2019年08月05日

米里崇徳候補生、最終実地訓練を実施(8/5〜)


8/5〜8の4日間をかけて、浜松オートの走路内では
浜松所属新人34期候補生のラスト一名・米里崇徳候補生の最終実地訓練を実施。
場内にてデーレースの場外発売が行なわれている中、走路内からは
乾いたエンジン音が繰り返し轟いてまいります。


エンジンの聞こえない時間は、選手ロッカーにて
タイヤ交換などの整備講習が行なわれています。
米里候補生の師匠となる中村晋典選手をはじめ、指導補助員の交川陽子選手、
同じグループの松山茂靖選手がJKA教官とともに米里候補生へ
激励を含めたアドバイスを施してまいります。


走行練習の時間が近づくと走路内にレーシングスタッフが入り、
実際のレースを想定した青旗や黄旗、赤旗、チェッカーフラッグが振られます。
米里選手は旗の色に合わせて即座に反応、繰り返し身体に染みこませていました。


JKA教官からタイヤの削り方を教わる米里候補生。
選手デビューまでもうすぐです、皆さまの応援をよろしくお願いします!


posted by ブンブンボーイ at 17:46| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする