2019年05月23日

GT開場63周年記念ゴールデンレース 2日目のようす

 

写真:GT出場選手の夕方練習終了後に浜松新人候補生の走行訓練を実施中。本日は

クラッチ部を確かめるために鈴木宏和選手が候補生のマシンを試し乗りするシーンもありました。



気温と走路温度が今年一番に高まった状態で繰り広げられました「遠鉄グリーンカップ

GT開場63周年記念ゴールデンレース」のシリーズ2日目。明日の3日目は

成績上位者が勝ち上がり、第5Rより「準々決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!





 

第12R、3着戦が写真判定に。1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)

「ヘッド交換を行って、だいぶレース足が出たと思います。試走タイムがいつもの自分よりは

出ていないと思うので、そのへんが出るように整備したいと思います。今のをベースに微調整で。

スタートは普通にきれていると思います。今日は昨日と同じタイヤで、明日も使えそうです。

明日も良いレースをして1着をとりたいと思いますので応援をよろしくお願いします。」



 

第11R、1着8枠・永井大介選手(川口)

「試走の時から31が出ていたので、相変わらず良いと思います。伸びが木村君より自分の方が

良かったのでね。満足しています。タイヤは今日のは低いので、違うタイヤと朝練で比べたいです。」



 

第10R、ゴール戦接戦、GTならではのマッチレースに。

1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)

「試走の感じは昨日から良いですね。道中はなるべく内側を走りましたが、追いついていけたので、

エンジンに不安はないです。足回りはちょっとドドドが来ているので、確認したいです。」





「まだちょっと足回りに不安があって、危なっかしいレースになってしまったので、明日は

 不安を解消させてバシっと1着を決めますので、明日もまた僕から買ってください!」

とポーズを決めた貴也選手。地元選手の勝ち上がりに期待がかかります!





先日に続き本日&明日と第10&11R発売中、1Fインフォ前にて

「浜松オートお楽しみ大抽選会」を実施。毎年遠鉄(遠州鉄道)さんから豪華景品を

ご提供くださっており、今回も「ホテル ウェルシーズン浜名湖」のペア宿泊券をはじめ

「ホテル コンコルド浜松」のランチバイキング招待券、舘山寺温泉「華咲の湯」日帰り入浴券

などが当たります!1000円分の未確定車券かはまりっちレシートのご提示にて

抽選ゲームに参加ができ、景品が全て当選され次第終了となります。

こちらの大抽選会は明日も行われます、ぜひご挑戦ください!



 

第9R、1着7枠・浦田信輔選手(飯塚)

「スタートからうまくいったと思っています。道中もよく前が見えていると思います。タレはありませんが

 滑らさないように、とは思って走っていました。上積みは少しはあったと思います。」



 

第8R、1着1枠・花田一輝選手(浜松)

「試走はあまり出ている感じはしなかったですが、1着でよかったです。スタートも先に行かれたと

思ったのですが、のび返せて良かったです。後半タイヤが滑ってきました。明日も調整します。」





花田選手のインタビューでは終了するまで黒川京介選手(川口)が笑顔で見守っていました。

黒川選手と花田選手は同33期の21歳と同い年の仲です。



 

第7R、1着2枠・遠藤 誠選手(浜松)

「試走タイムが出てなかったので半信半疑で走っていました。上がりタイムは .450ですか…

 それって安原さんからみてどう思いますか?(笑)エンジンはまぁ、乗りやすさはあります。」





本日2日目の第2R発売中・CS放送「ピットレポート」では

やおちゃんとASAHIちゃんがコラボでCS中継カメラへ直筆サインを記入♪

こちらのサイン入りガラス&ツーショット写真も額縁に入れてCS放送視聴者プレゼントとします。

応募方法などは浜松オートのCS放送をご覧ください☆



 

第6R、1着1枠・白次義孝選手(伊勢崎)

「エンジンが良かったので何とか逃げ切ることはできましたけど、ちょっと眩しいながら逃げました。

 明日に向けて欲しい部分はないですね。スタートで食われないようにきるだけです。」





白次選手のインタビューでは櫻木公和選手(飯塚)や阿部仁志選手(飯塚)、

佐久間健光選手(伊勢崎)などが集まり、中継中も静かに拍手を贈っていました♪



 

第5R、1着2枠・福村唯倫選手(川口)

「昨日よりは微調整をして良くなったと思います。明日に向けてはとりあえず何もしないです。

課題はスタートですかね。明日1回、スタート練習に参加して考えます。」



 

第4R、1着8枠・鈴木宏和選手(浜松)

「足回りはいまだに不安です。朝練習でタイヤを選びに選んで、滑るけど跳ねないものを選びました。

他のをもう少し当ててみて、なかったら今日のを明日も使います。スタートだけに懸けていました。」





先日から3日間をかけて第4R発売中・イベントプラザにて

「場内予想屋さんによる第4Rのレース予想会」を実施。

本日2日目は「チャンピオン」の佐々木さんが解説を担当しました。

普段は予想屋台にてレースの展開を予想し解説していますが、どうしても”いちげんさん”には

ギャラリーの中に入っていきづらい玄人な雰囲気になりがちです。

こうしてひとつのファンイベントという立ち位置になれば、オートレース初心者の方も

柵越しに近づいて解説を聞くことができます♪

明日の3日目は再び「明朗社」の内田さんが解説を行います。どうぞご利用ください!



 

第3R、1着5枠・満村陽司選手(山陽)、ちらちらとCSカメラの奥が気になるご様子。

「スタート良かったと思います。エンジンも逆転できたので良かったと思います。明日に向けては

 また練習してから考えます。タイヤもまだ使えそうです。」





「1着おめでとう!」

CS中継カメラの背後では、ずらりと山陽ライダーズが集まって満村選手を拍手で祝福☆





”やおちゃん”こと矢尾明子さんから「ファンの皆さまへ最後にメッセージを一言!」と

マイクが向けられると、大勢の仲間たちに見守られ高揚していたこともあってか、

「長い間、お世話になりました・・」と満村選手。

ギャラリーは「最終回かよ!?」と大笑いしながらも、「明日も頑張ろう!」と

祝福&激励を贈っていました♪山陽ライダーズの絆の固さがうかがえるインタビューでした☆



 

第2R、1着3枠・筒井健太選手(浜松)

「スタートはムラがあるのですが、今日は良かったです。走路がすごい滑るので、コースだけを

守っていこうと。後ろからずっと追われてるなと思っていました。エンジンは昨日よりは良いです。」



 

第1R、1着3枠・西川頼臣選手(浜松)

「スタートがきれて自分でもビックリしました。タイヤが良かったので、ミスしなければ何とか、という

感じがしていたので良かったです。このタイヤはまだ使えます。ちょっと跳ねましたが悪くないです。」



本日2日目も全レースが予選(二次予選)となります。

1着選手には勝利者インタビューの放送があります。







本日の開門先着「選手サイン色紙」は渡邉 篤選手と鈴木宏和選手、各5枚です。

2000円分の未確定車券かはまりっちレシートをご提示ください。

「木村武之選手のサイン入りGTポスター」は毎日3名様にご用意。

こちらは3000円分の未確定車券かはまりっちレシートが必要です。

各日すべてプレゼント次第終了です♪





今節5日間、開門より正門奥・右側の夜景本部前にて遠州動楽會さんによる

「なつかしの競走車」の数々を展示中。しかも本日、リーダーの伊藤寧歳元選手より

「土曜日の”懐かしの競走車エンジン掛け”の際、前回のSGにて雨で実施できなかった

100年前のトライアンフ車”とその所有者を、改めて招待する予定ですのでよろしく!」

とのことでした。ご来場を楽しみにしております♪





快晴に恵まれた「遠鉄グリーンカップ GT開場63周年記念ゴールデンレース」の2日目。

早朝7:30過ぎから走路内では数名の選手たちが身体を動かしていました。



  

写真左:先輩選手のガソリンを補充する携行缶へ給油する金山周平選手(伊勢崎)。

写真右:車両を検車場へ運ぶ鈴木圭一郎選手。両選手を今朝一番にお見かけしました。



 

左から、武藤博臣選手(川口)、芝山信行選手(川口)。整備に向かっていました。





「こうやってタイヤを回すと、リムがブレてバランスが悪いところが見えるでしょ?」と、

リム取り作業の仕方を深谷俊太候補生へ教える山浦博幸選手。

柴田健治選手や中野政則選手(山陽)が作業をしながら教習を聞いていました。





フォークまわりを扱う松山茂靖選手。





リアタイヤを外す渡邉 篤選手。





ロッカーの各所にて、仲の良い選手同士で熱走路のすべり対策を話し合いながら

整備を進めている様子が見て取れました。辰巳裕樹選手と栗原俊介選手(伊勢崎)、

木村直幸選手と田辺 誠選手(川口)、





黒川京介選手(川口)から整備の仕方を習う、佐藤大地候補生。

実地訓練日とビッグレースが重なると習得できるものが大きそうですね!




posted by ブンブンボーイ at 17:49| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする