2019年07月07日

和合町西和・新屋地区集会所にて「花火教室」を実施しました


写真:浜松市中消防署・富塚出張所の消防士さんが打ち上げ花火の遊び方を教習。
 子供たちは少々怖がりながらも、連続で空高く舞う花火を見守っていました。

”七夕決戦” となりました浜松オート・「第34回 日刊スポーツ杯」、最終12R「優勝戦」は
川口ライダー・若井友和選手が6周回を制し優勝を成し遂げ、幕を閉じました。

浜松オート3日間開催が閉幕した後の日没前、浜松オートレース場のある町・
浜松市中区和合町の西和自治区・新屋集会場にて、夏休みを間近とする子供たちへ
正しい花火の遊び方を学んでもらいましょうと、新屋地区の子ども会主催による
浜松市中消防署・富塚出張所署員をお招きしての「花火教室」が実施されました。


写真:「花火教室」に参加した子供たちから、日本トーター浜松オート事業所スタッフへ
「たくさんの花火セットを、ありがとうございました!」とお礼の言葉が贈られました。

浜松オートではレース場周辺の地域貢献と、子供たちの健全な育成の願いを込めて
新屋集会所の「花火教室」に使用する ”子供用花火セット” を毎年寄贈しています。
こちらの「花火教室」の歴史は長く、浜松オートが民間委託化されるはるか以前より、
新屋自治会の年中行事として毎年7月上旬に行われています。


実際に花火を扱う前に、浜松市中消防署・富塚出張所の署員が子供たちへ
紙芝居形式で注意事項を説明。
「花火で遊ぶときは、どんなことに注意しなければいけないでしょうか?」と
消防署員さんが子供たちへ問うと、子供たちは“子供だけで遊ばないこと”や
“水を用意すること”、”広い場所で遊ぶ”など、正しい知識で回答していました。


そして実際に「花火セット」を使っての実習。
消防署員やお父さん&お母さんに教わりながら、花火は正しく扱えば怖くないし、
さまざまな色に変化してとても綺麗だということを体感しました。


今回の「花火教室」に参加をしました、新屋地区にお住まいのななちゃん(仮名)は
「消防署員さんから、花火は大人と一緒に遊ぶこと、水を用意すること、
 広い場所で遊ぶこと、などを学びました。今年の夏休みはケガをしないように、
健康に過ごして思い出を作りたいです」とコメントしてくださいました。

和合町西和地区・新屋自治会の皆さま、今年もありがとうございました☆




場所を再び浜松オートに戻しまして、20:40過ぎに繰り広げられました
伊勢崎ナイター「第41回サマーランド杯」・最終12R「優勝戦」。雨の降りしきる
湿走路のなか、”絶対王者”こと7枠・高橋 貢選手の猛追を抑えきって
5枠・吉原恭佑選手が地元伊勢崎ナイター開催を制し優勝を成し遂げました!


伊勢崎オートの夜空にも、今節の優勝選手が決定すると
大輪の花火が幾重にも打ち上げられ、七夕の夜を鮮やかに彩りました。


地元伊勢崎のナイターレースを制しました吉原恭佑選手。
「家族でよみうりサマーランドへ遊びに行きたいと思います。」
とコメントしておりました♪

「第41回 サマーランド杯」、優勝おめでとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 21:15| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜松「第34回 日刊スポーツ杯」&伊勢崎ナイター リレー場外発売・3日目のようす



浜松オート3日間開催、「第34回 日刊スポーツ杯」、最終12R「優勝戦」は

良走路の6周回にて競われ、4枠20線・若井友和選手(川口)が

強豪・”彦星”揃いの七夕決戦を制してチェッカー!

夜空に輝く一番星、日刊スポーツ杯優勝を成し遂げました!





若井選手の凱旋を祝福しようと、ファイティングゲートの前に次々とやってきた

川口ライダーズ。皆さんで写真を、とお願いしましたが、深谷 輝選手が

「若井さんの優勝だもの、ここは同門で撮らなきゃ!」と提案。





君和田裕二選手、佐藤摩弥選手と一緒に記念撮影となりました♪

青春の握りこぶし、両手でのガッツポーズはまさにストロング・スタイルです☆





優勝選手表彰式。「川口オートの「GTキューポラ杯」も、ぜひ表彰台に」と

優勝トロフィーを授与しながら若井選手へメッセージを贈りましたのは、

日刊スポーツ新聞社 広告事業局 公営戦略部 部長、田中聖二様。

そう、4日後にひかえる川口ナイター・伝統の一戦、「GTキューポラ杯」の協賛も

日刊スポーツさんなのです。



若井選手の優勝コメントです。

「今年初優勝ができて、すごく嬉しいです。優勝戦のメンバーがみんなスタートが速くて、

自分は苦手なので、スタートを頑張らないとと思っていたのですが、残せたので良かったです。

スタートで残せたので、後ろを抑えながら競走しようかなと思っていました。前の花田君

(花田一輝選手)とは自分、あんまりレースをしたことはなかったのですが、非常に

良いコースを通っていて、開けるのが速くて、抜けないかな?という印象がありました。

今日は抜けたのですけど、今後はまぁ、彼の方が速くなると思うので(笑)

あとはハンデ位置が良かったので、こういう展開になるかなとは思っていたので、

きっちりと結果を出せて良かったです。今日のエンジンは昨日と同じくらいに良かったです。

次の地元(GTキューポラ杯)でも一生懸命走って、毎日3着以内には入れるように。

自分はもうずっと「3着以内」が目標なので。車券を買ってくれているファンの皆さまのために、

とにかく3着以内には入ろうと思って走っています。

本日はお忙しい中、最後まで遊んでくださいまして、本当にありがとうございます!(会場拍手)

これからも一生懸命走りますので、また次に浜松へ来た時には(車券を)買ってください!

よろしくお願いします!」



若井友和選手、「第34回 日刊スポーツ杯」、優勝おめでとうございました☆













そして最終12R「優勝戦」の試走。

発走時刻は変更されて16:38ファンファーレです。

熱戦にご期待ください!





第11R「特別選抜戦」、1着2枠・鈴木静二選手(浜松)、

2着1枠・西村義正選手(山陽)、3着8枠・山田達也選手(川口)の確定は2-1-8。





第11Rの発売中、CS放送に赤堀 翼選手が登場。

7/14()開催、「浜松オートフェスタ2019 ファン感謝祭」のPRを行ないました。

開催中に販売します上写真の浜松オートフェスタ・オリジナルTシャツを紹介、

そのほかにイベントの注意事項としまして、走路内・タンデム走行の参加には

女性の場合、スカートでの参加はできないこと、そして走路内・スタート見学&

模擬レース見学の際には、お子様の手を離さないように、とお伝えしていました。

赤堀選手:「競走車にはカウルなどがなく、ギアやチェーンがむき出しの状態ですので、

スカートのひらひらが歯車の中に入ってしまうと一大事になってしまいますので、

走路内のイベントにはスカートやサンダルでのご参加はご遠慮ください。

また、模擬レースやスタートの見学時にお子様が飛び出さないよう、

親御様はお子様のお手を離さずに、安全にご見学ください。」

赤堀 翼選手、ご解説をありがとうございました☆





CS放送にて発表、「浜松オートフェスタ2019 ファン感謝祭」にて

実施します『模擬レース』の出場メンバーが決定しました!

今のうちから予想をしておくのも良いかもしれませんね☆

当日は1着当てクイズを実施します、的中者にはプレゼントを差し上げます♪





今回の「ファン感謝祭」用チャリティ販売ブロマイドは、CS放送の”視聴者プレゼント”や

本場開催時のイベントにて配布しました”ウィナーズカード”などを多数用意。

これまでお客さまから「抽選1名様の視聴者プレゼントではなかなか当たらない…」といった

お言葉や、「自分の列の目の前でウィナーズカード配布が終わってしまった…」という

お言葉を頂いての復活、増刷販売となります。

お知り合いに浜松以外のレース場所属選手ファンがいらっしゃる方はぜひ、

こちらのメモリアルグッズをご贈答用にいかがでしょうか。

L版〜2L版サイズの写真は100円〜300円で販売予定です♪





選手ロッカーを巡回しているなか、午後2時頃を迎えても佐藤貴也選手は

エンジン整備を続けており、師匠・中野 肇選手が整備を手伝っていました。





本日の七夕特別イベント、「7月7日・7番車の着当てクイズ。」

第7Rは「七夕オープン」と題され、8車0mのオープンレースで競われました。



1着は大外まくりが効いた8枠・落合 巧選手。

そして7枠・和田健吾選手は5着の成績となり、正解は「(着)」となりました♪

当選者の中から抽選で7名様に「バックナンバーQUOカード」を送付します。

賞品の発送を当選の発表とかえさせて頂きます。どうぞお楽しみに!



こうして現在のメインスタンドでオートレースが楽しめるのも、あと数ヶ月となります。

「ファン感謝祭」にてメインスタンドとの思い出をたくさん残したいですね♪





本日まで場内1Fインフォ前では「オートレース テレホンセンターブース」を設置。

電話投票、ネット投票に関する質問にスタッフがお答えします。

携帯電話を使ってのオートレースの楽しみ方をどんどん教わりましょう!





第7R「七夕オープン」に向けて整備を進めていく、7番車に抜擢されました和田健吾選手。

かなり外側からのスタートとなるだけに、スタート勝負が重要となりそうです。





先日は雨天中止となりました「第4R走路内観戦」、本日はくもり空となり

無事に実施となりました。日曜日を使って浜松オートへ観戦しようと、

関東圏から浜松までお越しくださいましたお客さまもおりました。

ご来場、ありがとうございます!





「走路内観戦」時のサプライズイベント、 ”選手と一緒に記念撮影” では

今節「優勝戦」出場を果たしました花田一輝選手が参加を引き受けてくださり、

「仲間も参加を誘っていいですか?」と、同33期の落合 巧選手と、

新人34期・佐藤大地選手を誘ってくださいました☆

大地選手は本日第1Rにて最終周回まで1番手でしたが3着の成績となり、お客さまの前で

「次こそ1着を目指して、お客さまの車券に貢献できるよう頑張ります!」と

元気よく意気込みを語ってくださいました。

3選手の皆さま、ご協力ありがとうございました☆





岡谷美由紀選手にもブロマイドへのサインをお願いし、快諾。すると、

「あ、ブンブンさん、後ろからクルマが検車場へ運ばれてきます、気をつけて」

と、すぐにタイヤの前輪が近づいてくることに気づいて、声をかけてくださいました。

さすがは感覚が鋭いです♪



  

写真:「浜松オートフェスタ2019」にてチャリティ販売する選手ブロマイドへ

 サインを記入する、浅野浩幸選手、浦田信輔選手(飯塚)。ご協力ありがとうございます!



浜松オート3日間開催、「第34回 日刊スポーツ杯」、あっという間にシリーズ最終日。

本日は伊勢崎ナイター場外発売とともに最終12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!



浜松オートは本日の開催が終わると、来週の日曜日・7/14にいよいよ

選手とファンとの親睦イベント、「浜松オートフェスタ2019 ファン感謝祭」が

開催します。「ファン感謝祭」の前に大勢の選手と打ち合わせできるのは

本日がラスト、ということで、本日一日をかけてチャリティ販売用のブロマイドへ

できるだけ多くの選手にサイン記入をお願いしています。

1日をかけて選手ロッカーを回りますので、ブログの更新はほとんどできなくなります…。

どうぞご了承ください。





すると浅野選手のロッカーに、「優勝おめでとうございました!」という

メッセージとともに大輪の花束が飾られておりました。

先日応援しているファンから浜松オートに届けられたそうです。

浅野選手:「なんか、優勝のたびに花束が大きくなってるような気がします(笑)

 優勝できるとこういったご褒美もいただけて嬉しいですね、本当にありがとうございます!」





場内にて飾っています優勝選手写真、いわゆる「チャンピオンレーサー」は、

製作の際にAタイプ、Bタイプなど、いくつかのレイアウトを用意したうえで

どちらかを採用し、現像を行なっています。上写真は同じ開催でのチャンピオンレーサー、

優勝は鈴木圭一郎選手ですが、田中竜二選手、西川頼臣選手、渡邉 篤選手と一緒に

撮影しているAタイプと、滝沢 健選手(伊勢崎)、栗原勝測選手(伊勢崎)の

元・船橋チームで撮影しましたBタイプとが作られ、場内掲示はAタイプを採用しました。

このように ”幻の製作写真” も多数「浜松オートフェスタ2019」にて数量ごくわずかで

販売しますので、どうぞお見逃しなく!


posted by ブンブンボーイ at 18:06| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第34回 日刊スポーツ杯&伊勢崎ナイター場外発売 3日目・最終日


本日7/7()は浜松「第34回 日刊スポーツ杯」と
伊勢崎ナイターのリレー場外発売・ともに3日目。
(開門予定10:00、浜松第1R試走開始10:35、伊勢崎ナイター第1R試走開始14:39)


開催地・浜松の天候は「雨」、走路状況「湿走路」。

気温23℃、湿度70%、走路温度23.8℃、降水確率は午前20%・午後20%と発表。

早朝7:30過ぎに強めの雨が降り、路面は全面濡れています。

管理スタッフが走路内の巡回・点検を行なっていました。



今節場内ではたい焼き「焼きたて屋」、焼き鳥「鳥好」、
漬けマグロ串カツ「ほっこりDINING きら」などが常駐。
どうぞお立ち寄りください。




「第34回 日刊スポーツ杯」のイベント情報です。



本日は浜松&伊勢崎ナイターともに第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!




☆7/7() 浜松 第12R「優勝戦」





☆7/7() 伊勢崎ナイター 第12R「優勝戦」




posted by ブンブンボーイ at 08:37| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする