2019年06月21日

伊勢崎ナイター場外発売・初日&浜松前検日のようす







本場開催・「第12回 スポーツニッポン新聞社杯」の前検日となる本日6/21(金)の

浜松オートは、伊勢崎ナイター「第44回 上毛新聞社杯」の初日も実施。

午後2時からの開門となるため、午前中の場内はしんと静まりかえっています。

一方で選手管理地区では早朝から大型の梱包トラックが次々と到着。

先日まで川口オート&飯塚オートで繰り広げられていたデーレース&

ミッドナイトオートに出場していました選手のマシンや防具、工具などが

浜松ロッカーへと運び込まれていました。





レーシングスタッフが開催準備を進めているなか、さっそくロッカーへ入ってみると

赤紫色に染めたタイヤホイールと競走車が一番に目に飛び込んでまいりました。

そう、このマシンは浜松女子ライダーのひとり、金田悠伽選手のマシンです!

休場選手の一覧には金田選手の名前はありません。いよいよ今節より

待望の復帰戦となりそうです!お会いできましたら、さっそくお声をかけてみようと思います。





写真の時計のとおり朝9時前の段階では、まだどの選手もおりませんでした。

シューという充填されたエアーの音だけが聞こえてまいります。





ハンドルの傾きや鉄のスリッパの蹄鉄を調整する「加工室」前の廊下には

セアタンデムが停めてあり、よく見ると川口オートのマークが。

7/14()に開催する「浜松オートフェスタ2019 ファン感謝祭」のために

各レース場にて使われているイベント用車両もロッカーへ運び込まれているようです。





いよいよ新人34期生の出陣を前に、同じグループの先輩たちが

初1着を手に入れるための整備サポート&アドバイスを

つきっきりで行なっていました。写真は深谷俊太選手。

柴田紘志選手と鈴木宏和選手が作業を手伝っていましたが・・

宏和選手:「レンズが向けられていたから、ついカメラ目線にしちゃったよ(一同笑)」

デビュー直前で緊張している深谷選手をユーモアでほぐそうとする

お兄ちゃんらしさを感じました♪





続いて桝崎星名選手。渡邉 篤選手が熱心に指導を行なっていました。

桝崎選手:「実地訓練から約1ヶ月たちましたが、走路温度がかなり上がっていて、

もう1ヶ月前の乗り味とは全然感触が違っていて驚きました。今節は1着よりもまず、

6周回の完走を第一に目指します。」





桝崎選手のそばには田中竜二選手や平塚雅樹選手、

吉松優輝選手(飯塚)がおり、整備をしながら桝崎選手に困りごとがないか

見守っています。こちらはデビュー前の程よいドキドキ感がただよいます。





そして佐藤大地選手。東京都出身の師匠・浅野浩幸選手のロッカー入りを前に、

ひとり黙々と整備作業を進めていました。

佐藤選手:「いよいよこの時が来たと思うと緊張しますね!先輩選手の方々に

手伝って頂き、下回りの整備をしたら、全然乗り味が変わったので勉強になりました。

この4日間はくもりの天候が続くようなので、走路温度があまり上がらないと追い足が

有利になってしまいそうですが、よいところを見せられるように、めいっぱい頑張ります!」



  

写真左:タイヤを削りに屋外へ出る、長田恭徳選手(山陽)と花田一輝選手。

写真右:浜松へのあっせん率が高い、山本将之選手(山陽)。

山本選手:「あっという間に新人選手のデビューで、うかうかしていられませんよ(苦笑)

それにしても自分はなぜか浜松へあっせんされることが多いですね、伊勢崎にいたっては

まだ2回くらいしかあっせんされたことがなくて・・・毎回初めましてですね。。

浜松ではこの前の出場で、開催終盤に連に絡めたので、その時のセットを試します。」





金子大輔選手のロッカーでは関口隆広選手が訪ねて整備談義をしていました。



  

写真左:ひとり黙々と整備を進める上村敏明選手。右隣のロッカーに

 吉原恭佑選手(伊勢崎)が使用する予定です。

写真右:林 稔哲選手(伊勢崎)の競走車。フェンダーカバーにチコちゃんのイラストが♪





笠木美孝選手もロッカーに到着して整備を開始。

左隣は栗原俊介選手(伊勢崎)が使用します。





お昼を過ぎるとスポーツ新聞をはじめとするオートレース関係の方々が

続々と選手取材に入り、ロッカーはさらに賑やかに。

今節はスポーツニッポン新聞社杯、新人選手の紹介記事に注目です♪





入念に走行練習をする吉松優輝選手(飯塚)。





追いつけ追い越せと走行練習に励む桝崎星名選手。





さらに何度も走行練習を行なう交川陽子選手。





走行練習から戻ると、交川選手の兄貴分である仲口武志選手が

「ここの調整を、もう少しこうしたほうが・・」とアドバイス。

交川選手は納得のいくまで走行練習を繰り返していました。





「こういう角度で旋回すると、外側からこうかぶさってきた時に・・」と

走行練習から戻った師匠・浅野浩幸選手が弟子の佐藤大地選手へレクチャー。

いよいよ真剣勝負の目に。





新人選手は練習走行の一方で明日6/22()の第10R発売中に

執り行われる「新人選手紹介イベント」の参加許諾、および進行順序を

把握しておかなければならず、大忙しです。





「了解しました、明日のイベント、よろしくお願いします!」

と快諾しました深谷選手は、休む間もなくマシンを駆って走路へ移動。

宏和選手が「もうちょっと外周を回ってから、後ろを確認して走路へ入ってね」と

ジェスチャーを加えながら深谷選手へ走行練習の仕方を教え込んでいました。



 

写真左から、吉原恭佑選手(伊勢崎)、高木健太郎選手(山陽)。



  

写真左から、落合 巧選手、花田一輝選手。

新人選手のデビューにより、負けてられないと若手選手が活発に

整備と走行練習に励んでいます。お互いしのぎを削る好レースに期待です。





「おっエンストか?よし、俺に任せな!」

と、エンストしてしまった車両に気づくや、すぐさま駆け寄って

押し掛けを手伝う人見剛志選手(山陽)。優しいです♪





整備中であってもロッカー内の各所に設置してあるCSモニターから

ファンファーレが聞こえると、モニター前に選手たちが集まってレースを見学。

本日は伊勢崎ナイターのため20時くらいまではレースを見学しながら整備、

という流れが続きそうです。





リアタイヤを調べる佐藤貴也選手。つい先日の川口オートにて

最終12R「優勝戦」に出場、そして翌日に浜松ロッカー入りと2連戦。

川口での好成績をそのままに地元浜松でも旋風を巻き起こせるか、

今節注目のひとりとなっています。応援をよろしくお願いします!





「浜松の走路は特に”跳ね”が出てしまうので苦手なんです。。」

とコメントをくださったのは堂免沙弥選手(飯塚)。

堂免選手:「浜松へのあっせん率は高いほうなのですが、地元飯塚のままの

セットで走るといつも”跳ね”が出てしまって、どちらかと言うと苦手な走路なんです(苦笑)

まずはそこを改善させるために足回りを調整。天候も気になるところですね。」

髪型を変えてちょっとオトナな雰囲気の堂免選手。4日間頑張ってください☆





先輩選手(強いて言えば鈴木宏和選手)とマンツーマンの指導を受けていたために

なかなか話しかけるタイミングがつかめなかった深谷俊太選手。

ようやく走行練習の終了時刻を過ぎて少しだけお時間を拝借できました。

深谷選手:「先輩選手の皆さんがサポートしてくださったおかげで、明日のデビュー戦に

こぎつけることができ、本当に感謝しています。明日はもう訓練ではありませんので、

おっかなびっくりで走るわけにはいきませんから、とにかく場に慣れるように

明日も朝練習でしっかり走り込みをしたいと思います。そして、ファンイベントにも

積極的に参加していきたいと思いますので、お手伝いできることがありましたら

何でも言ってください!」

そうコメントしてくださった深谷選手は最後に立ち上がって、

「一生懸命頑張りますので、これからよろしくお願いします!」

と、丁寧にお辞儀をしてくださいました。こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします♪



佐藤大地選手、深谷俊太選手、桝崎星名選手への

応援をよろしくお願いします☆





そして本日前検日のラストは、レース時のけがによる長期休場を経て、ようやく

大・大・大好きなオートレースへと待望の復帰を明日に果たします、

浜松女子ライダー・金田悠伽選手。今節はマスコミの取材を控えているそうで、

本日は練習時間のぎりぎりいっぱいまで整備とライディングに集中していました。





いざインタビューとなると、瞳が赤らみ、うるわせながらコメントをくださいました。

「これまでの長い期間、応援してくださる皆さまから励ましのお言葉をたくさん頂きまして、

本当に元気づけられました。そしてようやく、皆さまのおかげで明日の復帰戦に

出場できるまで回復でき、感謝の気持ちでいっぱいです。

オートレースは日常で動かす筋肉や骨とは違うところに力を入れて、6周回

体勢を維持し続けることが大切なので、まずは6周回を完走するまで、

けがをしてしまった箇所の周りの筋肉や骨が耐えられるよう、繰り返し練習をして

鍛え直さなければなりません。1からの出直しとなりますが、ファンの皆さまに

喜んでもらえるようなレースができるように頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

そして、明日から新人選手がデビューを果たしますので、私は長らく休み過ぎていて

先輩らしいことは何ひとつできないかもしれませんけど(苦笑)、どうか新人選手への

応援も、よろしくお願いします!」

金田悠伽選手、コメントありがとうございました!そして、

金田選手への応援をよろしくお願いします☆









写真:現在は18時を過ぎても空は依然として明るいです。

 浅野幸三選手(川口)と片岡信之選手が外周を歩いて身体をほぐしていました。



明日6/22()より浜松オート4日間開催、

「第12回スポーツニッポン新聞社杯」が開幕します。

初日は開門より先着で新人34期選手の「サイン色紙」をそれぞれ5名様へ

1Fインフォ前にてプレゼント。当日2000円分の未確定車券を会場へご提示ください。



その他にも、はまりっちPREMIUMランク別会員限定イベント・

「パターゴルフに挑戦」や「てぃーが」ライブステージ、そして

「浜松新人34期選手 紹介イベント」を実施します。

詳しくは浜松オートオフィシャルサイトにて!




posted by ブンブンボーイ at 18:23 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊勢崎ナイター「第44回 上毛新聞社杯」場外発売・初日&浜松前検日


本日6/21(金)は伊勢崎ナイター「第44回 上毛新聞社杯」の場外発売・初日と
浜松「第12回 スポーツニッポン新聞社杯」の前検日。
(開門予定時刻14:00、第1R試走開始14:39)

浜松の今朝はくもり。湿気が高く、日中は蒸し暑くなりそうです。
開催地・伊勢崎の天候はまだ情報がありません。


今節は明石焼き風たこ焼き・「タニグチ商店」が常駐。
どうぞお立ち寄りください。


本日は全12Rをかけて「予選」が繰り広げられ、
伊勢崎新人34期生のデビュー戦となります。
熱戦にご期待ください!


posted by ブンブンボーイ at 09:20 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

川口「市営 第4回2節」場外発売・最終日のようす


1日良走路にて競われました川口デーレース「市営 第4回2節」。
浜松オートでは場外発売を実施、最終12Rに「優勝戦」が繰り広げられました。
浜松からただ一人、佐藤貴也選手が優出を果たしました。


レースは終始”前逃げ”の展開となり、1枠ゼロハンから出場の地元川口ライダー・
押田幸夫選手が先頭キープのまま6周回を走り抜いてチェッカー。
栄えある地元優勝を成し遂げました!

押田幸夫選手、優勝おめでとうございました☆


明日の浜松オートは伊勢崎ナイター「第44回 上毛新聞社杯」の場外発売、
そして浜松「第12回 スポーツニッポン新聞社杯」の前検日となります。
どうぞお楽しみに。

posted by ブンブンボーイ at 17:12 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

川口「市営 第4回2節」場外発売・2日目


本日6/18(火)は川口「市営 第4回2節」の場外発売・2日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:35)

浜松の今朝は晴れ。日中は暑くなりそうです。
開催地・川口の天候は「はれ」、走路状況は「良走路」。
気温20℃、湿度61%、走路温度23℃と発表。
降水確率は午前10%・午後20%とのことです。


今節は明石焼き風たこ焼き・「タニグチ商店」が常駐。
どうぞお立ち寄りください。


本日は第5Rから「準々決勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!


posted by ブンブンボーイ at 09:12 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

6/22開幕、「第12回 スポーツニッポン新聞社杯」 イベント情報



6/22()より開幕する浜松オート4日間開催、
「第12回 スポーツニッポン新聞社杯」のイベント情報をアップ。
詳細は浜松オートオフィシャルサイトにて!



posted by ブンブンボーイ at 11:18 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする