそうですね!




posted by ブンブンボーイ at 17:49 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

GT開場63周年記念ゴールデンレース 初日のようす



写真:今節GTは4日目まで、出場選手の夕方練習のあとに候補生の走行訓練を実施します。

 先輩選手が見守る中で走路を走行、アドバイスをもらいます。CS放送によると、浜松候補生

 3名のデビューが6/22()の「第12回 スポーツニッポン新聞社杯」に決定したそうです!



好天のもとで「遠鉄グリーンカップ GT開場63周年記念ゴールデンレース」の初日が終了。

明日のシリーズ2日目も全12Rをかけて「予選」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!





 

第12R、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)

「悪くもないかなという感じはあります。試走は29か28か、それくらいはと思っていました。

 スタートは良かったです。乗り味は悪くはないのですが、少し跳ねたりしたので、これから

 どうするか、ちょっと考えたいと思います。初日がこのくらいの走りなので、日に日に良くなるように

 整備したいと思います。リアタイヤはすごい良いと思います。」



 

第11R、2・3着戦が写真判定となる。1着8枠・永井大介選手(川口)





GT初日の1着選手にはカメラガラスへサイン書きがあることをすっかり忘れていた永井選手。

2・3着戦が写真判定にもつれ込むと、「確定に時間がかかるならツナギと防具を脱いできます」と

一旦ロッカーに戻り、すっかりくつろぎの姿でインタビューの位置へ。

ところがオンエアの前に中継スタッフから「最後にカメラへサイン書きがあります」と説明を受けるや

「あ、そうだった!ツナギじゃなくてこんな格好でサイン書きって、おかしくないですか!?」

と、Tシャツ一枚の姿にスタッフは「大丈夫ですよ!」と言いながらも笑いを隠せませんでした(笑)

今回の永井選手のサイン入り写真プレゼントはちょっとレアかもしれませんね♪



 

第10R、1着5枠・淺田真吾選手(浜松)

「突っ込みで近づく感じですが立ち上がりで滑り気味ですね。立ち上がりを開けやすくしたいです。

お気に入りのタイヤでしたが低いので、また探します。スタート久々に良い位置にいけました。」



  

本日は輝く女性まつり♪女性シンガー・Ao さんをはじめ、やおちゃんに安原幸子さん、

オートレース石狩より玉澤えり奈さん、そして浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんが

来場し、浜松オートの63回目となる開場記念を盛り上げてまいります♪

ASAHIちゃんは5日間毎日、第2R発売中のCS放送・ピットレポートに

続いて第7R発売中はCS放送スタジオに出演、第8R発売中はイベントプラザにて

「トーク&抽選会」を行います。応援をよろしくお願いします!



 

第9R、1着1枠・高木健太郎選手(山陽)

「逃げ切れるとは思わなかったです。試走の手応えがなくエンジンのせいなのかタイヤも滑り気味で

 今日はだめだと思っていたのですが・・・走路温度とハンデに助けられました。」



 

第8R、最終コーナーで逆転。1着8枠・浦田信輔選手(飯塚)

「クランクを変えて、これまでとは違う乗り味が出ています。この後も全体的な底上げを狙って

 調整を続けます。タイヤは他にも試したいものがあります。スタートはムラです。」



 

第7R、1着2枠・吉田幸司選手(川口)

「川口から3連勝で嬉しいです。最初から逃げでキツかったですね。スタート不安でしたが先に行けて

 良かったです。川口のままだと合わないので朝少し整備をして、結果良かったのかなと思います。」



 

本日は第5&9R発売中、イベントプラザにて女性シンガー・「Ao(アオ)」さんによる

ライブステージを実施♪力強い美声で有名歌謡曲&オリジナルソングを披露しました☆

第6R発売中はCS放送に出演します、応援をよろしくお願いします!



 

第6R、1着8枠・木村武之選手(浜松)

「前回のクランクは試走が良かったのにレース足がいまいちでしたが、今回交換したクランクは

レース足も良いので、よかったです。」



 

第5R、1着4枠・斎藤正悟選手(浜松)

「スタートがだめだったので無理かと思っていましたが、その後の展開が運良く、ワンチャンスを

 大事にして1着を取れました。明日はスタートが良くなるよう練習します。」



 

第4R、1着1枠・岡谷美由紀選手(浜松)

「川口遠征の際に2連勝できたタイヤでのぞみ今日も1着をとれましたが、明日は変えると思います。」





川口遠征、そして浜松GT初日と3連勝をあげた岡谷選手。

初日レースを勝利で終えて、ふぅ、とひと呼吸おいた姿がかっこ良かったです。





本日より3日間、第4R発売中・イベントプラザにて場内予想屋さんによる

「第4R予想会」を実施。本日は「明朗社」の内田さんが担当してくださいました。

余談ですがホワイトボードに何気に描かれた「一本かぶり君」が妙に上手でかわいかったです♪



 

第3R、1着8枠・山田達也選手(川口)

「前回出場しました川口のままのエンジン状態ではあまり良くなかったと思いますが、キャブを扱って

 乗りやすさが出てきました。あとはスタートだけ良くないので頑張ります(苦笑)」



 

第2R、1着2枠・和田健吾選手(浜松)

「エンジン悪くないですね、試走も自分の中ではあれだけ出れば、あとはスタートさえ良ければ

 いいとこあるかなと思ってました。タイヤが滑るのは、多分みんな同じかと思います。」





今節は浜松&伊勢崎のコラボトークにも注目!?

第2Rの発売中、CS放送にてやおちゃんとASAHIちゃんによるロッカーレポートを放映♪

楽しいトークを交えながら走路状況やロッカー内&場内の雰囲気等をお伝えしてまいります。

5日間お見逃しなく☆



 

第1R、1枠の鈴木章夫選手が車体不良により欠車、レースは「7車立て」となりました。

1着7枠・渡邉 篤選手(浜松)

「地元なのでスタートタイミングは良いですね。タイヤも明日はこのままで。エンジンはちょっと

 止まりが悪いので、そこを改善させたいです。」

なお、第1Rは1枠にまつわる車券は返還となります。ご了承ください。





前節SGに引き続き、今節GTでも開催5日間毎日、グリーンスタンドのご利用先着200名様へ

スポーツ新聞を無料配布します。オートレース記事も満載、どうぞご参考に!





今節も5日間毎日日替わりで、1Fインフォ前にて「選手サイン色紙」や

「木村武之選手のサイン入りGTポスター」を先着プレゼントします。

GTポスターは3000円分、サイン色紙は2000円分の未確定車券が必要です。

早朝前売り発売所にて前もって車券を購入しておけば、すぐにGETできておすすめです♪





本日より5日間、浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんが来場♪

ファンサービスやイベントを行います。応援をよろしくお願いします!

本日初日は開門先着で紙パックの「ウェルカムドリンク」をプレゼントしました。



  

普通開催よりも迫力&緊迫感のあるGTのスタート練習。その様子を候補生に見せてあげたいと

鈴木宏和選手が深谷俊太候補生を連れて選手用のベンチにて見学させていました。

毎日手塩にかけて育てている感じがして、とても面倒見が良いです。





伊勢崎オートよりの使者、やおちゃんこと矢尾明子さん。本日から始まるロッカーレポートのために

朝から選手取材を敢行。女優の多部未華子さんのようにキュートですね♪







本日より「遠鉄グリーンカップGT開場63周年記念ゴールデンレース」が開幕。

浜松の今朝は少々曇っておりますが西側の空は晴れており、雨の心配はないようです。

最初にお会いしましたのは野田光宏選手。野田選手は

「もし良かったら、桝崎さん(桝崎星名候補生)の走っているフォームを本人に見せたいんで、

 写真を数枚、現像してもらえないかな」と声をかけてくださいました。ご用意いたします♪





試走場では先日まで繰り広げられていた川口オート開催に参戦していた選手たちの

競走車や工具箱等が到着。GTが終わるまで倉庫へ一時保管することになります。





検車場には鈴木圭一郎選手のマシンだけが駐車してあり、

タイヤウォーマーの装着を完了していました。





そして鈴木圭一郎選手本人は自身のロッカーにて予備車を組み立て中。

同じグループに所属予定の桝崎星名候補生が整備の手伝いをしていました。





選手管理地区内の至るところで選手たちが身体を動かしていました。

早朝ですが管理地区内は賑やかいです。





小林悠樹選手。周囲にはまだ誰もおらず、一人黙々と整備を始めていました。





深谷俊太候補生は師匠となる遠藤 誠選手の隣のロッカーを使用。

GT開催の流れを現地で学びます。





リアタイヤを選ぶ田辺 誠選手(川口)。奥は佐藤裕児選手(飯塚)。





おはようございます!と頭を下げる佐藤大地候補生。

師匠である浅野浩幸選手の隣のロッカーを使用する予定でしたが、今節GTでは

浅野選手の周囲のロッカーは高木健太郎選手(山陽)、福村唯倫選手(川口)など

数多くの遠征選手が使用するため、今節は黒川京介選手(川口)の

お向かいのロッカーを使用することになりました。





左から、桝崎陽介選手(飯塚)、鈴木一馬選手、丹村飛竜選手(山陽)。

丹村選手は前回の「SGオールスター・オートレース」にて優勝戦出場を果たしています。

桝崎星名候補生は、桝崎陽介選手のいとこの娘さんにあたります。





腕を組んでマシンとにらめっこしながら整備をイメージする重富大輔選手(飯塚)。

マシンをじっと見つめて考える姿がいつも印象的です。



  

写真左:身体にまとわりついたタイヤの削りカスをエアーで払う櫻木公和選手(飯塚)。

写真右:整備メモを逆引きする吉田幸司選手(川口)。B棟を使用しています。




posted by ブンブンボーイ at 19:12 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする